カテゴリー
food & drink

マクドナルド 新生ラテ

マクドナルド 新生ラテ手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

  1. マクドナルド
  2. ドトール
  3. モスバーガー
  4. スターバックス
  5. ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテWorld Barista Championship2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。

カテゴリー
food & drink

シナモンメルツ

シナモンメルツメタボリックにまっしぐら

コーヒー大好きな私もさすがに夏の暑いときにはホットでは飲む気になれず、この夏はアイスのカフェ・アメリカーノにすっかりはまっていましたが、実はそれ以上にお世話になったのがマクドナルドプレミアムローストアイスコーヒーでした。ホットの時にもその変わりように驚いたものですが、アイスも以前の薄くて香りのない麦茶のようなものとは大違いの、ブラックで飲んでもおいしいアイスコーヒーに変わってしまったので、自販機やコンビニでジュースを買うよりもマクドナルドへ足を運んでしまうようになりました。ただ、店によってコーヒーの濃さや氷の量が違っていたりするのがやや難ですが、スモールなら120円、ミディアムでも220円という価格には破壊力があります。

さて、そのマクドナルドが食欲の秋に向けての新メニューとして一昨日発売したのが新しいスイーツ「シナモンメルツ」です。

「シナモンメルツ」は、ふんわり生地のパンに、シナモンシュガーと、とろ~り甘いクリームチーズのアイシングがたっぷりかかった、香り豊かで温かいシナモンブレッドです。従来のシナモンパン、シナモンロールと違って、食べやすいひとくちサイズになっており、ひとつひとつフォークでお召し上がりいただける新しいタイプのスイーツブレッドです。

ということでちょっと気になっていたのですが、今日地元のショッピングセンターに買い物に行った際に休憩しようと行ったフードコートでこのポスターを見つけ、ついつい惹かれてアイスコーヒーと一緒に買ってしまいました。

まあしかし要するに、シナモンシュガーとクリームチーズのアイシングがパンにかかっているということはシナモンロールと味は同じなのです。残念ながらCinnabonは日本人には受け入れられにくかったのかほとんど撤退してしまい、今はアクアシティお台場店のみとなってしまったようなのですが、マクドナルドのこのシナモンメルツは大丈夫でしょうか。Cinnabonも大好きだった私はすっかりご無沙汰してしまっていた懐かしい味にシナモンメルツで再会でき、とても嬉しかったです。

Cinnabonのメニューの一つ、Caramel Pecanbonはそれ1個でなんと1100kcalものエネルギーがあるという恐ろしいものだったわけですが、シナモンメルツは449kcalだということでPecanbonと比べてしまうと大したことがないように感じますが、マックフライポテトMソーセージエッグマフィンとほぼ同じエネルギーのようです。と言われてもやはり高いのかどうなのかわかりませんが、食後のデザートには重すぎるのではないかという気はします。

実際、今回の休憩時には家族4人でそれぞれ思い思いの飲み物を買って、シナモンメルツ1つを4人でちょっとずつつまんだのですが、それでもせいぜい「もうちょっとあるといいかな」と思う程度で、とても一人で1つを食べきれるとは思えませんでした。290円という価格はデザートとしてはやや高いかと思いますが、ボリュームを考えれば納得できると思います。また、シナモンシュガーやクリームチーズは惜しげ無くたっぷりとかかっていて、物足りなく感じることはないでしょう。味については紛れもなくシナモンロールそのままで、アツアツの状態で提供されるのもこれからの涼しい季節には嬉しいところではないでしょうか。

ということで、職場の健康診断で腹回りの測定にドキドキした私としてはこのカロリーにはたじろいでしまいましたが、一人の時には我慢して、家族で1つを食べるようにすればいいでしょうね。しかし、プレスリリースの

2006年に米国で開発・販売された商品で、米国では朝食メニューとして大変ご好評をいただいており、日本でもカフェタイムでのご利用はもちろん、忙しい朝に手軽に摂れる朝食としてご利用いただける新しいタイプの商品です。

というのはさすがアメリカというか、日本ではちょっと無理があるような気がしますが、日本のスタッフは本気でそう考えているのでしょうか?

カテゴリー
food & drink

ジューシーチキン 赤とうがらし

ジューシーチキン 赤とうがらしどことなく人工的に感じてしまうのは先入観?

昨日は子供達と3人で昼食を摂る必要があったのですが、次男がハッピーセットを食べたいというのでマクドナルドへ行ってきました。実は私も新メニューの「ジューシーチキン 赤とうがらし」を食べてみたかったので、それとなくちょっと持ちかけてみたというわけなのですが…

ということで、先日入手していたクーポン券を握りしめてカウンターへ向かい、「ジューシーチキン~」のセットを注文しました。原価率すなわちマクドナルド側の利益率を考えると実はセットは割高、というよりドリンクやフライドポテトの原価はタダみたいなものなので思うつぼ、ということはわかっていますが、だからといってポテトなどを同じように自分でタダ同然で作れるというわけではないので、これは全く意味のない考え方ですよね。マクドナルドはサービスを提供しているわけですから、それに対価を支払うのは当然のことです。

それはともかく「ジューシーチキン~」ですが、一口かじってみたところでは「チキンフィレオ」を辛く味付けしただけのような、ちょっとバサバサした感じがして「どこがジューシーなんだか…」と思ってしまったのですが、そのまま食べているとどこからか急に汁が出てきて、いつの間にかジューシーな鶏肉になってしまいました。これなら確かにおいしいのですが、何となく不自然なのですよね…一体どこの肉なのかわからないのも相変わらずですが、鶏の皮が付いているようだったので、その皮と肉の間から汁が出てきたようにも思えます。

味付けの方は辛い物好きな私が食べてもちょっと辛く感じるくらいで、「赤とうがらし」と前面に出しているだけのことはありますが、辛い以外は「チキンフィレオ」などとあまり違いはない、塩胡椒によるシンプルな味になっているようです。肉以外の具材はレタスのみで、それにマヨネーズが付いているだけなので、全体的にも非常にシンプルなのはマクドナルドらしいところかもしれません。それだけに確かにジューシーな鶏肉が特徴的とも言えます。

マック・デジ2 水泳ちなみに次男が頼んだハッピーセットは「マック・デジ2」という液晶ミニゲームがおもちゃとして付いてきましたが、次男は「水泳」というゲームを選びました。これは「指でたたいてスピードアップ!」とあるように、筐体の振動を拾ってその速さによって水泳選手の泳ぐスピードが変わるようです。そこにボタンがあるかのような絵が描かれているせいで皆一生懸命その場所を押してしまうのですが、それでは一向に上手くいきません。理屈がわかって複数の指でカタカタ叩けば速く泳いでくれるようになるのですが、それには理系的な感覚が必要なような気がします。そういう意味では実は結構教育的なおもちゃだったり…小学3年生の長男の歳になるともうさっぱり興味もないようですが。