「diy」タグアーカイブ

ドアクローザー交換

工業製品には耐用年数というものがあります。
🚪

私の自宅はいわゆるマンションの一室なのですが、無駄に広いルーフバルコニーがあって、リビングルームからバルコニーに出入りするためのドアがあります。このドアには適切な速度で自動的にドアを閉めるための「ドアクローザー」が付いているのですが、最近このクローザーのダンピングが効かなくなってきて、勢いよく閉まるようになってしまいました。築30年近くになるマンションなのでこういう事があちこちで起こってくるのでしょうが、今までよく持ったとも言えるかもしれません。

何も考えずに扉から手を放してしまうとバタンと大きな音を立てて閉じることになるのですが、ガラスが入ったドアなのでいつか割れてしまうのではないかという心配もあり、逆に中途半端に気を使って手を挟まれるようなことにもなっていて、なによりかなり大きな音を立てるので、家族がみな結構なストレスを感じていました。クローザーを見ると本体から油が漏れてきているのでそれが原因と思われるため、クローザーを交換すればいいはずで、それなら自分でもできるのではないかということで、時間を持て余し気味のこのゴールデンウィークにピッタリの作業でもありますし、得意のAmazonで購入して交換してみることにしました。

もともと付いていたのは本体カバーの印字によるとリョービドアマンという製品らしく、調べてみると玄関・勝手口用のS-102Pというものが該当するもののようなので早速注文し、今朝届いたので交換してみました。

なお、Amazonでは色によって1000円ほどの幅で価格が異なっていますが、これまで付いていたのが最も安いアイボリーだったので助かりました。また、交換後に近所のホームセンターで参考までに見たところ、アイボリーは在庫しておらずチョコのみで、価格はAmazonとほぼ同じでした。

これまでのものを外して見比べてみるとあちらこちらで改良や原価低減されていて違いがありましたが、基本的には互換性のある製品なので交換はいたって簡単です。本体付属の説明書は新規に取り付ける場合の説明になっているので、型紙を当てて取り付け用の下穴を空けたりと工程が多くなっていますが、交換するだけであればドライバーでネジを5本外して取り外し、新しいものを元通り取り付けるだけなので、ものの数分で終わる作業でした。また、一部部品は従来のものをそのまま使っています。

閉じる速度は前半と後半を独立して調整できる機構になっていますが、とりあえず初期状態のままで試してみたところ、特に問題ないようなのでそのまま行くことにしました。交換後はもちろんダンピングが効いて最後はゆっくりと閉まるようになり、これまでのストレスが一気に解消されました。まだ慣れないので思わず手を添えて締めてしまいますが、すぐにそんなことは忘れてしまうことでしょう。ということで、5000円足らずの出費と僅かな時間でかなり快適になりました。

ちなみにこの製品は1981年度のグッドデザイン賞と1996年度のロングライフデザイン賞を受賞しているとのことです。ロングライフデザイン賞というものの存在は寡聞にして知りませんでしたが、

これから生まれるデザインの手本となりうる、時代を超えてスタンダードであり続ける商品・建築・コンテンツ・サービスなどを表彰します。

ということだそうで、この受賞からさらに20年以上の長きに渡って使われ続けているというのはまたすごいことではないでしょうか。なお、過去の受賞作品を見ると馴染みのある製品が多数並んでいますが、その中には私も20年ほど愛用しているHHKBも含まれていてちょっと嬉しくなりました。

IKEA KARLSTAD ソファカバー交換

気分も一新。
🛋️

今週は月曜日が海の日で休日ということで三連休となりましたが、残念ながら近畿地方は土日は雨模様となってしまいました。しかし月曜日は一転、ドライブ日和のとても良い天気となったのですが、ちょっとした思いつきでIKEAへ行くことを妻に提案したところ、妻も買いたい物があるということで行くことになりました。ただ、私が買おうと思っていたものは皿だったのですが、実物を見てみると色が欲しいものとはちょっと違っていたので結局所期の目的は果たすことができず、しかしもともと買うつもりのなかったものばかりいろいろ買うことになってしまったのはまんまと術中に嵌ってしまったということでしょう。

店内に入って早い時点で「ソファに置いているクッションがもうボロくなっているから買い換えよう」という話になったのですが、ソファの色に合うものをと考えているうちに「ソファのカバーも変えられるのでは?」ということになったのでした。我が家では2008年に購入したKARLSTADというソファを使っているのですが、このソファ自体は今でも隅の方で売られていました。ただ、さすがに古い製品で売れ筋からは外れてしまっているようで、カバーもなんだか地味な色ばかりになってしまっていました。私が使っていたコルンダールブルーのような鮮やかなものはなく、グレーやモスグリーンの中から選んだのは「クニーサ ライトグレー」というものです。

自宅に帰って早速カバーの交換を始めたのですが、最初にソファを購入した時に妻がほとんど一人で組み立てただけのことはあって、特に難しいことはありませんでした。左右のアームの部分はそれぞれ4本のボルトで固定されているので、そのナットを外せばバラすことができ、バラしてしまえばマジックテープで止まっているだけなので力も要りません。取り付けるのもその逆にするだけなので、落ち着いてやれば何の苦もないと思います。ただ、本当はソファの脚の部分を緩めてカバーを噛ませる必要があるのですが、その脚がなかなか緩まないので「まいっか」とそのまま脚の周りにカバーがかかる状態にしてしまいました。まあそれでも特に問題は無さそうです。

ということで、カバーの価格は材質によって幅があるのですが、今回購入したものは5990円という安いものなので、これだけの値段で自宅のソファがくたびれたものから新品同様に蘇ったことになります。購入してから11年、そのうち3年ちょっとはトランクルームで眠っていたので、実際使っていたのは8年弱ということになりますが、ソファ本体はしっかりしていて、これからまだ何年も問題なく使えそうな状態です。

次男も家を出たら新しいものを買うつもりなので、今回はせいぜい2,3年の繋ぎとして安いものにしましたが、それでもやはり新しいものは気持ちが良いです。ただ、選択肢がかなり限られてしまっていたのは残念なので、今回は大丈夫でしたが廃番になる可能性もありますし、最初に購入するときに予備のものも一緒に買っておいた方が良いのかもしれません。