Archives

Philips S5050/05

価格と使い勝手は比例するのか。

ほとんどの男性の毎朝の嗜みであるひげ剃りですが、私は一時期T字カミソリを使っていたりもしたものの、電動シェーバーはこれまで30年ほどPhilips一筋で使ってきました。昔のことでブログに書いていないことはほとんど覚えていないのですが、ブログ記事によれば2007年に購入したHQ9160というのが3代目で、そのあと2014年に購入した1250Xが4代目のようです。この4代目は使い始めてちょうど5年というところだったのですが、一度交換した剃刃の切れ味が悪くなっていていい加減交換が必要だったのと、バッテリーもだいぶへたってきたので、本体ごと買い換えることにしたのでした。なにしろ、剃刃だけでも何千円もしますし、バッテリーはどうにもならないので、どうせ買い換えるなら気分良く、というわけです。

例によってPhilipsのシェーバーもたくさん種類があって、一体どれを選んだら良いのかはさっぱりわからないのですが、最近は海外出張の機会もめっきりなくなりましたので、30日もバッテリーが持つ必要はありませんし、そんなに深剃りでなくても良いだろうと思って、今回は比較的安いタイプのS5050/05というものを選びました。

フィリップス 5000シリーズ メンズ 電気シェーバー 27枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 S5050/05

posted with amazlet at 19.03.31

PHILIPS(フィリップス) (2017-09-01)売り上げランキング: 151

Amazon.co.jpで詳細を見る

見た目は鮮やかな青が若々しさを感じさせますが、人前で使うものではないので50歳目前のおじさんが使っても問題はないでしょう。金属的な外観のものよりもチープさはあるかもしれませんが、平坦な樹脂の外装も清潔感があって悪くないと思います。

廉価版なので剃刃の可動方向が限られていますが、普通に顔を剃る分には問題なさそうに思います。剃り心地はさすがに刃が新品なので良いですが、あまり深剃りはできないような気がします。なお、これまで使っていた1250Xのヘッドを試しに取り付けてみましたが、全く問題なく使えそうです。交換用のヘッドもなかなか高価なのでそれならいっそ本体ごと買い直した方がいいような気もしますが、そういう選択肢もないわけではないようです。

安い理由はもう一つ、バッテリーの容量と充電時間ですが、8時間の充電で40分、約13回使うことができるということになっていますが、毎週末にでも充電すればいいのではないでしょうか。また、5分間の充電で1回分使用可能ということなので、万が一切らしてしまった場合でもちょっと待てばなんとかなりそうです。ちなみに、これまで使っていた1250Xは1時間の充電で17回使えるということだったので、海外出張時も充電器を持ち運ばなくても不安にならないというのが良かったのですが、本体に直接充電コードを挿すことができず充電台に置く必要があったので、バッテリーがへたってきてからはちょっと不便に感じていました。その点このS5050はバッテリー容量こそ若干小さくなっていますが、コードは直接挿すことができるのが地味ながら良い点です。また、充電器は他のPhilipsの製品と共通で使うことができます。

なお、現在は「5,000円キャッシュバック」というキャンペーンが実施されていて、2019年5月31日までに購入したレシートや領収書を添付すれば抽選で1000名にキャッシュバックがあるということで、この製品の場合だと当選すればほとんどタダになってしまうようです。どうせそんなの当たるわけがない、と思ってしまいがちですが、応募してみると意外に当たることもあるものなので、期間中に購入された方は私と一緒に運試ししてみてはいかがでしょうか。

Philips Norelco 1250X SensoTouch 3D

7年分の進化を体験。

私はかれこれ15年ほど髭を伸ばしていますが、ここ数年は口の周りを囲むように、口髭と顎鬚を繋げるように残しています。その前はモミアゲから顎まで細く繋げるように残していたのですが、その時に比べると毎朝の髭剃りの面積は増えたことになるものの、細かく調整する必要はなくなったので楽になったように思います。この髭剃り自体もある時期はT字カミソリを使っていたり、またある時期は電動シェイバーを使ったりといろいろだったのですが、最近は7年前に購入したPhilipsのシェイバーを使っていました。

しかし先日このシェイバーを使おうとしたところで、3つあるシェイビングヘッドのうち1つがポロッと取れてしまいました。どうも樹脂部品が劣化して折れてしまったようで、元のようにはめてみてもすぐに取れてしまいます。なんとかだましだまし使うことはできそうですが、泊まりの出張に出かけた先でとどめを刺してしまうようなことがあっては困りますので、ついに買い換えることにしました。電動シェイバーは適時刃を交換していけばモーターが壊れるかバッテリーが劣化するまでは使えるものだと思っていたのに、樹脂の劣化とは意外でした。最近は様々な製品で軽量化や低コスト化のために樹脂部品が多用されるようになっていますが、耐久性の面では金属に劣ってしまうことがありますね。

さて、長年Philipsのシェイバーを愛用してきているので、今回ももちろんPhilipsなのですが、それでも様々な機種があってどれにしようか迷ってしまいます。以前から気になっていたのはSensoTouchという上位機種ですが、さらに3Dと2Dという2つのシリーズがあります。価格差は結構大きく3Dは2Dの倍の値段になっているので躊躇してしまいましたが、文字通り毎日使うものですし、そうそう買い換えるものでもないので妥協はしない方がいいだろう、ということで思い切ってSensoTouch 3Dにすることにしました。とはいえ、その中でもいくつかあるうちでは一番ベーシックな1250X/40という機種です。上位の機種はバッテリー容量が若干大きかったり、バッテリーのインジケータが細かくなっていたり、自動洗浄機が付いていたりなどしていますが、価格差に見合う価値はないだろうとの判断です。(日本とは販売されているラインナップが違うようなので、下記製品は一番近そうなものです。)

フィリップス シェーバー センソタッチ3D RQ1251

posted with amazlet at 14.03.09

Philips (フィリップス) (2012-07-20)売り上げランキング: 2,176

Amazon.co.jpで詳細を見る

先日届いてから数日使用してみましたが、まず最初に驚くのが作動音です。これまで使用していたものよりも振動が小さく、もともと静かな方だったのにさらに静かになりました。また回転が速くなっているのかちょっと高い音になりましたが、決して耳障りということはなく軽快な感じです。

また、シェイビングヘッドの可動範囲が広がっていて、顎のカーブに今まで以上にフィットするようになりました。これまで、顎の後ろなどはかなり念を入れないと綺麗に剃れませんでしたが、このSensoTouch 3Dではヘッドが自在に動いて密着する感じです。

以前のものも水洗いが可能というのが気に入っていたところで、毎回使用後に軽くゆすぐことで気持ちよく使い続けることができていましたが、この製品ではさらに一歩進んでウェットシェイビングもできるようになりました。手軽に使えるのが電動シェイバーのいいところなのに…と思いつつもシェービングフォームを付けて試してみると、T字カミソリを使った時と同じくらいすっきりと、しかし肌を痛める心配はなく剃ることができて実に爽快な新しい体験でした。時間にゆとりのある朝にはいいのではないでしょうか。

ということで、前の機種からの進化は思っていた以上に大きく、また満足度の高い買い物が出来ました。価格的にも安いものではありませんが、ケチらなくて良かったと思います。まあ知らないままでいれば安いものでもそれなりに満足はできるのかもしれませんが。

Philips HQ9160

ONEDARI BOYSのプレゼントに当選して以来その剃り心地に魅せられて、これまで日々のグルーミングにはGillette Fusion 5+1 Powerを使ってきました。その剃り上がりの気持ちよさは今でも変わらず素晴らしいものだと思うのですが、思っていた以上に頻繁に剃刃を交換する必要があり、およそ2週間ごとに1つずつ交換していくと2500円ほどで買える8個入りの替え刃を4ヶ月ほどで使い切ることになります。このペースで行くと1年に3パックで7500円、2年で15000円かかることになり、剃り心地の良さと引き替えではあるもののなかなか高コストであることに気付いてしまいました。

