Mission: Impossible – Fallout | 狼系

Archives

Mission: Impossible – Fallout

さすがにこのシリーズでハズレはない。
Mission: Impossible - Fallout

Tom Cruise演じるEthan Huntが派手なアクションを繰り広げるスリリングなアクション映画、「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が前作「ローグ・ネイション」に続いて3年ぶりに公開されました。本作はシリーズ6作目に当たるということですが、最初の作品「ミッション:インポッシブル」は1996年の公開ということですから、すでに20年以上が経過していることになります。

当時30代前半だったTomももう56歳となって衰えも見えるかと思いきや、相変わらずスタントダブルを使わず危険なアクションを自らこなしつつ、かつ実年齢なりの円熟味も見せるという、アクション俳優として理想的な歳の重ね方をしているように見えます。本作ではビルからビルに飛び移るシーンで肋骨を骨折するという事故がありつつもそのまま撮影を続行したという武勇伝が報じられていましたが、観ていて「ここか!」という場面はわかりましたが、全くそんな気配は見せないので知らなければ気づきもしなかったでしょう。これぞ真のプロフェッショナルということでしょうか。

脇を固めるBenjiLutherも引き続きの出演ですが、Benji役のSimon Peggのコミカルな表情もこのシリーズには欠かせないものと言えるでしょう。August Walker役のHenry Cavillは出てきたときから只者ではない雰囲気が漂っていて、作中で重要な役柄を担っていることがわかってしまい、存在感があるのも良し悪しといったところでしょうか。まあ、なんといってもSupermanですからね。また謎の女性、White Widowを演じているのはVanessa Kirbyですが、妖しい雰囲気がとても良いです。

ちょっと混乱したのはRebecca Fergusonが演じるIlsa Faustと、Michelle Monaghanが演じているEthanの元妻Juliaの雰囲気がとても良く似ていることです。並んでみると全然違うのですが、パっと写真が出てきたときにどちらなのかすぐにわからなくなってしまいました。Ethanが愛した2人の女性なのですから、似ていても当然といえば当然なのですが。

ということで、作品自体は2時間半近い上映時間の間、息をつく間もないアクションの連続で、まさに手に汗握るジェットコースタームービーというものでしょうか。きっと期待を裏切ることはないでしょう。ただし今回も字幕は戸田奈津子氏、”the greater the pain, the greater the peace”を「苦しみの後に平和は訪れる」って、それはないでしょう。本来「苦しみが大きいほど、大きな安らぎを得る」で甚大な被害を予想させているのに単なる前後関係にしてしまうとは… しかし吹替版もDAIGO広瀬アリスがやってくれているようなので、どっちもアレなのが困ったものです。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。