Archives

オリジン

“Where did we come from?” and “Where are we going?”

2006年に映画でも大ヒットして一斉を風靡した「ダ・ヴィンチ・コード」の、ハーバード大学教授Robert Langdonを主人公とするシリーズは「天使と悪魔」に始まり「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」、「インフェルノ」とヒットを続けているようですが、その最新作として2017年に発売されたのが今回読んだ「オリジン」という作品です。私はまだ「ロスト・シンボル」は読んでいないので順番が前後してしまいましたが、基本的に一話完結となっているので逆順になってしまっても何ら支障はないだろうと思っており、この次に読むつもりでいます。

オリジン 上

posted with amazlet at 19.08.10

ダン・ブラウン KADOKAWA (2018-02-28)売り上げランキング: 20,059

Amazon.co.jpで詳細を見る

オリジン 下

posted with amazlet at 19.08.10

ダン・ブラウン KADOKAWA (2018-02-28)売り上げランキング: 14,896

Amazon.co.jpで詳細を見る

Robert Langdonの教え子であり友人としての交流もあるEdmond Kirschという天才的なコンピューター科学者が、世界を変える大発見をしたということでこれを大々的に発表するためのイベントを開催します。これは世界中にリアルタイム配信されて多くの視聴者もその発表を見守るのですが…と、ネタバレを避けようとするとほとんど何も書けませんが、この作品ではUberやTesla、そしてElon Muskまでもが実名で登場し、現代のテクノロジーをストーリーに取り込んだものになっています。

しかし、そのテクノロジー絡みのところが少々空滑りしてしまっているようにも思えて、これまでのシリーズのような重厚感はあまり感じられなくなってしまったのですが、しかし最後の最後の種明かしはなかなかあっと思わされるようなものになっているのではないかと思います。途中で気づく人もいるような気はしますが、私は最後まで判らず、種を明かされて空恐ろしく感じてしまいました。またそれこそが本作のテーマでもあったのになぜ気づかなかったのかということです。

なお、発表会が開催されるのはスペインのBilbaoにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館という近現代美術を専門とする美術館ですが、その建物も非常に魅力的なもののようです。私はスペイン自体まだ足を踏み入れたことがありませんが、いつか行きたいと思っているところなので、その際はぜひ訪問先の一つにしたいと思います。グッゲンハイム美術館といえばニューヨークでも慌ただしく建物外観を眺めてきただけで帰ってきてしまいました。

映画の方は2016年に「インフェルノ」が公開されましたが、本作もいずれ映画化されるでしょうか。Dan Brownの作品は映像化されることを意識しているかのような、各地の名所を舞台にしたり、情景がリアルに目に浮かぶようなところがあって本作も例外ではないので、きっと映像美も楽しめるようなものになるのではないかと思います。しかし、UberやTeslaなどの旬が過ぎてしまわないうちに映画化しなければなりませんし、10年後には古臭くなってしまいそうで難しいかもしれませんね。そのあたりは映画化の際にアレンジされるでしょうか。

ちなみにRobert Langdonの役は映画ではTom Hanksが演じていることもあり、結構年配のイメージがありましたが、実は小説の設定では「天使と悪魔」の時点で45歳と、今の私よりも若かったのでした。本作の設定で何歳かははっきり書かれていなかったと思いますが、39歳のヒロインと惹かれ合ってもおかしくないような年齢だったのでしょうね。私は勝手に親子のような年齢を思い浮かべていましたが…

Silence

いろいろむごい。

今週水曜日は毎月1日の映画の日ということで、映画館の入場料金が大幅に割引されるわけですが、普段の1800円から1100円というのはだいぶ安くなっているものの、諸外国に比べるとまだまだ高いのではないでしょうか。日本でも深夜に及ぶ上映はレイトショーとして1200円程度になるサービスがありますが、アメリカでは時間帯や曜日などによってかなり柔軟に値段が変えられていて、週末でも午前中の回は3ドル程度で観られるというところもあります。逆に夜は割高になっていて、12ドル程度の場合もあってあまり日本と違わない場合もあります。それはそうとして、差額の絶対値だけ見るとたかだか数百円なので最近はあまり気にしなくなっていて、今週はだいぶ久しぶりに映画の日に映画館に足を運びました。

