Archives

X-Bows Mechanical Ergonomic Keyboard

いつになったら慣れるでしょうか。

私は以前からコンピューターと人間とのインターフェースであるディスプレイモニタとキーボードやマウスなどの入力デバイスこそ使い勝手の上で重要だと思っていて、それによって作業の効率は直接的にも間接的にも変わってくるので、自宅はもとより職場のPCで使うためにもこれまでに数多くの製品を購入し試してきました。しかしキーボードについては未だに完全に満足できるものには出会えておらず、探求の旅は継続中です。

このブログでkeyboardというタグで検索すると複数のキーボードの記事が出てきますが、実はこれが購入したものすべてではありません。タイミングを逃して記事にしそびれてしまったものもいくつかあるので、実際にはもう2, 3本のキーボードが私の手元にあったりします。しかし、今回入手したX-Bows Ergonomic Keyboardについてはぜひ書いておかなければと思い記事にしているところです。

この製品は当初KickstarterのX-Bows Mechanical Ergonomic Keyboardというプロジェクトとして知り出資したもので、当初の予定より半年ちょっと遅れて届きました。通常の量産メーカーで発売が半年も遅れるというと大きな問題だと思いますが、Kickstarterのプロジェクトの中には一年以上遅れたり、量産に漕ぎ着ける前に資金が底をついて破綻してしまったり、酷いものになるとある時から音信不通になってしまったりもすると聞くので、半年遅れくらいなら温かい目で見守るくらいのものです。

それはさておき、届いた製品はなかなか精度良くできていて品質は高そうです。説明書などは十分に揃っているとは言えず手探りで試してみるしかないところもありますが、まずキーボードとして使う分には特に問題ありません。ただ、本製品はエルゴノミックのゲーミングキーボードということになっているようなので、そのゲーミングキーボードの特徴なのかフルカラーLEDによるバックライトが搭載されていて、その点灯パターンを様々に設定できるらしいのですが、その設定に必要なアプリのMac版はまだ公開されていないため、デフォルトで設定されているものの中から選ぶしかないというのが制約になっています。Windows版にまずは注力したいということらしく、Mac版もそのうち公開されるはずなので根気よく待ちたいと思います。

キーボード本来の機能としては、キースイッチをGateronのRed, Blue, Black, Brownの中から選ぶことができます。これらは重さ、ストローク量、クリック感などが異なっていて好みに合わせて選ぶのですが、私は軽めでクリック感はあるがクリック音はしないBrownを選択し、期待通り私の好みにぴったりのスイッチで良かったと思います。

このキーボードの最大の特徴はエルゴノミックデザインのキー配置です。基本的なキーは通常のQWERTY配列になっているのですが、右手と左手とが担当するキーがはっきりと分けられて扇形に広げられていて、それらの間にBackspaceとEnterが配置され、またスペースキーも左右に分けられて中央にはControlとShiftが挟まっています。こうして左右に広がっていることによって手首を無理な角度に曲げることが無くなって体に優しい、ということなのですが、私のタイピングは自己流なので中央付近の左右の分担、特にBのキーが曖昧で、たびたび右手でBを押そうとしてEnterを押してしまって漢字変換が確定されてしまうということになっています。これはしばらく使って慣れるしかないのだろうと思っていますが、これに慣れることによって通常のキーボードでも正しいタイピングに矯正されるようなのであれば良いと期待しています。

しかしやはり何事も良いことばかりではありません。このキーボードではキーが扇形に広がっているため、上段のキーほど左右に広くなってしまっています。特に数字の段ではだいぶ広くなってしまっていて、問題なのが日本語入力時には頻繁に使用する”-“のキーです。このキーにはもはや私の手ではホームポジションから届かなくなってしまっていて、結構手を移動しなければいけないことになっています。せっかくのエルゴノミックキーボードなのに、これでは明らかに手首に負担がかかってしまいますので、設定アプリができたらもっと押しやすい別のキーに置き換えるなどしたいです。

ということで今のところまだ問題はありますが、見た目は凄くかっこいいので、なんとか使いこなしていきたいと思っています。職場のPCでも使えるようにWindows仕様のものも買ってしまおうかとも思いましたが、それはもう少し慣れてからですね。

Pebble Time

「もっといいやつ」

電子ペーパーを使うことにより1週間程度のバッテリーの持ちを実現したということでかなり実用性の高いスマートウォッチとなっているPebbleですが、アップルウォッチの登場まではスマートウォッチ自体の一般における認知は低いものでした。アップルウォッチ後は私のPebbleを見て「アップルウォッチ?」と聞かれることもたびたびでしたが、その都度「もっといいやつ」と言ってきました。そして先日、「さらにいいやつ」であるPebble Timeが再びKickstarterのファンディングを経て出荷され、かなり遅くはなりましたが私にも届きました。

届くやいなや使いはじめる前に、汚れや傷が付く前にまずカスタマイズです。前回のPebbleではしばらく使っているうちに表面に引っかき傷が着いて消えなくなってしまったので、その反省で保護フィルムを貼ることにしました。Pebble Timeはゴリラガラス使用で傷は付きにくいとされていますが、Pebbleでも表面強化処理されているというのを過信して傷になってしまったので油断はできません。今回はGadgetWrapsのBrushed Aluminum Wrapで文字盤周囲の金属部分を飾りつつ保護し、ガラス部分にもClear Screen Protectorを貼っておきます。私は電話などの画面に保護フィルムを貼るのは好きではないので決して貼らないのですが、時計はやはりふとした時にぶつけてしまうことがあります。

もう一つ、時計ならではのカスタマイズとしてベルトも交換しました。Google Plusのコミュニティで紹介されていたClockwork SynergyのRally Racingというものが格好良かったので、私の白いPebble Timeに合うと思いブルーのものを注文していたのです。Pebble Timeの純正ベルトもクイックリリースとなっていて工具なしに簡単に交換できるようになっていますが、このRally Racingも同じくクイックリリースであっという間に換えることができました。大きな穴の空いたデザインもいいのですが、厚さ3mm程はあるかなりしっかりした固めの革が非常に良い質感で、大変気に入っています。

ということでPebble Time専用のアプリをインストールしたiPhoneとBluetoothで接続し、認識させます。自動的にファームウェアのアップデートが行われ、またPebbleでインストール済みだったWatchfaceやアプリも自動的にインストールされます。PebbleではWatchfaceとアプリを合わせて8つまでという制約がありましたが、Pebble Timeではメモリー容量が飛躍的に増えたためこの制限はなくなっており、メモリーの許す限りインストールできるそうです。

Pebble Time最大の目玉はなんといってもカラー化された文字盤で、Pebble社はColor e-Paperと言っていますがカラーeInkではなく、実際にはシャープ製のメモリー液晶 (PDF) だということです。いずれにしても表示の書き換え時にのみ電力を消費するということでバッテリーの長寿命化に貢献しているわけですが、やはり液晶の原理的な問題からeInkのようなコントラストの高さは残念ながら実現できていません。しかし、反射型液晶のおかげで日光のもとではくっきりと綺麗に見ることができますし、室内でも見難いというほどでもありません。

また、Pebble Timeではプロセッサの処理速度も向上していて、これを活かして各種操作時に可愛く楽しいアニメーション効果が入るようになっています。操作に対する応答性もよいので、アニメーションが邪魔に感じられることもないと思います。まあ時間が立つと飽きてしまうかもしれませんが、その頃にはアニメーションを無効化するようなオプションも設けられるのではないでしょうか。

以前にも書いた通り、Pebble Timeで最も楽しみにしていたのは各国語対応で、これは一足早くPebbleでも言語パックとして実現されていたのですが、Pebble Timeではメモリー容量が増えて言語パックの容量制限も事実上なくなりました。Pebble用では文字サイズや文字種を限定してなんとか容量内に収めるという苦し紛れとも言える対応となっていましたが、Pebble Time用としては全文字サイズにあるフォントに含まれている日本語の漢字をすべて入れても全く問題がないということです。ただ大きな問題は、現行のiOS版Pebble Timeアプリには言語パックをインストールする機能がないことで、私も長男のAndroid機を借りてインストールしました。これは一刻も早い対応を望みたいところです。

ということで、入手以来大変気に入っていますが、相変わらず「アップルウォッチ?」と聞かれるのは仕方がないのでしょうね。

myLED

最初から付いていればなんということもないのだけど。

今や日本の携帯電話市場でも圧倒的なシェアを誇るiPhoneですが、いわゆるガラケー、日本のフィーチャーフォンでは当たり前でもiPhoneにはない機能というのがいくつかあります。よく言われるのがおさいふケータイ、電子マネーですが、あれは付くわけがありません。iPhoneはどうにもならない通信帯域以外は世界共通で売られているものですので、理想的には世界中で、少なくともアメリカで役立つ機能でなければ内蔵されるということはありえないでしょう。アメリカに住んでいるとジュース1本買うのにもクレジットカードが使えてしまいますので、小額決済の手段としての電子マネーに存在価値が見いだせず、まったく普及するとは思えません。そんな状況では日本のキャリアがいくらAppleに掛け合ったところでどうしようもありません。

