新型コロナウイルスワクチン接種(3回目)

いつまでこんな感じが続くのでしょうか。

💉

新型コロナウイルス感染症も日本での感染が広がってからとうとう2年が経過しようとしていますが、いわゆる第6波もようやく下り坂に差し掛かったところで、未だにトンネルの出口は見えない状況です。私達にできることは手洗い、マスク、換気、人混みを避けるといった基本的な感染症予防と、ワクチン接種くらいしかありません。そのワクチン接種も接種から数ヶ月で抗体が減少してしまうため、2回目接種から6か月以上経過したら3回めを摂取する必要があるということになりました。

私は1回目を昨年7月、2回目を8月初めに接種しているのですでに6か月以上経っていたのですが、接種券が届いていなかったのでそれを待っていたのでした。どうせ結局マイナンバーに紐付けられて管理されているのだから、わざわざ新しい番号を振り直さずに最初からマイナンバーで接種を受けられるようにすれば事務もシンプルになって迅速に接種できるようになるはずなのですが、マイナンバーを秘匿しておかなければいけいないようにしてしまったために使いにくくなってしまっているのでしょうか。もともと行政事務を効率化するというのが目的のはずのマイナンバーなのに、ここで使わないというのはどういうことなのでしょうか。というよりも、そもそもワクチンなんて回数が多くて得することもないし、多すぎて危険ということもないのでしょうから、そこまで厳密に管理する必要もないのではないでしょうか。

それはさておき、兵庫県では先日から接種券が届いていない人でも集団接種を受けられるということになったので、それを妻から聞いてすぐに兵庫県のウェブサイトから予約申込をしてみると、その翌日に接種を受けることができてしまいました。接種に使用するワクチンは武田モデルナスパイクバックス筋注ということで、副反応が強いと言われていて不人気なのかもしれませんが、どちらがいいかなどと言わずに早く打てる方を打っておいたほうが安心というものではないでしょうか。私は1回目2回目にはファイザーバイオンテックコミナティ筋注だったので、3回目はモデルナにしておいたほうが効果がより高くなると言われたりもしていて、できればモデルナのほうが嬉しいと思っていたので願ったり叶ったりという感じでしょうか。

ちょっと心配した副反応の方は、接種の翌朝に37.5℃の発熱があったので勤務先上司に休暇の連絡をして、朝食だけ食べてまた夜9時頃まで寝込んでしまった、というくらいに重いものでした。さらに翌朝には熱はすっかり治まって、寝すぎたための頭痛が残っていたくらいなので、前回と比べると治るまでの時間は短かったように思います。しかし、病気ではないのですぐに良くなると分かっているのは救いですが、おそらく今後も続くと思われるワクチン接種のたびに毎回同じように辛い思いをするというのではたまりません。また近いうちに副反応の弱いワクチンが開発されないと困りますね。

ということでまたしばらくは新型コロナウイルスに対する備えが強化された状態とはなりましたが、ワクチンは感染を防ぐというよりはあくまで症状を軽減するためのものだと思いますので、油断は禁物です。また、新型コロナウイルスの強さはインフルエンザ並みなどという人もいますが、同じように対策しているおかげでインフルエンザの流行はほぼ完全に抑えられているのに対し、新型コロナウイルスを防ぐことはできていないのですから、それだけでも感染力の違いは明らかです。特にオミクロン株は重症化しにくいと言われて甘く見ている人が多いようですが、その分感染力はこれまでと比較にならないほど強いため、結果的に死亡者数は以前より明らかに増えています。人類がワクチンで対抗しようとしても、ウイルスの方も変異して対処してくるので、残念ながらこのイタチごっこはまだ暫く続くのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。