「gadget」タグアーカイブ

Kindle Touch

Kindle Touch餅は餅屋。

iPadについて書いた後で何なのですが、実は私はAmazonの電子書籍リーダーであるKindleも購入して使用していました。iPadを買うつもりならそんなものは必要なかったのではないかと言われそうですが、これはこれで全くの別物であると思っています。もちろんiPadにもiBooksというApple純正の電子書籍リーダーアプリがあって、iBookstoreという電子書籍ショップも用意されていますが、iPadではどうにもならないものがあります。

それは何と言っても表示デバイスがバックライト液晶であるということです。カラーの写真集や絵本、動きのあるインタラクティブ書籍などはカラー液晶であってこそと言えますが、いかに新しいiPadが高解像度であっても光る画面を見続けるというのはどうしても目に疲れを感じるものです。せいぜい一時間程度であればどうということもないかもしれませんが、読書に熱中してしまい気付いたら4時間経っていたなどという経験はないでしょうか。そういうことはバックライト液晶ではきっとありえないでしょう。

カラー液晶を搭載しているKindle Fire以外のモデルでは表示にE Ink電子ペーパーが採用されています。この電子ペーパーは通常の印刷物同様の反射型デバイスであるため、疲れ方も印刷物同等です。実際に目にした感じでは文字の美しさも活字と変わらない印象で、それほど画素数が多いわけでもないのにそう感じるのはコントラストが非常に高いのと、画素の間隔がとても狭いため画素が連続して見えるからでしょうか。文字に限ればiPadのRetina Displayにもそう負けていないのではないかと感じるほどです。

E Inkのもう一つの特徴は表示を保持するために電力を必要としないということです。配達されてきて開封した時に画面が表示されていることで最初に驚きを感じるわけですが、画面を書き換えるときにだけ電力を使うので1ページを読むのにどれだけ時間をかけようが焦る必要がありません。実際には電源が入っている限り画面以外のところで電力を消費しているわけですが、それは微々たるものです。

モノクロであること以外のE Inkの欠点としては表示の更新に時間がかかるということと、画面の書き換えの際に白黒反転させないと前の表示が残って見えてしまうということがあります。時間の方は以前よりも良くはなっているのかもしれませんが、今のところどうにもならないようです。こればかりはデバイスの特性であり、現時点では低消費電力とのトレードオフと諦めるしかないでしょう。反転表示の方は最新のモデルではかなり改善されていて、以前はページをめくるごとに画面全体が反転していたのが4ページに1回だけとなっているようです。ユーザインタフェースの要素として表示される場合は部分的な書き換えも行われますし、私にはそれほど目障りとは感じなくなっています。

ただ、大きな問題は日本の書籍がまだないということです。近いうちに日本のAmazonも発売するとか、どこそこの出版社はもう契約しただとかという噂のような報道もありますが、今のところは日本で購入する場合もアメリカのAmazonからということになっており、購入できる書籍もアメリカで発売されるものに限られています。黒船Amazonと旧態然とした出版業界の対立という構図のようですが、お互い読者と著者のことも考えた解決を図ってもらいたいものです。

私は「スティーブ・ジョブズ」を原書で読もうと思っていて、そのために購入したと言っても過言ではないのでいいのですが、この快適さに慣れると出張などで出掛けるときに紙の本を何冊も持つというのがバカバカしく思えてきてしまいます。どうしてもという人は自分で本を裁断してスキャナにかけPDFファイルを作成する「自炊」ということをしているようですが、漫画などは別としてPDFではレイアウトにとらわれてしまうので電子書籍として中途半端だと思うのですよね。自分の読みやすい文字の大きさ、間隔に調整できるというのも電子書籍の大きなメリットなのではないでしょうか。

私が購入したのはKindle touchの広告付きWiFi+3Gモデルなのですが、タッチスクリーンの反応は今ひとつなものの、まずまず直感的な操作ができます。特に良いのは内蔵されている辞書機能を使う時で、本を読んでいるときに調べたい単語を長押しするとそれだけでポップアップ画面で意味を表示してくれます。これは英語の学習者にはとても優れた機能ではないでしょうか。3G通信については通信量や基本料などは一切負担する必要がなく、いつでもどこでも書籍をブラウズして購入することができるというのはとても快適で、そして危険です。ついうっかり次々に本を買ってしまいそうになり、それではAmazonの思うつぼです。広告付きモデルでは電源をオフしている間のフル画面と、メニューの最下段に広告を表示する代わりに$40安くしてくれるというものなのですが、この広告が「〜の割引キャンペーン」の案内のようなものなので全く邪魔にならず、それどころかこのおかげで特売にありつけたりします。この広告付きモデルはアメリカのみの発売ですが、アメリカに住んでいるならばこれを選ばない手はありません。

ということでこれは日本でも早く展開すべきだと思うのですが、これまでに日本に電子書籍がなかったわけではありません。しかしそれらが普及しなかったのはなぜなのかと考えると、事業者または著作権者の側が貪欲すぎて読者の立場に立っていなかったからなのではないでしょうか。もちろんデバイスの完成度の問題もあったでしょうが、音楽業界がAppleに屈したのと全く同じ図式に思えて仕方ありません。

iPad

The New iPad恐ろしいのはこの素晴らしさにもすぐに慣れてしまいそうなこと。

私は現在太平洋上空、成田へ向かう機内にいます。今回は家族を迎えに行くための一時帰国ということなのですが、マイルを使ってアップグレードできたためビジネスクラスを利用しています。しかし、このデルタ航空B747-400のビジネスクラスというのはもうかなり古くなってしまっていて、離陸前には隣の席のリクライニングが正しく動作しなかったり、エアコン吹き出し口のパネルが外れて落ちてきてしまったり、私があてにしていた110V AC電源も生きていなかったり、さらにはフライト中に機内エンターテイメントがろくに動かず何度もリセットさせているようです。搭乗員にはリセットくらいしか手が下せないのでしょうが、これを楽しみにしてきた人などはかなりがっかりしているでしょうね。もうすぐ更新されるようですが、一刻もはやく手を下さないとどんどん客は逃げてしまうのではないでしょうか。しかし、私はもともと機内エンターテイメントは当てにせず、自分で持ち込んだ機材で臨んでいますので全く影響ありません。いつも音楽はiPhoneの自分のライブラリを、映画も観たい時はMacに取り込んで持参していますが、今回はさらに昨日届いたばかりの新iPadがあります。

今回のiPadは名称がiPad 3になるとかiPad HDになるとか言われていたものがただのiPadに落ち着いたわけですが、名前なんて何でもいいとはいってもHDなんて無粋で嫌だなあと思っていたのでちょっとホッとしました。iPhone以外のAppleの他の製品は新しいものが出るたびにいちいち名前が変わったりしませんが、これは高い互換性・連続性を象徴しているようでいいと思うんですよね。今回のiPadの更新でもアプリケーションはそのまま動作するわけですから。

もう一つ、と言うより最も心配だったのは発売日です。かなり前から2月か3月に発表されると言われていたので楽しみに待っていたのですが、3月7日の発表会の招待状が2月末に発送され、多くの場合発表の翌週末が発売日となっており、実際にその通り16日に発売となりました。しかし、私の一時帰国の予定はすでに17日と決まっていて、その前に入手できるかどうかで大きく違ってくるのでやきもきしてしまったというわけです。どうしても先に手に入れておきたかったので、発表当日オンラインストアにアクセスが集中する中、職場から購入してしまいました。しかも受け取りにはサインが必要ということだったので配達先も職場という、公私混同と言われても仕方がない状況だったのですが許してください。

