「medical」タグアーカイブ

日本国政府配布の布マスク

もっと敬意があってもいいのでは。
😷

防御の役には立たないという意味で「マスクでウイルスは防げない」という記事を書いたのが2月のことですが、COVID-19の感染拡大は当時思っていた以上の事態となってしまい、一時期マスクは極度の品薄状態となり、価格も暴騰して50枚入りの使い捨てマスクが8000円もするようになり、必要な人が入手できないような状況になっていました。今ではそれも落ち着いてきて、平時よりはまだ高いとはいえ、1000円台で購入できるようになっているかと思います。

そんな中、「アベノマスク」などとバカにした呼び方をされているのが私は気に入らないのですが、日本国政府により国内全世帯に配布(PDF)された布マスク2枚が私のところにも届きました。このマスクについてもいろいろな批判があるようですが、少なくとも使えないようなものではないと思いますし、一定の意味はあるのではないかと私は考えています。

お世辞にもかっこいいとは言えないマスクですが、使い捨てマスクの供給に影響を与えないようにするため、布マスクにすることは必然だったわけで、迅速に生産して配布するためには凝ったデザインのものにするわけにも行きませんから、給食用マスクのようになってしまうのは仕方のないことでしょう。小さすぎるとも言われていますが、大きかったら大きすぎると言われるだけではないでしょうか。

なぜ全世帯2枚なのかというのも、細かく世帯ごとの人数に合わせて配布していたら余計な時間と経費が必要になりますし、人の集中を避けるためには郵送にするべきだったので、なるべく簡素な方法にする必要があったのではないでしょうか。

汚れや虫の混入しているものがあったというのは残念なことでしたが、海外で急遽生産したものだったので品質管理が行き届かなかったのでしょう。これは完全に受託企業の落ち度と言えますが、これについて安倍首相個人を攻撃するというのはまったく理解できません。そんな細かいところまで首相がチェックすることなどできるわけがないのですから、回収して検品すると言っているのですし、適切に対処できればそれでいいのではないでしょうか。

当初予算が466億円というのが高すぎる、もっと有効な使いみちがあるはずなどとも言われていますが、仮に1人1枚配ったとすれば1枚あたり400円程度ということになり、若干高いような気はしますが、緊急処置であり、送料などを考慮すればそれほど高すぎるということはないのではないでしょうか。全国民に10万円が給付されるための12兆円と、それに必要な経費1458億円を考えれば誤差範囲のようにも思えます。また随意契約であることを問題にしているフシもありますが、こんなときに競争入札などしていたら時間を浪費するだけです。

実際に届いたものを見て私が感じたのはかなり丁寧に作られているということで、これなら400円はかかるかもしれないと思えました。このマスク配布のために身を削った人もいるはずですし、それを無駄にするようなことだけはすべきでないでしょう。私は家にあった使い捨てマスクを洗いながら何度も再使用しており、おそらくこの布マスクを使うことはないので、必要な人がいれば譲ってもいいと思っています。マスクの寄付を募っている福祉団体もあるようなので、そちらへ送ることを考えてみます。

睡眠時無呼吸症候群

なんだかスッキリしませんが。
🩺

ちょっと前に急に妻に言われてびっくりしたのですが、私が先にベッドに入って寝ているとき結構イビキをかいていて、時々呼吸が止まっているというのです。自分がイビキをかくようになっていたというのもショックだったのですが、それ以上にまさか自分が睡眠時無呼吸症候群を患っているとは夢にも思わなかったのです。

私は軽い目の高血圧の症状があるので定期的に医師の診察を受けているのですが、前回受診時にこの件について相談してみると、まずは1回計測してみましょうか、ということで2日間計測機器を装着して寝て、そのデータを解析するということになりました。その機器というのも大掛かりなものではなく、鼻の前に管を回すように装着するのと、心拍を計測するために左手人差し指をつまむだけで、本体はベルトで腕に止めておけるのでそれほど睡眠の邪魔になるものではありませんでした。これも技術の進歩により小型化が進んだおかげですが、以前はこれだけのためにも病院に泊まる必要があったのではないでしょうか。

そして今日また診察があったのでその結果も聞くことができたのですが、非常に軽度なので治療の必要はない、とのことでした。数値としては1時間あたりの呼吸が止まっている回数(AHI)が2回程度ということなので、それだけ聞くと決して正常ではないだろうと思ってしまうのですが、20回以上でなければ治療は不要で、重い人は50回以上にもなるとのことで驚きました。1時間あたり50回といえばほぼ毎分1回ということになり、止まっている時間のほうが長いということになってしまうのではないでしょうか。そうなるとさすがに酸素量も不足して様々な問題症状を引き起こしそうです。

なにはともあれ、私は「ほぼ」問題ないということで気にする必要はないという感じだったのですが、本当に問題のない人とは明らかに違うわけですから、気にするなと言われてもなかなか難しいものです。このせいで特に日中眠気に襲われるというようなこともありませんので、本当に気にする必要はないのかもしれません。治療するとなると薬を飲めば済むというようなものでもないですし、喜ぶべき結果なのだとは思いますが…

胃内視鏡検査 初体験

胃検査自体は問題なく。

先日急性胃炎を経験してから3ヶ月ほどが経ちましたが、胃薬を飲んで一週間ほど胃をいたわってやったところ治ったようで、その後は特に調子が悪くなることもなく元通りの生活を続けています。しかし、この時ある友人に厳しく言われてしまったということもあり、またこれまでに一度も受診したことがなかったので、内視鏡検査、いわゆる胃カメラでの検査をかかりつけの内科医にお願いして、今朝体験してきました。

一般の診察を始める前にやっているようで朝一番の検査となりますが、前日の夕食は7時までにできるだけ消化の良いものを摂り、その後は何も食べないようにということだったのですが、前日は仕事納めだったということもあり、職場のメンバーで年内で閉店してしまうカレー店に行ってしまいました。食べ終わったのはちょうど7時頃だったので問題はないと思いながら、牛すじカレーを食べてしまったことに若干の後悔がありました。

処置室に入ると最初に薄いポカリスエットのようなものを飲まされたあとで2種類の点鼻薬を差され、その後喉にスプレーされてからさらに点鼻薬、と何種類もの薬を差されましたが、いちいち説明はなかったのでなんの薬なのかはわかりません。ただ、鼻の穴が広がって息が通りやすくなったのと、喉の感覚が麻痺してきたのは自覚できたので、おそらくそのような薬だったのでしょう。そして横向きに寝かせられて待っていると、医師がおもむろに鼻から長い管のようなものを差し込み始めましたが、薬のおかげで特に不快な感覚はなく、ただ管を押し込まれた時に鼻の滑りが悪くなって頭が押されてしまうことがあるのが気になっただけでした。

麻酔はお願いしなかったので意識ははっきりしており、検査の間私もモニターを見ていたのですが、その画像はかなり鮮明でした。富士フイルム製のシステムを使用していましたが、昔のファイバースコープを直接覗いていたようなものとは医師や患者の負担も違うでしょうし、診断の確からしさも相当違うでしょうね。見ていた感じでは胃や十二指腸の内壁が想像していたよりもきれいなピンク色だったのが印象的でした。

また、スコープの横から細い管を差し込んで何やら青い薬液を注入したり吸い出したり、鉗子を差し込んで組織を取ったりできるというのもなかなかすごいことで、そんなものが鼻から出入りしてしまうということが驚きです。結局私は食道からの入り口と十二指腸への出口の近くに炎症が見られたので、1か所で組織を取って検査することになりました。

検査は10分少々で終わったと思いますが、組織を取って胃壁を傷つけたためということで、その後生まれて初めての点滴も経験してしまいました。ベッドに横になって腕に針を刺されただけですが、チューブを通って何やら黄色い液体が血液に入れられていると思うと妙な感じでした。点滴液が無くなったら空気が血管に入ってしまうのでは…などという余計な心配もしてしまいましたが、血圧というものもあるのでそんなことは怒らないのですね。そんな危なっかしいものだったら寝かせたまま放置したりはしないでしょうが。

ということで検査自体は何事もなく終わりましたが、今日一日はおかゆやうどんなど消化の良いものを食べるように言われました。また、結果の方は何か問題が見つかれば連絡するけれども、特に無ければ次の診察のときでいい、ということでした。今日は問題があったともなかったとも言いませんでしたが、何か気になることがあればさすがに言ってくれるはずですよね。まあとりあえずおとなしく結果を待つしかありませんが、何もないとはっきり分かればしばらくは安心できそうです。いずれにしても受けて良かったということになるでしょう。