「bread」タグアーカイブ

タカキベーカリーの美味しいパン2種

炭水化物バンザイ。
🍞

タカキベーカリーといえばアンデルセンリトルマーメイドというブランドで店舗を展開している広島発祥の製パン会社ですが、全国展開されているのでしょうか。少なくとも私が東京にいるときからアンデルセンにはたびたび買いに行っていて、ビスケットドーナツという表面がカリッとした甘さ控えめなドーナツが大好きだったのですが、これは残念ながら現在はもう売られていないようです。

ところで、このタカキのパンは近隣のスーパーにも入っていて普通に買うことができるのですが、その中で私が美味しいと思っているものを2つご紹介したいと思います。まず1つ目は「フルーツ&ナッツブレッド」というものです。

5種類のドライフルーツ(レーズン・オレンジピール・クランベリー・チェリー・いちじく)やくるみをふんだんに使用し、シナモンなどのスパイスでほんのりアクセントをつけたミニブレッド。
噛みしめるたびに、フルーツの甘酸っぱさと、くるみの香ばしさが口の中に広がります。

とのことで、ドライフルーツがたっぷりと入った小さな食パンのような形状のものなのですが、まるでパウンドケーキかシュトーレンのような、というのは言いすぎかもしれませんがちょっと贅沢なパンで、ドライフルーツの酸味やオレンジピールの苦味と、軽くスパイスの効いたところがとても良い感じです。軽くトーストしてバターやクリームチーズを付けても美味しいですが、私はしっとりとした新しいうちにそのまま何も付けずに食べるのが好きです。なお、あくまでケーキではなくパンなので生地は甘くありません。

もう一つは「石窯塩バターパン」という西日本限定の製品ですが、これは私の妻が「入荷してほしい」と近所のスーパーのご意見箱に投書するくらい気に入ったというもので、先日朝食に出てきて私もすっかり虜になりました。

岩塩の旨みとバターの香り。トーストすると皮は香ばしくバターはジューシーな石窯パンです。上質な粉を配合した生地に、塩バターを絞り石窯で焼き上げました。トーストすると香ばしく焼けた表面はカリッ、中はしっとり。生地に染みこんだ塩バターのおいしさがあとを引きます。朝食はもちろん、ビールのお供にもピッタリ。カイザーロールの形にすることで、塩バターが生地に染みこみやすく、ちぎって食べやすくしています。

というもので、これはあくまでテーブルロールの一種であり、普通はおやつに食べるようなものではないと思います。砂糖は使われていないので甘みは小麦粉の自然なものだけで、フランスパンのような風味があるものです。軽く焼くと表面がパリッと香ばしくなり、バターは溶けて生地にジュワっと染み込んでとても良い感じになります。これはディナーでも、ビーフシチューなどによく合うのではないでしょうか。

このパンはまた、イーストフード乳化剤マーガリンショートニングを使用していないというのも売りにしています。私はこうした添加剤なども摂り過ぎなければ問題ないと思っているのでそれほど気にはしていませんが、使わずに美味しくできるならそれに越したことはないでしょう。例えば防腐剤なども無理して使わないと日持ちしないために高くなったり、条件が悪いと傷んでしまったりとろくなことにならないので、何事もバランスが大切ですね。この「バランス」という言葉は最近自分の仕事でも頻繁に口にするようになっているのですが…自分もバランス感覚は失わないようにしたいものです。

パン有本 こだわり卵のクリームパン

超ローカルな話題です。
🥐

私が最近ついつい買ってしまうのがクリームパンです。昔ながらの菓子パンの代表的なものの一つですが、昼食には妻の弁当があるのに、出勤途中にクリームパンを買うためにだけわざわざコンビニに寄って、昼食後のデザートとして食べる、なんていうことをしばしばやってしまいます。こんなことを続けていれば当然太るので、やめなければとは思うのですが、通勤経路にコンビニはいくつもあるのでついつい、やめられません。

中でもお気に入りなのは山崎製パン薄皮クリームパンですが、人気なのか取り扱いが減っているのか、あまり遭遇できません。特にコンビニはプライベートブランド(PB)に力を入れているので、PBの類似品はたくさんあるのですが、薄皮クリームパンはそれらとは全く違います。

こだわり卵のクリームパン

またクリームパンといえば最近は広島・三原の八天堂が有名で、広島県内の観光地には出店があったり、デパートの物産展などでも売られているのを目にすることがありますが、私がクリームパンにハマりだしてからは見かけていないので、実はまだ食べたことがありません。しかしウェブサイトの商品を見てみると、これらは間違いなく美味しいでしょうね。今度見かけたら必ず購入するでしょう。

