Bialetti Mukka Express

Bialettiこの泡立ちは凄い

かつてはコーヒーといえばいわゆる「ホット」、ドリップ式コーヒーばかりで、その他の飲み方というのはそれを冷やしてアイスコーヒーにしたり、生クリームを浮かべたウィンナコーヒーのようなアレンジコーヒーにしたりといった日本独特の文化のようになっていたわけですが、Starbucksをはじめとする「シアトル系」コーヒーの上陸によって、エスプレッソをベースにしたカフェ・ラテなども一般的なものになってきました。

これと同時にカプチーノも、それまでのカフェ・オレの上に生クリームを浮かべてシナモンパウダーをかけたりシナモンスティックを添えたりした「なんちゃってカプチーノ」から、同じくエスプレッソをベースにした本物が普通に飲めるようになったのですが、カフェ・ラテとカプチーノの違いというのはなかなか微妙なのでよくわからないという人も多いのではないでしょうか。しかし、その違いというのは実は単にフォームドミルクすなわち泡立てたミルクを載せるかどうかというだけのものなので、味はほとんど同じと言っても良いようなものです。もともとシアトル系以前はカフェ・ラテというのはエスプレッソでなくてもよく、単にコーヒーとミルクを混ぜたものの総称であり、つまりカフェ・オレと同じものでもあったので、このあたりは呼び方だけの問題なので区別にうるさくなる必要は全くありませんね。

ところで家庭でカプチーノを飲もうと思った場合、エスプレッソというのは高温高圧の蒸気でコーヒーを抽出するものなので、家庭ではなかなか本格的なものを楽しむのが難しく、専用のエスプレッソマシンを使っても業務用のものとはかかる圧力が大きく違うこともあってうまく再現できません。ましてや私の家の場合は置く場所がないからとマシンを買うこともできないので、エスプレッソは外で飲むものとなっていたのですが、実はコンロなどを使って淹れることのできる直火式のエスプレッソメーカーというものがあります。これは家庭用のマシンよりもさらに圧力が低いので、店のものには遠く及ばないのですが、これはまあ家庭で簡単に楽しめるというのが売りです。

また、これらを使ってエスプレッソが用意できたとして、さらにカプチーノにしようと思うとスチームドミルクとフォームドミルクを用意しなければなりません。スチームドミルクは要するにホットミルクなので牛乳を電子レンジででも温めれば済むのですが、フォームドミルクを作るにはさらにそれを泡立てなければなりません。専用のミルクホイッパーというのも売られていて私も持っていたりしますが、これをまたいちいち作るのも面倒なので、大抵はせいぜいカフェ・ラテで満足してしまうのではないでしょうか。またもっと面倒になると粉末の即席カプチーノ風で諦めてしまうところでしょう。

しかし、このたかが飲み物にしては面倒なカプチーノを簡単に作ることができるというBialetti社のMukka Expressなる製品があります。見た目は直火式のエスプレッソメーカーに良く似ているのですが、上部の容量が大き目なところが特徴と言えば特徴です。エスプレッソを作る要領で水とコーヒー豆の粉をセットして、さらに上の容器に牛乳を入れておくだけでこの牛乳がうまい具合にフォームドミルクになるというのです。私も最初は半信半疑というか、そこそこいい値段の商品であるだけに失敗したくないということで及び腰だったのですが、Going My Wayさんの動画の説得力はさすがです。そのまま「欲しいなあ」と思い続けていたところでAmazonの価格が下がってきたので、購入に踏み切ってしまいました。

BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス
メーカー:BIALETTI (ビアレッティ)
BIALETTI (ビアレッティ) (-)
ISBN/ASIN:B000AA89GW

牛柄の見た目の可愛らしさに騙されてしまいがちですが、実はこれがなかなかの難物でした。説明書によると、まずは最初に最低3回の「慣らし」が必要ということで、「作ったコーヒーをそのまま捨てる」とあります。ケチな私にはちょっと酷な試練ではあったのですが、やはりアルミ臭いコーヒーを飲むのは嫌なので、最初はコーヒーを入れずにただの水で1回、その次に安物のコーヒーを使って3回の慣らしをしておきました。最初に沸いた湯の中には何やら黒いゴミが浮いていたので、どんなにものぐさな人も1回だけはやっておいた方が良さそうです。

その後いよいよコーヒーと牛乳を使って本番に移るわけですが、慣らしの時にも何度かあったのがネジではまっている上下のパーツの隙間からコーヒーが漏れてきてしまうというのが一番の問題です。これは単にしっかりとネジが締まっていないというだけのことなのですが、これでもかというくらい強力に締め付けてやらないと最大2気圧という圧力には負けてしまうようです。これさえ気を付ければあとは目盛りまで水と牛乳を入れて、コーヒーはあふれないようにするだけでいいので簡単なもの、火にかけて5分程度でカプチーノが出来上がるのを待つだけです。

出来上がりはかなりフワフワに泡立ったミルクがたっぷりのカプチーノで下手な店で出てくるものよりも本格的なものになるのですが、まあそこそこの値段のものですからそれに見合ったものと言えます。でも、コーヒーと水と牛乳をセットしてしまえばあとは中火に掛けるだけでできあがってしまうのだからたまりません。確かに最初は慣れが必要ですが、一旦作れるようになってしまえばそう難しいものではないはずです。ただ、冷蔵庫でキンキンに冷えた牛乳を使ったせいか若干ぬるめのできあがりなのがちょっと気になるので、できれば室温に近づけた方がいいのかもしれません。

まあそれにしても自宅でこれだけのものができてしまうと色々試してみたくなるので、次は自宅にあるヘーゼルナッツのシロップを加えてみたりしようと思っています。これは絶対に合うはずなので、とても楽しみです。その他、上にあるボタンを押し込まずに作るとカフェ・ラテもできるそうなのですが、それなら最近凝っている牛乳の代わりに豆乳で作ったソイラテなんかも簡単にできるということなので、これも試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください