Archives

アートの島・犬島と日生のカキオコ

程よく充実。

先日、デイリーポータルZのデジタルリマスター版(2007年の記事を写真画像を大きくして再掲載)として公開された「日生のカキお好み焼きを食べてきた」という記事を見つけ、以前食べに行ってとても美味しかったので「年明けにでも食べに行こう」とFacebookでシェアしたのですが、この時会社のZさんから食いつきがあり、この正月休みの間に一緒に食べに行こうということになりました。自宅から日生までは一般道でも1時間強で着いてしまう距離なのですが、せっかくなのでどこか寄るところはないだろうかと考えたところ、前からちょっと気になっていた犬島がいいのではと思いつき、行ってみようということになりました。

犬島へは宝伝港から高速船に乗って渡ることになりますが、10分足らずで着いてしまいます。また車で渡ることはできませんが、とても小さな島なので歩いて回っても十分なので、宝伝港周辺にある有料駐車場に停めていくことになります。フェリーの代金は300円、往復とも宝伝港で係の方に現金で支払うことになりますので、小銭を用意しておいた方が良いようです。

犬島には何があるのかというと、有名な直島とあわせてベネッセが運営するアートの島となっており、島内に現代美術作品が点在しています。作品は瀬戸内国際芸術祭の一環で製作・展示されているものですが、トリエンナーレ形式で3年に一度開催されるもので前回は2016年、次回は2019年なので今はちょうど端境期であり、また直島ほど有名ではなく規模も大きくないので落ち着いている状況です。

私も特に現代美術に造詣が深いわけではありませんが、芸術などというものは個人個人が思いのままに楽しめば良いものだと思っているので、難しいことは考えず直感で捉えるようにしており、「これはなんかいいな」くらいで楽しんでいます。当日は天気も良かったのでブラブラと散歩がてらアートを鑑賞するという感じで島内を回りましたが、私が特に気に入ったのはF邸「Biota (Fauna/Flora)」です。館内では撮影禁止とのことなので写真に収めることはできませんでしたが、「Fauna」の部分がなんとも言えない優しい雰囲気を持っていて好きです。

また、最も大規模なのが犬島精錬所美術館という、20世紀の初め頃に稼働していた銅の製錬所の遺構を利用したもので、美術館全体が「ヒーロー乾電池」という一つの作品になっています。三島由紀夫をモチーフにした作品で、三島作品をちゃんと知っていればもっと楽しめたのだろうと悔やまれますが、そうでなくともなかなかグッと来るものがあり、見に行った甲斐があったと思います。なお、作品のタイトルである「ヒーロー乾電池」の箱が書棚の上にひっそりと置かれているのを発見しました。

週末に限り、美術館では犬島で生まれ育ったおばあちゃんが島の歴史などについて解説してくれるということだったのですが、本土に戻る船の便数が少なくタイミングを逃すと1時間以上待たなければならず、作品を見終わったところでちょうど船の出発10分前だったので急いで港に戻って本土に渡りました。このため夕食までにちょっと時間ができたので近くの西大寺観音院を軽く見学し、その後満を持して日生のカキオコに挑むことにしました。

私は2年ほど前にも一度、カキオコを食べに行ったことがあり、その時に入った「タマちゃん」でもとても美味しくて満足したのですが、今回はまた別の店に行ってみようということで、「カキオコ発祥の店」を謳うほりに行ってみることにしました。ここも有名店の一つなので週末の昼時には長い列ができるようですが、午後4時頃という中途半端な時間に入ったためすぐに座ることができました。しかし、地元の方々に親しまれているらしく、そんな時間でも満席に近い状態でした。

私たちはカキオコのカキ増量玉とカキモダン焼を注文してシェアすることにしたのですが、最初に私があえてカキオコと違うものにしようとしてカキちゃんぽん焼をお願いすると「お好み焼きじゃなくていいのか」と言われてしまい、お勧めなのであればということでモダン焼きに変更したのでした。地元民ではないのでよくわかっていないと思われたのでしょうが、親切心で教えてくれたことはわかったので悪い印象はありません。

焼いているところを目の前で見ながらしばらく待っていると、私たちの前にカキオコとモダン焼がやってきました。お好み焼きの上にたっぷり10粒の牡蠣が載り、その上に塗られたソースの照りがさらに食欲をそそる美しさです。何枚でも写真を撮っていたくなりますが、そうも言っていられないのでできたての美味しいうちにさっさといただくことにします。カキオコの素晴らしいのは、牡蠣を焼く時にお好み焼きの生地で蒸し焼き状態になるため、牡蠣が縮まずぷりぷりした状態で焼き上がっているということです。今回は増量したことで1人10粒もの牡蠣をいただくことができて、腹持ちのいい粉物でもあり、質量ともに大満足で帰路に就くことができました。

