mission impossible | 狼系

Archives

Mission: Impossible – Fallout

さすがにこのシリーズでハズレはない。

Tom Cruise演じるEthan Huntが派手なアクションを繰り広げるスリリングなアクション映画、「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が前作「ローグ・ネイション」に続いて3年ぶりに公開されました。本作はシリーズ6作目に当たるということですが、最初の作品「ミッション:インポッシブル」は1996年の公開ということですから、すでに20年以上が経過していることになります。

当時30代前半だったTomももう56歳となって衰えも見えるかと思いきや、相変わらずスタントダブルを使わず危険なアクションを自らこなしつつ、かつ実年齢なりの円熟味も見せるという、アクション俳優として理想的な歳の重ね方をしているように見えます。本作ではビルからビルに飛び移るシーンで肋骨を骨折するという事故がありつつもそのまま撮影を続行したという武勇伝が報じられていましたが、観ていて「ここか!」という場面はわかりましたが、全くそんな気配は見せないので知らなければ気づきもしなかったでしょう。これぞ真のプロフェッショナルということでしょうか。

脇を固めるBenjiとLutherも引き続きの出演ですが、Benji役のSimon Peggのコミカルな表情もこのシリーズには欠かせないものと言えるでしょう。August Walker役のHenry Cavillは出てきたときから只者ではない雰囲気が漂っていて、作中で重要な役柄を担っていることがわかってしまい、存在感があるのも良し悪しといったところでしょうか。まあ、なんといってもSupermanですからね。また謎の女性、White Widowを演じているのはVanessa Kirbyですが、妖しい雰囲気がとても良いです。

ちょっと混乱したのはRebecca Fergusonが演じるIlsa Faustと、Michelle Monaghanが演じているEthanの元妻Juliaの雰囲気がとても良く似ていることです。並んでみると全然違うのですが、パっと写真が出てきたときにどちらなのかすぐにわからなくなってしまいました。Ethanが愛した2人の女性なのですから、似ていても当然といえば当然なのですが。

ということで、作品自体は2時間半近い上映時間の間、息をつく間もないアクションの連続で、まさに手に汗握るジェットコースタームービーというものでしょうか。きっと期待を裏切ることはないでしょう。ただし今回も字幕は戸田奈津子氏、”the greater the pain, the greater the peace”を「苦しみの後に平和は訪れる」って、それはないでしょう。本来「苦しみが大きいほど、大きな安らぎを得る」で甚大な被害を予想させているのに単なる前後関係にしてしまうとは… しかし吹替版もDAIGOや広瀬アリスがやってくれているようなので、どっちもアレなのが困ったものです。

Mission: Impossible - Rogue Nation

現代最高のアクション。

1960-70年代のテレビドラマ「スパイ大作戦」をベースとした映画「ミッション:インポッシブル」シリーズはTom Cruiseを主演に1996年にスタートして以来毎回大ヒットとなり、この夏公開の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」で5作目となりました。毎回かなり派手なアクションとワクワクするようなスパイグッズが登場して非常に楽しいシリーズですので、私も期待して公開前夜上映で観てみました。

予告でも登場していた離陸する輸送機のドアにしがみつくシーンや、狭い路地でバイクに追われつつ車で逃げまわるシーン、そしてバイクでの高速チェイスなどのシーンはもちろんしっかり織り込まれていますが、これだけ派手なシーンを予告で見せてしまうということは、本編ではそれどころではないということです。特に輸送機のシーンは開始早々の前振りであっけなく登場してしまい、私も少々唖然としました。

今回のストーリーでは、主人公のEthan Huntが所属する組織IMFがその破天荒な活動ぶりからCIAに吸収されることになりますが、その頃EthanはThe Syndicateの罠にはまって捕らえられたところでMI6の潜入捜査官Ilsa Faustに助けられ、二人はその後も度々ともに活動することになります。そしてIMFが無くなったあと、Ethanは行方をくらましたまま悪の組織The Syndicateの撲滅を目指して活動を続けます。

