medical | 狼系

Archives

胃内視鏡検査 初体験

検査自体は問題なく。

先日急性胃炎を経験してから3ヶ月ほどが経ちましたが、胃薬を飲んで一週間ほど胃をいたわってやったところ治ったようで、その後は特に調子が悪くなることもなく元通りの生活を続けています。しかし、この時ある友人に厳しく言われてしまったということもあり、またこれまでに一度も受診したことがなかったので、内視鏡検査、いわゆる胃カメラでの検査をかかりつけの内科医にお願いして、今朝体験してきました。

一般の診察を始める前にやっているようで朝一番の検査となりますが、前日の夕食は7時までにできるだけ消化の良いものを摂り、その後は何も食べないようにということだったのですが、前日は仕事納めだったということもあり、職場のメンバーで年内で閉店してしまうカレー店に行ってしまいました。食べ終わったのはちょうど7時頃だったので問題はないと思いながら、牛すじカレーを食べてしまったことに若干の後悔がありました。

処置室に入ると最初に薄いポカリスエットのようなものを飲まされたあとで2種類の点鼻薬を差され、その後喉にスプレーされてからさらに点鼻薬、と何種類もの薬を差されましたが、いちいち説明はなかったのでなんの薬なのかはわかりません。ただ、鼻の穴が広がって息が通りやすくなったのと、喉の感覚が麻痺してきたのは自覚できたので、おそらくそのような薬だったのでしょう。そして横向きに寝かせられて待っていると、医師がおもむろに鼻から長い管のようなものを差し込み始めましたが、薬のおかげで特に不快な感覚はなく、ただ管を押し込まれた時に鼻の滑りが悪くなって頭が押されてしまうことがあるのが気になっただけでした。

麻酔はお願いしなかったので意識ははっきりしており、検査の間私もモニターを見ていたのですが、その画像はかなり鮮明でした。富士フイルム製のシステムを使用していましたが、昔のファイバースコープを直接覗いていたようなものとは医師や患者の負担も違うでしょうし、診断の確からしさも相当違うでしょうね。見ていた感じでは胃や十二指腸の内壁が想像していたよりもきれいなピンク色だったのが印象的でした。

また、スコープの横から細い管を差し込んで何やら青い薬液を注入したり吸い出したり、鉗子を差し込んで組織を取ったりできるというのもなかなかすごいことで、そんなものが鼻から出入りしてしまうということが驚きです。結局私は食道からの入り口と十二指腸への出口の近くに炎症が見られたので、1か所で組織を取って検査することになりました。

検査は10分少々で終わったと思いますが、組織を取って胃壁を傷つけたためということで、その後生まれて初めての点滴も経験してしまいました。ベッドに横になって腕に針を刺されただけですが、チューブを通って何やら黄色い液体が血液に入れられていると思うと妙な感じでした。点滴液が無くなったら空気が血管に入ってしまうのでは…などという余計な心配もしてしまいましたが、血圧というものもあるのでそんなことは怒らないのですね。そんな危なっかしいものだったら寝かせたまま放置したりはしないでしょうが。

ということで検査自体は何事もなく終わりましたが、今日一日はおかゆやうどんなど消化の良いものを食べるように言われました。また、結果の方は何か問題が見つかれば連絡するけれども、特に無ければ次の診察のときでいい、ということでした。今日は問題があったともなかったとも言いませんでしたが、何か気になることがあればさすがに言ってくれるはずですよね。まあとりあえずおとなしく結果を待つしかありませんが、何もないとはっきり分かればしばらくは安心できそうです。いずれにしても受けて良かったということになるでしょう。

片頭痛

効き過ぎる薬も怖いのですが。

日本人の3~4人が患っているとも言われる非常に一般的な病気「頭痛」ですが、私もちょっとしたことですぐに頭が痛くなる「頭痛持ち」で、長年悩まされています。なんだかちょっと頭がいたいな、という程度の軽い頭痛は日常茶飯事で、年に2,3度は起き上がるのも辛く、出社したところで全く仕事にならず、食事すら億劫になってしまうというほどの酷い頭痛に襲われています。

先週の土曜日は小学校の運動会があったので、弁当を作る妻に起こされてしまい睡眠不足の状態になってしまったのですが、それが良くなかったようで日曜の未明に目を覚ましてから激しい頭痛に見舞われてしまいました。結局日曜日は一日中ベッドで過ごし、食べたのはゼリーひとカップのみ、月曜日は朝一番に頼まれていた仕事があったのでそれだけのために出社して、一時間で済ませてすぐに帰宅してベッドに逆戻りでした。しかしその後も一向に収まる気配がなく、このままでは翌日も休まなければならなくなるということで、力を振り絞って頭痛外来を受け付けている近所の内科へ行って診てもらうことにしました。