ということで、播磨地方からの日帰り旅行の理想的なプランとなったわけですが、カキオコだけであれば会社帰りにも行けないことはない距離なので、この冬の間にでももう一度、また別の店を試してみたいと思います。また、犬島の方は今回の旅でほぼ網羅できたので、今度は直島の方へ足を伸ばしてみたいところです。

山口ドライブ 食べもの編

食の面でも満足できる旅でした。

前回の記事でご紹介した山口県への1人ドライブ旅行ですが、この記事では旅の間に食べたものについてご紹介したいと思います。最近の私は食べるために旅をしているのかというような感じもあり、旅のルートはどこで何を食べるかから決めることになっています。

しかし今回の最初の食事、朝食は完全に行き当たりばったりで、朝5時台に自宅を出発して、お腹が空いた頃に見つかったサービスエリアで食べよう、ということにしていました。しかし中国道にはなかなかしっかりしたサービスエリアがなく、やっと辿り着いたのが七塚原SAでした。ここもちょっと寂れた感じだったのは朝だったからかもしれませんが、背に腹は代えられません。普段は菓子パンなどで済ませてしまうところですが、ちょっと暖かいものが食べたくなったので食堂に行き、ありきたりでないものを…と選んだのが「広島レモンラーメン」です。「ラーメンにレモン?」というのは誰もが疑問に思うところではないかと思いますが、実際に食べてみるとレモンの酸味のおかげで豚骨ベースのスープがさっぱりしたものとなり、朝食にはちょうどいい感じでした。

次に昼食は山口市内にある1wayというハンバーガーショップです。美味しそうなバーガーを食べさせてくれるようだったのですが、私はちょっと注文に失敗してしまい、最初に食べるべきではないものにしてしまいました。the Burgerという、肉の味にこだわってそれを味わうための特別なバーガーだったのですが、思ったより小ぶりだったのと、バンズとパティのみという非常にシンプルなバーガーだったので肉は味わえてもそれ以外を楽しむことはできないものだったのでした。初めて行くという人にはここではぜひ他の、普通のメニューを選ぶことをおすすめしたいと思います。

そして早めに夕食には川棚温泉の元祖瓦そばたかせの本館でその元祖瓦そばをいただくことにしました。熱した瓦の上に茶そばと錦糸玉子などの具を載せたシンプルな料理ですが、これが思った以上に美味しく驚きました。温かい茶そばも美味しいですし、瓦の熱でパリパリに焼けたそばも香ばしく、また楽しい食感で、たっぷりあったそばをペロッと平らげてしまいました。これは見た目にもなかなかインパクトのある料理ですが、名物料理となるにはそれだけではダメなのでしょう。

2日目の朝食は日曜日の朝から開いている店が見つからず、マクドナルドのマフィンで済ませてしまったのですが、昼食は前日失敗したバーガーの仕切り直しということで、三瓶山北の原キャンプ場にある三瓶バーガーに行ってみました。しかし、わざわざ行ったにも関わらずいい天気の日だったせいか、注文してから40分待ちと言われてしまってそんなに待っているわけにはいかなかったので、次に寄るつもりだった出雲大社の前にある出雲大社店に行ってみたところこちらはガラガラで、すぐに食べることができました。こちらで注文したのはここ限定の「出雲スペシャル」ですが、スペシャルといってもそう大したものではなく、チーズバーガーとトマトバーガーを組み合わせたようなもので、それが三瓶店ではできないことの方が不思議なものです。味の方はフレッシュなトマトとトロトロのチーズがとても美味しく、やはりどうしてこれを三瓶店ではやらないのかと思ってしまいます。出雲大社店で食べるなら、この出雲スペシャルがお薦めです。

そして旅の最後の食事は私のお気に入り、岡山市中心部にあるインド家庭料理ミレンガで大好きなベジタリアンターリーをライスをレモンライスに代えていただきました。ここは私の自宅から90kmほどもあるのですが、これまでに何度も足を運んではその度に満足して帰ってきています。スパイスの利いた本格的なインドの家庭料理をとても手頃な値段で楽しむことができ、しかもとてもヘルシーで飽きのこない味なので、もっと近ければ毎週でも通いたいくらいに思っています。

ということで、最後はよく知った味で締めくくりましたが、やっぱり旅に美味しいものは大事です。今回はその地のものはあまり食べませんでしたが、それはまた次の機会にでもとっておきたいと思います。下関には唐戸市場なんていうのもありますから、それも楽しみです。

岡山旅行

24時間でも堪能。

9月も後半に入ってから急に涼しくなって過ごしやすい日々が続いていますが、昨日から10月に入ったということで震災を発端とする電力供給不安による電力会社からの要請に応じて自動車メーカーらが木曜日と金曜日を休日としていたのも終わりました。私の勤務先もこの影響を受けて変則的な就業パターンとなっていて良い面も悪い面もあったのですが、その切り替わりということでこの週末は4連休ということになっています。そこで、せっかくの連休なので小旅行に出よう、ということで家族で隣の岡山県に行ってきました。

