Archives

iPhone 6 Plus バッテリー交換…失敗

結局何も解決せず…

年の瀬も迫った12月28日、多くのアメリカ人はクリスマス休暇の真っ最中のはずですが、Appleが同社ウェブサイトで「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」という発表を行いました。Appleがバッテリーの劣化したiPhoneについて意図的に性能を制限しており、バッテリーを交換すれば問題ないのにそれを公表せず買い替えを促すようにしている、として集団訴訟が起こされたことへの対応ですが、そのタイミングからどれだけ重要な問題と捉えられているかがわかります。

「予期しないシャットダウンを防ぐため」というのがAppleの説明ですが、それをユーザーに知らせず無断でやっていたのが大きな問題でした。ユーザーのためを思ってと言うなら、「低電力モード」というものもあるのだからそれを常時オンにできるようにしたり、現状と同様の動作になる別のモードを設ければ良かった話であり、かなりの悪手であったことは間違いありません。おそらくこのせいでまた何人もの首が飛んだり降格されたりするのでしょう。

この問題が大きな話になってきたことから今回の発表に至ったわけですが、Appleから提示された解決策はバッテリー交換の費用をUS$50減額することと、バッテリーの状態が見られるようにiOSをアップデートするということでした。しかし、意図的な性能制限は解除できないようなので、これまでどおりの性能で動作するようにするにはバッテリーを交換するしかないようです。

私のiPhone 6 Plusも最近バッテリーの持ちが悪くなり、問題のiOS 11にアップデートした時から明らかに性能の定価や動作の不安定さが感じられていたので、これは朗報と捉えていました。とはいってもアップルストアは心斎橋まで行かないとないので面倒だなあと思っていたのですが、実は全国各地にApple 正規サービスプロバイダというものがあって、そこでも修理を受けることはできるのでした。そういえばそんな看板を見たことがありますし、iPhoneだけでも年間何千万台も売れているのですから、アップルストアだけで賄えるわけもありませんでした。ということで、私の自宅最寄りの窓口が駅前にあることがわかった、というか思い出したので、大晦日にウェブサイトから予約して、正月早々に対応してもらってきました。

なお、アメリカではすでに交換費用の減額が行われているそうですが、日本ではまだその対応は行われておらず、従来からの修理費用が必要なようです。しかし、わずか3000円ほどでバッテリーが交換できるとなればユーザーが殺到して窓口が非常に混雑することが目に見えているので、多少高くともそれには目を瞑って性能を取り戻したいというのが私の判断でした。

サービス窓口の方々の対応は終始丁寧で非常に気持ちよかったのですが、まず最初に私のiPhoneの診断を行ったところ、バッテリーの状態は「すこぶる健康」とのことでした。確かに私が自分でバッテリー診断アプリを使ってみた時にもそのような結果だったのですが、実際問題としてバッテリーの減り方は明らかに普通ではなく、私自身はその診断機能も正しく動作していないのではないかと疑っています。しかし、バッテリーを交換したとしても症状が解消するという保証がないというのは事実なので、今日のところは引き下がることにしました。完全初期化すればひょっとすると…とは言われましたが、その後バックアップから復旧してしまっては意味がないとのことなので、一からセッティングし直さねばならず、それはさすがに面倒なのでとりあえず今のまま使い続けることにします。

ということで、バッテリーを交換してまだしばらく粘ることができるなら今年秋の発売が予想されるiPhone Xの後継機に買い換えようと思っていたのですが、このままではあと1年近くも頑張れる気がしないので、近々iPhone 8 Plusあたりに買い換えることになるのではないかと思います。まあ、今回の措置ではバッテリーの状態にかかわらず交換を受け付けるという報道もあったので、キャンペーンが始まったところでまた窓口には行ってみることにはなるでしょう。

View-Master

革命的進歩。

私は左右の視力が違ういわゆるガチャ目なのが原因なのか何なのか、昔からランダム・ドット・ステレオグラムの類に成功したことがありません。またそれに関連するのかどうなのかもわかりませんが、3D映画なども自然に見ることが出来ず、あまり好きではありません。このため、3D画像の技術についても関心は高くない方なのですが、一方でGoogleの技術には関心を持ち続けているので、Google Cardboardにはちょっと惹かれるものがありました。

Googleの作ったものが段ボール製であることから英語でボール紙を意味するCardboardという名前が付いていますが、これはデバイスの名前であり技術の名前でもあります。ダンボールを折って作る本体に2つのレンズを取り付けて、対応するアプリケーションをインストールして起動したスマートフォンを組み込んで覗き込むと、立体画像のバーチャルリアリティを体験できるというものです。スマートフォンは画面を2分割して左右の目に対応して視差を付けた画像を表示することで立体視が可能となり、スマートフォンに内蔵された加速度センサーにより頭の動きに合わせて画像も動くというわけです。

私も一度体験してみたいということで調べてみると、このGoogle Cardboardに対応したデバイスはいくつもあって、Googleのものと同様の段ボール製のものから樹脂製のしっかりしたものまでいろいろなタイプのものがあります。見た目がかっこいいのはVR ONE GXというZeissの製品ですが、アメリカ国外への発送が行われていないようなのと、現在バックオーダーとなっていること、さらに$120と高価なので諦めます。その次に見てみたのは玩具メーカーMattelのView-Masterですが、これがしっかりしていそうな割に日本への送料込みでも$30以下でAmazonで購入できたので、これを試してみることにしました(下記は日本のアマゾンなので割高ですが、すぐに届くはずです)。

Mattel マテル ビューマスターヴァーチャルリアリティスターターパック View-Master Virtual Reality Starter Pack[並行輸入]

¥ 6,670

(2016-02-11現在)

もともとView-Masterというのは70年以上前からある玩具のステレオ写真ビューアで、スライド写真が埋め込まれたディスクを本体に差し込んで覗きこむというものでした。これを現代の技術で再発明したのが今売られている最新のView-Masterということになります。さすがに玩具なので子供が多少手荒に扱っても問題ないようにしっかりした作りになっており、値段の割に上質感があります。

iPhoneをケースから取り外さないと装着できないのが面倒ですが、Cardboardアプリをインストールして起動し、View-Masterの内部にあるQRコードを読ませるとビューアの機種が識別されます。この状態でiPhoneをビューア内部に装着し、カバーを閉めて覗き込むともうバーチャルリアリティを楽しむことが出来ます。アプリの操作には入力用のレバーが1つあって、頭の向きでカーソルを合わせてレバーを動かすとクリックできるという仕組みです。

Cardboardアプリでできるのはあくまでデモのレベルのものですが、それでも頭を動かすと画面がそれに追従するというのはなかなか新鮮な体験です。他にもCardboardに対応したアプリはいくつも公開されているので、いろいろ試して遊んでみると良いと思います。ただ、AndroidではYouTubeアプリがCardboardに対応しているらしく、これで立体動画を楽しむことができるようなのですが、iOS版は対応時期未定なので早く対応してほしいところです。

ということで、今のところ実用的な使い方は見つけることが出来ていませんが、非常に可能性を感じさせる技術だと思います。Oculus Riftではさらに凄い世界を体験できそうですが、このCardboardでも新しい世界を垣間見るには手頃でいいのではないでしょうか。

BookBook for iPhone 6s & 6s Plus

これはいい買い物。

毎年11月の第4木曜日はアメリカではサンクスギビング、感謝祭ということで、中国人にとっての春節のような特別な祝日ですが、もちろん日本にはそのような習慣はないので私も「向こうは休みだな〜」くらいの感じですが、続々届くダイレクトメールでその後にやってくるブラックフライデーのことを思い出しました。以前は翌週月曜日に職場のPCからオンラインストアに注文する人が多かったのでサイバーマンデーなどと言われていましたが、ブロードバンドやスマートフォンの普及した今は月曜日まで待たずとも、もうサンクスギビングの晩から簡単に注文できてしまうのでアメリカではあまり言われなくなっているのではないかと思います。むしろサンクスギビングなんて全く無関係な日本の業者の方がサイバーマンデーを強調していてやや滑稽な感じです。

さて、今年はもう日本までの送料がかかってしまうので、よほど安くないかぎりブラックフライデーセールの意味もありませんが、私にとっての掘り出し物だったのがTwelve Southの直販でBookBook for iPhone 6s & 6s Plusが半額の$30というものです。送料が$25ほどかかるため合計ではiPhoneのケースとしては決して安いものでなくなってしまいますが、日本では通常9000円ほどで売られているようなのでそれに比べればだいぶ安く買えることになり、私も注文を決断しました。

【日本正規代理店品】Twelve South BookBook for iPhone 6s Plus/6 Plus (本革ブック型ケース) クラシックブラック TWS-PH-000022c

私は昨年iPhone 6 Plusを使い始めるときに手帳型のカバーを購入して使っていたのですが、無名ブランドの安物だったので1年も経つとくたびれてしまい、カバーを閉じる金具もゆるくなっていたのでそろそろ買い換えたいと思っていたのでした。もともと以前からBookBookはいいなあと思っていたので6 Plusでは最初からBookBookを使いたかったのですが、6 Plus用はiPhoneの発売に間に合わなかったというどころかそれから何ヶ月もかかっていたのでどうしようもなかったのでした。

このケースの特徴は写真を見ての通り、古い革表紙の洋書を模したデザインです。特に背表紙に当たる部分は凝ったデザインになっていて、非常に良い雰囲気を持っています。表紙部分はプレーンで装飾はありませんが、ここにも表紙らしいデザインが施されているとさらに良いでしょうね。まあ値段はさらに上がってしまうのでしょうが。評判が良くないのは裏表紙部分で、カメラ部分が大きく切り欠かれてしまっているのが残念な感じです。

このiPhone 6 / 6 Plus用ではケースに入れたまま表紙から外せたり、表紙をスタンドとして使えるような機能が与えられているのですが、おそらくそれがカメラ部分の切り欠きを余儀ないものとしてしまっているのではないかと思います。私はきっとこれらの機能は使わないと思いますが、多くの人がそうなのだとすれば完全に蛇足だったということになります。デザインありきの製品なのですから、機能のためにそこで妥協してしまったのはいただけません。

とはいえ、裏表紙を上にして置かなければ気にならないので、私はまあまあ満足しています。なお、内側にはカード入れが5枚分もあって便利なのですが、実は私はこれも使っていません。ICOCAを入れたらiPhoneをタッチして電車に乗れて便利かなと思ったのですが、iPhoneのNFCが反応してApplePayが起動して、邪魔をしてしまいダメでした。日本ではApplePayが使えないので完全に厄介者ですね。