Ethan Hunt役はもちろんTom Cruiseなのですが、自分がかっこいいヒーローを演じる作品をプロデュースするというのはどういう気分なのでしょうね。やっぱりナルシシストでないとできない仕事なのでしょうか。一方、ヒロインのIlsa Faustを演じているのはRebecca Fergusonというスウェーデン出身の女優さんです。まだハリウッドでの経歴はあまり長くないようですが、昨年の「ヘラクレス」にもErgeniaの役で出演していたそうです。私は「ヘラクレス」をまだ観ていないので知りませんでしたが、この人にそっくりな日本の女優がいると思うのに名前がどうしても思い出せません。聞けば「あ、その人!」と言えるはずなのですが。助演陣もさすがに豪華で、Jeremy Renner、Simon Pegg、Alec Baldwinといった人たちが脇を固めています。

この作品ではやはりアクションシーンこそが見ものであるわけですが、Tomはこの作品でもそのほとんどをスタントによる代役を使用せずに撮影したようです。例の輸送機にぶら下がるシーンは体が固定されてさえいればなんとかなりそうな気がしますが、カーチェイスやバイクチェイスは相当な運転技術がないと成功しないでしょうし、非常に危険です。映画撮影も安全第一で行われているでしょうから、全てがTomの腕にかかるようなことはしないと思いますが、だとするとどのように撮影が行われたのかも興味があるところです。Blu-ray等の特典映像として見ることができるでしょうか。

それにしてもTom Cruiseもすでに53歳、とてもそうは見えないほど若々しいですが、このシリーズもいつまで続けることができるでしょうか。このシリーズが凄いのは毎回毎回びっくりするような派手なアクションを見せてくれるところだと思うのですが、きっと「Tomが演じられなくなった時がシリーズの終わり」ですよね。

Mission: Impossible - Ghost Protocol

一年の締めくくりに相応しい(?)大作。

今年はいくつもの天災で多くの人々が大変な思いをしましたが、その2011年もあと数時間で終わろうとしているところです。年の瀬はなにかと慌ただしく落ち着かないものですが、帰省してしまうと今度は特にしなければならないこともなく、時間を持て余し気味になってしまうものです。子供たちにとっては久しぶりに会う従兄弟同士で仲良く遊んでいたりしますが、私は子供を親に任せて映画を観に行ってくることにしました。

もちろん今年最後に観る映画になりますから、それに相応しい作品を選びたいものですが、今回観てきたのは1960〜70年代のテレビシリーズ「スパイ大作戦」からTom Cruiseがプロデュースして最新のアクション大作シリーズに生まれ変わったMission: Impossibleの最新作、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」です。観に行った方のブログでの感想によれば、これまでの本シリーズの作品の中でもっとも面白いということだったので大いに期待して劇場に向かったのですが、確かに評判に違わぬ作品でした。

世界各地をまたにかけての活躍が魅力の一つとなっているこのシリーズですが、今回の舞台となっているのはハンガリーの首都ブダペストに始まり、モスクワ、ドバイ、そしてインド最大の都市ムンバイとなっており、私達日本人から見てもエキゾチックな都市ばかりです。特にドバイでは世界最高の建築物であるブルジュ・ハリファが舞台となっており、その外壁を登るTom Cruiseの姿は予告編でも明らかになっていた通りです。このブルジュ・ハリファでのスタントは代役を使わずTom自身が演じたということでも話題となっていましたが、スタッフにとってはありがた迷惑ではないのかと思ってしまうのは私だけでしょうか。

しかし見どころはこのシーンだけではありません。というよりもむしろ、このシーンなんてまだまだ序の口かもしれません。2時間ちょっとの本編のうち2時間ほどは息もつかせぬアクションシーンなのではないかというほど、冒頭からミッションが完結するまで興奮しっぱなし、手に汗握るというのが全く比喩ではなく本当に両手にいっぱい汗をかいてしまう緊迫したシーンの連続でした。映像的には一見落ち着いた場面でも緊張感に満ちているので、気を抜いている暇もありませんでした。

今回はBMWの協力を得て、Tomが乗る車は最新のBMW車となっていましたが、その他にもBugatti Veyronなどの超高級車が登場したり、車好きにとってはそういう面でも豪華な作品となっているのではないでしょうか。また、カースタントもかなり激しいものとなっており、高い車がボロボロになってしまうのはもったいなくも感じます。まあ、CGで作られた映像もあって実際に潰してしまっている車はそう多くはないのかもしれませんが。

この作品はTomのTomによるTomファンのための映画とも言えるかもしれませんが、それにしても若々しくて来年50歳になるとは思えません。このシリーズが続くのもTomの元気が続く限りということなのでしょうが、一体何作目までとなるのでしょうね。