今回観たのはMartin Scorsese監督の「沈黙 -サイレンス-」という作品です。このところ娯楽作品ばかりで長らく観ていなかった重厚な作品になりますが、遠藤周作の「沈黙」を原作とする作品です。私の母が遠藤周作のファンのようで、幼い頃から家にハードカバーの本が揃っているのを見ていた記憶がありますが、実際に読んでみたことはありません。

沈黙 (新潮文庫)

posted with amazlet at 17.02.04

遠藤 周作 新潮社 売り上げランキング: 14

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は完全なハリウッド作品ですが、舞台となっているのは17世紀の日本、登場人物もほとんどが日本人です。キリスト教が禁じられ、信者が弾圧されていた当時の日本に、棄教したイエズス会神父Ferreiraを探しに二人の若い神父RodriguesとGarupeが密入国し、隠れキリシタンの村で危険を冒しながらも信仰を守る者たちに触れ、やがて捕らえられてもなお信仰を捨てない人々を見て苦悩する、という話です。

主人公の神父Rodriguesは「アメイジング・スパイダーマン」でPeter Parkerを演じていたAndrew Garfield、もう一人の神父Garupeは馴染みのある顔なのに思い出せない…と思っていたら「フォースの覚醒」でKylo Ren役のAdam Driverでした。そしてFerreiraを演じるのは「ファントム・メナス」のQui-Gon JinnことLiam Neesonで、私にはとても馴染み深い俳優たちのシリアスな演技を見ることができました。

また、日本人の登場人物は窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、笈田ヨシ、イッセー尾形らにより演じられていますが、ハリウッド作品にありがちな韓国人や中国人、日系アメリカ人などではなくちゃんとした日本人の俳優により演じられているため、日本人が観てもまったく違和感がないだけでなく、日本人でなければ理解できない感情も表現されているように感じられ、作品を一層深いものにしているように思います。

なお本作は日本では17世紀の日本の風景を描くのは困難であるということから台湾で撮影が行われたとのことです。確かに日本では離島以外ではどこへ行っても本当の自然のまま残っているところなどはないでしょうから、これは仕方のないことでしょう。言われてみれば草木の茂り方などがなんとなく南国っぽいかもしれませんが、昔の日本がどうだったかということなど知らないので違和感などはまったくありません。

ところで作品中には重要な場面として何度か踏み絵が出てきます。小学校時代に教科書で習ったものですが、当時も「命がかかっていても踏めないものなのか」というのが疑問でなりませんでした。実は私はキリスト教一家で育ち、今はまったく熱心な信者ではないものの物心付く前から毎週日曜日には教会へ通っていたのですが、ちょっとしたためらいはあったとしても踏めと言われれば踏めると思います。私はきっと信仰というものの捉え方が人とは違うのだろうと思っていますが、果たしてどうなのでしょうか。

それはともかく、今回は久しぶりに良い映画を観たという気がします。「面白かった?」と聞かれると答に困りますが、間違いなく観て良かったです。

待ち望まれし者

2000年の時を隔てて進行する2つの物語…

毎年暮れも押し迫る頃、12月24日にはクリスマスにあやかりロマンチックな気分に浸ったかと思えばその一週間後にはどこかの寺の除夜の鐘を聞き、正月には神社に初詣、という節操のない現代の日本人にはなかなか想像できないことかもしれませんが、いつの時代も宗教の違いというのが大きな争いの元となってきたものです。今の世界で代表的なのはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の間の対立ですが、実はキリスト教もイスラム教ももともとユダヤ教から分かれたものなので、キリスト教でいうところの「旧約聖書」というのはユダヤ教の唯一の「聖書」であり、イスラム教でも「啓典」の一つであるというのは意外なところかもしれません。

キリスト教においてはもう一つの聖書として、イエス・キリストの弟子たちやその後の教徒らが書いたものをまとめた「新約聖書」というものがあり、キリストの教えを伝えるものとしてはこちらの方が重視されているわけですが、ここに含まれておらずごく最近になって発見されたという「マリアによる福音書」というものがあるそうです。ただし「マリア」といっても聖母マリアではなく、「マグダラのマリア」と呼ばれる別の人であるというところがまたややこしいところなのですが、昔からある名前のようなのでこれは仕方ありません。

ということで、この「マグダラのマリアによる福音書」というのがサブタイトルに付けられた「待ち望まれし者」という本を見付けたのですが、これが宗教書なら読もうとは思わなかった私も

ボッティチェリをはじめとする芸術家、ヨーロッパの王家、科学者からアーサー王伝説まで織り込んだ壮大な歴史ミステリー3部作、ついに開幕

という紹介文に興味を持ち、読んでみることにしました。カバーにはボッティチェリの「マニフィカートの聖母」という宗教画が思いっきりあしらわれていて怪しいとは思ったのですが…

待ち望まれし者(上)
著:キャスリン・マゴーワンソフトバンク クリエイティブ (2007/02/22)ISBN/ASIN:4797336560
Amazon.co.jp で詳細を見る

待ち望まれし者(下)
著:キャスリン・マゴーワンソフトバンク クリエイティブ (2007/02/22)ISBN/ASIN:4797340061
Amazon.co.jp で詳細を見る

ちなみに出版は「ソフトバンク・クリエイティブ」で、ソフトバンクのロゴに何となく違和感を覚えてしまったのですが、今や携帯電話やYahoo! BBで情報通信企業としての顔の方が前面に出ているソフトバンクも元はといえばPC関連の出版で大きくなった会社なので、こちらの方が本業に近かったりするのですよね。私も含め最近の人はそうは思わないでしょうが…

それはさておき、この作品では「マグダラのマリアの福音書」はなぜかまだ見つかっていない伝説の書ということになっていて、これをめぐる組織同士の争いに巻き込まれるノンフィクション作家の女性が主人公となっています。これだけなら今までにもいくつか読んだ宗教ミステリー作品とあまり変わらないのですが、主人公が見る幻視と、各章で引用されている「マグダラのマリアの福音書」のせいでちょっと妖しげで、非常に宗教色の濃いものになっています。

作品の内容もまたキリスト教そのものと深く関わるものとなっているので、キリスト教についてある程度学んで知識を持っている人でないとサッパリ意味がわからず、何が面白いのかもわからないのではないでしょうか。私自身は決して熱心な信者ではありませんが、子供の頃から教会に連れられていったおかげで一定のレベルの知識は身に付けてしまっており、それなりに楽しむことができたのですが、まるで聖書やその解説書を読んでいるかのように思える部分も多々ありました。

この物語の主な舞台となっているのが南仏のレンヌ=ル=シャトーというところなのですが、最近読んだ「テンプル騎士団の遺産」などでも重要な舞台となっていたりして、キリスト教に関連する歴史や伝説を語る上では外せない場所なのではないかと思えてきました。日本からの観光客というのはあまりいないのではないかと思いますが、俄然興味が湧いてきてしまいましたので、機会があればぜひ行ってみたいものです。

また本書のストーリー自体、根本的には「ダ・ヴィンチ・コード」と同じテーマを追っているものですが、これらの作品に大きな影響を与えることになったという「レンヌ=ル=シャトーの謎」というノンフィクション作品は読んでみなければならないのかもしれません。これを読んでしまうとネタバレに近いものがあるのかもしれませんが…