iPhone文鎮化

人生には3つの坂があります。上り坂、下り坂、そして…
📱

今週のApple EventではApple WatchiPadの更新が発表されたものの、例年9月に発表されてきたiPhoneについては発表がありませんでした。しかし、翌日にあたる今日からiOS 14の配信が始まるということで、新しもの好きな私は今回の大型アップデートを非常に楽しみにしていて、今朝早速インストールしてみたのですが…インストール途中に画面が真っ暗になったまま何分経っても何時間経っても復帰せず、いわゆる「文鎮」と化してしまいました。すぐにAppleのサポートウェブサイトから修理を予約して、夕方持っていってみましたが、リカバリーモードに入れることもできず手が出せないとのことで、5万円ほどかかる交換修理しかないと聞いて諦めて帰ってきました。

これまで2年半ほど前に購入したiPhone 8 Plusを使用してきて、処理能力やバッテリー容量に若干不満を感じつつあったものの動作としては安定していたので、いきなり動作しなくなってしまうとは思いもよりませんでした。新しいiPhoneに買い換える場合には2万円以上で下取ってくれるはずだったのに、起動しないものはタダでリサイクルという扱いになってしまうので、2万円以上の価値が一瞬にしてゼロになってしまったという感じです。

また、新しいiPhoneは来月発表されることがわかっているので、今このタイミングで新しいものを購入するというのは時期的に最悪ともいえます。本当はこの1ヶ月の繋ぎに中古の安いiPhoneでも買ってしまいたいところではあるのですが、それもなんだかもったいないし、いい機会なので一時的にスマホ断ちしてみるのもいいかな、などと思っています。

しかしスマートフォンがないと困ることがいろいろあるものです。本来の電話としての通話はほとんど使わないのですが、固定回線もないのでいざというときの連絡手段もないというのは、そこはかとなく不安です。朝夕の散歩時に聴いていたポッドキャストを聴くことができませんし、歩くモチベーションになっていたドラゴンクエストウォークを楽しむこともできません。また、iDSuicaなどの電子マネーも使えませんし、LINETwitterInstagramなどのSNSを使うこともできません。

これまでスマートフォンにいかに依存していたかということですが、1ヶ月間のスマホ断ちではたして何かが変わるでしょうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください