Archives

iiyama X3291HS-B1

どこまで大きくなるのか…

2年ちょっと前にアメリカで停電に遭った際、液晶モニタDell 2709WFPが壊れたと言ってASUS PB278Qというモニタを購入していたのですが、実はそのまま捨てずに持っていて、帰国時の荷造りの際に「やっぱり電源が入らなかったら捨てよう」と思って試してみたら起動してしまったので持って帰ってきていました。そしてたまに数秒間真っ暗になったりするのを騙しだまし使っていたのですが、とうとうつい先日全面黒とRGB三原色とを繰り返し表示するだけになったので一旦電源を切るとついにそのまま復帰しなくなってしまいました。

もうとっくに壊れたと思っていたものですし、代替機も購入しているので問題はないはずなのですが、これまでの半年強は27インチモニタ2枚という構成で使っていたので、片方をDell 2001FPに置き換えると急に窮屈に感じてしまうのですから慣れというのは恐ろしいものです。だいたい世の中に27インチモニタを2枚も使っている人なんてそうそういないだろうと思うのですが、ちょっと調べてみると今は27インチのモニタなんて2万円以下でも買えてしまう凄い時代になっていたのですね。じゃあどれかに買い換えようとさらに調べていると、Full HDなら30インチでも3万円前後で買えることに気づいてしまいました。さすがに30インチは大きすぎるかと思いましたが、メジャーで測ってみると机の上に置けないことはなく、一旦その誘惑にかられてしまうともう抗うことは出来ず、Amazonで最安値が更新された瞬間についポチッと行ってしまいました。それがiiyamaのX3291HS-B1という31.5インチFull HDのモニタです。

iiyama ディスプレイ モニター X3291HS-B1 31.5インチ/フルHD/HDMI端子付

¥ 28,980

(2016-06-18現在)

「Full HD」と繰り返しているのは大事なことで、壊れた2709WFPはWUXGA、つまり1920×1200ドットの解像度だったのに対しFull HDは1920×1080ドットであり、画面のサイズは大きくなっても表示できる画素数は減ってしまっています。しかし、それを諦めることで一般のテレビ用の廉価な液晶パネルが流用できることになり、大幅に低価格で購入できるようになっているのです。それに対しWUXGAのモニタは需要も大きくないことから機種もわずかで価格も高止まりしていて、もはや4K解像度のものよりも高くなってしまっており、ここにこだわるのは現実的でありません。

一方なぜこの際4K解像度にしないのかというと、それは単純な話で「私のMac miniが対応していないから」です。最新機種では4Kにも対応しているようなので羨ましい限りですが、今はMacまで買い換える必要はありません。ただ、今4Kにしておかないとしばらく先まで買い換えることはないでしょうが、それは仕方ありません。

さて、届いたモニタを早速Macに繋いで使用していますが、大きくなったおかげでモニタから目を離して見ることができて、思っていた以上に快適です。ハーフグレアパネルということで反射を若干心配していましたが、今日は雨天だったということもあって画面が真っ暗になっていなければ全く気にはなりませんでした。画素数が若干減ってサイズは大きくなっているので1画素の大きさは大きくなっている、つまり荒くなってしまっているわけですが、Macの優秀な文字レンダリングのおかげで可読性はあまり気になりません。写真についても緻密さではWQXGAには劣りますが、ハーフグレアパネルのおかげでより鮮やかに表示されるので全く問題ありません。Blu-rayのビデオをdot by dotで見られるのですから動画については言わずもがなでしょう。

今のところの問題の一つは入力端子の少なさでしょう。映像入力はHDMI、DVI-D、D-Subミニ15ピンが1つずつあるだけなので、PCとBDプレイヤーを同時に繋いでおこうと思うとPCはDVI-Dで繋がざるを得ません。私は幸いHDMIからDVI-Dへの変換ケーブルを持っていたので助かりましたが、今時DVI-Dというのも古く、HDMIが3つくらい欲しいところではないでしょうか。もう一つの問題はスタンドが単純なもので仰角の調整が出来るだけのもので、高さが変えられないということです。私は机の面ぎりぎりまで低くして使いたいのですが、表示部分の下端が机から8cmほどの高さになっており、この点は少々不満に思っているところです。まあどちらも事前にわかっていたことではありますし、この価格なら文句なくこれらも受け入れられます。