Gillette Fusion 5+1 Powerに出会うまでにも電動シェイバーとT字カミソリとを適当に使い分けてきたのですが、電動シェイバーの方はPhilipsのPhilishave一筋で使ってきました。これまで使ってきたのはちょうど10年前に購入したまま刃も交換せずに使い続けてきた、私にとって2代目のものなのですが、さすがに刃の切れ味は鈍くなり、バッテリもかなり劣化してきていたので、ちょうどそろそろ買い換えなければと思っていたときにプレゼントでFusionが当選したためにウェットシェイビングに乗り換えてみることにしたのでした。そういうことなので、また電動シェイバーに戻ろうかと思ってもこれをまた使い続けるのは辛いので、結局新しいシェイバーを購入することにしてしまいました。要するに、「替え刃に金がかかる」というのは単なる言い訳に過ぎないということですね。

ということで、個性的なPhilishave以外のシェイバーをほとんど知らない私の場合、Philishave以外の選択肢は最初からほとんど無いわけなのですが、ちょうど先日テレビを見ていたときにCMで「トリプルトラックヘッド」なるものを宣伝しており、そんな風に進化しているとは知らなかった私は一気に色めき立ってしまいました。Phlishaveの特徴は何といっても独創的な回転式の剃刃の構造にあり、肌に対して垂直な軸を中心に回転する刃がヒゲを引っ張りながらカットするような動きをするため、皮膚を痛めることなく深剃りを実現しています。この基本的な構造は以前からあまり変わっていないのですが、トリプルトラックヘッドではこの刃が3列に並んでおり、「シェービング面積が従来比 約 50% アップ」なのだそうです。これには期待が高まるばかりです。

しかし、Philipsの商品カタログを見てみるとあまりに多くの製品がラインナップされていて、一体どこがどう違うのかがよくわかりません。わかりにくいウェブサイトで何とか比べてみると、どうやらバッテリの容量が2種類あって、後はインジケータがLEDなのか液晶なのかなどの微妙な違いしかないようなので、私はバッテリ容量の大きい方の一番下のランクの製品を選び、購入しました。

PHILIPS シェーバー HQ9160 ウルトラブルー+ PHILIPS鼻毛カッター付き

posted with amazlet on 07.01.11

Philips (フィリップス) (2005/09/21)売り上げランキング: 1661
Amazon.co.jp で詳細を見る

メタリックブルーと一部にソリッドオレンジがあしらわれたデザインはハイテクなイメージを演出しているようですが、基本的な形状は以前からほとんど変化していないようです。下の方が絞り込まれて細身になっていますが、その分これまで本体に内蔵されていた電源がACアダプタ化されたようで、電源はかさばるようになってしまったのは残念です。よほど長期間でない限り出張時などにACアダプタを持ち運ぶ必要はないのでしょうが、携帯用ケースに収められなくなってしまいました。

剃り心地の方はさすがに真新しい刃だということもあって素晴らしいものです。刃だの起伏に追従して動き密着する「サスペンションシステム」の効果も大きいのではないでしょうか。まさに期待通りの剃り味に大満足です。また嬉しいのは水洗いが出来るようになったということで、ボタン一つで刃をホルダーごと跳ね上げて水でさっと洗うことができるので、清潔に使うことができるようになりました。実はこれが一番嬉しいポイントかもしれません。

しかし私はかなり使い慣れているのでいいのですが、Philishaveを初めて使うという人は独特の感覚に慣れるまでに「2~3週間かかるかもしれない」と説明書に記載されているほどなので、最初はかなり違和感があるかもしれません。しかし一度使い慣れてしまうともう他のシェイバーには乗り換える気になれない、なんて言うと宗教じみているかもしれませんが、私はそう実感しています。

髭剃りの命である刃は一応2年ごとに交換することが薦められていますが、結構いい値段のものなので先代の例もあり何年も使い続けてしまうかもしれません。バッテリの方も交換できるようなので、かなり長く使っていくことができそうですから、また何か新しいテクノロジーが採用されるその時まで、このHQ9160に毎日活躍してもらうことになるのではないでしょうか。