「terminator」タグアーカイブ

Terminator: Dark Fate

あの二人の登場はやや蛇足な気もしないでもありませんが。
🦾

未来から刺客がやってくる「ターミネーター」シリーズはSF映画の金字塔的作品だと思いますが、James Cameronが離れた「ターミネーター3」以降の展開は迷走気味で、平行世界がいくつも存在するような形になってしまっています。私自身はテレビ作品の「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」も含め、私はどれもそれなりに好きなのですが、歴史が改変されて様々な未来が存在するようになっていると思えばいいような気もします。

昨日公開された「ターミネーター: ニュー・フェイト」では製作にJames Cameronが復帰し、「ターミネーター2」の正式な続編ということになっているので、「ターミネーター3」、「ターミネーター4」、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の3作は無かったことにされてしまっています。まあ、「3」で審判の日を迎えてしまっては1997年以降の展開が難しくなるので無理もないのですが、「ジェニシス」のときに一度James Cameronは「私にとっての3作目」というようなことを言っていたのは何だったのかという気がしないでもありません。

また、今作ではArnold SchwarzeneggerLinda Hamiltonの二人も揃って復帰しているというのが話題となりました。また、「ターミネーター2」でJohn Connorを演じていたEdward Furlongも参加するという噂がありましたが、実際に予想外の形で出演しています。これは私もちょっと驚きましたので、ぜひ作品を見ていただきたいところですが、こう聞いたあとなのでその驚きが半減してしまったら申し訳ありません。

しかし、本作の本当の主人公と言えるのは彼らではなく、未来で強化されたGraceを演じるMackenzie Davisと、ターミネーターに狙われるDani Ramos役のNatalia Reyes、そして今回の悪役ターミネーターであるRev-9のGabriel Lunaという若い人たちの方でしょう。予告ではDaniはあまり目立たない感じでしたが、やはりターミネーターに狙われるだけあって、とても重要な役柄です。

観てきたあとで批評を見ると「意外性がない」ということで、駄作ではないが傑作でもないというような論評がありました。劇場を出るときに私の前を歩いていた若者2人組も「かなり微妙」という感想を交わしていましたが、そんなものでしょうか。確かにだいたい予想通りの展開ではありましたが、おそらく「2」にどれだけ思い入れがあるかというところで印象がだいぶ違うのではないかと思います。なにしろ「2」が公開されたのは1991年、今から30年近くも前のことですから、それ以来テレビで何度も放映されているとはいえ、若い人たちの感性には合わないところがあるかもしれません。作っている方も、観ている私の方も歳をとってしまったということでしょうか。

ところでまた邦題の話になりますが、原語では”Dark Fate”となっているのに対し、「ニュー・フェイト」と来ました。「フェイト」とカタカナで書いて通じるとは思えないのですが、fateとは日本語では「運命」のことで、ネガティブなニュアンスを持つことが多い言葉です。そして、変えることのできない未来を指すものです。ところが、変えることができないものに対して「ニュー」とはどういうことなのでしょう。原題はdark fateという、Skynetが実現しなかったとしても変えることができなかった暗い未来を指しているのにも関わらず、「新しい運命」というのは何のことを言っているのでしょうか。雰囲気だけで名前を付けて、作品に対する愛がまったく欠如しているのではないでしょうか。私は大いに不満です。

Terminator: The Sarah Connor Chronicles (2nd Season)

Terminator: The Sarah Connor Chroniclesいくらなんでもこのままでは消化不良もいいところ。

この週末、土曜の晩から日曜に掛けて一人自宅で留守番をしていました。こんなことは滅多にあることではないのですが、自分の好きなように過ごせるといってもどこかに遊びに行くでもなく、これといってやりたいことがあるわけでもなく、急に言われてもどうしたらよいものかという感じでした。結局、いつものようにTSUTAYAでDVDを借りてきて観ることにしたのですが、ちょうど最近「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」のシーズン2後半のレンタルが始まっていたのでこれを観て過ごしました。

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス1 [DVD]
ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス2 [DVD]

私がシーズン1を観始めたのは今年6月のことだったのですが、その後何だかんだで続けて観てしまい、シーズン2の前半まで観たところでお預けを食らっている状態でした。このシリーズに限らず海外TVドラマ作品のいいところは、40分強という時間で区切られているためちょっとした空き時間に観ることができるということだと思うのですが、微妙にいいところや謎を残した状態で1話が終わるので後を引くのも困ったものです。この週末はついつい8話も観てしまい、最期を見届けてしまいました。

相変わらずCameronことTOK715型Reprogrammed Terminatorが良い感じです。マシンならではの無表情な冷たさと時折見せる可愛らしさのコントラストはツンデレ系の魅力で、オジサンはすっかりやられてしまいました。最後は無残な姿になってしまいますが、実はまだ続きがあって…と言いたいところなのにそう言えないのが非常に悲しく残念です。