痛い時には家を出るのも辛いというだけでなく、「どんな痛みですか?」と聞かれても的確に答えるのが難しいのでこれまでなんとなく敬遠してしまっていたのですが、行ってみればそれはさすがに相手もプロですので大体の答えで汲みとってくれるものです。症状から見ると結局私の激しい頭痛は「片頭痛」というタイプのようですが、一般的には週2回から月1回程度ということのようなのでその点はまだ程度が軽いということなのかもしれません。また、他のタイプとしては「緊張型頭痛」と「群発頭痛」、そして偏頭痛と緊張型の「混合型頭痛」というものがあるそうですが、いずれの症状も時によっては思い当たるふしがあり、その時々に応じてそれぞれ異なる対処が必要になりそうなのが困ったものです。

結局頭痛の根本的な原因を取り除くのは難しいのですが、薬を2種類処方してもらいました。まず、片頭痛の直接的な原因である「脳内の血管が膨張して組織を圧迫」というのを緩和するため、ゾーミッグというもので、脳の血管を収縮させて症状を改善する作用があるそうです。早速これを飲んでみたところ、小一時間で痛みはかすかなものとなり、とりあえず通常通りの生活ができるようになりました。しかし、作用はあくまで一時的なものでしかなく、片頭痛の原因はそのままなので翌朝起きるとまた痛みが戻ってきてしまいました。そこでまたもう一錠飲んでみると、今度は薬の効いている間に治ったらしく、今に至っています。

もう1種類処方されたのはロキソニンという消炎鎮痛剤で、「ゾーミッグが効かない時に使い分けて」と言われたものなので今回は飲んでいません。普段の軽い頭痛の時にはバファリンやイブプロフェンを飲んでみるものの全く効かないので閉口していたのですが、そういう時に飲むといいのかもしれません。

ということで、あまりに頭痛が酷く感じられるので脳腫瘍でもあるのではないかといちいち不安を感じていたのですが、片頭痛という一般的な病気であることがわかってちょっと安心したような、これから一生付き合っていかなければならないのかと思うとしんどいような、複雑な気持ちです。まあ、数十年の間には頭痛を根本治療できるような医学の進歩が…あるといいですが難しいでしょうね。

ブリーズライト

「正しく呼吸」

子供の頃から検診の度に「アレルギー性鼻炎」という診断を受けながら、これという治療もしていないので慢性的に鼻づまり状態となってしまっている私には、スッキリ鼻が通ったらどんなに楽だろうかと夢を見るような状態です。鼻が詰まっていると単に呼吸がしづらいというだけでなく、口呼吸になってしまうのでのどが乾燥したり、鼻のフィルターを通さずに息を吸うので喉の粘膜をやられやすいなど、ろくなことがありません。

同じようなことで悩んでいるという人はやはり多いらしく、そういった人向けの鼻孔拡張テープというものが開発されているのですが、その代表製品であるグラクソ・スミスクラインの「ブリーズライト」という商品がIDEA*IDEAさんのサンプルプレゼントで獲得したので、早速試してみました。

ブリーズライト肌色タイプレギュラー 30枚
メーカー:グラクソスミスクライングラクソスミスクライン (-)ISBN/ASIN:B001E7LPNY
Amazon.co.jp で詳細を見る

「鼻孔拡張テープ」という呼び名はこの製品の形態を性格に表現していて、箱にも「薬剤は使用していません」と書かれている通り、薬の力は一切借りず、物理的に鼻の穴を広げてしまおうというテープなのです。もちろんただテープを貼っただけでは広げる力など発生しませんから、それは中に入っているプラスチック製のバネの反発力を利用するのです。この時、テープにはバネの力に負けない粘着力を必要としますので、通常の絆創膏よりも強力なテープが使われており、肌を傷めないよう「1日に12時間以上続けて使用しないように」ということや、剥がすときには「ぬるま湯で必ずぬらし、まず四すみからはがします」といった細かい指示が記載されていて、ちょっと物々しい雰囲気になってしまっています。

ということで少々緊張しながら、

鼻骨の下を両側から指でつまんで、呼吸ができなくなるところが最適の位置です。

ということなので鏡を見ながら位置を合わせ貼ってみました。するとすぐに鼻から息を吸うのが楽になり、鼻孔が拡がったのを自覚することができました。薬ではないので即効性があるというのが嬉しいですね。

これまで3晩ほど続けてブリーズライトを貼って眠ってみたのですが、確かに朝起きたときの喉の乾燥も抑えられているような気がします。それより何より、普通に起きているときも呼吸が非常に楽ですし、コーヒーを飲むときにも香りがスーッと鼻を通ってくるような感じがしてとてもいい感じです。

ただ残念なのは、やはり薬ではないので持続性もなく、剥がしてしまうとすぐに効果もなくなってしまうということで、鼻孔が狭まってしまうことも自覚できてしまい、非常に寂しい感じです。12時間以上続けて使用できないというのが一番の問題なのでしょうが、仕方のないことなのでしょうか。頻繁に張り替えて使用するにしても、30枚入りのお徳用パックでも1800円ということは1枚60円になりますから、毎日使用するというのもしがないサラリーマンにはちょっと贅沢な感じですね。

しかしそうは言ってもこの画期的な製品、私はすっかり気に入ってしまいました。発売元の方でも「毎月100名様にサンプルプレゼント」というのをやっていますから、鼻づまりに悩んでいるので一度試してみようという人は応募してみてはいかがでしょうか。