Archives

Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S

だいぶ遠回りしてしまいました。
⌨️

プログラマーやPCで文章を入力する物書きの人がPCのキーボードにこだわるのは、音楽家が楽器にこだわるのと同じようなものだと思うのですが、ただ入力できればよいというものではありません。弘法筆を選ばずという諺の通り、最初からPCに付属してくるもので何の不満も感じない、全くこだわらない人もいますが、そうでない人にとってはいかにストレスなく、高速に、気持ちよく入力できるか、というのは重要なことではないでしょうか。私は昔から非常にこだわる質で、これまでに何本ものキーボードを購入してみてはどうもしっくりいかず次のものを求めてしまう、ということを続けてきました。

しかし実はその答えは知っていたのです。ただなぜかそれとは違う別の解があるような気がして、わざわざ避けてきたのかもしれません。それはその筋の人は皆知っている、PFUHappy Hacking Keyboard Professional 2 Type-Sというものです。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS
PFU (2011-06-15)
売り上げランキング: 3,260

このキーボードは私にとっては3本目のHappy Hacking Keyboard (HHKB)になります。これまでの2本は一体いつ購入したものだったか、このブログを始める前のことなのではっきりしないのですが、2004年の「HHKかな配列かな印字なし版」という記事の時点ですでに「家でも職場でも愛用している」と書いていますので、これより数年以上前のはずです。この内の1本、Happy Hacking Keyboard 2 (HHK2)はP/S2端子の製品なのですが、これにUSB変換アダプターを接続して現在でも職場で使用しています。製品自体は1997年に発売、2005年で販売終了となったものですが、20年近く経った今でも何の故障もなく使用できているというのは驚くべきことではないでしょうか。さすがに樹脂の表面は黄ばんでしまって年季を感じさせますが、機能・性能面では本当に何も問題がありません。

Happy Hacking Keyboard Professional 2 Type-S

さておき今回購入したProfessional 2 Type-Sですが、静電容量無接点方式のスイッチを採用して快適な操作感と長寿命を実現しているなど主な特徴はProfessional 2と同一で、それに対してキーストロークを4mmから3.8mmに変更、衝撃吸収材を加えて静粛性を向上、というような変更が加えられています。また、HHKBシリーズ共通の特徴としてコントロールキーがAキーの左側にあるUNIX配列、60個というキー数に抑えた省スペース性など、私にとって無くてはならないものももちろん兼ね備えています。

また、写真を見て分かる通り、今回はキートップをカスタマイズしています。これはMassdropという共同購入サイトで知って購入したものですが、このようなHHKB用のキートップが作られているくらい、海外でも知る人ぞ知る存在になっているようです。このキートップにはキリル文字が印字されていますが、もちろん私はロシア語などは全くわかりませんので、単なる飾りとして、この色使いがカワイイと思って購入したまでのことです。ただ、実はこのキートップこそがHHKB Pro 2購入に二の足を踏んでいた私の背中を押してくれたとも言えます。

HHKBのキートップはまっすぐ引っ張れば抜けるようにできているので、これまでに何度か洗濯するときなどに抜き差ししてきました。しかし、これまではゼムクリップを曲げたものをキーの下に差し込んで引っ張ったりしていたのですが、これは効率がよくありませんし、新品のキーボードを傷つけてしまう恐れもあります。そこで今回使用したのは別のキーボードメーカーFILCOKeyPullerという製品です。これは針金の部分を広げてキーの上からかぶせるとキートップの下に回り込んで、とても容易に引き抜くことができるようになる優れものでした。

もう一つ一緒に購入したのがバード電子吸振マットHGというもので、HHKBの裏に貼り付けて使用する振動吸収マットです。これを使用することでキーボードが机に密着してずれずに安定し、キーを打ったときの指への反発が小さくなり、タイプ時の音も小さく静かになるというもので、HHKB Pro 2専用の形状になっているのでぴったりフィットします。実際に使用してみて、もともと静音タイプのType-Sが更に静かになり、タイプ音がカタカタというよりコトコトと落ち着いた感じになって、隣の寝室で寝る妻に気を使う必要も無くなりそうです。そこそこいい値段の製品ですが、Pro 2を使用するならぜひ一緒に購入したい必需品と言ってもいいかもしれません。

バード電子 HHKB吸振マットHG(Professional用) KMG-PRO PZ-KBKMG-PRO
バード電子
売り上げランキング: 57,426

ということで長くなりましたが、これまで散々メカニカルキーボードを買ってきて、このブログに書いていないものもいくつもあるのですが、結局はHHKBが一番自分に合っているということがわかりました。ようやくたどり着いた結論ですが、これからは末永く使っていきたいと思います。この記事もHHKBで入力していますが、流れるようにタイプすることができて最高です。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。