日本学生野球憲章違反の特待生制度の問題

日本高等学校野球連盟時事ネタとしては既に旬を過ぎた感のある、全国の多数の高校日本学生野球憲章の規定に反して野球部員であることを条件とした特待生制度が設けられていた問題ですが、高校野球を統括する日本高等学校野球連盟がこれを是正するために試合出場を差し止めるような処分を下そうとして大きな騒ぎとなっているようです。これに関して文科相が高野連と意見交換などという行政が介入するような事態にまで発展しようとしているようですが、これを受けてかさすがに高野連も救済策の検討を始めたようです。

そもそも、これまで長い間続く暗黙の了解となっていたようなものになぜ突然強行的な対応を取るようになったのかも不明ですが、何といってもかわいそうなのは特待生として在学中の生徒です。突然試合に出ることができなくなっただけでなく、学費を納めることのできない経済状態なので退学せざるを得ないというような生徒がいるというのも話題になっています。そこまで極端な場合でなくとも、「学費はいらないからうちに来てくれ」と言われて入学したはずなのに突然「今までの分も納めろ」などといわれては詐欺にあったも同然です。

高校にしてみてもこれまで黙認されていると思っていたものが突然明確に禁じられ、特待生以外の生徒が試合に出る機会を失ってしまうようなことのないように急な対応を取らざるを得ず、まさに寝耳に水といったような状況ではないでしょうか。他のスポーツでは普通に認められている特待制度がどうして野球に限って禁じられてしまうのか、納得のいく説明を得ることはできるのでしょうか。

以前から感じていることですが、高野連というのはいったい何のために時代錯誤も甚だしい、独特の「高校生らしさ」を押しつけるのでしょうか。スポーツなどというものは技術を追求するか、のびのびと楽しむかのどちらかでいいのではないかと思うのですが、高野連が求めるものはそのどちらでもないように思えます。どうして野球だけが、しかも高校までの学生野球だけがこういうことになってしまうのかが本当に不思議でなりません。野球もプロになると急にド派手になる人がいるのはやっぱり反動なのでしょうね。

まあ、私自身は子供の頃から全くと言っていいほど野球に接してこなかったので余計に理解できないのかと思いますが、今も小学校の校庭で練習しているリトルリーグを端で見ていて「もっと楽しくやればいいのに」とつくづく感じています。コーチらが怒鳴るのを見たせいか我が子も野球をやりたいとは言わず、和気あいあいとサッカーをやっていますが、プロになるのでもなければそれでいいですよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。