というのも、シーズン2の成績が良くなかったからと製作のFOXがシーズン3の打ち切りを決めてしまい、私たちは続きを観ることができなくなってしまったのです。このシーズン2のラストはいかにもこれからますます面白くなりそうな終わり方だっただけに、実に悔しいです。Catherine Weaverと彼女が率いるZeiraCorpの狙いはいったい何なのか、そして彼らに襲いかかるのはいったい何者なのか、非常に気になるところです。せめてノベライズでもしてもらえると嬉しいのですが、それもまた叶わぬ夢でしょう。

また、ターミネーターシリーズの映画化権を持つThe Halcyon Company破産というニュースもあって、ターミネーターの続編の製作も危ぶまれていたりするそうですが、一方で今月からフジテレビ系列の土曜ドラマ枠での放映が始まるということでもあり、なんとかシーズン3が復活しないものかと期待してしまいます。とはいっても何となく観る人を選ぶドラマであることは間違いないと思うので、実際には難しいのでしょうね。せいぜいSummer Glauには他の作品で活躍してもらうのを楽しみにしていましょうか。

Terminator: The Sarah Connor Chronicles

Terminator: The Sarah Connor ChroniclesCameronがもし「美少女型」でなかったら…

つい先日先行上映で観てきた時にも書いたように、「ターミネーター4」はどうして今さらと感じずにはいられないタイミングでの公開となっていますが、これよりももっと「なぜ?」と首をかしげずにはいられなかったのが「ターミネーター」シリーズのTVシリーズ版、「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」(TSCC)です。ハリウッドの莫大な予算をつぎ込んだ大作だからこそあの迫力があるのに、とT4を観るまではあまり興味も持てなかったのですが、T4が期待以上に楽しめるものだったのでその勢いに乗って観てみることにしました。

ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [DVD]

そのタイトルからわかる通り、Sarah Connorを中心に据えた作品となっているのですが、「ターミネーター3」では既に死んでいることになっていたのに…と思ったら「ターミネーター2」の5年後、John Connorが高校生の頃の物語となっていました。まあ、このシリーズ自体の設定の上でも、未来からタイムトリップしてやって来たターミネーターによって歴史が書き換えられていくことになっているので、作品の数だけパラレルワールドが存在することになり、どれだけ違う物語があったとしても何ら矛盾しないという、実に便利な設定なので全く問題はないわけです。

Sarah役のLena Headeyがちょっと若くて綺麗すぎるような気がするのですが、John役のThomas Dekkerとの年齢差が14歳しかないというのは気にしてはいけないのでしょうか。そりゃ私も女優さんは若くて綺麗な方がいいとは思いますが…
Cameron
しかし、そんなことはどうでもいいのです。私はこの作品の本当の主役は未来からJohnを守るために送られてきたreprogrammed ターミネーター、CameronことTOK715であり、それを演じるSummer Glauだと思っています。どうして殺人機械であるターミネーターに「美少女型」などというものがあるのか、その設定もちょっと都合が良すぎるような気がしないでもありませんが、そんなこともどうでもいいのです。きっとCameronが「美少女型」でなかったとしたら、きっとこの作品もこれだけヒットしたかどうか疑わしいものです。ちなみにこのCameronという名前はT1,T2の生みの親であるJames Cameronへのオマージュだそうです。

「どうしてターミネーターが1体ずつしか送られてこないのか」というのはT4を観たあとで長男が発していた疑問で、それに対し私は「きっとSkynetは強いターミネーターを1体送っておけば十分だと思ったのだろう」と答えていたのですが、このTSCCで登場する敵のターミネーターは1体だけではありません。また、Johnの暗殺のために送り込まれてくるだけではなく、過去に潜入している抵抗軍の抹殺を任務とするターミネーターなどもいて、ちょっと広がりのあるものになっています。これはテレビシリーズならではというものかもしれません。

ということで、映画の派手なアクションと比べると映像的に見劣りしてしまうのは仕方ありませんが、テレビシリーズとしてはSFアクションファンには楽しめるものになっているのではないでしょうか。日本のテレビドラマではシリアスなSFアクションというのはほとんどないのではないかと思いますが、昨年1月からアメリカで放映の始まったドラマがわずか1年後に日本でも楽しめるようになるなら全く問題ない、というよりも日本で作る力がどんどん失われていくのではないかと不安にさえなります。といいながら私はほとんどテレビも観ないし邦画も観ないわけですが…

ちなみに私が今回観たのはDVDの1枚目、テレビシリーズの2話までだけなのですが、ちょうど今週シーズン2のDVDも発売されていて、しばらくこれで楽しむことができそうです。ただ、残念なのはシーズン3の製作は凍結されているということですが、また景気が良くなったら再開されるのだと期待しておきましょう。まあその前に私にはまだ沢山のエピソードが残されていることですし。