「mobile」タグアーカイブ

iPhoneが文鎮から復活

2日で済んでよかった。
📱

つい先日、iOS 14へのアップデート中に電源が落ちたまま二度と入らなくなったかに見えた私のiPhone 8 Plusでしたが、ちょうど2日後になんと復活しました。

某SNSでアドバイスをいただいたのがApple非公式のDFUモード(Device Firmware Update mode)という特殊操作を利用する方法で、これを使ってiOS 13.7に戻すことでほぼ元の状態に復旧することができたのです。iPhoneをMacなりPCに接続してUp – Down – Side 10秒 – Side+Down 5秒 – Down10秒という順序でボタンを押すことでFinderやiTunesに認識されてモードに入り、ファームウェアをダウンロードできるようになるというものなのですが、そもそもMacに認識されるような状態になっているようには見えなかったので、認識された時点で小躍りしたいところでした。

しかし、DFUモードで最新のファームウェア、すなわちiOS 14をダウンロードしてみると、当初の問題が起こったときと同様にインストール中に一旦電源が入り直すところでそのままになってしまいます。そこでさらに調べてみると、「iPhoneを復元」のボタンを押すときにCommand+Optionを押しながらクリックするとファームウェアが選択できるようになり、古いバージョンのものをウェブサイトからダウンロードしておいて選択するとダウングレードできるのでした。それを使って13.7に戻してみると、無事にインストールされて問題なく使えるようになったのでした。

なお、この状態からまたiOS 14にアップグレードを試みると、前回と同じ状態になってしまうので、これは間違いなくiOSのソフトウェアに問題があるということになります。他の人が同じような状況になっているということはあまり聞こえてこないので稀なケースなのだと思いますが、iOSの今後のバージョンでは修正されることを願いたいものです。また、Apple正規サービスプロバイダもこういうときには頼りにならないものだということもわかりましたが、それは仕方ないのでしょうね。

ということで私のスマホ断ちは思いのほか短いものになったのですが、この2日の間だけでもいかにスマートフォンに依存した生活をしていたかを再認識することになりました。また、普段は無頓着にバックアップを取らずにアップグレードしてしまう私も、なぜか今回は虫の知らせかしっかりバックアップを取っていたので、完全に元の状態に戻すことができて本当に助かりました。バックアップは重要です。

iPhone文鎮化

人生には3つの坂があります。上り坂、下り坂、そして…
📱

今週のApple EventではApple WatchiPadの更新が発表されたものの、例年9月に発表されてきたiPhoneについては発表がありませんでした。しかし、翌日にあたる今日からiOS 14の配信が始まるということで、新しもの好きな私は今回の大型アップデートを非常に楽しみにしていて、今朝早速インストールしてみたのですが…インストール途中に画面が真っ暗になったまま何分経っても何時間経っても復帰せず、いわゆる「文鎮」と化してしまいました。すぐにAppleのサポートウェブサイトから修理を予約して、夕方持っていってみましたが、リカバリーモードに入れることもできず手が出せないとのことで、5万円ほどかかる交換修理しかないと聞いて諦めて帰ってきました。

これまで2年半ほど前に購入したiPhone 8 Plusを使用してきて、処理能力やバッテリー容量に若干不満を感じつつあったものの動作としては安定していたので、いきなり動作しなくなってしまうとは思いもよりませんでした。新しいiPhoneに買い換える場合には2万円以上で下取ってくれるはずだったのに、起動しないものはタダでリサイクルという扱いになってしまうので、2万円以上の価値が一瞬にしてゼロになってしまったという感じです。

また、新しいiPhoneは来月発表されることがわかっているので、今このタイミングで新しいものを購入するというのは時期的に最悪ともいえます。本当はこの1ヶ月の繋ぎに中古の安いiPhoneでも買ってしまいたいところではあるのですが、それもなんだかもったいないし、いい機会なので一時的にスマホ断ちしてみるのもいいかな、などと思っています。

しかしスマートフォンがないと困ることがいろいろあるものです。本来の電話としての通話はほとんど使わないのですが、固定回線もないのでいざというときの連絡手段もないというのは、そこはかとなく不安です。朝夕の散歩時に聴いていたポッドキャストを聴くことができませんし、歩くモチベーションになっていたドラゴンクエストウォークを楽しむこともできません。また、iDSuicaなどの電子マネーも使えませんし、LINETwitterInstagramなどのSNSを使うこともできません。

これまでスマートフォンにいかに依存していたかということですが、1ヶ月間のスマホ断ちではたして何かが変わるでしょうか…

Three 海外データSIM

Three.co.ukどうしてこんなことが可能なのでしょうか。

いつでもどこでもスマートフォンでメッセージのやりとりができて必要な情報が得られるということに慣れきった私のような者にとって、携帯電話の電波の圏外にいるというだけで底知れぬ不安を感じたりするものです。以前はそもそも旅行中に連絡が取れなくなるというのは当たり前だったにも関わらず、海外へ行くとなった場合でもそれは同様で、なんとかして通信手段を確保しようとしてしまいます。これまでアメリカの場合はWi-Fiも普及しているのでそれで我慢してきたのですが、先日のイタリア出張の際にはヨーロッパの通信事情がよくわからなかったためちょっと調べてみたところ、便利なものがあることがわかったので利用してみることにしました。

類似の製品は他にもいくつかあるようですが、私が使ってみたのはこちらの商品で、香港のCK Hutchisonという会社が傘下のThreeというブランドでイギリスを中心に展開している携帯電話サービスをベースに、ヨーロッパを中心に43カ国で利用できるというデータSIMを販売しているものです。有効日数やデータ使用量により色々なタイプがあるのですが、私が選んだのはこのタイプです。

Amazonの当日お急ぎ便で購入でき、その後も手続きは必要ありません。SIMロックフリーのスマートフォンに挿入し、添付の紙に記載されているサービスを選択するだけで使用できるようになりましたが、自動選択ではうまくいかない場合もあるようです。一度石造りのレストランで圏外となった後、そのままでは復帰できず一旦機内モードにして戻すと復帰した、ということがありましたが、その他にはこれといった問題は特になく、私がいたオランダのアムステルダムと、イタリアのトリノとミラノでは電波の状態も安定していたのではないかと思います。

香港以外では3Gのみの利用となるようですが、メールやメッセージの送受信、写真のアップロード、検索などでは問題となるほど遅いわけでもなく、むしろ国内MVNOで平日のランチタイムに極端に遅くなった状態よりも速いので、ストレスはほとんど感じませんでした。そういえばLTEが始まった当初は自宅の無線LANよりも速いと感動したものですが、みんなが使い始めたことでそんな快適な状況はどこかへ行ってしまいましたね。

残念なのはテザリング不可なのでモバイルWi-Fiルーターでも使用できないということですが、これだけ安くて便利なら諦めるしかないでしょう。容量制限があるならテザリングさせてもいいような気はしますが、負荷とすることで安くできているなら仕方ありません。しかしそれにしても使用開始から30日間、12GBまで利用可能で3680円というのは破格ではないでしょうか。他にも、30日間1GBまでで2180円、90日間3GBまでで2690円、360日間12GBまで6280円などなど実に様々なタイプが揃っていますが、30日間3GBまで2600円というのもあるので、次回はこれでも十分かもしれません。

ちなみにヨーロッパのWi-Fi事情ですが、アメリカほど便利に使える状況ではないようでした。Free Wi-Fiを提供している店もないわけではありませんがまだ一般的なレストランまでは普及しておらず限定的です。また、ホテルのネットワークも非常に遅くて使いづらかったのですが、現地事務所のWi-Fiも驚くほど低速だったので、ヨーロッパの全体的な通信事情がその程度なのかもしれません。やはり日本の高速通信ネットワークは驚異的だと思います。