「art museum」タグアーカイブ

大塚国際美術館

お腹いっぱいになります。
🖼️

自由に旅行できるということがいかに幸せなことだったかと思い知らされる今日このごろですが、先日職場の友人らと一応兵庫県内ということで淡路島へ日帰りドライブ旅行に行ってきました。関東に住んでいるときにはまったく意識したこともなくよく知りませんでしたが、瀬戸内海で大阪湾に向かい合って浮かぶ大きな島です。

しかし、淡路島には小洒落たカフェや雑貨店ができていてそういった店が好きな人にはいいのですが、あまり観光地らしい見どころというものが多くありません。そこで今回は兵庫県からちょっと出てしまうものの、大鳴門橋を渡ってすぐのところにある大塚国際美術館に行ってみようということになりました。

昨年の紅白歌合戦で地元徳島出身の米津玄師が歌った場所ということでも記憶に新しいところですが、大塚製薬グループの創立75周年事業として1998年に開館したとのことで、既に20年以上前にできたということになります。それにしては非常にきれいに保たれていて、つい最近できたかのようでした。

この美術館が独特なのは、展示されているのが大塚製薬グループの大塚オーミ陶業が開発した技術により作成された、名画の原寸大複製であるということです。世界中にある、誰でも知っているような名画が数多く集められていて、しかもそのクオリティは非常に高いので、大変見応えのあるものになっています。それらの名画の実物を一箇所で見ることはとても実現し得ないと思われますし、非常に耐久性の高い複製なのでごく間近でつぶさに見ることができ、教育的な価値も高いのではないでしょうか。また、三脚やフラッシュは禁止されていますが、写真撮影は自由となっています。

さらに私が感心してしまったのは「環境展示」と称された、フレスコ画や壁画をその部屋ごと再現してしまったもので、そのために建物自体が非常に複雑な作りになっていることです。米津玄師が歌っていたのもシスティーナ礼拝堂を再現した部屋でした。またさらに、この美術館自体が瀬戸内海国立公園内にあるため、環境を壊さないよう建物全体が山に埋まった形になっているという、非常に凝ったものになっています。このため、山の麓にある入口から長いエスカレーターで上がったところが地下3階ということになっていて、1階で山の上に出ることになります。

ということで非常のお金のかかった施設になっているのですが、それでも本物の名画を何点も買い集めていたらもっと金が掛かってしまうものなのでしょうか。しかし、本物ではないといってもこれはこれで文化を保存するという意味でも非常に価値のある事業ではないかと思います。あまり大きなものを1枚で作ることはできないようなので、大判の絵画は複数に分けて作ったものをつなぎ合わせて実現していますが、ある程度までの大きさのものは現存する実物よりも製作当時の色を鮮やかに再現していて、さらに2000年ほども維持することができるとのことなので、ある意味実物よりも本物に近いということになるかもしれません。まあ2000年となるとそれを置いておく場所のほうが問題かもしれませんが。

尾道―松山―香川

スター・ウォーズ展ひた走る。

MINIを購入して以来、ちょっとその辺を走るだけでも学生時代のように運転が楽しくて仕方がないのですが、先週末は日帰りながらちょっと長めのドライブに出掛けてきました。当日は長男が午後から部活だというので一緒に行ったのは次男だけなのですが、次男も私も休日でも早起きしてしまうので、朝食にぱっぱとパンを焼いて食べて7時前に自宅を出発しました。

まずは国道2号線を西へ向かい、最初の目的地は尾道です。日曜日の朝なので一般道も空いていて走りやすく、高速道路よりも退屈しないので私はこの方が好きです。もちろん時間はかかりますが、立ち寄る目的が尾道ラーメンで、目当ての有名店「朱華園」の開店時刻が11時ということなのでむしろゆっくり行く必要もあったのでした。

日曜日は少し早めに開店するという情報もあったので、大体10時半頃を目処に向かったところ20分頃に店の前に到着しましたが、その時にはすでに10人近くの人が列を作って待っていました。店にも駐車場はあるものの非常に狭く1.5台分ほどしかないので、近くにいくつもある100円パーキングの1つに車を停めて列の後ろに付くと、ものの数分で開店となりました。ちょうど10時半頃です。店内はそれほど広くはありませんでしたが、先払いで注文した後で無事に1回転目で席につくことができました。
朱華園 中華そば
私たちは中華そばと焼餃子を注文しましたが、先に出てきた餃子は油が少なくさっぱりしていて、優しい味わいながらしっかり生姜が効いているものでした。一方中華そばの方は濃い目で透き通ったシンプルな醤油ベースのスープに背脂をたっぷり載せたものですが、平たい麺が使われていたのが特徴的に感じました。どちらも美味しくいただくことができましたが、外には行列が続いているということもあるのでさっさと店を出ると、駐車料金は100円で済んでしまいました。

次に向かったのはしまなみ海道を渡った愛媛県は松山です。その中心部にある愛媛県美術館で開催されていた特別展「スター・ウォーズ展」が今回の主な目的だったので、この春六本木ヒルズで行われていたものと同じ展示もこの日が最終日で、このあと横浜、静岡、大阪と回ってくるのですが、待っていられないので足を伸ばして駆け込んだというわけです。この展示は以前見に行ったアート オブ スター・ウォーズ展とは違い、スター・ウォーズを題材にした絵画などがメインで、映画のプロップなどは補助的なものにすぎないようで、また映画のシーンや登場人物の説明などは私にとっては不要でしたが、それでも十分楽しむことができました。また、ギフトショップの充実ぶりはなかなかのもので、ついつい欲しくなるものはいろいろありましたが、なんとか自重して次男にクリアファイルを買っただけで踏みとどまりました。

美術館を出た後は、道後温泉本館の周りを一周して、一六本舗十六番館一六タルトを自宅のお土産に購入し、帰りは高速道路をひた走ります。
長田in香の香 冷やし
しかしせっかくうどん県を通るわけですから、立ち寄らないわけにはいきません。あまりじっくり選ぶ時間もなかったので、以前讃岐うどんめぐりをした時に美味しかった「長田in香の香」に再び行ってみたのですが、やはりここのダシは印象的な美味しさがあります。今回私は冷やしにしてみましたが、もちもちした麺をつるっとあっという間にいただいてしまいました。なお、5時頃に閉店するということに気づかないままギリギリの時間に到着していたようで、食べている間に入口のシャッターは閉まってしまいました。

この後は瀬戸大橋を渡ってちょうど7時頃に自宅に到着しました。この日走ったのは550kmでしたが、使ったガソリンは34Lということで、燃費は16.2km/Lほどということになります。それほど燃費を意識して運転したわけではありませんでしたが、空いた一般道を走った距離が長かったということもあって上々の結果となったようです。経済的な問題よりも航続距離の方が私は心配で、タンクに44Lしか入らないので1回で東京までの600kmの距離を走りきれるかが懸案だったのですが、この燃費なら大渋滞さえなければどうやら問題なさそうです。

静嘉堂文庫美術館 茶碗の美

曜変天目茶碗そもそもこんなところに美術館があったとは知りませんでした

既に一週間以上前の話となってしまいましたが、国宝・重文をめぐる旅の3日目はいよいよ本命の静嘉堂文庫美術館へ行きました。東京都世田谷区、二子玉川駅からバスで10分ほどのところにある美術館なのですが、私は元々この近辺で育っているというのについ最近までその存在を知りませんでした。まあ子供だったので無理もありませんが…街中に突然ちょっとした林が現れ、その中に静かに建っているという何とも贅沢なところです。

この美術館は三菱の創設者、岩崎弥太郎の弟でその跡を継いだ弥之助が創設した私設文庫「静嘉堂」を起源としているということですが、その後の曲折を経て現在は三菱グループ経営の私立美術館となっています(cf. Wikipedia)。そのコレクションは国宝が7点、重要文化財が82点も含まれているという相当に価値の高いものとなっているのですが、今回のお目当てもこの国宝のうちの一つ「曜変天目茶碗」で、現在「茶碗の美 -国宝・曜変天目と名物茶碗-」と題した展覧会でこの茶碗を目にすることができるということではるばる駆けつけたというわけです。

曜変天目茶碗というのは見る角度により様々に色を変える独特の斑点が美しい茶碗で、世界中に3点しかないと言われており、その3点がいずれも日本の国宝として国内に存在するというものですが、そのうちの1点は先日大阪の藤田美術館に行った際に目にしてきました。しかしこの3点のうちで静嘉堂文庫にあるものが最も華やかで斑点の数も多く見事なものであるということだったので、ぜひとも見ておかなければということだったわけです。

ちなみにもう1点の曜変天目茶碗は京都の龍光院というところにあるということなのですが、残念ながらこちらは非公開の方針を貫いているということらしく、全く見る機会は得られないようです。国の宝であるはずのものをこうして抱え込まれてしまうというのはどうにかならないものかと思いますが…誰の目にも触れないように持っているということに一体どういう意味があるのでしょうか。まだ高い金を取ってでも見せてくれた方がありがたいのにと思います。

それはさておき、実際に目にした曜変天目は確かに藤田美術館のものより華やかさがあり、素晴らしいものであるのは間違いありません。しかし、藤田美術館のものにあった重厚さ、威圧的でさえあった存在感というものがやや弱いように感じられました。まあ、1年近く前に見たものなので記憶自体は曖昧で比較できるものではありませんが、そのような印象を受けました。何となく藤田美術館のものは黒の部分に力があったように思うのです。とはいえ、間違いなく国宝として人の目を釘付けにするだけの素晴らしいものでした。

ところで、展示されているのはもちろん曜変天目だけではありません。唐物、高麗、樂など時代の流れに沿って分類されて展示されていて、なかなか勉強にもなったのですが、様々なものをまんべんなく展示しているように見え、一美術館がこれだけのものをコレクションとして収めているというのも大したものです。大手の美術館に比べればこぢんまりとした展示ではありましたが、この中にも目を引くものがいくつもあり、遠くから出かけていった甲斐があったと言えます。

なかなか見応えがあったのでここでは図録を買って帰ろうかと思い、パラパラとめくってみたのですが、どうも見覚えのない茶碗の写真が載っています。その番号を確認し展示の方を見てみると確かにその茶碗はあるのですが、写真で見るのとはずいぶん印象が違うものでした。写真では光の加減が違っていたり、大きさがつかめないのでこういうことがあるのでした。写真ではいいと思っても現物はそれほどのものでもなかったり、逆に展示を見てとても気に入ったものでも写真写りが今一つで魅力が伝わらなかったりと難しいものです。まあこれは人の写真でも同じことで、誰でも経験があると思われることなんですけどね…