「fukui」タグアーカイブ

羽二重くるみ と 五月ヶ瀬煎餅

全国に似たようなものはあるでしょうが。
🍡

今年のゴールデンウィーク前半には東京の両親に会いに行っていたのですが、後半はちょこちょこと予定があっただけでのんびり過ごしました。そのちょこちょこのうちの一つが職場の友人らと福井県まで日帰りドライブに行くというもので、敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べたり一乗谷朝倉氏遺跡越前大野城といった渋めのスポットを回ったり越前そばを食べたり、とゆっくり楽しんできたのですが、そこで買ってきたお土産について今回はご紹介したいと思います。

今回福井に遊びに行くということで、職場に持っていきたいからと妻に頼まれたのですが、勝山市の越前大仏のそばにある金花堂はや川というお店の羽二重くるみというものです。宣伝文句は

「羽二重餅」に自家製の甘く煮詰めた和くるみを練り込み、シュー生地でサンドした当店の看板商品。

となっており、そのとおりの品なのですが、羽二重餅の柔らかさと優しい甘さ、くるみの歯ごたえ、シュー生地のおかげで形が崩れず食べやすい、と非常にバランスの取れたお菓子です。ただ、賞味期限が5日しかないので注意が必要です。

全国菓子大博覧会1994年の第22回で内閣総理大臣賞を受賞したと謳っていますが、Wikipediaには記載されておらず、他の公式情報がないのでよく分かりません。まあさすがに虚偽ということはないでしょう。なお、菓子博といえば第25回は私の地元で行われ、せっかくなので我が家も出掛けてみたのですが、あまりの混雑でほとんど並んでいるだけで終わってしまってかなりがっかりしたことしか覚えていません。

ところで、福井のお菓子といって私が好きなのが五月ヶ瀬五月ヶ瀬煎餅です。煎餅と言っても小麦粉で作られたピーナッツ入りのクッキーのような甘いもので、福井県の代表的なお菓子の一つなのでそこかしこで売られています。私も今回はサービスエリアででも買おうと思っていたのですが、なんとはや川でも売られていたので一緒に購入してしまいました。かなり地味なお菓子ですが、飽きずに食べられるのではないでしょうか。

なお、この五月ヶ瀬煎餅は「モンドセレクション最高金賞受賞」と高らかに謳っていますが、モンドセレクションで評価されるのは商品の品質、つまり宣伝している通りのものになっているかということだけなので、美味しいかどうかということには一切無関係なので気をつけてほしいと思います。これはギンビスたべっ子どうぶつのコマーシャルなどでミスリードされていたせいではないかと思っていますが、私には逆にあまりいい感じがしませんね。

ちなみにこのような銘菓というようなものはアメリカにはほとんどないのですが、私の印象にある同様のものはピッツバーグビスコッティです。イタリアからの移民が持ち込んだものらしいのでかなり本格的なもので、様々な種類のものがあり、とても美味しかったです。あまり有名なものがないのは、お土産という文化は日本独特のもののようですし、歴史のない国なので仕方ないのかなとも思いますが、食に対する熱意やこだわりの違いというのも大きいのでしょうね。アメリカにも美味しい食べ物はいくらでもありますし、様々なルーツを持った人々が集まっているのでそれぞれに持ち寄っているものがあるので、それを発掘するというのも楽しいのですが。

金沢・あわら温泉旅行

写真が全部食べ物になってしまいましたが…山さん 海鮮丼

6月は休日のない月として子供の頃から認識してきましたが、私の勤務先では今年はなぜか11日月曜日が休日となっていて、3連休となっていました。「なぜか」とは言いましたがもちろんちゃんと理由はあって労働基準法の関係らしく、もともと6月には祝日がないことで稼働日が多くなってしまうというのが原因になっているようですが、まあそんなことはどうでも良いことで、世間が普通の平日のときに休みであるというのは行楽地などの混雑が避けられるのでとても嬉しいことです。しかしながら、妻子はそれぞれ仕事や学校が平常通りにあるので、私は一人で日曜日から1泊のドライブ旅行に行かせてもらうことにしました。
谷口屋 油あげ御膳

