「bag」タグアーカイブ

The Power Packer

見た目は地味ですが。
🧳

何事もタイミングが重要なもので、なにか買うたびにここで紹介しているように見えて、紹介しそびれたまま年月が経ってしまったものの、買って良かったというものが実はいろいろあります。今回いまさらながらご紹介するのもそういったものの一つですが、たまたま最近になってAmazonでも売られているということを知り、当時より入手しやすくなっているのであればいいかなと思って改めて記事にしてみることにしました。

それはThe Power Packerというデジタルガジェット用のトラベルポーチのようなものです。私はKickstarterキャンペーンでもう3年前に入手していたのですが、今でも泊まりでどこかへ出かけるときには大変重宝していて、手に入れておいて良かったと思っているものです。といっても今はCOVID-19のせいで旅行もままならない状況にはなっていますが、未来永劫このままということはないでしょうから、また活躍の機会はやってくるはずです。

電子機器をあれこれ活用している人が出張や旅行に行くときには、各種充電器やケーブル類をいくつも持っていかなければならないわけですが、そういったものを収納するために工夫された仕切りやゴムバンドがたくさん付いていて、効率よくコンパクトに纏めることができます。私は普段からこのThe Power Packerの中に旅行用のものを収納していて、出かけるときにはさっとそのまま持ち出せばいいようにしています。それは日常的に使っているものとは別に用意しているということなので一見無駄ですが、予備と考えれば悪くもないでしょう。

本体の一部は伸縮性の高い素材で作られているので、結構たくさんのものを詰め込むことができます。私は電源の分岐コードのようなものも入れてしまっていますが、外側に膨らむだけで特に無理はかかっていないと思います。また、2段に仕切られている片方は3辺がファスナーになっていてガバッと大きく開くことができ、中にさらに仕切りがある形で、ものが見やすく取り出しやすくなっています。もう一方の段は縦にしたときの上半分がファスナーになっているので、比較的大きなものを入れても取り出しやすいでしょう。

Kickstarterのキャンペーンでは6種類の柄があり、私は一番シンプルなシャドーという黒一色のものを選んだのですが、現在はシャドーの他にボルドー、デニム、TOKYO限定という4色の展開になっているようです。TOKYO限定というのはかなり派手な柄ですが、中央部分以外は黒なのでどうでしょうね。Kickstarterのときにはレモンの絵が書かれた柄があって、これにしておけば良かったかもと思っていますが。

なおちょうど最近、Side by Sideはまた新しいキャンペーンを始めているようですが、このマスク入れのようなものは特に無くてもいいですかね。すでに目標を達成しているようなので、特に心配する必要はなさそうですが。

Van Nuys 3WAY薄型携帯電話ケース

Van Nuysまるであつらえたよう…とまではいきませんが

奇しくも附属池田小事件からちょうど7年目というこの6月8日、秋葉原で大変な惨劇が起こってしまいました。トラックで人混みに突っ込んでいき、さらにそこで轢かれた人や救護に駆けつけた人にナイフで襲いかかるという恐るべき兇行ですが、こういった事件が起こる度に「二度とこのようなことがないように」と願いつつもまた同じようなことが再発してしまうというのは何ともやりきれないものです。私も犠牲者のご冥福を祈るばかりです。

ところでこの日は私も東京にいて、羽田から飛行機で帰ることになっていたのですが、「その前に久しぶりに秋葉原にでもよろうか」と思ったもののちょっと慌ただしくなりそうだったので「横浜のヨドバシカメラでいいか」と妥協していたのでした。実際に秋葉原に行っていたとしたら、時間的にはひょっとしたらあの交差点を歩いていたかもしれず、この妥協のおかげで危うく難を逃れたというところです。いやはや…羽田でテレビのニュースを見たときには鳥肌が立ちました。

さて話は変わるのですが、アキバなりヨドバシなりで何を見たかったのかといえば、夏が近づき軽装になってきたことでiPod touchを入れておく服のポケットがなくなったため、何かいいケースがないだろうかと思ったのでした。しかし専用のケースなどはいくつも出ているものの、なかなか気に入るものがありません。どちらかというとiPodを「保護」するようなものが多く、ホルダーのようなものはあまりないのでした。

そこで今度はちょっと歩いて東急ハンズ横浜店へ行ってみました。そしてここで私の目に留まったのがVan Nuysの携帯電話ケースです。iPod touchの専用アクセサリーに拘らなければ他にも選択肢はあるものです。かえって「いかにも」というものでない方がオタクっぽくなくていいと思うのは私だけでしょうか。
Van Nuys 3WAY薄型携帯電話ケース 折りたたみタイプ
売り場には携帯電話だけが入るものから他に財布なども一緒に入るような物までいろいろなサイズのものがあったのですが、自分のiPod touchを片手に色々試してみたところ、実際に入れてみてぴったり収まったのが一番小さな「3WAY薄型携帯電話ケース」の 折りたたみタイプでした。専用ケース顔負けにジャストフィットだったので即決し、このブラウンストライプのものを購入しました。

