Archives

American Made

これが実話とは。

1991年のクリスマスにソビエト連邦が崩壊するまで、それぞれソ連とアメリカを中心とする東西国家の間では冷戦状態となっていたわけですが、その裾野ではKGBとCIA (中央情報局)による各種工作合戦が繰り広げられていました。その中で実際にあったことをもとにしたという映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を観てみました。

バリー・シール/アメリカをはめた男(吹替版)

posted with amazlet at 18.08.17

(2018-01-30)売り上げランキング: 3,475

Amazon.co.jpで詳細を見る

実話をもとにした話ということで、主人公は邦題にもなっているBarry Sealという、1970-80年代のアメリカで暗躍した実在の人物で、Tom Cruiseが演じています。私はまったく予備知識を持たずに観始めたのですが、メデジン・カルテル、コントラ、サンディニスタ民族解放戦線という中米の組織がいろいろ関わってくるので、これらについて何らかの知識を持っておいた方がより楽しめるかもしれません。また、CIAのほかFBI (連邦捜査局)、DEA (麻薬取締局)、ATF (アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といったややこしいアメリカの捜査組織の職掌についても知っておくとちょっとだけ面白いでしょうか。

作品はあくまで実話を「もとにした」もので、脚色として事実から変えてあるところもいろいろあるようですが、Barryがアーカンソー州のMenaという田舎町の空港を拠点として麻薬の密輸を行っていたことは事実のようです。当初の作品名はずばり”Mena”としようとしていたそうですが、それはさすがに直接的すぎるのでやめたということでしょうか。現在5000人余というMenaの町の住人にはちょっと複雑ですよね。なお原題が”American Made” (アメリカ製)というのに対して、「アメリカをはめた」という邦題では大胆不敵な人物をイメージさせてはいますが、私が見たところではアメリカを騙したわけでも、国に陥れられたわけでもないようで、ちょっと印象操作になっているような気がします。

ということで、作品自体も1980年代風の映像となっていて、そういう面でもいろいろ楽しめたのですが、あまり人が死んだり痛い目に遭う直接的な描写がないというところも良かったです。私はどうも暴力描写が苦手なので極力避けて欲しいと思うのですが、それがリアリティだと思う人もいるようなのが困ったものです。いやしかし、ここ数年でTom Cruiseがだいぶ好きになってきたような気がします。

Mission: Impossible – Fallout

さすがにこのシリーズでハズレはない。

Tom Cruise演じるEthan Huntが派手なアクションを繰り広げるスリリングなアクション映画、「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が前作「ローグ・ネイション」に続いて3年ぶりに公開されました。本作はシリーズ6作目に当たるということですが、最初の作品「ミッション:インポッシブル」は1996年の公開ということですから、すでに20年以上が経過していることになります。

当時30代前半だったTomももう56歳となって衰えも見えるかと思いきや、相変わらずスタントダブルを使わず危険なアクションを自らこなしつつ、かつ実年齢なりの円熟味も見せるという、アクション俳優として理想的な歳の重ね方をしているように見えます。本作ではビルからビルに飛び移るシーンで肋骨を骨折するという事故がありつつもそのまま撮影を続行したという武勇伝が報じられていましたが、観ていて「ここか!」という場面はわかりましたが、全くそんな気配は見せないので知らなければ気づきもしなかったでしょう。これぞ真のプロフェッショナルということでしょうか。

脇を固めるBenjiとLutherも引き続きの出演ですが、Benji役のSimon Peggのコミカルな表情もこのシリーズには欠かせないものと言えるでしょう。August Walker役のHenry Cavillは出てきたときから只者ではない雰囲気が漂っていて、作中で重要な役柄を担っていることがわかってしまい、存在感があるのも良し悪しといったところでしょうか。まあ、なんといってもSupermanですからね。また謎の女性、White Widowを演じているのはVanessa Kirbyですが、妖しい雰囲気がとても良いです。

ちょっと混乱したのはRebecca Fergusonが演じるIlsa Faustと、Michelle Monaghanが演じているEthanの元妻Juliaの雰囲気がとても良く似ていることです。並んでみると全然違うのですが、パっと写真が出てきたときにどちらなのかすぐにわからなくなってしまいました。Ethanが愛した2人の女性なのですから、似ていても当然といえば当然なのですが。

ということで、作品自体は2時間半近い上映時間の間、息をつく間もないアクションの連続で、まさに手に汗握るジェットコースタームービーというものでしょうか。きっと期待を裏切ることはないでしょう。ただし今回も字幕は戸田奈津子氏、”the greater the pain, the greater the peace”を「苦しみの後に平和は訪れる」って、それはないでしょう。本来「苦しみが大きいほど、大きな安らぎを得る」で甚大な被害を予想させているのに単なる前後関係にしてしまうとは… しかし吹替版もDAIGOや広瀬アリスがやってくれているようなので、どっちもアレなのが困ったものです。

Jack Reacher: Never Go Back

やっぱりスターですね。

本当かどうかはよくわかりませんが、日本のマスコミには親日派として扱われているTom Cruiseが最近来日して、映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のプロモーションのために笑顔を振りまき、テレビでも一流のファンサービスを見せています。今年54歳になるというのにあの若々しさはどういうことなのかと、自分の54歳はあんなではないだろうと思ってしまうわけですが、それはともかくその映画をまたしても公開初日に観に行ってきました。

映画としては2012年公開の「アウトロー」の続編に当たるジャック・リーチャーシリーズ2作目、Lee Childによる小説「ジャック・リーチャー」シリーズの18作目”Never Go Back“を原作とした作品です。このシリーズは格闘アクションだけでなく複雑な展開もありますが、謎解きにはそれほど重きが置かれているわけではなく、複雑な陰謀に主人公Jack Reacherとヒロインが巻き込まれていくというのが共通の特徴になっているような気がします。まあJackは自分から首を突っ込んでいっているわけですが。

ネバー・ゴー・バック(上) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

ネバー・ゴー・バック(下) (講談社文庫)

¥ 994

(2016-11-12現在)

今回のヒロインはアメリカ陸軍憲兵隊の少佐Susan TurnerでCobie Smuldersが演じていますが、軍人らしい健康美で下着姿もまったくいやらしく見えません。アベンジャーズシリーズでもMaria Hillの役で凛々しい姿を見せていますが、ああいうキリッとした役がとても似合っているのではないでしょうか。またもうひとり、Danika Yarosh演じるSamantha Daytonもヒロインといえるかもしれません。Danikaは現在18歳ということですが、アメリカ人にしては実年齢よりも少々若く、幼く見えるかもしれません。

それにしてもこういう映画を観ていていつも思うのは、どうしてこうポンポン人を殺してしまうのだろうかということです。いくらアメリカでもそこまで殺人が多いというわけではないと思うのですが、私が知らないところにこういう世界があるのでしょうか。あくまでフィクションとはいえもう少し人命を大切にしてほしいと思ってしまいます。

それはともかく、今作の一つの特徴は、警察ではなく憲兵が捜査の主体であるということでしょう。日本の自衛隊にも警務官という憲兵に相当する職があるようですが、アメリカ軍の組織はとても複雑でなかなか日本人には馴染みのない組織なのでわかりにくいところもありますが、それが新鮮とも言えるのではないでしょうか。基本的には基地の外では民間人に対する警察権を持たないようですが、一定の条件を満たす退役軍人は対象になったりする、というようなくだりもちょっと面白いところです。