ところで、以前妻が友人に連れて行ってもらったという、クリームパンで有名なパン屋さんがあります。私の自宅から20kmほど北、兵庫県市川町にあるパン有本というお店で、ここには「こだわり卵のクリームパン」というものと「超クリームパン」というものがあります。クリームパンは160円、超クリームパンは200円とちょっとだけ高くなっているのですが、残念ながら今までお目にかかったことがないので味の違いは分かりません。

こだわり卵のクリームパン

この週末、このクリームパンを買いに行ってみようと思って、開店直後を目指して出掛けてみました。といっても、朝6時開店なので自宅を出発したのは6時ちょっと前、到着したのが6時半頃でした。さすがに他のお客さんはおらず、店主が一人でパンを調理しながらレジも対応されていました。超クリームパンの方は9時に焼き上がるということだったので買うことができなかったのですが、クリームパンの方はできたてのものがたっぷりあったので、自宅に持ち帰るものの他に1個余分に買って、店の前ですぐに食べてしまいました。

このクリームパンは卵にこだわったもので、クリームはオレンジ色がかかった濃い色のもので、コクが有りながらさっぱりしているのは牛乳が少なめなためではないかと思います。パンはとてもフカフカかつモッチリしていて、今のところこれ以上に美味しいクリームパンには出会ったことがありません。

朝6時から20kmも車を走らせてパンを買いに行って、店の前でクリームパンにぱくついているおじさんってどうなのかなとも思いますが、なにしろ美味しいのでお近くの方はぜひ試していただきたいと思います。なお、加古川のヤマトヤシキや姫路市内のイベントでも売られることがあるようなので、見掛けられたらぜひどうぞ。

タカキベーカリー 4種のレーズンミニブレッド

Takaki Bakeryパンよりぶどうの方が多そう。

たまに「米とパンとどちらが好きか」という質問があるかと思いますが、それはおかずとともに食べるエネルギー源としての主食についてのものでしょうか。としてエネルギー源として摂取するもので、美味しいからという理由で食べることはあまりありません。ただ、五穀米、十穀米や炊き込みご飯、チャーハンは好きですし、さらにカレーライスとなればもう大好物ですが、それは「米」が好きというのとはちょっと違いますよね。

パンの場合には日本独特の惣菜パンの類を除くとこういったアレンジが効きにくいのではないかと思いますが、それでも私はパンが大好きです。コンビニでおにぎりと惣菜パンのどちらを買うかといえば大抵はパンの方にします。具の入っているパンでなくても、ちょっと味のあるパンならそれだけで食べるのも好きです。特に好きなのはフルーツやナッツが入っているもので、またベースとなるパンではドイツのものが好みです。こんなことなので私には低炭水化物ダイエットは向かないと思っています。

ところで、先日妻が駅前のスーパーマーケットで買ってきたのが今回ご紹介するタカキベーカリー4種のレーズンミニブレッドというパンです。その名の通りカレンズモハベレーズン、ミゼットレーズンサルタナレーズンという4種類のレーズンがふんだんに使われたぶどうパンなのですが、袋ごと持った時にそのずっしりとした重みにびっくりしました。断面を見るとパン生地の部分とレーズンとの部分の比率が普通ではなく、まるで高級なフルーツケーキのようです。ミニサイズの薄切り食パン4枚だけなのですが、半分でもかなりの満足感がありますので一人で一気に食べ切ることはないでしょう。妻は私のために買ってきてくれたわけではないのですが、全部食べてしまいたいくらいですし、また自分でも買いに行きたいくらい気に入りました…というか、実際に買いに行ってみたのですが、その日は売り切れなのか入荷しなかったのか、店頭で見つけることができなかったので、それを妻に伝えたところまた別の日に買ってきてくれました。

タカキベーカリーといえば広島のパン屋さんですが、東京などではアンデルセンの名前の方が知られているでしょうか。私は若い頃はアンデルセンのビスケットドーナツが大好きでよく買っていたのですが、今はもう売られていないのでしょうか。いくら好きでもそう言っているだけではダメで、実際に買い続けないといけませんね。そういえば、駅前にあったはずのアンデルセンの店舗もなくなってしまったようですが、大した人口ではないのにDONQローゲンマイヤーポンパドウルなどが揃っている激戦区なので仕方ありません。

ちなみに、私にはちょっと意外なことだったのですが、アメリカのパンは美味しくありません。日本人がやっている、日本にあれば特別美味しいわけでもないごく普通のパン屋が成り立っているくらいなのです。私は郷に入れば郷に従えということでこのパン屋も避けてきましたが、現地の人にもファンはいるようでした。パンの美味しさについてはヨーロッパがとても羨ましかったのですが、もちろんニューヨークやシカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市は別で、そういうところには世界中から一流の人が集まってくるので、とても美味しいパンが食べられるはずです。ミシガンはちょっと田舎なので仕方ないということですね。