「3WAY」というのは縦・横のベルトホルダーとストラップの3通りの使い方ができるということなのですが、私はストラップを使ってパンツのベルトループに吊り下げています。ただ実は一つ問題があって、ヘッドフォンのプラグが横出しタイプでないとフタがちゃんと閉まらないということで、これはさすがに専用ケースには敵わないところです。まあちょっときつめに収まっているのでフタを閉めなくても滑り落ちる恐れはありませんから、見た目さえ気にならなければ大した問題ではありません。と言いつつも結構気になるのでフタを加工してしまえないものかなどと考えていたりしますが…

これまではパンツの後ろポケットに入れていたのでうっかりそのまま座ってしまうことがないかと気になっていたのですが、このケースさえあればそんな心配もせずに済みます。そんなことはするはずないだろうと思っていてもついうっかりというのは誰にでもありますからね…地味な製品はあるようですが、このケースは柄も色々選べて楽しいですから、できればヘッドフォンジャック部分に切り欠きの付いたiPod touch専用品も出してもらえないものでしょうか。発売されれば私はまた買いますよ。それともこれからはiPhone用でしょうか?

CRUMPLER The Barney Rustle Blanket

CRUMPLER The Barney Rustle Blanketまた買ってしまいました…

私はファッションには無頓着で洋服にはほとんど金をかけないのですが、どういうわけか鞄と靴だけは次から次へと欲しいものが出てきてしまい、どんどん数が増えてしまって困っています。まあ、鞄でも靴でもそれぞれ用途があるので、一応私なりに使い分けというものがあるのですが、それはなかなか妻の理解を得られるものではなく呆れられるばかりです。

ところで、私が週末に出掛けるときには大抵カメラを持って出ることになりますが、これまでは専らTimbuk2 Metroを愛用していました。この小さなバッグにウェットスーツ素材のマットを敷くと、私のカメラがすっぽり収まってちょうど良いサイズだったのですが、その他のものはあまり入らないのでもうちょっと大きめのものがあると良いなあと思っていたのでした。Timbuk2のデザイン・素材・機能性は大いに気に入っていたので、Classic Messenger辺りで気に入った色のものがあると良いなあと思っていたのですが、なかなかコレという色のものが見つからず買いあぐねていました。実はTimbuk2にはBuild Your Own Bagというかなり自由にカスタマイズできるシステムもあり、いっそのこと自分の思い通りの色で作ってもらった方が良いかとも思ったのですが、アメリカからの送料がバカにならず、2万円近いものになってしまうのでこれまた躊躇してしまっていたのでした。

というようなわけで最近はあちこちでバッグを見て回っていたのですが、先日渋谷の東急ハンズに行った際、ついに見付けてしまいました。どうもバッグを買うときはハンズでということが多いのですが、ハンズの場合は見た目のデザインだけでなく機能性の伴ったものが選び抜かれているような気がするので、私の琴線に触れてしまうのかもしれません。

ということで見付けたのはオーストラリアのCRUMPLERというブランドのThe Barney Rustle Blanketという名のメッセンジャーバッグです。消費税込みで12600円というなかなかいい値段のものですが、この鮮やかな色で放射状に塗り分けられたそのデザインに惹かれてしまいました。大きさも私が望んでいた通りのもので、作りはしっかりしていますし、ベルトには厚手のパッドが付いているのもいいです。機能的にも申し分ありません。

私が買ったのはパープルとライトパープルのストライプのものなのですが、母には見せるなり「派手ねぇ」と言われてしまいました。確かに冷静に、客観的に見ると40近いオッサンが持つようなデザインではないかもしれません…他にもグレー系の地味目の配色のものなどもありましたが、それはちっとも欲しいと思わなかったのだから仕方ありません。周りの人には「年甲斐もなく…」などと思われているかもしれませんが、とりあえず面と向かって言ってくる人はいないでしょうから気にしないことにします。まあそういうのは気にならない質ですから。

ちなみにこのCRUMPLERのバッグにはThe Bucketという、これらのバッグの中に入れるとカメラバッグになるというパッドも用意されています。これもなかなか良い感じで、もともとカメラを入れるために買った私にはピッタリの製品でこちらも欲しくなってしまいましたが、これを入れてしまうとまた他のものは入れられなくなるという問題が再浮上してしまいます。うーん、でもやっぱり欲しいなあ…いつかきっと買ってしまいそうですが、とりあえずもう少し我慢してみることにします。