ちょうど台風5号が接近していたので直前まで本当に出かけるかどうか迷っていたのですが、台風は太平洋上を東へ進みそうだったので日本海側なら酷いことにはならないだろうと思い、前日にあわら温泉のホテル八木を予約しました。ちょうど楽天トラベルのタイムセールで朝食込み6000円というプランがあり、通常の半額近くにまでなっていたのでお得感で選んでみたのでした。ちなみに私はどうも楽天のいろいろなところが好きになれないのですが、楽天トラベルは楽天に買収される前の旅の窓口の頃から愛用しているので特別です。
サニーベルコーヒー カフェラテ

さて、宿泊地が決まったので当日は自宅を早朝に出発し、まずは以前から行きたかった油揚げのお店、谷口屋で昼食を食べるべくひた走りました。私は到着時刻が予想できなかったので使いませんでしたが、行列のできる店のようなのでオンライン予約を使える人は使った方が良いでしょう。私は運良く10分ほどで席につくことができ、看板メニューの「油あげ御膳」をいただきました。20cm角ほどもある大きな油揚げは縁の部分がカリッと揚がっていて、とても食べ応えがありましたが、他にも魅力的なメニューがいくつかありますので、ぜひまた行ってみたいと思います。
ホテル八木 朝食ビュッフェ

次はまたさらに北上し、北陸第一の都市、石川県の金沢へと進みました。金沢といえば日本三名園の一つ兼六園ですが、ここも一周してみたものの高校の修学旅行を入れれば3度目なのでそれほどの感動はありません。私の一番の目的はその隣りにある金沢21世紀美術館ですが、これは長くなるので別記事にします。
カフェマーレ 炭焼きコーヒー

このあとは金沢駅の近くのコーヒーショップ、サニーベルコーヒーで美味しいカフェラテをいただき、金沢駅の鼓門を見て、RETRIPで見た山さんで海鮮丼をいただきました。とても見栄えが良く、まさしく「インスタばえ」のする一品でしたが、寿司屋なので当然ですが寿司飯が使われており、正確にはちらし寿司ではないでしょうか。もちろん美味しかったのですが、期待が大きすぎたのか3000円という価格に見合うほどには感じられず残念でした。もう少し刺し身に厚みがあれば印象もだいぶ違ったような気がしますが、こんなものでしょうか。
日本海さかな街 焼き鯖

その後は宿で温泉でも浸かってのんびりしよう、と思っていたのですが、途中で入ったスターバックスから福井に住む学生時代からの友人にメッセージを入れてみたところ、宿まで会いに来てくれることになり、とりあえずチェックインだけ済ませてすぐにファミレスへ行って昔話に花を咲かせることになりました。このあと結局宿に送ってもらったときには夜11時になっており、温泉だけ入ってすぐに寝てしまいました。しかしなぜかすぐに目が覚めてしまってその後寝付けず、露天風呂に入れるようになる朝6時まで悶々としたあとすぐに温泉へ行き、さっぱりしたあとでモーニングビュッフェを楽しみました。このビュッフェは特に和のおかずが充実していて、さらに越前そばもあって朝からお腹いっぱいになってしまいました。

寝不足だったため、2日目もさっさと出発してなるべく早く家に帰ろう、ということで東尋坊のあたりうろうろしてから日本海沿いに南下し、カフェマーレで海を眺めながらコーヒーを飲んでまず一服、その後さらに敦賀まで南下しました。敦賀では日本海さかな街で海鮮丼を食べ直し、家への土産に焼き鯖だけを買うつもりが、天候のせいもあってガラガラだったために他の店で干物なども買わされてしまいましたが、まあいいでしょう。このあとは夕食に間に合う程度の時間に無事に家にたどり着き、一人ドライブ旅行を堪能しました。敦賀の焼き鯖はとても美味しいので我が家では大人気で、お土産としては間違いありません。

敦賀へドライブ

ヨーロッパ軒 ミックス丼誰でもそうでしょうが、やっぱり渋滞は嫌いです。

来年「山の日」が施行されると、日本には年間16日の祝祭日があることになりますが、これは世界的に見てもかなり多く、先進国では最多とのことです。欧米の方がよく休んでいるような印象があるのは彼らはしっかり有給休暇を消化するためで、無駄に空気を読んだり他人に遠慮するのが当然という日本との違いでしょう。また、祝日が多くても皆が一斉に休んでしまうとレジャー施設なども非常に混雑することになるなど、効率が良くありません。また、ほぼ毎月祝日があるような状況では余計に有給休暇も取りづらくなっていて、ちっとも良いことがないように思っています。

それはともかく、今日11月23日は勤労感謝の日ということで土曜日から3連休ということになっていましたが、我が家では長男が毎日部活の試合で出掛け、一方次男は定期試験の直前ということで、家族で外出ということはできませんでした。しかし、休みの日に家でダラダラしているというのが苦手な私はどこかへ行かずには気が済まず、昨日の朝食後から福井県は敦賀へと一人でドライブに行ってきたのでした。

学生時代からの友人が以前住んでいたので、敦賀には何度となく行っているのですが、海水浴場がいくつかある他には特にめぼしい物があるわけでもなく、わざわざ遊びに行くようなところではないかもしれません。しかし今回私が敦賀を訪れることに決めたのには2つ理由があります。

まず一つ目はヨーロッパ軒ソースカツ丼を食べるということです。敦賀にあるのはのれん分けをした分店でメニューも多少違っているのですが、基本的には同じ味のソースカツ丼をいただくことができます。私も最初友人に連れられて行った時にはかなりギョッとして、ソースとカツ自体の味だけで丼のごはんを食べるのが正直つらかったのですが、しばらく経つとまた食べてみたくなる不思議な魅力があるのです。またそうでなければ地元民で賑わっているはずもなく、私が訪れた時にもすでに1時半で昼食時を過ぎていたにも関わらず順番待ちの状態で、しかも帰るときにもまだ10人以上の人が待っているという人気ぶりでした。今回私は5年以上ぶりにソースカツ丼をいただきましたが、やはり美味しかったです。

もう一つの目的は、お土産に焼き鯖を買って帰ることです。福井の焼き鯖は以前友人にお土産に持たせてもらって知ったのですが、非常に脂が乗っていて香ばしく、とても美味しいので敦賀に行くたびに買うだけでは足りず、通信販売で取り寄せたりもしているほど好きで、妻の母もお土産にあげて以来のファンになっています。敦賀にある日本海さかな街の中に入っているいくつかの店の店頭で香ばしい匂いを上げながら焼いているのですが、今回は連休中日であることと、蟹が解禁になったということで大変な混雑で、駐車場に入るにも長い列ができていました。しかしここで買わずに帰ることはできません。そしてその成果あって、翌朝に食べた鯖はやっぱり美味しく、またお土産にした義母にもたいへん喜んでもらえたようです。

しかし、今回は帰り道に非常に時間がかかってしまいました。行きは舞鶴経由で国道27号線を使って日本海沿いに敦賀に入ったので特に混雑はなかったのですが、帰りは琵琶湖西縦貫道路が無料になったというので使ってみようなどと思ってしまったのが運の尽きでした。休日を日本海側で過ごした人が関西に帰るためか、この琵琶湖西縦貫道路が所々で大変な渋滞となっていて、結局京都に出るまでに4時間ほどもかかってしまいました。この道路はスムーズに流れるところは良いのですが、しっかり繋がって整備されたものではなく、また並行する道路もない部分があるのでそういったところで交通が集中してしまうようです。その後京都からは山間の国道を走り抜けて自宅に帰り着いたのは夜10時半、時間を節約するために夕食もコンビニのサンドイッチという寂しいものでしたが仕方ありません。今回ばかりは運転好きな私もさすがに疲れを隠しきれなかったかもしれません。まあ素直に高速道路を使えという話ではありますが…