ということで無事に受け取ったiPad、私が購入したのは64GBのWiFi+4Gモデルという最も高いものにしてしまいました。色はちょっと迷った挙句に黒、4Gのキャリアはしばらく迷って職場携帯と同じVerizonです。デトロイト近郊ではAT&TよりもVerizonの方が電波の入りがいいようなのですが、日本で使うことを考えるとAT&Tモデルの方が都合が良いようだったので悩みました。しかし実際には出張などで日本にいる間にわざわざ契約してまで利用しないでしょうし、3年と言われている任期の後で帰国をした時には状況も変わっているかもしれません。そもそもバッテリーの寿命もありますし、3年以上使えるものなのかも怪しいですね。日本ではWiFiのみと割り切ります。

さて、今回の更新の目玉はなんといってもRetina Displayです。これまでのiPad、iPad 2に対して画素数が縦横2倍、2048×1536というとんでもないものになりました。解像度は264dpiということでiPhoneの326dpiよりは低いものの、目からの距離が1.5倍になるからこれでもRetina Displayなのだという説明はちょっと苦しいというか、蛇足ではないかという気もしましたが、実際にこの目で見てみるとピクセルなんて全く見えません。文字は輪郭がくっきりしていて非常に読みやすくなっていますし、1ピクセル幅の線なんて髪の毛よりも細いのではないかという感じです。写真を見ても非常に鮮やかで美しく表示されますし、目の疲れも少ないのではないでしょうか。メディアの論評では「解像度が上がるなどの小変更のみでアップルの革新にも陰りが」などと言われていましたが、とんでもない、これだけでも価値がありますし、これだけではありません。

もうひとつの目玉はLTEです。Long Term Evolutionの略で、どうしてこんな抽象的な名前なのかなと思っているのですが、以前は3.9Gと言われていた規格が4Gに格上げされたものです。データ通信速度が飛躍的に向上し、WiFiと遜色ないスピードが出るというものですが、実際に非常に高速で全くストレスを感じません。アプリのダウンロード時間で見てもWiFiと同等以上ではないかと感じます。このLTEは日本では利用できないので私はアメリカ在住の恩恵を受けられるわけですが、アメリカではAT&TもVerizonも通信量無制限のプランが無いので、一月でどの程度のデータ通信を行うのかがわからない今はそれが非常に心配です。私はとりあえず2GB/月まで$30というプランにしましたが、果たしてこれがちょうどいいのでしょうか。

他にも更新されたものはいくつもありますが、背面カメラがiPhone 4同等のものになったのが私にはちょっと嬉しいポイントです。今となってはiPhone 3GSのカメラでは見るに耐えない時が度々ありますからね。今のところInstagramにはiPad版がないのでiPhone版で我慢していますが、近いうちに登場することを切に願います。これまでiPadで写真を撮っている人は滅多に見ることがありませんでしたが、iPad 2のカメラは今ひとつだったようですからね。それも今回の性能アップで状況が変わるかもしれません。

ということで大満足な私ですが、なにしろAppleの製品はいつ更新されるか大体の予想しかできず、さらに更新のたびに魅力的なアップデートが盛り込まれるため、購入直後に更新されると自分のものが見劣りしてしまうというのが問題で、また更新が近いからといって値下がりすることも無いので、発売直後に購入するというのが一番幸せになれます。私は今使っているMacBook Proを購入した時にうすうす分かってはいても待てなかったために少々悔しい思いをしましたので、今度こそはと我慢し続けていた甲斐がありました。

IKEA POÄNG

POÄNG置き場所には困りません。

アメリカ・ミシガン州にやってきて今日でちょうど4週間が経ったところですが、家や車も手に入って、ようやく落ち着いてきたところです。この家に入居してからもそろそろ2週間というところですが、しかし家の中はガランとしたままです。日本からの引越し荷物がまだ届いていないということもありますが、そもそも家具はかさばるので送るのももったいない上に、こちらの大きな家ではみすぼらしく見えるという話もあったため、こちらに来てからIKEAで調達するつもりでほとんど送ってきていません。

