Archives

Pokémon GO

ポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。

このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、

ポケモンよりも美味しいものハンターとして生きていきます。

— すずきしんすけ (@sszk) 2016年7月22日

なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。

アルセウス 超克の時空へ

「超克」ってどういうときに使う言葉?

もうすぐ7月も終わるというのに一向に梅雨が明ける気配もなく、ここ数日はエアコンを使わずに過ごすことができて私は助かっていますが、小学校が夏休みに入ってから1週間が経過しました。この週末に長男はサッカークラブの合宿で1泊家を留守にしていて、その後も林間学校やもう1回の合宿やら、さらに親友と二人で沖縄に行く予定などもあって忙しく充実した夏休みになりそうなのですが、次男の方はこれといった予定もなく、次男だけどこかに連れて行くというのも難しいので、なかなか構ってやることもできません。

というわけで、お手軽なところで悪いけれども映画でも、ということで次男が観たがっていたポケモン映画の最新作、「アルセウス 超克の時空へ」という作品を観せにいつもの映画館へ二人で出掛けてきました。

ところが、この映画館は自宅から25kmほど離れていていつもバイパスを飛ばしていくのですが、今日はこのバイパスが事故のせいで大渋滞になっていて、開演時刻に20分以上遅刻してしまったのでした。一人の時はかなり余裕を持って出発しているのでこういう失敗はなかったのですが、ちょっと可哀想なことをしました。まあ、最初の5分ほどはCMや予告編の上映があるので、本編を見逃したのは実質15分程度かと思いますが、ちょうど物語の前置きにあたる部分を観られなかったことになりそうです。そのせいでストーリーがわからなかったということはなく、次男も「めちゃくそ面白かった」と言ってくれたので、これについてはとりあえず忘れてDVDを楽しみにすることにしましょう。

映画の内容は最近のポケモン映画の流れの通りのものであまり目新しいところはなく、「アルセウス」という名の新しいポケモンが出てくるというところが目玉なのでしょう。ただ、時間を操る能力を持つというポケモン「ディアルガ」の力で主人公サトシらが過去に送られ、そこで過ちを正し「未来=サトシらの時代」の世界を変えるというSF的要素が取り入れられています。まあこの程度のことはドラえもんではよくあることなので大したことではありませんが、タイムパラドックスをどう解決するのかは私も興味を持って見ていたところです。まあそれはあまり工夫のある内容ではありませんでしたが…

とはいえ、さすがに孫を連れてきたらしいおじいさんは熟睡してしまっていたようですが、大の大人である私が観ていても退屈してしまうことがなく、かつ幼稚園児でも楽しむことができる内容になっているというのは大した物ではないでしょうか。夏休みの週末ということで館内は満席、次回上映分も完売という盛況ぶりでしたが、子供達の支持は絶対的なものがあります。マンガやゲームと絡み合わされて作り上げられたものであるとはいっても、我が家ではそのどちらも与えていないのに次男は十分楽しんでいます。

ただ、ポケモン映画を観ていていつも感じる違和感は、人間以外の動物が全て「ポケモン」と一括りにされていて、しかもそのポケモンが人間に飼い慣らされて闘犬のような「バトル」をさせられていることです。特に「ディアルガ」や「パルキア」は神と呼ばれる存在であったりするのに、それでも「ポケモン」ですからね…この不思議な世界観ではイスラム圏で禁忌とされるのも無理はないかなと思われます。禁忌の理由はそういうわけではなさそうですが…

まあたかが子供向けのアニメだからと言われればそんなにこだわる必要もないのかもしれませんが、しっかりしたストーリーと綺麗な映像、可愛いキャラクターで世界的に人気のある作品であるだけに、気になるところもあるというわけです。ちなみにアルセウスの声は美輪明宏氏が当てています。