もう一つ、付いていてもいいのにと私も思うのが不在着信などを知らせるLEDなどによるインジケータです。まあ以前からMacにもインジケータの類は電源の状態を知らせるもの1つしかついていませんので、これはアップルの伝統か拘りなのかもしれません。それでもMacの電源インジケータと同じようにアルミ部分に透けて見えるものなどにすればデザインへの干渉も抑えることができますが、それでも付けないのは単に画面を見れば分かるから不要だと考えているのか、各種コストに見合う効果が得られないと判断されているのかなのでしょう。

しかし、やはりインジケータが欲しいと思う人はいて、後から付けてしまおうということでKickstarterのプロジェクトを立ち上げ、無事にファンド成立したのがmyLEDというものです。私が知った8月の時点では既にファンディングが終わっていて一般の先行オーダーの状態になっていたのですが、製品の発送が実際に始まったのは予定より若干遅れた9月半ばで、私の手元に届いたのは10月中旬に入ったつい先日でした。

この製品はiPhoneやiPadに着信LEDを付けてしまおうというものなのですが、付ける場所はイヤフォンジャックになります。イヤフォンジャックにmyLEDを装着して専用アプリを立ち上げると、電話の不在着信、メール着信、TwitterやFacebookのアップデート、バッテリ残量警告などで光らせるための設定ができます。イヤフォンジャックからの飛び出しは4mm位のものですが、内部には2色のLEDが内蔵されていて、注文時に「赤+青」または「赤+緑」の組み合わせを選ぶことができます。それぞれの通知時にはどちらの色を光らせるのか、点灯・点滅・フェードのパターンの中から選択して設定することができます。

私はiPadで使用しますので、主にメールの着信通知に使用したいと思っているのですが、今のところの使い勝手は少々微妙です。あくまで専用アプリが各種トリガで起動して、状況に応じてLEDを点滅させるという動きになっているようなので、どのようなメールで通知させるかの自由度があまり高くありません。ただし、Gmailではプッシュ通知にも対応しているので、通知のリアルタイム性は十分です。メールよりも問題なのはFacebookの通知で、今のところ「お知らせ」と同じような条件をトリガにすることはできないようで、タイムラインが更新される度に通知するか、メッセージの着信時に通知するかというだけなので、改善の余地があるでしょう。私はまだうまくダウンロードできていないのですが、一応SDKも公開されることになっているようなので誰かがもっと良いアプリを作ってくれるかもしれません。

一番の問題は、イヤフォンジャックに装着するということで必然的なものなのですが、LEDによる通知と着信音とを両立することができないということでしょう。iPhoneでの電話の着信はイヤフォンの状態に優先されるので問題ないのですが、メールの着信音などはどうしようもないのではないかと思います。したがって、状況によって付けたり外したりということが必要になるので、この小さな製品を無くしてしまわないように持っておかなければなりません。イヤフォンのコードに付けておくためのパーツも製品に同梱されていますが、ちょっとした事で外れてしまいそうなので私は怖くて使えずにいます。小銭入れにでも入れておくのがいいのでしょうか。

ということで何となくイマイチな感じではあるのですが、それほど邪魔になるものでもないので今のところはほぼ付けっぱなしにしています。気になるバッテリの持ちの方は、点灯させっぱなしにした場合にバッテリ消費が20%増加したとのことなので、通知時に点滅させるだけなのであれば目くじらを立てるほどのものでもなさそうで、実際に私が使用している状況でも若干減りが早いかな、という程度のものです。

なおこの製品、私は米国内なので直販で購入しましたが、日本ではPGAという会社が販売代理店に就いているようで、小売店やAmazonでも購入できるようです。Amazonでの評価も高くないのでオモチャ感覚でないと購入できないような気もしますが…私は新しもの好きなので飛びつきましたが、とりあえず後悔はしていません。

PGA iPhone/iPad/iPod対応 イヤホンジャックアクセサリー レッド&ブルー myLED PG-MYLEDRB

posted with amazlet at 13.10.20

リックス/PGA (2013-10-03)売り上げランキング: 2,898

Amazon.co.jpで詳細を見る