カテゴリー
food & drink

セブンプレミアム ホイップ&カスタード ダブルクリームパン

期待しすぎたでしょうか。
🥐

昨年ダイエットを始めてから控えるようになったのですが、基本的にパン好きな私は菓子パンの類も大好きで、最近は特にクリームパンが好きで出勤の途中で買って朝の仕事の前や昼食の弁当のあとのデザートとして食べたりしていました。そんなものを食べているから当然の如くカロリー過多になって、デブまっしぐらということになるわけです。私が特に好きだったのはヤマザキ薄皮クリームパンで、クリームを極薄の皮で包んだような、もはやパンよりクリームがメインの存在ですが、しっとりした皮も好きでよく購入していました。

ところで、最近某界隈で話題になっていて気になっていたのがセブン-イレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」の商品「ホイップ&カスタード ダブルクリームパン」というものです。私の通勤経路にないこともあり、またプライベートブランド商品の割合が高すぎるのでセブン-イレブンはほとんど利用しないのですが、これだけを求めてスーパーに行った帰りに寄って購入してみました。

コンビニスイーツにもあるホイップとカスタードのダブルクリームのシュークリームは大好きですし、ホイップあんぱんも大好きなのでその間の子のようなものだと思うと否が応でも期待は高まります。しかし、実際に食べてみるとメリハリがなくなんだかぼやけた感じがしてしまっていたのですが、カスタードがもっとしっかりしたものでないといけないのではないかと思います。また、賞味期限が先のものを選んだにもかかわらずパンもちょっとパサッとしていて、これがプライベートブランドの限界なのではないかという気がしてしまいました。

プライベートブランド商品というのは、そのブランドならではの特徴を持った商品であるか、あるいは独占販売契約によって仕入れ価格を下げたものであるか、そのどちらかではないでしょうか。前者であればそれがそのブランドの商品を選ぶ積極的な理由になるので良いのですが、後者の場合には得てして安かろう悪かろうになってしまいがちです。このダブルクリームパンの場合には企画としてそれ自体が独特なものなので、前者の付加価値を与えられていることになるのでしょうが、しかしながら価格が安く抑えられているということはどこかで無理が生じているということになっていないでしょうか。現在116円で売られているこの製品が、たとえば150円で売られるものだったとしたら、もっとずっと素晴らしい商品になっていたでしょう。

ここからは余談になりますが、現在も総務省が携帯電話料金の値下げ圧力をかけていたりします。しかし、そんな物価を下げる方向に動くのは一時的な人気取りでしかないのではないでしょうか。物価が下がることが円安に繋がり、輸出大国の日本が国際競争力を高めることになるというのは幻想ではないでしょうか。輸出企業にとってはたしかに価格競争力が高まることになるのかもしれませんが、購買力は逆に低下することになり、せっかく稼いだ円も使うときに目減りするのでは全く意味がありません。日本が、日本人がどんどん貧しくなっていっているということをもっと自覚しなければいけないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。