Archives

タカキベーカリー 4種のレーズンミニブレッド

パンよりぶどうの方が多そう。

たまに「米とパンとどちらが好きか」という質問があるかと思いますが、それはおかずとともに食べるエネルギー源としての主食についてのものでしょうか。としてエネルギー源として摂取するもので、美味しいからという理由で食べることはあまりありません。ただ、五穀米、十穀米や炊き込みご飯、チャーハンは好きですし、さらにカレーライスとなればもう大好物ですが、それは「米」が好きというのとはちょっと違いますよね。

パンの場合には日本独特の惣菜パンの類を除くとこういったアレンジが効きにくいのではないかと思いますが、それでも私はパンが大好きです。コンビニでおにぎりと惣菜パンのどちらを買うかといえば大抵はパンの方にします。具の入っているパンでなくても、ちょっと味のあるパンならそれだけで食べるのも好きです。特に好きなのはフルーツやナッツが入っているもので、またベースとなるパンではドイツのものが好みです。こんなことなので私には低炭水化物ダイエットは向かないと思っています。

ところで、先日妻が駅前のスーパーマーケットで買ってきたのが今回ご紹介するタカキベーカリーの4種のレーズンミニブレッドというパンです。その名の通りカレンズ、モハベレーズン、ミゼットレーズン、サルタナレーズンという4種類のレーズンがふんだんに使われたぶどうパンなのですが、袋ごと持った時にそのずっしりとした重みにびっくりしました。断面を見るとパン生地の部分とレーズンとの部分の比率が普通ではなく、まるで高級なフルーツケーキのようです。ミニサイズの薄切り食パン4枚だけなのですが、半分でもかなりの満足感がありますので一人で一気に食べ切ることはないでしょう。妻は私のために買ってきてくれたわけではないのですが、全部食べてしまいたいくらいですし、また自分でも買いに行きたいくらい気に入りました…というか、実際に買いに行ってみたのですが、その日は売り切れなのか入荷しなかったのか、店頭で見つけることができなかったので、それを妻に伝えたところまた別の日に買ってきてくれました。

タカキベーカリーといえば広島のパン屋さんですが、東京などではアンデルセンの名前の方が知られているでしょうか。私は若い頃はアンデルセンのビスケットドーナツが大好きでよく買っていたのですが、今はもう売られていないのでしょうか。いくら好きでもそう言っているだけではダメで、実際に買い続けないといけませんね。そういえば、駅前にあったはずのアンデルセンの店舗もなくなってしまったようですが、大した人口ではないのにDONQ、ローゲンマイヤー、ポンパドウルなどが揃っている激戦区なので仕方ありません。

ちなみに、私にはちょっと意外なことだったのですが、アメリカのパンは美味しくありません。日本人がやっている、日本にあれば特別美味しいわけでもないごく普通のパン屋が成り立っているくらいなのです。私は郷に入れば郷に従えということでこのパン屋も避けてきましたが、現地の人にもファンはいるようでした。パンの美味しさについてはヨーロッパがとても羨ましかったのですが、もちろんニューヨークやシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市は別で、そういうところには世界中から一流の人が集まってくるので、とても美味しいパンが食べられるはずです。ミシガンはちょっと田舎なので仕方ないということですね。

黒コッペ

これは長生きしています。

私が小学生の頃、学校給食の主食はソフトめんなど特別メニューを除けばパンだけで、ご飯が出るようになったのは卒業した翌年からでした。多くの日がコッペパンでしたが、黒糖入りの黒パンや揚げパン、きなこパンという時もあり、とても嬉しかったのを覚えています。またある日、黒パンの入ったケースを誰かが床にぶちまけてしまった日があって、この時はさすがに処分してしまうと皆食べるものがなくなってしまうので、消毒ということで給食室で焼いてもらって食べたことがあり、特別美味しく感じたものです。今ならどこかのモンスターが飛んできそうですが、古き佳き昭和の出来事です。

