「song」タグアーカイブ

Teen Spirit

観ておいて良かったとは思いますが。
👩🏻‍🎤

私が追いかけている映画俳優は何人かいますが、2011年に「スーパーエイト」を観て惹きつけられて以来チェックしているのがElle Fanningです。仲の良い姉のDakota Fanningと兄弟でそれぞれ異なる魅力で活躍していますが、4歳離れた姉に比べるとメジャー作品への出演はあまり多くありませんが、演技力は決して負けていないと信じています。

そのElleの本邦における最新作が「ティーンスピリット」なのですが、残念ながら日本での上映館は結構限られていて兵庫県内では2館のみ、自宅から最も近いのが神戸ということなので、鑑賞料金とほぼ同じだけの交通費をかけて観に行ってきました。しかし、日曜日の朝9時過ぎからということではあったものの、神戸なのに入場者は私を含めて3名のみという状況だったので、限定的な公開になってしまったのも仕方ないかと納得せざるを得ません。

本作はElle演じる主人公のViolet Valenskiという、ポーランドからの移民でイギリスのワイト島の小さな村に住む少女が、閉塞的な生活から抜け出すためにオーディション番組”Teen Spirit”に出演し、成功を掴むまでの物語となっています。ストーリーはVioletを中心に彼女の心の動きと、彼女の指導者兼マネージャーとなる元オペラ歌手Vladimir Brajkovicとの繋がりを描くものとなっています。

Vladimirを演じているのはクロアチア人俳優のZlatko Burićなのですが、どこかで見たような気がしてなりません。フィルモグラフィーを見ても彼はあまりハリウッド作品への出演歴はなく、その中で私が観たのは「2012」くらいで、10年前なので内容は全く覚えていませんが、それほど印象的な役柄だったとも思えません。他になにか私が見逃している作品があったのでしょうか。

宣伝のためかとは思いますが、本作ではElleの歌唱力が高く評価されているというような話で、Violetが歌う場面が数多く、そして長い時間盛り込まれています。特にオーディションのシーンではほぼフルコーラス聞かせていて、凄く上手いというわけではないものの、プロフェッショナルらしく歌い上げていると思います。さすがに俳優としての発声などはトレーニングを受けているでしょうから、まったくの素人とは違いますね。特にSigridの”Don’t Kill My Vibe“を歌うところではなかなかの迫力があり、物語としても説得力があったのではないでしょうか。

なお本作はMax Minghellaの初監督作とのことなのですが、良いところもあったとは思うものの、全体的にちょっとダラダラと引き伸ばされているような感じがしてしまいました。私はこれまでに見た中で最も美しいElleの姿を見ることができたので良かったのですが…

Mamma Mia! Here We Go Again

大した話ではないのに最後まで観てしまいました。
🎶

映画「マンマ・ミーア!」を観てからしばらくの間ABBAの音楽をよく聞いていた頃から、いつの間にか10年の歳月が流れてしまい驚くばかりですが、その10年ぶりの続編「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」が公開されたのは昨年夏のことでした。最初はこの作品も劇場に見に行くつもりだったのですが、他の作品との優先順位かタイミングを逃してしまいました。本ブログをさかのぼってみるとどうやら「カメラを止めるな!」が地元にやってきたり、「アントマン&ワスプ」が公開されたりといった時期だったようです。結局そのまま忘れてしまっていたのですが、このゴールデンウィークにAmazon Prime Videoを見てみると本作がプライム会員特典の対象になっていたため、連休後半に自宅でのんびりしているときに観てみることにしました。

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー (字幕版)
(2018-10-24)
売り上げランキング: 5,815

本作では前作に引き続きAmanda Seyfried演じるSophieが主人公ですが、25歳の役に対してAmanda自身は撮影当時すでに30歳を過ぎており、若干年齢が隠せないようなところがありました。また、Sophieの1年前に亡くなった設定の母親であるDonnaはMeryl Streep、さらにその母親RubyはCherがそれぞれ演じていますが、この2人の女優の実年齢差はわずか3歳しかなく、さすがに無理があって私も一瞬混乱してしまいました。

また、現代の話と並行してDonnaが大学を卒業してから島にやってくるまでの20数年前の話も描かれます。ここで若き日のDonnaを演じているのはLily Jamesですが、快活な役柄もあって非常に魅力的な女性に見えます。ただし、短期間に3人の男性と立て続けに恋に落ち、結局誰が娘の父親かわからないというのはいただけませんね。まあそれは設定上の必然なのですが。

なお、今作でもSophieの3人の父親候補としてPierce BrosnanColin FirthStellan Skarsgårdが引き続き登場しますが、前作で私が苦言を呈してしまったPierceが歌うシーンは今回は目立たず、ちょっと声が弱かった程度で大きな問題は感じられませんでした。今回は彼らの若い頃を別の若い俳優陣が演じていることもあり、登場シーンとしてもあまり多くはないからかもしれません。

ところで、本作の副題「ヒア・ウィー・ゴー」とはどういう意味で言っているのかよく分からなかったのですが、原題では”Here We Go Again”となっており、ここでagainを省略してしまうとちょっと意味が変わってしまって伝わらないのでした。どうしてこう中途半端なことをするのかと、また邦題に文句をつけてしまいたくなりますが、これはこれでなにか考えがあってやっていることなのでしょうね。私もそう思わないと納得できません。

宇多田ヒカル – 初恋

「もう」なのか「まだ」なのか。宇多田ヒカル - 初恋

つい1ヶ月ほど前に宇多田ヒカルの7枚目のアルバム「初恋」が発売されました。前作「Fantôme」は私には今ひとつしっくり来なかったのですが、今度の作品は非常に気に入っていて、連続して何度も聞いてしまっています。

初恋
初恋

posted with amazlet at 18.07.22
宇多田ヒカル
ERJ (2018-06-27)
売り上げランキング: 4

このアルバム制作の様子は7月16日に放送されたNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀 『宇多田ヒカル スペシャル』」(NHKオンデマンド)で特集され、ロンドンの自宅での作曲の様子や、スタジオミュージシャンらと音作りに悩む様子などが描かれており、この番組を見て一層彼女の作品に惹かれるようになりました。また演奏する人達の顔を見たことで、曲を聴きながら彼らの演奏する様子が浮かぶようになり、各パートの旋律にも注意を払うようになった気がします。

宇多田ヒカルは1998年末の「Automatic」での鮮烈なデビューから今年で20周年ということになりますが、デビュー時点で15歳という若さだったため、現在でも35歳という若さです。その若さですでに人生の半分以上を日本有数の歌手として過ごしているわけで、彼女と音楽とは切っても切り離せないものでしょう。そんな中での2010年の突然の「人間活動宣言」には驚かされましたが、確かにそのまま「外の世界」を知らないままでは本人の人間性にも音楽的な広がりにも支障をきたしていたはずですね。15歳のデビューからは周囲の大人に腫れ物に触るように接せられることも多々あったでしょうから、そのような状況でずっと過ごしてきた人の気持ちはなかなか理解できませんが、精神的な苦しみも一般人の想像を超えるものがあるのではないでしょうか。

それはさておき、私が普段聞く音楽はほとんどがいわゆる洋楽です。しかし、宇多田ヒカルの曲だけは例外的に以前からよく聞いていたのですが、今回のNHKの特集を見て理解したのは彼女の曲はすでにいわゆる邦楽ではないということです。日本人が作詞作曲し歌っている日本語の曲ではありますが、その曲の音を作っているのは外国のミュージシャンらであり、彼らの解釈のもとに演奏されているものなのです。私はこれまで日本人歌手の海外スタジオでのレコーディングの意味がよく理解できずにいましたが、少なくとも宇多田ヒカルのケースについては非常に意義のあるものであるということがわかりました。

ということで、彼女が最後まで苦労して作りあげた「夕凪」にも込められた思いを噛み締めながら聴いていきたいと思います。