Archives

First Man

光と陰は表裏一体。

昨年10月から12月にかけては毎週のように観たい映画が公開されて嬉しいような困ったようなという感じだったのに、年末からは途端に観るべきものがなくなってしまっていたのですが、ようやく久しぶりに観たいものが目白押しとなってきました。2月に入ってようやく今年最初の映画となったのは、「ラ・ラ・ランド」で主演のRyan Goslingと監督のDamien Chazelleが再びタッグを組んだ、などという宣伝文句もありますが、その映画「ファースト・マン」です。

そのタイトルだけで十分察しはつきましたが、アポロ11号で月面に降りた最初の人類であるNeil Armstrongの伝記的作品で、彼が宇宙計画に加わるところからアポロ11号で地球に帰還するところまでを描いたものとなっています。しかし、ともすれば華々しくヒーローを描いたものになりがちなテーマですが、Armstrongその人が抱えた苦悩を描き出した重厚な作品となっています。

Armstrong役はRyan Goslingですが、この人はなんだか物悲しい表情をしますよね。本作では様々な悩みを抱える役柄なので、彼にピッタリの役かもしれません。そしてArmstrongの最初の妻Janet役はClaire Foyなのですが、この人がArmstrongを見つめるときの目の大きさは映像を加工しているのではないかと思えるほどで、非常に印象的でした。なお、字幕は元宇宙飛行士の毛利衛氏が監修されているということで専門用語のおかしな訳もなくて良かったのではないかと思います。こういった作品では誤訳一つが致命的な結果になってしまうこともありえますので、重要なところです。

ちなみに私は1978年に東京・有明13号地、今のお台場で開催された宇宙科学博覧会(宇宙博)に連れて行かれて感銘を受け、それ以来当時の宇宙開発には特別な思いを感じています。考えても見ればまだコンピューターも満足に発達していないのに、軌道計算も電卓どころか筆算でやっていたような時代に相当無茶な話です。しかしそれを成し遂げ、1回ならず6回までも月面に足跡を残したというのは恐ろしいくらいのことです。この計画自体は冷戦の産物であり、多分に軍事・政治目的のものでありましたが、科学技術の進歩に果たした役割も大きなものがあるはずです。現在のNASAは当時と比べるとだいぶ勢いが無くなってしまっているように見えますが、Kennedy Space CenterやJohnson Space Centerには毎日多くの観光客が往時の栄光を求めてやってきています。今は月面着陸はコストに見合う成果が得られないと考えられていると思いますが、次に盛り上がるのは火星でしょうか。

また、幸運なことに私は2008年にArmstrongの講演を聞いたことがあり、比較的近くで肉眼で見たことがあるのですが、これはなかなか貴重な経験ではないでしょうか。残念ながら当時の私の英語力は今と比べても大したことはありませんでしたし、Armstrong氏もすでに結構な老齢だったので話が聞き取りづらく、喋っていたことはほとんどわかりませんでしたが、「あの」アームストロング船長が目の前にいるというだけで感動的でした。また、周囲のアメリカ人にとってはまさに英雄の中の英雄であり、皆背筋を伸ばして話を聴き、公演の前後は立ち上がって拍手とともに迎え送り出していたのも印象的でした。実はこの講演の際、お土産としてこの映画の原作になっている”First Man: The Life of Neil A. Armstrong“という本をもらっていて、今でも持っているはずなのですが、分厚い本なので一度も読んでいません。この機会に意を決して読んでみることにしましょうか。

というようなことで映画とは関係のない話が多くなってしまいましたが、決して派手さはないもののアポロ計画に多少なりとも思いのある人にはいい映画だと思います。

Blade Runner 2049

あの名作を継ぐもの。

最近、Harrison Fordらが来日してプロモーションしてテレビでもちょっと盛り上げていたようですが、映画「ブレードランナー2049」が先週末に公開されました。SF映画の金字塔「ブレードランナー」の実に35年ぶりの続編ということになりますが、前作の存在があまりに大きくなってしまっているので、続編を製作しているという話を聞いた時にもにわかに信じることができませんでした。あれだけの作品の続編となると製作陣も相当な意気込みであったろうと思いますが、Tomatometerも88%となかなかの評価となっているようです。私もとても楽しみに待っていたので早速観てきましたが、期待は裏切られることなく、前作ほどではないにしてもなかなかハードなSF作品に仕上がっていて楽しむことができました。

今回は前作で捜査官Deckardを演じていたHarrison Fordも同じ役で出演しているということですが、作品中でも30年経っている設定なので年を取ってしまっているのは問題ありません。これは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のときと同じことですが、なんだか過去の栄光を引きずっているような感じなのを本人がどう思っているのかが気になってしまいます。一方、主人公のKを演じているのは顔も似ている2人のRyanのうち、「ラ・ラ・ランド」の方のRyan Goslingです。

今作の舞台はタイトルにある通り2049年という設定で、前作は2019年となっていましたが、幸か不幸かあと2年ではあの映画のような未来はやって来そうにありません。今から30年後がどうなっているかが見当がつかないように、30年前にもわからなかったのでしょうが、果たして今後30年のうちにレプリカントのような人造生命体は生まれるでしょうか。ひょっとすると何かのブレークスルーによって一気に現実味を帯びたりするのかもしれませんが、どうやら私が生きているうちには実現しそうになく、ちょっとホッとしています。まあ、SF作品は基本的に平行世界だと思って夢想してみればよいので、現実性を考える必要はないのですけどね。ただあの空飛ぶ自動車、Spinnerがどのような原理で宙に浮くのかは非常に不思議です。

