Archives

Avengers: Endgame

マーベル・オールスターズ。

今洋画で一番動員が見込めるのはMarvelの作品群なのではないかと思いますが、その中でもスーパーヒーローが沢山登場してお得感が強いのが「アベンジャーズ」シリーズです。その集大成とも言える「アベンジャーズ/エンドゲーム」が今週末から公開されたので初日の昨日、ゴールデンウィーク前の仕事を終わらせてから早速観に行ってきたのですが、初日とは言え平日ではかつてないほどの客入りとなっていて、その人気ぶりは驚くほどでした。

上映時間が181分と長い作品ですが、それでも内容は非常に濃く、次から次へと物語が展開します。良く言えばかなり充実した内容ですが、逆に詰め込み過ぎとも言えます。また、特に前作を観ていないとどういう状況なのかわからないと思いますが、これまでのMarvel Cinematic Universeの各作品とのつながりも強く、過去の作品を知っていればクスッとするところが、知らないと訳が分からず面白くもなんともないということにもなってしまいそうです。まあいきなりこの作品だけ観るという人はそういないのでしょうが、初デートで観るには向かないのではないでしょうか。

非常に沢山のスーパーヒーローが登場するので誰が主人公なのかは難しいところですが、中心的なのはIron ManとCaptain Americaでしょうか。しかし、Black WidowことNatasha Romanoffは自身を主人公とする映画があるわけでもなく、それほどのスーパーパワーがあるわけでもないのにやたら存在感があるのは演じているのがScarlett Johanssonだからでしょうか。また今回はCaptain MarvelことCarol Danversも登場しますが、あれだけの強大な力を持っている割にはThanosに苦戦するのも不思議ですし、もともと地球人ならそんなに距離を置かないで助けてあげてもいいのにと思ってしまいました。

しかし、先にも書いたとおりちょっと詰め込みすぎですね。アベンジャーズのファンであれば観ておかなければならない作品でしょうが、そうでない人や前作を観なかった人は観なくてもいい、というのは言いすぎでしょうか。これでもかというほどCGを使った戦闘シーンはキャラクターが多すぎて目で追うのも大変です。私はMarvelの作品群は好きですが、どうもアベンジャーズはそれほどでもないのかも知れません。

なお、Marvel作品には付きもののエンドロール後のおまけシーンは本作にはありません。やはり観ていた人にとってはお約束だったのかほとんどの人が着席したまま待っていたのですが、かなり長いクレジット表示が終わると何もなく明るくなってしまいました。おそらくこれはこの作品がシリーズの一区切りだということなのでしょう。これだけの人気シリーズにこのまま続編がないということは考えにくいですが、直接の続編ではなくリブートになるということなのかもしれません。

Spider-Man: Into the Spider-Verse

私はKirsten DunstのMJが好きなんですが。

この3月は個人的に観たい映画ラッシュで大変なのですが、2019年のアカデミー賞で長編アニメ映画賞を受賞した「スパイダーマン: スパイダーバース」もそのうちの一つだったので早速観てきました。私はセリフも役者の演技の重要な部分だと思っているの基本的に洋画は字幕版で観ることにしているのですが、地元の映画館では本作は残念ながら日本語吹き替え版のみの公開となっていました。まあ本作はアニメだからもともと吹き替えというか声を当てているだけではあるのですが、オリジナルではHailee Steinfeld, Mahershala Ali, Nicolas Cage, Liev Shreiber, Chris Pineといったハリウッド俳優の錚々たる面々が揃っているので、せっかくなら彼らの声で観たいと思っていたのでした。しかし、実際に観始めてしまえばそんなことはそれほど気になることもなく、逆に字幕に気を散らされずに没入できたのではないかと思います。ただし、日本語吹き替え版では映像内の文字も一部日本語になってしまうのは残念なところです。

スパイダーマンといえばPeter Parkerですが、本作の主人公はMiles Moralesというアフリカ系アメリカ人の少年です。実際にはPeter Parkerも登場しているのですが、スパイダーマンに限らずMarvelの作品群にはいくつもの平行世界が存在して、そのうちの一つでスパイダーマンとして活躍しているのがMilesで、本作はまさにその平行世界をテーマに扱ったものとなっています。したがって、Peter B. ParkerとしてMary Jane “MJ” Watsonと結婚したスパイダーマンや、スパイダー・ウーマンとして正義のために戦うGwen Stacyなども登場して、なかなか賑やかです。

本作はアニメーションではありますが、リアルなCGをあえてトレースしてアニメらしくするというような手法が取られているらしく、背景や自動車などは非常にリアルに描かれている一方、アニメらしいキャラクターともとても良く馴染んでいます。また、人物の周りをゆっくり回り込むようなカメラワークも用いられていますが、これは手書きのアニメでは非常に手間がかかるはずのもので、CGならではということになるのではないでしょうか。そんなカメラワークや独特の色使いなどによって、本作は映像的に非常にカッコイイ作品になっています。

また音楽もヒップホップ系のカッコイイものになっていて、サントラ盤もしばらくヒットしていたようですが、それも含めて本作はハイティーンから20代以上の大人をターゲットにしているものと思われます。そして、実際に大人が観ても満足できる仕上がりの作品になっているのではないでしょうか。アニメと言えば子供のもの、という時代はもう終わったと思いますが、私自身も期待していた以上の満足感があり、さすがアカデミー賞を受賞しただけのことはあると思いました。

スパイダーマン:スパイダーバース (オリジナル・サウンドトラック)

posted with amazlet at 19.03.09

Universal Records (2018-12-14)売り上げランキング: 473

Amazon.co.jpで詳細を見る

Venom

言うほどダークでもない。

先日はなぜかだいぶ前から次男が観たがっていた「ヴェノム」を二人で一緒に観に行ってきました。今年高校生になった次男ですが、一緒に行けばチケットは買ってあげると言うとついてくるのでまだ可愛いものです。しかしVenomといえばもともとスパイダーマンの強敵として登場したキャラクターなので、あまり穏やかな映画にはならないだろうと思っていましたが、さすがにレーティングがPG12となっているだけあって必要以上にどぎつい描写はなく安心してみていられました。ちなみに、子供に見せられるかどうかを心配していたわけではなく、単に自分が得意でないだけです。子供といってもさすがに高校生ですからね。

それはさておき、この映画ではVenomらSymbioteが地球にやってくるところから、VenomがEddie Brockに寄生することになる経緯、そして地球を守るための戦いが描かれています。宇宙からやってきた寄生生命体であるSymbioteたちはいかにもおどろおどろしい姿となっていますが、こんなものに寄って来られたらと思うだけで私は鳥肌が立ちそうです。

しかし個体としてのVenomは悪く描かれておらず、地球人に対して残忍ではありますが宿主であるEddieの言いつけを守っているようですし、本作では基本的に悪者だけを殺していっているので、このあとSpider-manを苦しめるヴィランになるために何が起こるのかがあまり想像できません。このVenomの物語にも続編があるようなので、それを楽しみにしておきましょう。

なお、この作品では音楽もかっこいい曲がいろいろ採用されていますが、特に良いのがエンディングテーマのEminemによるタイトル曲”Venom“です。この曲は以前から次男が聴いているのを耳にしていましたが、映画を観て初めてサントラだったということを知りました。Eminemならではの格好良さで、私も早速購入して繰り返し聴いているところです。