カテゴリー
misc

IIJmioギガプランと5G

私一人抵抗しても意味がないので。
📱

昨年、総務省の「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」というのに基づいて各携帯電話キャリアに料金の値下げ圧力がかかり、その結果としてNTTドコモからahamoauからはpovoSoftBankLINEMOという安価なサービスが提供されるようになりました。私はIIJmioを利用しているのであまり関係ないと思っていたのですが、これはMVNOにとっては脅威というか、かなり余計なお世話というのものではないでしょうか。だいたい、実際には諸外国と比べて日本の料金は特別高いというわけではない(PDF)ようですし、そういう形で企業に負担をかけて物価を下げても国民の生活が逆に貧しくなるだけではないのかという疑問があります。

しかし、これに対してIIJmioギガプランという新しい料金体系で対応してきました。これまでのmioモバイルでは月間3/6/12GBの1つのプランを複数のSIMで分け合って利用することができましたが、ギガプランではSIMごとに2/4/8/15/20GBのプランを契約するという形に変わりました。ただし、この6月からは同一契約ID内の回線間で通信データ容量を共有できるデータシェア機能が利用できるようになったので、実質的な使い勝手としては大きな違いはなくなりました。一方、データ容量に対する料金は大幅に安くなっており、以前は3GB音声つきで1760円だったものが4GBで1078円、2GBなら858円となっています。もし6GBプランを2回線で利用していたとすると、追加SIM利用料440円が加算されて2442+440=2882円だったものが、4GBと2GBのプランの共用で1078+858=1936円と900円ほど安くなることになります。このプラン変更は一方通行ではありますが、ギガプランの利用によるユーザー側のデメリットは一切ないようなので、IIJとしてこれで良いものなのかどうかは心配なところがありますが、家計的にありがたいことではあります。

我が家では以前は私が一人で6GB、妻子3人とモバイルルーターで12GBを共用する契約にしていましたが、これを8+4+4+4+2で合計22GBという構成のギガプランに変更しました。家族の間でも外出の度合いや出先での利用状況にばらつきがあるので、データシェアが使えなかった5月は長男の容量が0になってしまうということがありましたが、今後はそういった問題もないでしょう。COVID-19で外出を控えている状況下ではありますが、それが解消されたとしてもおそらく大丈夫です。

また、このデータシェアと同時にギガプランでは5G通信も無料で利用できるようになりました。会員専用ページでON/OFFを切り替えられるというもので、もちろん端末が5G通信に対応している必要がありますが、私のiPhone 12は対応しているので試してみることにしました。私はドコモ回線を使用するタイプDなのでNTTドコモのサービスエリアマップで確認してみると、私の自宅はエリア外なもののすぐ近くまでは来ていて、散歩コースでは半分ほどがエリア内のようです。

初めて見た「5G」の表示は軽い感動がありましたが、残念ながら5Gでは場所によって秒単位の遅延が見られることがあり、かなり問題のある状況だったので結局OFFにしてしまいました。また、この切り替えは夜8時から朝9時までの間は対応しておらず、今回のように朝の散歩中に通信状態に問題があるという場合にすぐに切り替えられないというのは大きな不満を感じるところでした。IIJmioの場合はボトルネックがMVNO接続の方にあるので、5Gにしたからといって通信速度が向上するというものでもないので、4Gの基地局が特別に混雑しているという場合でもなければユーザー側のメリットはないようなので、あえて利用する必要はなさそうです。

ということで5Gの体験はかなり残念なものでしたが、ギガプラン自体はデータシェアができるようなった今は何ら問題は感じられないので、大幅な節約になったのはありがたいと思っています。

カテゴリー
movie

Den skyldige / The Guilty

想像力をフル動員。
🚨

全国民的に大型連休となった今年のゴールデンウィークですが、我が家は家族それぞれに過ごすことになり、私は連休の前半に一人で東京の両親と祖母に会いに行ってきました。東京には3泊しましたが、入院中の祖母の見舞い以外はこれといった予定を入れていなかったためのんびり過ごすことになり、日中は時間があったので映画でも観に行くことにしました。

せっかくなので地元では観られない映画を、と思い調べてみると、以前から次男が観たがっていて私も気になっていた「ギルティ」を観ることができることがわかり、これに決定しました。上映されているのは渋谷宇田川町の奥の方にひっそりとあるインディーズ系映画館のUPLINK渋谷でしたが、インディーズ系映画館というのは私もこの歳になって初めての経験です。劇場にはスクリーンが3つあるのでインディーズ系としては比較的大きなところなのでしょうが、「ギルティ」の上映はわずか45席という非常に小さなスクリーンでした。しかも、ちゃんとした映画館らしいシートはそのうちの32席のみで、最前列はビーチチェアのような低い椅子、最後列はディレクターズチェアのハイチェアとなっていて、あとで追加されたもののように思われます。私は事前予約せずに行ったので、その時点で残っていたのは最前列と最後列のみだったため最後列を選んだのですが、深く座ると天井に吊るされたリアスピーカーが頭の前方斜め上にあるというような席でした。最初はこれに不安というか、失敗したかという思いがよぎったのですが、実際に上映が始まってしまうと特に問題なく楽しむことができました。

この作品はデンマークの作品で、全編デンマーク語の台詞となっているのですが、何を言っているかは全くわからないものの、字幕さえあれば気持ちは伝わってきます。出演しているのもデンマークのローカルな俳優だけなので経歴などもよく分かりませんが、それも関係ありません。なお、本作は2018年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞したり、今年のアカデミー外国語映画賞の最終選考9作品に残ったりしたとのことで、面白さはお墨付きと言って良いでしょう。

舞台となっているのはコペンハーゲン近郊を管轄する緊急通報司令室で、ここでオペレーターのAsger Holmが誘拐の被害者だという女性、Iben Østergårdからの電話を受けるところから物語が展開します。Asgerは電話だけを頼りにIbenを救出しようと奮闘するのですが、ストーリーは思いがけない方向に進み、映像はAsgerを演じるJakob Cedergrenだけがどアップで映る変化の少ないものながら、非常に緊張感のあるドラマティックな作品となっています。

ほとんど音声だけで描かれている作品でありながら、観ている人の想像力を掻き立てて、まさに情景が目に浮かぶようです。その情景は一人ひとり違うものなのかも知れませんが、それもまた良いのではないでしょうか。映像として出演している人は主人公とその同僚数名を除いてセリフもなくまるでエキストラのようですが、電話の向こうの声として出演している人の演技は作品にとって非常に重要なので、綿密な選考が行われたのではないでしょうか。しかし、それなら映画ではなくラジオドラマのようなものでもいいのではないかというと、あるシーンでのAsgerの表情など映像により補完されている情報もあり、これはこれで映画である必要があるのではないかと思います。

なお、本作はJake Gyllenhaal主演でハリウッド版がリメイクされることになっており、この春から撮影開始予定とのことだったので、公開は2020年以降になるでしょうか。ストーリーにどのようなアレンジが加えられるのか、これもまた楽しみです。