Archives

羽二重くるみ と 五月ヶ瀬煎餅

全国に似たようなものはあるでしょうが。
🍡

今年のゴールデンウィーク前半には東京の両親に会いに行っていたのですが、後半はちょこちょこと予定があっただけでのんびり過ごしました。そのちょこちょこのうちの一つが職場の友人らと福井県まで日帰りドライブに行くというもので、敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べたり一乗谷朝倉氏遺跡越前大野城といった渋めのスポットを回ったり越前そばを食べたり、とゆっくり楽しんできたのですが、そこで買ってきたお土産について今回はご紹介したいと思います。

今回福井に遊びに行くということで、職場に持っていきたいからと妻に頼まれたのですが、勝山市の越前大仏のそばにある金花堂はや川というお店の羽二重くるみというものです。宣伝文句は

「羽二重餅」に自家製の甘く煮詰めた和くるみを練り込み、シュー生地でサンドした当店の看板商品。

となっており、そのとおりの品なのですが、羽二重餅の柔らかさと優しい甘さ、くるみの歯ごたえ、シュー生地のおかげで形が崩れず食べやすい、と非常にバランスの取れたお菓子です。ただ、賞味期限が5日しかないので注意が必要です。

全国菓子大博覧会1994年の第22回で内閣総理大臣賞を受賞したと謳っていますが、Wikipediaには記載されておらず、他の公式情報がないのでよく分かりません。まあさすがに虚偽ということはないでしょう。なお、菓子博といえば第25回は私の地元で行われ、せっかくなので我が家も出掛けてみたのですが、あまりの混雑でほとんど並んでいるだけで終わってしまってかなりがっかりしたことしか覚えていません。

ところで、福井のお菓子といって私が好きなのが五月ヶ瀬五月ヶ瀬煎餅です。煎餅と言っても小麦粉で作られたピーナッツ入りのクッキーのような甘いもので、福井県の代表的なお菓子の一つなのでそこかしこで売られています。私も今回はサービスエリアででも買おうと思っていたのですが、なんとはや川でも売られていたので一緒に購入してしまいました。かなり地味なお菓子ですが、飽きずに食べられるのではないでしょうか。

なお、この五月ヶ瀬煎餅は「モンドセレクション最高金賞受賞」と高らかに謳っていますが、モンドセレクションで評価されるのは商品の品質、つまり宣伝している通りのものになっているかということだけなので、美味しいかどうかということには一切無関係なので気をつけてほしいと思います。これはギンビスたべっ子どうぶつのコマーシャルなどでミスリードされていたせいではないかと思っていますが、私には逆にあまりいい感じがしませんね。

ちなみにこのような銘菓というようなものはアメリカにはほとんどないのですが、私の印象にある同様のものはピッツバーグビスコッティです。イタリアからの移民が持ち込んだものらしいのでかなり本格的なもので、様々な種類のものがあり、とても美味しかったです。あまり有名なものがないのは、お土産という文化は日本独特のもののようですし、歴史のない国なので仕方ないのかなとも思いますが、食に対する熱意やこだわりの違いというのも大きいのでしょうね。アメリカにも美味しい食べ物はいくらでもありますし、様々なルーツを持った人々が集まっているのでそれぞれに持ち寄っているものがあるので、それを発掘するというのも楽しいのですが。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。