「drink」タグアーカイブ

サントリー エスプレッソーダ

エスプレッソーダとても長く売る気があるとは思えませんが。

私は今、出張で4ヶ月ぶりに日本へ帰ってきています。前回の帰国からまだたったの4ヶ月ですから、特に日本が恋しいということもなく、普段は日本にいる時とそれほど変わらない妻の料理を食べていますし、昼食に日本料理店へ行く事も少なからずありますので、日本食に飢えているということも全くありません。しかし、ミシガンではどうにもならないのがデザート類です。チェリーパイなど逆に日本ではなかなか食べられないものもあるのでそれはそれでいいのですが、私の好物であるシュークリームなど、クリームを使ったデザートなどは本当にダメです。まあ私が知らないだけで美味しい店もないことはないのだろうと期待したいところですが、それもなかなか絶望的な気がします。

ということで、今回日本にいる間に色々なシュークリームを食べてやろうなどと思っているのですが、それとは別に、ブログ界隈で話題になっている新製品なども試してみたいと思っていました。アメリカにいて日本のニュースなどを見聞きしていて、帰国したら買ってみよう、というようなものは色々あるはずなのですが、結局忘れてしまっているものも多いです。そんな中で最近の新製品、コーヒーなのに炭酸飲料というサントリーの「エスプレッソーダ」はコーヒー好きでキワモノ好きな私にはまたとない獲物です。まさか一般ウケするものとは思えないので、探して買ってみようというつもりでいたのですが、何気なく入ったホテル前のコンビニで早速見つけてしまいました。テレビCMも流していますし、結構大々的に売り出されているようですね。

早速飲んでみましたが、若干思っていたのとは違う味でした。そもそも、私は甘くないものだと思い込んでいたのですが、ほのかな甘みがついています。とはいえあくまで甘みという程度のもので、全く甘すぎることはなく、後味にしつこさはありません。しかし、「エスプレッソのようなコク」と謳われているのでそれはどのようなものなのかと期待していたのは外れでした。確かにコーヒーの風味ではあるのですが、どこかで知っている味…と考えてみるとこれはコーヒーキャンディーの類の味なのです。さすがに本当のエスプレッソのような味を期待してしまっていた私が悪かったのでしょう。「エスプレッソのようなコク」とは言っていても「エスプレッソのような味」とは言っていませんからね。

ということで私にとってはガッカリ新製品であったわけですが、これはいつまで店頭に並んでいることができるのでしょうか。物珍しさで最初はそれなりに売れるのかもしれませんが、スタートダッシュでどれだけ売り切るかが勝負なのでしょうか。当たれば儲けもので長く売り続ける気もあったかもしれませんが、まあこの夏の間で終わりなんでしょうね。かつてあったスイカソーダのような季節限定商品のようなものなのかもしれません。いや、クリームソーダになったスイカソーダ2は私は結構好きだったんですけどね…まあスイカソーダの後継としては無難ではありましたが。

伊右衛門 グリーンエスプレッソ / ジョージアクロス 和-STYLE

茶畑普段自宅では緑茶をほとんど飲まない人なのですが。

最近は海外でもペットボトルや缶入りの緑茶が売られて飲まれるようになって来ましたが、これらはたいてい砂糖が入っている甘いもので、紅茶と同じような飲み方をされています。もともと緑茶を飲む習慣がない人々にとってはそれが自然なのかもしれませんが、日本人にとっては緑茶というのはその香りをそのまま楽しむのが基本であって、甘い緑茶などというものは邪道と感じてしまいます。

しかし一方で、そんな固定観念にとらわれず、飲み物なんて自由に楽しめばいいじゃないかとも思えます。珈琲や紅茶に様々な愉しみ方があるのと同様に、緑茶だって色々なアレンジを加えてみたら美味しい飲み方が見つかるかもしれません。特に緑茶と紅茶なんて茶葉そのものは同じでその加工方法が違うだけなのですから、あえて区別するのもおかしな話かもしれません。

ということで、この秋はいくつか緑茶をアレンジした飲料が発売されていたので飲んでみたのですが、これらがなかなか美味しかったので紹介してみることにします。

まず一つ目はサントリーの人気緑茶飲料ブランド「伊右衛門」の新製品、「伊右衛門 グリーンエスプレッソ」です。エスプレッソという名前からコーヒーのエスプレッソと緑茶がブレンドされた飲み物なのかと私の妻のように誤解する人も多いようですが、抹茶を使用した「エスプレッソコーヒーのような濃厚でコクのあるお茶」であるということからの命名です。

