Archives

IKEA GOLIAT 引き出しユニット

IKEA GOLIAT 引き出しユニットやはり万人向けではないかもしれませんが…

スウェーデン発の大型家具店IKEAポートアイランド店がオープンしたのは今からちょうど2ヶ月ほど前のことですが、関西初出店ということで当初は物凄い混雑ぶりが伝えられ、人混み嫌いの私は恐ろしくて近寄れずにいました。ゴールデンウィーク中に友達に誘われて妻が行ったときには開店1時間前に着いて7番目くらいに列び始めた列が開店の頃には1時間待ちの大行列になったそうですが、さすがに今では落ち着いてきたでしょうし、夜はさほど混まないとか平日は空いているということを聞いたので、昨晩夕食を食べに行くくらいのつもりで家族で行ってみることにしました。

自宅からの道中も極めてスムーズに行くことができましたが、現地に着いてみると拍子抜けするくらいのガラガラぶりで、駐車場も入口そばのいいところに止められました。どんなに話題性があったとしてもただの家具店なのですから、本来こうでなくてはおかしくて、こんなことで喜んではいけません。

店内には行ってまずは子供達をSmåland(スモーランド)という1時間限定の無料託児施設に預けることにしました。実際にどんなところか見てみるまでは10歳の長男は嫌がっていたのですが、中を覗いてみると楽しそうに思えたのか喜んで行くと言い出しました。ここは定員制になっているのか銀行の順番待ちのように番号札を取って待ちましたが、4人待ちで済んだので10分程度で順番が回ってきて、子供達を置いて落ち着いて店内を回ることができました。

ということで、今回私は机の周りに散らかった小物を整理したいということで、GOLIATというシリーズの机の下に置けるキャスター付きの引き出しユニットを購入しました。パネルの色はバーチ調とホワイトの2色がありますが、私が選んだのはホワイトの方です。もちろん組み立て式なので購入時の梱包は40×53×13(cm)とコンパクトですが、重さが16kgもあってズッシリと来て、同じように安価でもホームセンターの安物とはちょっと違うような気がします。

今朝になって組み立ててみましたが、数字以外の文字が一切ない説明書を見ながらの所要時間は30分ほどで、作業を楽しんでいるうちに終わったような感じで苦痛は全く感じませんでした。シンプルな図で示された手順は明快で、難しいところは一切ありません。しかし、これを楽しいと思えるかどうかがIKEAを受け入れることができるかの分かれ目で、面倒くさいから嫌だという人にはIKEAの合理性に価値を見出すことはできないでしょう。

作業は簡単でしたが、研究し尽くされた構造は十分な強度を持っていて、組み立て上がったものはかなりしっかりしたものになっています。ただし、精度はあまり高くないのかチリが合わないようなところもあって、このあたりは国産の職人技に敵うものではありません。何といっても組み立てているのはずぶの素人なのですから当然なのですが…

あと、この製品についての問題点といえば引き出しの取っ手が樹脂なのでややチープな感触であることと、キャスターがちょっと滑らかすぎて引き出しと一緒に前に出てきてしまうことくらいでしょうか。まあコストパフォーマンスを考えれば私は十分満足していますし、今でも家具は全部IKEAで揃えてもいいくらいだと思っています。この値段なら、北欧のモダンで合理的なデザインを受け入れられる人には目を瞑ることができるのではないでしょうか。

実はこの日購入した家具はこれだけではないのですがそれはまた…

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。