ASUS PB278Q

またすぐに慣れてしまいそう。

今から4ヶ月ほど前に見舞われた停電のせいでMac miniに繋いでいた2枚のモニタのうち2709WFPの電源が入らなくなってしまって以来、狭くなってしまって不便だと思いながらもしばらく2001FP一枚で我慢してきました。狭いとは言っても20インチで1600×1200ピクセルというサイズなので、普段ニュースやメールを読んだりする程度であれば不自由というほどでもないのですが、ブログを書こうと思った時に参考にしたいウェブページと編集画面とをいちいち切り替えなければならなかったり、Apertureで写真の現像をする際に大きな画面で確認できないのが不便だったり、と今まで出来たことができなくなってしまったのでいろいろ不満に感じてしまいました。

2709WFPを買った時からはまた液晶モニタもだいぶ安くなっていて、同じ27インチでも1920×1080ピクセルのFull HDなら2万円台、アメリカでも$300弱で買うことができるようになりました。しかし、2709WFPは1920×1200ピクセルでしたので、数万円出して若干小さくなるというのでは腑に落ちないものがあり、多少高くてももっと解像度の高いものにしたいというのは贅沢というものでしょうか。最近は3840×2160ピクセルのいわゆる4Kの安価なモニタがいくつか発売されてきたのでそれも非常に魅力的だったのですが、残念ながら私のMac miniでは4Kに対応していないのでどうしようもありません。

ということで、Mac miniのThunderboltで出力可能な2560×1440ピクセルのWQHDをターゲットに、安価な製品が新しく出てこないかとしばらく様子を見ていたのですが、結局我慢しきれずにASUSのPB278Qという製品を購入してしまったのでした。

ASUS PBシリーズ 27インチ ワイド WQHD対応 液晶ディスプレイ ( 2560×1440 / PLSパネル / 5ms / ブラック ) PB278Q

もともと2709WFPがあったところに設置するだけですし、ケーブル類もほぼ流用できるのであっという間にセットアップは済んで使い始めることができました。ドット抜けや常時点灯ドットなどは見つけても自分が不幸になるだけなのであえて探していませんが、今のところ気付いたものはありません。LEDバックライトなので以前のものよりも明らかに低発熱なのは特に夏場は嬉しく感じるでしょう。

使い始めて最初に感じたのは広いということよりも画像や文字のキメの細かさでした。2709WFPの時は目に優しいということであえてドットピッチの大きな大画面のものを選択したのですが、実際はドットの細かい画面で大きめのフォントで表示した方が読みやすい、というのは当たり前のことでした。そして、特に大きくする必要のないものは小さく表示しておけるので、画面の広さを享受することができます。

また、ドット数が増えたことと、コントラスト比80000000:1、最大表示色数1677万色、sRGBカバー率とスペックに謳われている性能とによる情報量の増加で、写真を表示した時には非常に豊かに美しく見ることができます。バックライトの輝度は非常に高いので私は明るさを15%ほどにまで下げて使っていますが、そうすると眩しすぎることもどこかが暗くなってしまうこともなく自然に使えるのではないかと思います。

全体のピクセル数は1.5倍ほどに増えたくらいですが、これほどまでに大きな違いが感じられるとは思っていませんでした。さすがにRetinaディスプレイのように「ドットが見えない」というほどまでは細かくありませんが、これが4Kだったら一体どうなってしまうのだろうと思うくらいには高精細です。将来、私の家に4Kモニタが来るのは何年先のことか分かりませんが、その時はどう感じるでのでしょうか。もう老眼で細かいものはよく見えないということになっていそうな気がしますが…

20.1インチ液晶モニタ

最近買い物ネタが続いていますが、今季のボーナス一番の買い物が今日届きました。
妻のブーブー言う声にめげずに注文したDellの20.1インチ液晶モニタUltraSharp 2001FP HASという代物です。これまでは弟にもらった15インチのXGA液晶モニタを使用していたのですが、XGAというのはあまりに手狭で、以前からなんとかしたいと思っていたのでした。
数年前には22インチのCRTという巨大なモニタを買おうと画策していたのですが、当時のそれとほとんど変わらぬ値段で手に入ってしまいました。Dellのサイトのトップからたどっていくと、安くても11万ちょっとなのですが、某2ちゃんねるのこのモニタのスレッドにあるリンクで行くとそれより1万円以上安く買えてしまいます。私も届くまでは半信半疑でしたが、無事に我が家には届きました。
それにしても20.1インチというのは巨大、というか広大です。ドット数も1600×1200のUXGAなので、今までのざっと2倍ほどということになり、実際の面積も2倍ほどあります。一体何に使おうか、というくらいのものですが、この大きさだとDVDで映画を観るのにも十分です。
というわけで大満足の一品です。WindowsでもFreeBSDでも問題なく設定して使うことができていますが、問題は今のところアナログ接続だということです。使用しているビデオカードにDVI端子がないので仕方ないのですが、これでDVI接続にしたらどんなに綺麗に映るのかと思うとそれもまた楽しみです。