飲んでみた印象では確かにエスプレッソというイメージが理解できる、まさしく濃厚でコクのあるものになっていましたが、しかしあくまでも緑茶であるため後味はスッキリとしていて非常に美味しくできています。私にとっては緑茶の良いところだけを抽出したようなものになっていて、かつて緑茶飲料にこれほどまでに満足感を得たことはありません。400g缶で140円という微妙に高めの値付けになっていますが、私は買いだめしておきたいくらい気に入りました。

もう一つは日本コカ・コーラのコーヒー飲料ブランド「ジョージア」に新しく加わった「ジョージアクロス」シリーズの第一弾として発売された「ジョージアクロス 和-STYLE」です。こちらの方はジョージアブランドということからも判るように、あくまでコーヒー飲料のアレンジとして抹茶が加えられているものです。

コーヒーに抹茶、ということでゲテモノ扱いを受けかねない組み合わせですが、実際に飲んでみると違和感は全くありません。ただ、缶コーヒーというのは本来のコーヒーとは別の飲み物だと思っていますが、もともとコーヒーの味や香りはあまり強くないため、抹茶の香りの方が勝ってしまっているような印象です。さらにかなり甘い仕上がりになっているので、甘い抹茶ミルクのような感じかもしれません。ただそこにコーヒーのコクが加わっているような感じで、その取り合せは決して悪いものではなく、隠し味的な相乗効果となっているようです。

ということで、これはこれで独特な飲み物として受け入れられてもいいのではないかと思いますが、そのためにはまず多くの人に経験してもらわなければならないでしょう。最初に手を伸ばさせることができるかどうかに生き残りが掛かっているのではないでしょうか。

コカ・コーラ ジョージア 和-STYLE 190g×30本
メーカー:ジョージア
コカ・コーラ (2011/11/14)
ISBN/ASIN:B005YU7GD0

Red Bull

Red Bull今後の長距離ドライブの必需品。

名実ともに中年オヤジとなってしまった今はもう体力的に考えられないことですが、独身時代は実家に帰省する際に700km程の道のりを全て一般道で行くなんていうことをしていて、高速道路を使って帰省するようになったのは結婚してからのことです。その理由はもちろん通行料金をケチッてということなのですが、正確には「余分にかかる時間を働いたと思えば、普通のアルバイトよりも割がいい」という私なりの計算があったのでした。実際、一般道だと高速道路を利用する場合に比べて8時間ほど余計にかかってしまうのですが、通行料金は1万円を超えますので、時給1250円のアルバイトだと思えば時間があって金のない若者には悪くありません。

しかしその計算も同乗者がいる場合には成り立たなくなってくるので、家族に負担をかけてまでケチるわけにもいかず、結婚後は常識的に高速道路を利用しているのですが、その場合どうしても単調なので運転していて眠くなってしまうという問題があります。もちろん眠気を感じたらすぐに休憩をとってリフレッシュするのですが、そうしている間に時間が経ってしまうのがもったいなく感じてしまうのがケチな私の性ですし、もちろん眠くならずに常にすっきりした状態で運転していられるのが最高です。

先日の帰省の際、出発時にコンビニに寄って飲み物を買っていこうと思った時、通常であればカフェインの摂取のためにコーヒーを購入していくのですが、この時ふと目に止まったのがエナジードリンクのレッドブルでした。私はこれまで飲んだことがなかったのですが、「エナジードリンク」というのが何となく効きそうに思えて買ってみることにしました。

実際に含まれているカフェインの量はコーヒー1杯分と同等ということですが、コンビニで買えるチルド飲料や缶コーヒーと比べればかなり多いのではないでしょうか。カフェインのみで言えばコーラ2缶分ほどの量のようですが、その他の栄養成分が含まれているのでコーラにはない効果がなにかあるのでしょう。この他にも栄養ドリンクの類はたくさんありますが、200円という値段は手頃です。

ということで早速飲んでみたのですが、味の方はオロナミンCデカビタCによく似ていました。200mlと量が少ないのであっという間に飲み干してしまいましたが、後味も悪くありません。また肝心なエナジードリンクとしての効果ですが、全く気のせいなのかもしれませんが、渋滞に巻き込まれていつもよりも時間がかかってしまったにも関わらず、全く疲れを感じることがありませんでした。プラシーボ効果なのだとしても、素晴らしい効果です。これだけの効果があるならぜひ今後も頼ってみたいと思います。

ところでRed Bullの公式サイトですが、製品サイトというよりはまるでスポーツニュースサイトのようです。幅広いジャンルのスポーツをスポンサーとしてサポートしているためにこのようなサイトになっているのですが、これが製品のイメージ作りに大きく貢献していることは間違いありませんね。私自身にとってもF1チームRed Bull Racingのイメージが非常に強いですから。