一方、ホログラムをどうやって何もない空間に投影しているのかはとても不思議なところですが、それを除けばホログラムの恋人、Joiの存在は近い将来には実現しそうです。このJoiの役はAna de Armasが演じているのですが、とても可愛らしく、これが現実のものとなったらダメになる人がたくさんいそうです。しかし彼女にしか心を開けないKはとても哀しく見えますし、そんなKを真剣に想うJoiの姿は非常に切ないものです。

ところで、前作はシンセサイザー音楽家Vangelisの音楽が非常に印象的で、あのサントラ盤は私のお気に入りの一枚となっています。本作ではこのVangelis版のイメージを引き継いでHans ZimmerとBenjamin Wallfischが製作していますが、この作品の世界観は保っているのではないかと思います。ただ、Vangelisのような新しさはなく、少々無難なものになっているのは否めません。これはできることならVangelisにもう一度担当してほしかったところです。

Blade Runner 2049

posted with amazlet at 17.10.28

Epic (2017-11-17)売り上げランキング: 118

Amazon.co.jpで詳細を見る

ちなみに、本作では随所に日本語、特にカタカナ表記が目立ちます。あまりに普通に使われていて、コンピューターの発声もあるのですが、日本以外ではこれに字幕が付くのでしょうか。日本語字幕版だからこのメッセージも日本語なのだろうかと思ってしまうくらい自然に使われているので、英語版で観て確認したいくらいですが、おそらく英語の字幕が付くのでしょう。Kは普通に理解している風に応えていましたが、観ている人には伝わらないでしょうからね。

なお、本作を観るにあたって、前作をあらかじめ観ていた方がより楽しめることは間違いないと思いますが、観ていないとわからないというようなことはありません。本作を観て面白いと思ったら、それから前作を観てみるというのでもいいのではないでしょうか。

La La Land

実はとても哀しい作品です。

現地時間の今日2月26日はアメリカ映画界の最高権威であるアカデミー賞の授賞式が行われます。そして今年の話題作は何といっても最多の13部門14ノミネートとなっている「ラ・ラ・ランド」ですが、日本では待ちに待ってこの週末にようやく公開となり、私も昨日さっそく観に行ってきました。ノミネートが多い方がいい映画、面白い映画だとは思いませんが、これだけ評価されているとなると観てみないわけにはいきません。しかも、主演の一人が私の好きなEmma Stoneなのだからなおさらです。

なかなか一般受けのしづらいミュージカル映画なので苦手という人も少なくないような気がしますが、予告編やテレビCMでも流れている渋滞した高速道路でみんなが歌い踊るオープニングで一気に引き込まれてしまうのではないでしょうか。あの長回しワンカットのシーンはそれだけでかなり見応えのあるものです。ストーリーとしてはジャズを愛しいつか自分の店を持ちたいと思うピアニストのSebastianと、女優を目指しオーディションを受け続けるもうまくいかないMiaが主役のラブコメディです。SebことSebastianはRyan Gosling、MiaはEmma Stoneが演じています。

この作品の素晴らしいところは確かにたくさんあって、アカデミー賞で多部門にノミネートというのも理解できます。一つは主演二人の演技で、特にEmmaがかなり良いです。喜怒哀楽ある役どころですが、それぞれ圧倒的な感情表現で場面を支配しています。私は「アメイジング・スパイダーマン」のGwen Stacy役で見たときからEmmaが気になっていて、この作品もEmmaが主演と知ったときから観る気満々だったので、そのEmmaの熱演を観てそれだけでも大満足です。

また、ミュージカルですから音楽も重要な役割を占めていますが、その点も大変素晴らしい出来となっています。随所に歌やダンスが入りますが、EmmaやRyanの歌もなかなか悪くありませんし、ダンスもキレがあってとても楽しいです。ジャズへの愛を熱く語るSebが弾くジャズピアノも、その他のジャズの曲の数々も良いので、私もちょっとジャズを聴いてみようかという気になってしまいました。

もう一つ、映像の鮮やかさも良いところです。明るいロサンゼルスの太陽の下や華やかなパーティ会場で、カラフルなドレスを着た人々が踊る場面などは観ていてワクワクするものですし、また夕暮れ時の空のグラデーションがすごく綺麗なのが印象的でした。私はついつい写真を撮る人の目で観てしまうのですが、自分もこんな美しい空をカメラで捉えられないものかと思ってしまいました。

全体的に観ていて感じたのは、これこそ映画の良さなんだろうなということです。いくつもの要素が総合的・有機的に絡み合って作り上げられたこの楽しさは、映画ならではではないでしょうか。アカデミーにあれだけ評価されているというのは、ハリウッドの身贔屓だけではなく、そういうことなのだろうと思いました。

ということで私は今サウンドトラックを聴きながらこの記事を書いているのですが、映画を観る前は流して聴いてしまっていたような曲も、観てからだと場面が目に浮かんで何度でも聴いてしまいます。さて、今夜のアカデミー賞授賞式ではこの作品からいくつ受賞することになるでしょうか。

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

posted with amazlet at 17.02.25

サントラ ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン ユニバーサル ミュージック (2017-02-17)売り上げランキング: 24

Amazon.co.jpで詳細を見る