Archives

マクドナルド 新生ラテ

手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

マクドナルド
ドトール
モスバーガー
スターバックス
ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテはWorld Barista Championshipの2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。

iPhone 6 Plus バッテリー交換…失敗

結局何も解決せず…

年の瀬も迫った12月28日、多くのアメリカ人はクリスマス休暇の真っ最中のはずですが、Appleが同社ウェブサイトで「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」という発表を行いました。Appleがバッテリーの劣化したiPhoneについて意図的に性能を制限しており、バッテリーを交換すれば問題ないのにそれを公表せず買い替えを促すようにしている、として集団訴訟が起こされたことへの対応ですが、そのタイミングからどれだけ重要な問題と捉えられているかがわかります。

「予期しないシャットダウンを防ぐため」というのがAppleの説明ですが、それをユーザーに知らせず無断でやっていたのが大きな問題でした。ユーザーのためを思ってと言うなら、「低電力モード」というものもあるのだからそれを常時オンにできるようにしたり、現状と同様の動作になる別のモードを設ければ良かった話であり、かなりの悪手であったことは間違いありません。おそらくこのせいでまた何人もの首が飛んだり降格されたりするのでしょう。

この問題が大きな話になってきたことから今回の発表に至ったわけですが、Appleから提示された解決策はバッテリー交換の費用をUS$50減額することと、バッテリーの状態が見られるようにiOSをアップデートするということでした。しかし、意図的な性能制限は解除できないようなので、これまでどおりの性能で動作するようにするにはバッテリーを交換するしかないようです。

私のiPhone 6 Plusも最近バッテリーの持ちが悪くなり、問題のiOS 11にアップデートした時から明らかに性能の定価や動作の不安定さが感じられていたので、これは朗報と捉えていました。とはいってもアップルストアは心斎橋まで行かないとないので面倒だなあと思っていたのですが、実は全国各地にApple 正規サービスプロバイダというものがあって、そこでも修理を受けることはできるのでした。そういえばそんな看板を見たことがありますし、iPhoneだけでも年間何千万台も売れているのですから、アップルストアだけで賄えるわけもありませんでした。ということで、私の自宅最寄りの窓口が駅前にあることがわかった、というか思い出したので、大晦日にウェブサイトから予約して、正月早々に対応してもらってきました。

なお、アメリカではすでに交換費用の減額が行われているそうですが、日本ではまだその対応は行われておらず、従来からの修理費用が必要なようです。しかし、わずか3000円ほどでバッテリーが交換できるとなればユーザーが殺到して窓口が非常に混雑することが目に見えているので、多少高くともそれには目を瞑って性能を取り戻したいというのが私の判断でした。

サービス窓口の方々の対応は終始丁寧で非常に気持ちよかったのですが、まず最初に私のiPhoneの診断を行ったところ、バッテリーの状態は「すこぶる健康」とのことでした。確かに私が自分でバッテリー診断アプリを使ってみた時にもそのような結果だったのですが、実際問題としてバッテリーの減り方は明らかに普通ではなく、私自身はその診断機能も正しく動作していないのではないかと疑っています。しかし、バッテリーを交換したとしても症状が解消するという保証がないというのは事実なので、今日のところは引き下がることにしました。完全初期化すればひょっとすると…とは言われましたが、その後バックアップから復旧してしまっては意味がないとのことなので、一からセッティングし直さねばならず、それはさすがに面倒なのでとりあえず今のまま使い続けることにします。

ということで、バッテリーを交換してまだしばらく粘ることができるなら今年秋の発売が予想されるiPhone Xの後継機に買い換えようと思っていたのですが、このままではあと1年近くも頑張れる気がしないので、近々iPhone 8 Plusあたりに買い換えることになるのではないかと思います。まあ、今回の措置ではバッテリーの状態にかかわらず交換を受け付けるという報道もあったので、キャンペーンが始まったところでまた窓口には行ってみることにはなるでしょう。

スターバックスコーヒー 福袋 2018

買うこと自体が娯楽なのです。

昔は正月三が日はほとんどの商店が休みで、初詣に行く人々以外は町中がひっそりとしていてそれも情緒があったものですが、最近は都会では元日から、私が住んでいるような地方都市でも2日から多くの店が開いていて、駅前のショッピングモールなどは初売りセールで大変な賑わいになっていました。それらの店頭の多くでは福袋が売られていましたが、これも日本独特の正月の楽しみですね。

スターバックスコーヒーでも例年福袋が売られていましたが、これまでは購入する人が開店前から行列を作り、転売目的で購入する人も多かったため欲しい人が買えないという自体になっていました。今年からはこれらの対策として、事前に申し込みを受け付けて抽選を行い、年始の営業初日に受け取るという形式になりました。これには賛否あると思いますが、私もとりあえず申し込んでみて買うかどうかは当たってから考えよう、と思って申し込んでみたところ、見事に当たってしまったのでした。本当はどれほどだったのかよくわかりませんが、倍率は5倍程度とも言われているようです。

福袋というのは何が入っているのかわからないのでワクワクするというのが一番の楽しみだったのではないかと思いますが、最近はあらかじめ入っているものが知らされていたり、福袋を買い集めて開封するというのがネタになっているウェブサイトも少なくないので、その本来の楽しみは薄れてきて、損得で考えるようになってしまっているのは残念な気がします。今回の場合も、最寄りの店舗がテナントとして入っているビルが元日は休業のため、引き換えが2日と出遅れ、すでにネットの情報で何が入っているのかは大体わかってしまっていました。

ということでちょっと迷いながらも結局購入してきた私の袋に入っていたものは以下の通りです。

中挽きコーヒー豆2種(パイクプレイスロースト、ハウスブレンド)
ステンレスロゴコールドカップタンブラー
ホリデー2015オーナメントデミシルバーシェブロン (オーナメントにもなるデミタスカップ)
角砂糖入りの小瓶
保冷ミニトート
トートバッグ (商品が入っていた袋)
ビバレッジカード4枚 (610円までのドリンクと引き換え可能)

タンブラーは人によって入っているものが違うようで、保温できる魔法瓶タイプのものの人もいるようですが、私のものは密閉できないコールドカップだったのがちょっと残念です。また、デミタスカップは商品名で分かる通り2年前のものでしょうが、同じ売れ残りでもタンブラーの人もいるらしく、それも羨ましかったりします。これら以外はみな同じものが入っているようなので、要するに私のものはハズレだったということですが、私の運は福袋の購入権を得たところで尽きたということでしょう。といってもコーヒーとビバレッジカードとトートバッグだけで元は取っているでしょうから、良しとしたいと思います。また、この派手なタンブラーも自分で選んで買うことはなさそうですが、嫌いではないのでドライブの時に使ってみます。

福袋を購入するのはこれが2回目で、だいぶ前に一度ユニクロのものを買ってみたことがありますが、やはり衣服というのは趣味が合わなければどうにもならないので難しいものです。ユニクロの場合は多くの商品がプレーンなテイストになっているので比較的問題ない方だと思いますが、それでも「これは着ないな」というものがいくつかありました。要らないものはうまく人に譲ることができればいいのですが、ヤフオクやメルカリなどで売りに出すのも面倒なのでついついガラクタになってしまいます。

なお、このスターバックスの福袋は、当選した人が受け取りに現れなかったために残ったというものが明日から店頭で販売されるということなので、惜しくも外れてしまった方や、申し込んでいなかったけれど欲しくなったという方は早く店に行ってみると巡り会えるかもしれません…といってももう間に合わないでしょうね。