といっても家族で休みなのは私だけで子供たちは普段通り学校がありますので、出発したのは金曜日の授業が終わった後、結局家を出たのは夕方5時を回ってからでした。それでもたかだか50kmあまりの距離ですから、山陽自動車道を走って1時間もすれば岡山市に着いてしまいます。そこでまず夕食をとってから宿に向かったのですが、せっかくなので岡山名物B級グルメの「えびめし」を食べようということでその名も「えびめしや」という店に行ってみました。

こちらの看板メニューはもちろん文字通りのえびめしなのですが、その他のメニューも一般の洋食屋さんのように揃っていて、こちらもなかなかのようなので期待してみました。えびめしというのはご存じの方は多くないかもしれませんが、ソースで味付けされたチャーハンかピラフのようなもので、具材としてエビが使われていることからこの名になっているようです。こちらのえびめしやのえびめしは大きくプリップリのエビがたっぷり使われていて、真っ黒な見た目にもかかわらずさっぱりとした味でかなり美味しくいただけました。私が食べたのは「オムえび」というオムライス風に玉子が被せられたものですが、この玉子の柔らかさもちょうどいい加減で、単なる物珍しさだけではなくまた食べたいと思わせる美味しさでした。

その後宿に向かったのですが、今回泊まったのは「四季のかばん」というコテージです。エグゼクティブ棟、ファミリー棟、クリエイティブ棟、ワンワン棟という4タイプのコテージが並んでいるのですが、家族旅行の私たちは素直にファミリー棟を選んでみました。こちらはロフト付きのログハウスになっていて、このロフトがやはり子供たちには大好評です。すぐそばにあるレスパール藤ヶ鳴というところが受付にもなっていて、こちらにある温泉を利用することも出来ますが、コテージの方にもユニットバスではない広々とした風呂が備えられていたので私たちはこちらで入浴しました。サービスでよもぎ風呂のパックが置かれていて、このよもぎの香りでますます気持よかったです。

到着が夜暗くなってからだったので、なんだか山深いところに来てしまったということしか分からなかったのですが、明るくなってみるとすぐ横に岡山空港があるほかは見渡す限り緑の山々で、とても清々しい朝を迎えることが出来ました。飛行機が朝から離陸して行きましたが、1時間に1〜2便しかないので騒音が気になるというほどでもありません。朝食はレスパール藤ヶ鳴の方でバイキング形式のものを食べましたが、和洋食と言いながら洋食がほとんどなかったのと、デザートがオレンジのみだったのとで子供たちの受けが悪く、コテージは持ち込み可でキッチンもあるので、次回は自分たちで用意した方がいいかも、という結論になっています。

コテージでは10時半ごろまでまでのんびりしてから、今回のメインイベントである鷲羽山ハイランドに向かいました。瀬戸大橋のすぐ手前、瀬戸中央自動車道の児島ICを降りてすぐのところにありますが、パークのすぐ向かいの駐車場が週末なのにガラガラであまりの空き具合に驚きます。もちろんパーク内に入ってもアトラクションに並ぶようなものは一つもなく、逆に乗り込んでから他のお客を待つような状態でした。しかし、アトラクションそのものはそれなりに充実していて、海のすぐそばで潮風の影響も受けるので錆が目立ったりはするものの、絶叫マシンなども堪能することが出来ました。

しかし、これまでどんな絶叫マシンでも平気だった私が恐怖を感じるマシンがここにはありました。「チューピーコースター」というのがそれですが、入園して真っ先に長男と二人で乗って、二人して「もう二度と乗れない」と言ってしまうほどです。一体何がそんなに怖いかって、走っている間常にガタガタと揺れていて、いつか壊れて脱線するに違いないと思わせるのです。これは本当の恐ろしさがあります。

鷲羽山ハイランドでもう一つ恐いと評判なのが「スカイサイクル」です。他の遊園地にもよくある、空中のレールの上を自転車のようにペダルを漕いで進むものなのですが、ここのは瀬戸大橋を眼下に望む高台からさらに突き出たところ、地上16mで海風が直撃しているところを走るというところです。私自身は特に怖さを感じませんでしたが、高所恐怖症の人にはありえない乗り物です。当日は穏やかな天気でしたが、特に風の強い日にはとんでもないことになるのではないでしょうか。

ということで、ガラガラだったので昼過ぎに入園してから3時間あまりで満足してしまい、早々と帰路について帰宅したのは7時前、盛り沢山ながら実に効率の良い旅行となりました。鷲羽山ハイランドはもういいかな、という感じですが、えびめしとコテージの方はぜひまた行ってみたいと思います。ちなみに鷲羽山ハイランド、「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」というのが正式名称らしく、園内ではブラジル人らしき人たちがステージでサンバを踊ったり、ビンゴゲームをやっていたりしました。まあ何しろ客の数が少ないので寒々しい限りでしたが…