「margot robbie」タグアーカイブ

Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)

Harley Quinnを愛するすべての人に。
🤡

SARS-CoV-2と名付けられたウイルスは良くも悪くも日本の社会を変えていくことになるのではないかと思うのですが、甚大な負の影響を受けているのは飲食産業や旅行・レジャー産業です。特に航空会社はかなり危機的な状況でしょうから、今年以降いくつもの会社の倒産や合併が見られるのではないでしょうか。また身近なところでは個人経営の飲食店も苦しいところが少なくないでしょう。私はできる限り通常通りの生活を送って経済を回していかなければと思ってはいますが、一個人の行動は限られたものですし、そうも行かないものもあります。

だからというわけではありませんが、この週末は次男を連れて映画館へ行ってきました。閉鎖空間は避けるべきと言われていることもあって、地元のシネコンも当日販売のみに絞って無理に来場しないように配慮しつつ、短縮営業でなんとか凌ごうとしているようですが、やはり休日にも関わらず来場者は普段よりだいぶ少ないようでした。しかし、上映中に喋ったり咳・くしゃみをするということは基本的にないはずなので、ウイルス入りの飛沫が撒き散らされるリスクは案外少ないのではないかというのが私の推測です。これで感染してしまっていたら「ホレ見たことか」と言われるだけですが…

今回観てきたのは「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」という作品です。2016年に公開された「スーサイド・スクワッド」という作品があり、これはあまり評判は良くなかったものの主人公の一人であるHarley Quinnが素晴らしかったのですが、本作はその続編であり、Harley Quinnを主人公に据えた作品です。「スーサイド・スクワッド」が公開されたのはかれこれ3年半も前のことですが、私はそれ以来iPhoneの壁紙をずっとHarley Quinnにしているくらい惚れ込んでいるので、今回の作品が公開されるに至り、ウイルスなどに構っているわけにはいかなかったのでした。

Gotham Cityを仕切るJokerと別れた直後、思いを吹っ切ろうとするHarleyのもとに、これまでの恨みを晴らすチャンスとばかりに数多くの刺客が現れるもののなんとか難を逃れ…と思ったら…という感じの出だしですが、全体的にダークでありながらコミカルなタッチになっています。しかしながら本作のレーティングは何故か日本ではPG12となっているものの、アメリカではRとなっており、かなり惨い描写もあるので特に私のようにいろいろ想像してしまう人は要注意です。まあアメリカではFワードを連発するだけでもレーティングが上がってしまいますけどね。

また、本作では基本的に「女対男」の構図となっています。Roman Sionisが仕切るGotham Cityに立ち向かう女達をHarleyがまとめ、最後に対決することになるので、どうも男性が観ていると居心地の悪さを感じずにいられません。とはいえ、善人はほとんど登場しないので、自分とは関係のない世界で起こっていることだと思えばいいのかもしれません。

Harleyを演じているのはもちろん前作に引き続きMargot Robbieですが、やはり相変わらず素晴らしいです。今回は製作にも回っており、本作へはかなり入れ込んでいるようですが、このぶっ飛んだ役柄のHarleyをMargot以外の誰かが演じるというのはもう想像できません。一方、敵役のRomanを演じるのはEwan McGregorで、さすがの迫真の演技なのですが、The Huntressを演じているMary Elizabeth Winsteadとの写真が原因で離婚したとのことで…その辺は一流のプロなので問題ないのでしょうかね。

ということでバイオレンスアクション満載の本作でなかなか楽しめましたが、「スーサイド・スクワッド」の続編である”The Suicide Squad“も来年公開予定ということで、ウイルスの影響でずれ込む可能性もありますが楽しみにしたいと思います。ちなみに”bird of prey“とは猛禽、つまり他の動物を食べる鳥類のことで、生態系の頂点に立つ者ですが、そこまで支配的で絶対的な強さはないような気がします。そこが「猛獣」との違いなのでしょうか。

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。
🚬

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…

Suicide Squad

Suicide Squad批評家の評価なんて気にしない。

先週末から日本でも公開された映画「スーサイド・スクワッド」ですが、批評家の評価から算出されたTomatometerの値が低すぎると怒ったファンが「Rotten Tomatoesを閉鎖させよう」という署名運動をchange.orgで始めたということでもニュースになりましたが、Tomatometerの値は26%ということで確かに(アメリカの)批評家の受けは良くなかったようです。しかし、観客による評価Audience Scoreの方は67%となっており、ちょうど2/3ほどの人は悪く無いと思ったようなので、そんなに酷いものでもないようです。そんな状況ではありましたが、予告を見る限りは非常に面白そうなので楽しみにしていましたし、観てみないことには良いも悪いも言えませんので、実際には私はまったく迷わずに公開初日の昨日観てきました。ちなみに上記の署名運動は目標の25000人には届かず失敗に終わったようです。

この作品はDC Comicsのスーパーヒーロー映画が共有する世界の映画作品群「DCエクステンデッド・ユニバース」の一作品で、Marvelでいうところの「マーベル・シネマティック・ユニバース」の作品に相当するものです。特に本作は各作品で悪役として登場しているキャラクターらを集めて「目には目を」的にテロ対策に使うということになっており、具体的には「バットマン」に登場するDeadshotHarley Quinnなどが主役として登場し、JokerBatmanはチョイ役となっています。
Suicide Squad - Margot Robbie as Harleen Quinzel a.k.a. Harley Quinn
DC Comicsの各作品は独特のダークさがありますが、この作品でもそれは同様です。特にJokerの狂気というのはMarvelでは考えられないものでしょう。Marvelの各作品、特にディズニーのものは基本的に大人から子供まで楽しめるようになっているのではないかと思いますが、最近のDC Comicsの各作品はかなり大人向けの作りになっているような気がします。私はネアカに楽しめるMarvelも好きですが、どうもDCの影のある感じのほうが好みのようです。

しかし、この作品ではHarley Quinに惹かれてしまいました。Harley QuinnことHarleen Quinzelを演じているのはMargot Robbieですが、元気いっぱいでありながら狂っている、Jokerの恋人を非常にセクシーかつ可愛らしく演じています。しかもそれでいて、ふと見せる心の影の部分もあります。

Suicide Squadの中のもう一人、Katanaで出演している日系アメリカ人の福原かれんにも注目です。女優としてはこの作品がデビュー作らしく、いきなりハリウッド作品とは大抜擢です。日本人の役なので台詞がほとんど日本語で、他の俳優との掛け合いもあまりないので未知数ですが、この作品では出番もそれなりにあります。両親は日本人ながらアメリカで生まれ育ったアメリカ人なので英語にはまったく問題ないはずで、今後活躍できるといいですね。しかし彼女に限らず、ハリウッド映画では日本語のセリフが妙にたどたどしくなってしまうのはそう指導されるからなのでしょうか。めざましテレビのインタビューでは普通にしゃべっていたので日本語も問題ないはずなのですが、作品中のセリフではかなり不自然な発音になっています。

ということで、私は間違いなくBlu-rayを購入すると思うのですが、この作品はサウンドトラックもかなり良く、アルバムはアメリカのBillboard 200で初登場1位を記録し、4週目の現在でも6位となっています。私はプレオーダーで購入して聴いていますが、twenty one pilotsHeathensが特にお気に入りで、アルバムをかなり聴き込んでから映画を観たので、「この曲はここでかかるのか」というのも一つの楽しみになりました。もちろん映画そのものの続編も非常に楽しみですが、次回作のサウンドトラックにも期待してしまいます。