Archives

PENTAX 互換バッテリー

何かが違うとは思えません。

私は中学生の頃以来、数年前にリコーイメージング傘下になってしまったペンタックスブランドのマイナーなカメラを使い続けているのですが、キヤノン、ニコン、ソニーの御三家に比べてしまうと性能的にはどうしても見劣りしてしまうものの、手持ちのレンズのことを考えるとどうしても乗り換えるには勇気が足りません。ペンタックスにも軽量コンパクトなボディ、手頃な価格のレンズ群などの良いところはありますし、私の実力で実際に作品に差が出るかは疑わしいところもあります。

そのペンタックスの製品で、今はK-70という初中級機を使っているのですが、以前使っていたK-7という中級機と比較しても機能的・性能的な面でほとんどすべての点で上回っており、一見クラスダウンに見えても大変満足する乗り換えでした。特にソニーなどの最先端の超高感度・高性能な製品とは比べ物にはならないにしても、日常的には特に困ることのない暗所性能と、普通に使えるレベルのオートフォーカスがあるので、K-7も手放さずに持ってはいるもののまた使おうという気になれません。

しかし唯一と言っていい顕著な弱点はバッテリー容量の低下です。1860mAhのD-LI90から1050mAhのD-LI109に変わるので、互換性がないだけでなく撮影可能枚数がストロボ発光無しで980枚から480枚に半減してしまいました。この数字は理想的な条件のものなので実際にはここまでは撮れないでしょうが、私が1日に撮る枚数なんて知れたものなので、数日程度のちょっとした旅行であれば充電器を持ち歩く必要もなく、安心して撮ることができていました。しかしこれが半減してしまうとなるとバッテリー切れも無縁とは言っていられず、2日程度でも容量のメモリが減ってしまうことがあり、そうなると焦りを感じてしまいます。

そこで予備のバッテリーを購入しようということなのですが、純正のバッテリーは4000円ほどとなかなか高価です。

PENTAX リチウムイオンバッテリー D-LI109 39096

posted with amazlet at 18.02.24

ペンタックス (2010-10-30)売り上げランキング: 8,700

Amazon.co.jpで詳細を見る

もちろんバッテリー切れの不安に怯える必要がなくなるとなればこれでも安いものですが、ちょっと腑に落ちないものがあり、ふと互換バッテリーを見てみると、なんとわずか1000円、4分の1の値段で購入できてしまうのです。2個買うとさらに安くなるようですし、それでも純正品の半分の値段なので買ってしまおうかとも思いましたが、まずは試しということで1個だけ買って使ってみることにしました。

NinoLite D-Li109 互換 バッテリー ペンタックス K-S1 K-S2 K-r K-30 K-50 対応 dli109_n_t.k.gai

posted with amazlet at 18.02.24

NinoLite(NinoLite) 売り上げランキング: 12,054

Amazon.co.jpで詳細を見る

この互換品は当然のごとく中国製のようですが、純正品も同じく中国製なので何ら問題ありません。「のよう」というのは本体に原産国表示がないからなのですが、それ以外の外観上の違いもブランド表示くらいのもので、品質的な不安は感じさせません。使ってみた感じも体感できるようなものはもちろんなく、容量についてはまだ使い切っていないのではっきりはわかりませんが、少なくともびっくりするほど持たないというようなことはありません。

ということで、本当は純正品を買ってリコーイメージングを支援しなければならないような気もするのですが、価値の無いところに無駄な金を払いたくはないので仕方ありません。支えるならレンズを買うとかそういうことにしたいと思います。ただ、Amazonのレビューで「バッテリーはデジタルカメラの心臓なので非純正品に手を出すのはリスクが高い。」なんて言っている人もいて、価値観は人それぞれだなあとも思いました。粗悪品を掴んで本体を破壊するようなことがあっては困りますけどね。

中国嫁日記

事実は小説より奇なり?

私の友人知人には国際結婚している人が少なからずいます。互いに知り合いではない人まで入れると、補習校に行けばハーフの子は全く珍しくありませんし、そもそも移民社会のアメリカでは敢えて区別するのも無意味なほど当たり前のことです。しかし、やはり日本ではあまり一般的なものではなく、法制度や社会の受け入れ態勢も万端とは言えず、様々な苦労があるのではないでしょうか。

ただでさえ結婚というのは出会うまでそれぞれ全く別の育ち方、暮らし方をしてきた二人が、ある時から家族として一緒に暮らし始めるものですから様々な驚きや衝突があるものです。私は主に東京近辺で過ごし、妻は兵庫県で育ってきましたので、言葉や文化の違いが面白かったり難しかったりするものですが、さらに国まで違ったとしたら困難も私達の比ではないでしょう。

しかしそんな一般的でない経験こそ格好の素材、ということで4コマ漫画化してブログとして公開したところ大人気となったのが井上純弌氏の「中国嫁日記」です。井上氏は本職の漫画家なので漫画としてのクオリティは語るまでもありませんが、やはり素材が素晴らしいので非常に面白く、私も愛読しています。そしてその後ブログに掲載されていた漫画に加筆したものが単行本化され、つい先日その第3巻が発売されたのを機に、1巻から買い揃えてみました。

中国嫁日記 一

posted with amazlet at 14.03.03

井上 純一 エンターブレイン

Amazon.co.jpで詳細を見る

中国嫁日記 (二)

posted with amazlet at 14.03.03

井上 純一 エンターブレイン

Amazon.co.jpで詳細を見る

中国嫁日記(三)

posted with amazlet at 14.03.03

井上純一 KADOKAWA/エンターブレイン

Amazon.co.jpで詳細を見る

著者の井上氏は1970年生まれということで私と同学年か1つ上であり、非常に親近感が湧いてしまうのですが、一方奥様の月(ゆえ)さんは中国瀋陽出身20代半ばの美人とのことです。その月さんのしゃべる日本語や、中国と日本の文化の違いから起こる出来事が面白いからということで日常生活の様々なエピソードを4コマ漫画として連載されているのが、ブログ「中国嫁日記」です。これに対して単行本では数多くの手を加えた上で、さらに描き下ろしの長編漫画で40代のオタク男性と中国の美女が国際結婚に至った経緯が追加されています。

実際に井上氏の身近に起こって面白いと感じた出来事を元に漫画化しているので、読んでいてもまったく無理がなく自然に面白いと感じられます。また井上氏にとっては身近であっても、私自身は中国の女性と関わることもほとんどありませんので、全てが非常に新鮮です。ただ、未だ新婚生活を送られているようなのでノロケ要素が多く、羨ましいというか妬ましいというか、若干複雑な気分にもなりますが、月さんのことは本当に大事に考えられているようなので、微笑ましく見守りたいという感じです。

我が家では家族皆この作品のファンで、特に次男は何度も何度も繰り返し読んでいます。いったい何がそんなに彼を惹きつけるのか、ひょっとしたら単に漫画ならなんでもいいのかもしれません。ですが、この作品からは何かが学べるような気もするのでとりあえず良しとしています。

検察って...

司法試験に合格していたってやっぱり人の子、聖人君子じゃないということ。

大人なら誰でも名前は知っていて、何のためにあるのかということも大体は知っていても実はよくわからない謎の組織「検察」ですが、今週は2つのニュースで主役というよりは悪役になり、槍玉に挙げられることになってしまいました。

まず1つ目は、ある検察官が証拠品であるフロッピーディスクに私物PCでアクセスし、「偽証明書の作成日時が検察側主張に合うように書き換えられていた」というニュース。検察といえば公訴権という強力な権力を持つ唯一の組織で、要するに裁判に持ち込むかどうかはこの人たちの胸先三寸で決まってしまうということです。その権力は何にも増して慎重に扱ってもらわなければ困るものですし、起訴したからには裁判にも公正に臨んでもらわなければなりません。

その検察官が自分たちに都合の良いように証拠品に手を加えるというようなことがあったとしたら、私たちはどうやって自分の身を守ればよいのでしょうか。たとえ自分の身に何もやましい事がない、清廉潔白な人であったとしても、証拠を捏造されて起訴されてしまってはどうすることもできません。裁判官は検察の主張に嘘はないという前提で判断を下すでしょうから、検察に目を付けられた時点ですでに結果は決まっているということになってしまいそうです。

もうひとつのニュースは、尖閣諸島近海で違法操業していたところを見つかり、取調べを免れようと漁船を巡視船に衝突させたため公務執行妨害罪で逮捕していた中国人船長を「日中関係を考慮して」釈放する、というものです。最初は国内向けのポーズと見られていた中国政府の態度が日を増すごとに厳しくなってきて、また日本人4人が中国の軍事施設を撮影していたとして拘束されているということも伝わってきて、そういう状況を考えて、というつもりなのでしょうが、結局中国の圧力に屈してしまったようにしか見えません。これでは「圧力をかければ日本は折れる」という前例になってしまうだけで、日本国にとってはなんのためにもならないのではないでしょうか。

しかも、今回の判断は検察が独自に下したものであり、政治判断ではないというのですから驚きです。いったいいつから検察庁が外交に関与するようになったのでしょうか。勝手にこんな判断を下して国益を損なう官庁にも開いた口が塞がりませんが、そんな官僚をコントロールできていない民主党政権にも大いに問題があります。そもそも、政府が速やかに政治判断を下さないからこそ問題が大きくややこしくなってしまったわけですが、せいぜい事態がこれ以上悪い方向に進まないようにしてもらいたいものです。

それにしても、検察官になるには弁護士や判事と同様、司法試験に合格する必要があるのですから、相当なエリートであるはずです。1つ目と2つ目のニュースではだいぶレベルの違う話ですが、そんな人達がこういうおかしなことをしてしまうのは仕方のないことなのでしょうか。たまに悪いことをして捕まる弁護士もや判事もいますし、結局は勉強の出来不出来とは無関係な人間としての問題なわけで、沢山の人がいれば中にはそういう輩もいるというだけのことですかね。勉強が出来れば偉いというわけではないという当たり前のことで…