しかし、まずは寝るのにベッドがなくては困るということで職場の皆さんにもまず心配していただいたのですが、それはまずマットレスだけを買って床に直において寝ることにしてしのいでいます。マットレスもスプリング式のものは大きくてシングルベッド用のものでもなかなか車には乗りませんが、SULTAN FIDJETUNという形状記憶フォームのマットレスが圧縮してロールにされた状態で売られていて、しかも膨らませた状態だと結構しっかりしたものになるようだったので、これを購入することにしました。入居前日に購入しておいて、なるべく早めに広げたほうがいいだろうと当日まだ明るいうちに広げてみたところ、完全に膨らむには72時間かかるというようなことが書かれていてちょっと焦りましたが、6時間くらいたった寝る頃にはまだ若干端の方が膨らみきっていないような感じがあったくらいで特に問題なく寝ることができました。膨らみきった今は14cmもの厚さのしっかりしたマットレスなのですが、これが直径14cmほどのロールになっていたとは一体どんな力で圧縮していたのかと思うとともに、きれいに元に戻ってしまうというのもなかなか驚きです。ちなみにこの製品そのものは日本では扱われていないようですが、似たような製品は他にもあるでしょう。

ということで、まずは寝る場所は確保できたのですが、家に帰ったからといって風呂に入って寝るだけというわけにはいきません。食事もしなければいけないのですが、テーブルセットを自分の車で運ぶのはやっぱり無理ですし、妻と一緒に選びたいのでキッチンカウンターで食べられるようにGLENNというバースツールを購入しました。これは黒と白があるのですが、黒の方が梨地のつや消しになっているのに対し、白の方は艶のある仕上げになっていて座った感じも良かったのでこちらにしました。ただちょっと失敗したのは、私は背の高い方にしたのですが、これがカウンターに対してちょっと高すぎたのでした。低い方だとおそらくちょうど良かったのでしょうが、後の祭りというものですね。ちなみにこの製品は日本だと9990円となっていますが、アメリカでは$79.99ということなのでかなり割安ですね。

さて、これでとりあえず生活するのになんとか困らない程度にはなったのですが、家にいる間ずっとバースツールに座っていたり、床に直に座っているというのもちょっと落ち着きません。PCを使うときは硬い壁に寄りかかって床に座っていたのですが、しばらくすると体が痛くなってきてしまい、これはもう耐えられない、ということでまたIKEAへ走り、くつろぐための椅子を一つ購入することにしました。最初はソファでも買ってしまおうかと思ったのですが、それはやはり車に載らないので諦めて、結局IKEAの代表的な製品でもあるPOÄNGを購入することにしました。

このシリーズにはフレームやクッションにいくつかのバリエーションがあって、それらを好きな様に組み合わせて楽しむことができるのですが、私が選んだのは以前からやりたいと思っていたブラックブラウンのフレームにミディアムレッドのクッションの組み合わせです。なかなかビビッドな印象になりますが、飽きたら替えればいいので気楽に選ぶことができますね。IKEAの家具ではいつも思うことですが、コンパクトなパッケージに収められているのに非常に計算された組み立て方法のおかげでおどろくほど簡単に組上がってしまいます。実際に組み立てに要したのは10分程度のものではないでしょうか。それでいて組み上がりはしっかりしていて、気に入った色が選べたこともあってとてもいい感じです。

ちなみにこの製品も日本では8990円ということですが、アメリカではフレームが$40、クッションが$29の計$69ということで、仮に$1=100円のレートで考えたとしてもやはりだいぶ安いですね。日本でも色がナチュラルだと安くなっているようなのですが、なぜなのでしょうか。まあアメリカは物価がだいぶ安いですから、この程度でないと買い得感が出ないのかもしれませんが… それにしてもミシガンにもIKEAができて助かりました。自宅から30分かからないくらいで行けるのでしょっちゅう行ってしまいますが、もうちょっとアメリカらしいものを買った方がいいような気がしないでもありませんね。