Terminator: Dark Fate

あの二人の登場はやや蛇足な気もしないでもありませんが。
🦾

未来から刺客がやってくる「ターミネーター」シリーズはSF映画の金字塔的作品だと思いますが、James Cameronが離れた「ターミネーター3」以降の展開は迷走気味で、平行世界がいくつも存在するような形になってしまっています。私自身はテレビ作品の「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」も含め、私はどれもそれなりに好きなのですが、歴史が改変されて様々な未来が存在するようになっていると思えばいいような気もします。

昨日公開された「ターミネーター: ニュー・フェイト」では製作にJames Cameronが復帰し、「ターミネーター2」の正式な続編ということになっているので、「ターミネーター3」、「ターミネーター4」、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の3作は無かったことにされてしまっています。まあ、「3」で審判の日を迎えてしまっては1997年以降の展開が難しくなるので無理もないのですが、「ジェニシス」のときに一度James Cameronは「私にとっての3作目」というようなことを言っていたのは何だったのかという気がしないでもありません。

また、今作ではArnold SchwarzeneggerLinda Hamiltonの二人も揃って復帰しているというのが話題となりました。また、「ターミネーター2」でJohn Connorを演じていたEdward Furlongも参加するという噂がありましたが、実際に予想外の形で出演しています。これは私もちょっと驚きましたので、ぜひ作品を見ていただきたいところですが、こう聞いたあとなのでその驚きが半減してしまったら申し訳ありません。

しかし、本作の本当の主人公と言えるのは彼らではなく、未来で強化されたGraceを演じるMackenzie Davisと、ターミネーターに狙われるDani Ramos役のNatalia Reyes、そして今回の悪役ターミネーターであるRev-9のGabriel Lunaという若い人たちの方でしょう。予告ではDaniはあまり目立たない感じでしたが、やはりターミネーターに狙われるだけあって、とても重要な役柄です。

観てきたあとで批評を見ると「意外性がない」ということで、駄作ではないが傑作でもないというような論評がありました。劇場を出るときに私の前を歩いていた若者2人組も「かなり微妙」という感想を交わしていましたが、そんなものでしょうか。確かにだいたい予想通りの展開ではありましたが、おそらく「2」にどれだけ思い入れがあるかというところで印象がだいぶ違うのではないかと思います。なにしろ「2」が公開されたのは1991年、今から30年近くも前のことですから、それ以来テレビで何度も放映されているとはいえ、若い人たちの感性には合わないところがあるかもしれません。作っている方も、観ている私の方も歳をとってしまったということでしょうか。

ところでまた邦題の話になりますが、原語では”Dark Fate”となっているのに対し、「ニュー・フェイト」と来ました。「フェイト」とカタカナで書いて通じるとは思えないのですが、fateとは日本語では「運命」のことで、ネガティブなニュアンスを持つことが多い言葉です。そして、変えることのできない未来を指すものです。ところが、変えることができないものに対して「ニュー」とはどういうことなのでしょう。原題はdark fateという、Skynetが実現しなかったとしても変えることができなかった暗い未来を指しているのにも関わらず、「新しい運命」というのは何のことを言っているのでしょうか。雰囲気だけで名前を付けて、作品に対する愛がまったく欠如しているのではないでしょうか。私は大いに不満です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください