Philips S5050/05

価格と使い勝手は比例するのか。
🧔🏻

ほとんどの男性の毎朝の嗜みであるひげ剃りですが、私は一時期T字カミソリを使っていたりもしたものの、電動シェーバーはこれまで30年ほどPhilips一筋で使ってきました。昔のことでブログに書いていないことはほとんど覚えていないのですが、ブログ記事によれば2007年に購入したHQ9160というのが3代目で、そのあと2014年に購入した1250Xが4代目のようです。この4代目は使い始めてちょうど5年というところだったのですが、一度交換した剃刃の切れ味が悪くなっていていい加減交換が必要だったのと、バッテリーもだいぶへたってきたので、本体ごと買い換えることにしたのでした。なにしろ、剃刃だけでも何千円もしますし、バッテリーはどうにもならないので、どうせ買い換えるなら気分良く、というわけです。

例によってPhilipsのシェーバーもたくさん種類があって、一体どれを選んだら良いのかはさっぱりわからないのですが、最近は海外出張の機会もめっきりなくなりましたので、30日もバッテリーが持つ必要はありませんし、そんなに深剃りでなくても良いだろうと思って、今回は比較的安いタイプのS5050/05というものを選びました。

見た目は鮮やかな青が若々しさを感じさせますが、人前で使うものではないので50歳目前のおじさんが使っても問題はないでしょう。金属的な外観のものよりもチープさはあるかもしれませんが、平坦な樹脂の外装も清潔感があって悪くないと思います。

廉価版なので剃刃の可動方向が限られていますが、普通に顔を剃る分には問題なさそうに思います。剃り心地はさすがに刃が新品なので良いですが、あまり深剃りはできないような気がします。なお、これまで使っていた1250Xのヘッドを試しに取り付けてみましたが、全く問題なく使えそうです。交換用のヘッドもなかなか高価なのでそれならいっそ本体ごと買い直した方がいいような気もしますが、そういう選択肢もないわけではないようです。

安い理由はもう一つ、バッテリーの容量と充電時間ですが、8時間の充電で40分、約13回使うことができるということになっていますが、毎週末にでも充電すればいいのではないでしょうか。また、5分間の充電で1回分使用可能ということなので、万が一切らしてしまった場合でもちょっと待てばなんとかなりそうです。ちなみに、これまで使っていた1250Xは1時間の充電で17回使えるということだったので、海外出張時も充電器を持ち運ばなくても不安にならないというのが良かったのですが、本体に直接充電コードを挿すことができず充電台に置く必要があったので、バッテリーがへたってきてからはちょっと不便に感じていました。その点このS5050はバッテリー容量こそ若干小さくなっていますが、コードは直接挿すことができるのが地味ながら良い点です。また、充電器は他のPhilipsの製品と共通で使うことができます。

なお、現在は「5,000円キャッシュバック」というキャンペーンが実施されていて、2019年5月31日までに購入したレシートや領収書を添付すれば抽選で1000名にキャッシュバックがあるということで、この製品の場合だと当選すればほとんどタダになってしまうようです。どうせそんなの当たるわけがない、と思ってしまいがちですが、応募してみると意外に当たることもあるものなので、期間中に購入された方は私と一緒に運試ししてみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください