Archives

The Beguiled (2017)

女性視点なのかな。

Sofia Coppolaといえば「地獄の黙示録」で有名な映画監督Francis Ford Coppolaの娘の映画監督ですが、私も初期の3作品「ヴァージン・スーサイズ」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「マリー・アントワネット」を観て以来、ちょっとご無沙汰になっていました。その10年ちょっとの間に「SOMEWHERE」、「ブリングリング」という2本の映画を監督し、「SOMEWHERE」の方は第67回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得するなど高い評価を得たようですが、私はそんなことは全く知らず観たことがありませんでした。

しかし、私がInstagramでフォローしている大好きな女優のうち2人、Kirsten DunstとElle Fanningが互いの写真に登場するようになったので共演しているのかな、と思っていたらその監督がSofia Coppolaであることがわかり、これはぜひ観なければと思っていたのが今週観た「The Beguiled / ビガイルド 欲望のめざめ」でした。

この作品は1971年にClint Eastwood主演で「白い肌の異常な夜」というタイトルでも映画化されている、Thomas P. Cullinanの小説”The Beguiled”を再度映画化したものとなっています。”beguiled”とは「だまし」というような意味になりますが、それがこの映画のストーリーに対して最適なタイトルなのかどうかはよくわかりません。邦題の方は原題そのものに「欲望のめざめ」と副題が付いていますが、これは直接的ながらストーリーからのずれはありません。1971年作品の方の邦題はなんだかいかがわしい印象をあえて持たせているような感じもありますが、当時の評判はどうだったのでしょうか。

物語は南北戦争中に南軍に付いていたバージニア州で、北軍の伍長であるJohn McBurneyが負傷しているところを寄宿制女学園の生徒に助けられ、校長らの手当てを受けて回復し、校長以下女性のみの学園で過ごしているうちに色々なことが起こり…というものです。どうやら後半以降の流れは原作や1971年版と異なっているようで、また1971年版は助けられた兵士側の視点で描いていたのに対し、本作では女性監督らしく女性側の視点となっているところも異なるようです。

女学園の校長Martha役はNocole Kidmanが演じており、さすがアカデミー賞やゴールデングローブ賞の受賞歴を持つ大女優だけあって迫力と妖艶さ、そして厳しさを見せてくれます。そしてただ一人の教員Edwina役がKirsten Dunst、奔放な女生徒Alicia役がElle Fanningとなっており、本作ではこの二人が重要な役どころとなってきます。また、助けられる兵士役はColin Farrellですが、かつて「最も美しい男」や「最もセクシーな男」の一人に選ばれているとのことで、そういう魅力のある男の代表として出ているということになるのでしょうか。

本作は戦時下の物語ということで慎ましやかな生活の様子なども見所の一つなのかと思いますが、特徴的なのがBGMがほとんど使われていないということです。それによって遠くから絶え間なく聞こえる大砲の音で先頭を身近に感じながら生活する彼女らを理解することになり、また夜には虫の声を背景に聞くことでこの学園が野原にぽつんと存在しているということを知ることができます。

また一つ驚いたのは、エンドロールの短さです。大作映画に慣れすぎてしまったためか、このあと細かいスタッフの名前がずらずらと表示されるのかと思ったらそこで終わってしまい、ものの数分でした。最近の作品はCGを多用しているために非常に多くの人々が関わることになっていますが、本来の実写映画というのはこの作品と同じくらいの規模で作ることができるものだったのかと再認識させられました。製作費は1000万ドルということですから、決して低予算というわけではないのですが、それはセットや衣装に費やされたのでしょうか。

Super 8

久し振りにちゃんとした映画を観たような気に。

震災の影響による電力不足を緩和するためということで、国内の自動車メーカー各社と、関連する部品メーカーなどがこの夏の休日を木曜日と金曜日に変更することになりましたが、今日がその初日でした。自動車業界が木金休むだけで、月火水に他の業界が協力するという話はあまり聞こえてきませんが、それでも大丈夫なら実はあまり意味が無いということだったりはしないのでしょうか。私の勤務先も一応自動車業界の端くれだったりするのに、なぜか木曜日と日曜日が休みということになってしまいましたが、私も今日は休日ということになりました。子供達と休みが合わないとなんとも時間を持て余すものですが、せっかくなので今日は観たかった映画「スーパーエイト」を観に行くことにしました。木曜日が休みの間はこの調子で映画を観る機会が増えるかもしれません。

タイトルのスーパーエイトというのはかつての「スーパー8mmフィルム」のシステムのことですが、これを利用して自主制作映画を撮る子供達がある事件に巻き込まれるというのがこの作品の設定になっています。スーパー8自体は直接的な関係はありませんが、この映画作りを通して通い合う友情がテーマといって良いのではないでしょうか。

主な登場人物は冒頭で母親の葬儀から始まるJoseph Lambが主人公、その幼稚園時代からの親友で映画を監督するのがCharles Kaznyk、ヒロインとなるのはCharlesが好きで自分の映画に出演させるために連れてきたAlice Dainard、その他映画作りに関わる数人ということでみな中学生です。このJosephを演じているJoel Courtneyはこの作品がデビュー作ということのようですが、さすがに大抜擢されただけのことはありかなりの逸材ではないでしょうか。しかも年齢の割に背が低く幼く見えるためか私が見ていても非常に可愛らしく、しかしそれでいてしっかりしたところを持っているようで今後の活躍が大いに期待されます。

そしてヒロインのAliceを演じるのはElle Fanning、あのDakota Fanningの実妹ですが、姉に負けず劣らずの可愛らしさと演技力で魅せ、なんとも言えない雰囲気のある「女優」です。この作品中、JosephやCharlesがAliceの演技力に言葉を無くすようなシーンがありますが、そういうシーンは本当に演技力がなければこなすことのできないものではないでしょうか。私も本当に息を飲むようで、魅せられてしまいました。今後ほんとうに目が放せません。

ストーリーは本作の製作に関わっているSteven Spielbergの代表的作品である「未知との遭遇」や「E.T.」に近いところもありますが、そう聞いて観てみると実は「地球外生命体との接触」というところ以外では全く違うところも多く、非常に楽しめる作品になっています。5000万ドルという製作費がかかっているだけあり、序盤のシーンをはじめ大迫力の映像も楽しむことができました。

また、子供達の映画作りについては、この映画に関わっている人たちもかつて通った道であるでしょうから、かなりの愛情がこもっているのを感じました。エンドロールも一つのお楽しみになっているのではないかと思いますのでお見逃しなく。ただ、おかげでスタッフの名前は一切目に入りませんでしたが、それで良かったのでしょうか。

まあそれにしても今時の子供達にとっては、カメラといえばデジタル、ビデオも良くてテープといったところでしょうが、私の子供の頃は祖父が私たちの姿を8mmフィルムの無音声カメラで撮ってくれたものです。現像から上がってきたフィルムを祖父が編集して、正月など親戚が集まったときには上映会が行われたりしましたが、それも今はデジタル化してPCでできるようになったとはいっても結局同じようなことをしているわけですね。本物の映画作りについても相当デジタル化が進み技術は高度化していることでしょうが、その根本的な精神のようなものは全く変りないのかもしれません。