そんな当時の黒パンとは大違いで、しっとり柔らかく美味しい黒糖入りコッペパンにミルク風味のクリームを挟んだのがフジパンの黒コッペという製品です。私はこれも大好きで、たまにおやつに買って食べているのですが、先日珍しく、いつもはしないのに残業前の空腹を満たそうとこれを買って食べた日、帰宅してみると家にもあり、ゴミ箱にはさらに2つの空き袋がありました。訪れた義妹が偶然「ハマっている友人に教えてもらって食べたら美味しかったから食べてみて」と買ってきてくれたのだそうです。どうやら好きなのは私だけではなく、地味ながら息の長い人気商品となっているのですね。

「懐かしいのに、新しい。」「富士的懐古ISM」などというコピーがウェブサイトや製品パッケージに書かれていますが、たしかに懐かしいようで洗練された製品になっています。昭和30年代のヒット商品を復活させたものだということですが、当時のものはこんなにしっとり柔らかなパンの生地ではなかったでしょうし、クリームもこんなに滑らかなものではなかったでしょう。こういう、古いものを大切にしつつ、新しい技術でさらに価値を高めている、というのはとても良いと思います。しかもそれが100円前後で変えてしまうというのですから、良い時代です。

ちなみに私と長男はこの製品を見ると次男が骨折した時のことを思い出してしまいます。というのは、次男が病院にいる間に二人で近くのコンビニへ行き、そこで買って病室で食べたのがこの黒コッペだったからです。しかしそれを二人ともしっかり覚えているというのは、やはり美味しかったからなのでしょう。その後も時折これを買ってはその度に「思い出すな」などと言っていますが、いいかげんしつこいのでしばらくやめないと怒られるかもしれません。

King’s Hawaiian – Original Hawaiian Sweet Rolls

日本でも売って欲しい。

私たちがアメリカから帰国してから来週でちょうど半年となります。この4月に私の後任に当たる者も着任するので、しばらくは出張もないのかなあと思っていたのですが、突然顧客からミーティングの招待が来たので、昨日から出張でデトロイトに舞い戻ってきています。半年ぶりのデトロイトですが懐かしいという感じはまだなく、ただ長めの一時帰国から帰ってきたような印象です。

到着後最初の食事は私の一番のお気に入りのレストランに連れて行ってもらって満足し、その帰りに水などを買っていこうとスーパーへ寄ってもらったのですが、そこで思い出してついつい買ってしまったのがKing’s HawaiianのOriginal Hawaiian Sweet 12 Pack Dinner Rollsというパンです。このパンは昨年あたりから気に入って買っていたものなのですが、甘みのあるふわふわのディナーロールで、これだけで食べていても私は全く飽きません。アメリカはヨーロッパと違ってパンが美味しくないのですが、このKing’s Hawaiianだけはなぜか違います。

ハワイ島のヒロで沖縄系日系2世のRobert Taira氏が始めたのだそうですが、今はミシガンでも浸透していてスーパーでも普通に売られていて、時折バーガーやサンドイッチの店でKing’s Hawaiianのパンを使用しているのを売りにしていることもあります。以前見た映画「ホノカアボーイ」のせいでハワイ島には行った気になっているのですが、訪れてみる理由が一つ増えたような気がしています。

ということで、渡米後最初の晩は時差ボケのせいなのか、気圧の変化による偏頭痛のせいなのかわかりませんがよく眠れず、2時過ぎに目が覚めてしまいそれから寝られずにいたのですが、朝食まではまだまだ何時間もあるのにお腹が空いてきて、ふと見るとパンがありました。これは買っておいて良かったと、コーヒーを淹れて食べ始めると止まらず、夜中の3時に半分、170g分も食べてしまいました。しかし7時に朝食に行くとしても4時間ほどありますので、それまでにはまたしっかりお腹も空くことでしょう。他の菓子などは食べないことにして、必要以上に(?)太って帰ることにならないよう気をつけたいと思います。