「house」タグアーカイブ

シャワーホース交換

自分でやれば早い、安い、美味い?
🚿

私は20年ほど前に購入した中古マンションに今でも住んでいるのですが、竣工したのがバブル直前なので建物本体はしっかりしているものの、さすがにところどころで雨漏りなどの問題が起こってきているそうで、これを維持していくのも大変になってきていることは管理組合の理事長をしていた昨年も痛感したところです。居室内は入居時に全面リフォームしたのでだいぶマシですが、それでも20年も経つと細かいところでボロが出てくるものです。

浴室も入居時にTOTOのユニットバスに交換していたのですが、ちょっと前からシャワーホースから水漏れするようになってしまいました。チョロチョロ漏れているうちは騙し騙しでしばらく使っていたのですが、さすがに勢いがよくなってくると冷たかったりストレスになるので、昨日ようやくホームセンターに足を運んでホースを買ってきて交換しました。店頭には数社の製品が並んでいて価格もいろいろでしたが、「TOTOだから安心!」と大きく書かれているのはやはり説得力があるのであまり迷わず、色だけちょっと考えて現状より明るめのものにしました。

交換自体は簡単なもので、ホース両端のネジを緩めて古いものを外し、新しいものに替えるだけです。新しいものを付ける際にはパッキンも新しいものにしますが、シャワーヘッド側のパッキンはもともと付いていたものと同じ厚みのものにする必要があるとのことで、これがほぼ唯一の注意点となります。水栓側のネジは固いのでレンチが必要でしたが、シャワーヘッド側は樹脂ですし、そもそもレンチを掛けるところもないので簡単に手で回りました。

ということで新しくなったシャワーホースもこれまでのものと色が違うくらいで特に変わったことはないのですが、水漏れのストレスから開放されたのと、長年の汚れが付いていたものからきれいになったのはなかなか気持ちのいいものです。作業としては数分のものですが、これでも業者に依頼したら出張料と技術料とでそれなりの金額になるでしょうから、それが節約できたというのも晴れ晴れした気分になります。まあ節約しすぎるのも経済を回すためにはいいことばかりではないのですが。

ドアクローザー交換

工業製品には耐用年数というものがあります。
🚪

私の自宅はいわゆるマンションの一室なのですが、無駄に広いルーフバルコニーがあって、リビングルームからバルコニーに出入りするためのドアがあります。このドアには適切な速度で自動的にドアを閉めるための「ドアクローザー」が付いているのですが、最近このクローザーのダンピングが効かなくなってきて、勢いよく閉まるようになってしまいました。築30年近くになるマンションなのでこういう事があちこちで起こってくるのでしょうが、今までよく持ったとも言えるかもしれません。

何も考えずに扉から手を放してしまうとバタンと大きな音を立てて閉じることになるのですが、ガラスが入ったドアなのでいつか割れてしまうのではないかという心配もあり、逆に中途半端に気を使って手を挟まれるようなことにもなっていて、なによりかなり大きな音を立てるので、家族がみな結構なストレスを感じていました。クローザーを見ると本体から油が漏れてきているのでそれが原因と思われるため、クローザーを交換すればいいはずで、それなら自分でもできるのではないかということで、時間を持て余し気味のこのゴールデンウィークにピッタリの作業でもありますし、得意のAmazonで購入して交換してみることにしました。

もともと付いていたのは本体カバーの印字によるとリョービドアマンという製品らしく、調べてみると玄関・勝手口用のS-102Pというものが該当するもののようなので早速注文し、今朝届いたので交換してみました。

なお、Amazonでは色によって1000円ほどの幅で価格が異なっていますが、これまで付いていたのが最も安いアイボリーだったので助かりました。また、交換後に近所のホームセンターで参考までに見たところ、アイボリーは在庫しておらずチョコのみで、価格はAmazonとほぼ同じでした。

これまでのものを外して見比べてみるとあちらこちらで改良や原価低減されていて違いがありましたが、基本的には互換性のある製品なので交換はいたって簡単です。本体付属の説明書は新規に取り付ける場合の説明になっているので、型紙を当てて取り付け用の下穴を空けたりと工程が多くなっていますが、交換するだけであればドライバーでネジを5本外して取り外し、新しいものを元通り取り付けるだけなので、ものの数分で終わる作業でした。また、一部部品は従来のものをそのまま使っています。

閉じる速度は前半と後半を独立して調整できる機構になっていますが、とりあえず初期状態のままで試してみたところ、特に問題ないようなのでそのまま行くことにしました。交換後はもちろんダンピングが効いて最後はゆっくりと閉まるようになり、これまでのストレスが一気に解消されました。まだ慣れないので思わず手を添えて締めてしまいますが、すぐにそんなことは忘れてしまうことでしょう。ということで、5000円足らずの出費と僅かな時間でかなり快適になりました。

ちなみにこの製品は1981年度のグッドデザイン賞と1996年度のロングライフデザイン賞を受賞しているとのことです。ロングライフデザイン賞というものの存在は寡聞にして知りませんでしたが、

これから生まれるデザインの手本となりうる、時代を超えてスタンダードであり続ける商品・建築・コンテンツ・サービスなどを表彰します。

ということだそうで、この受賞からさらに20年以上の長きに渡って使われ続けているというのはまたすごいことではないでしょうか。なお、過去の受賞作品を見ると馴染みのある製品が多数並んでいますが、その中には私も20年ほど愛用しているHHKBも含まれていてちょっと嬉しくなりました。

トクラス システムキッチン

トクラス思った以上に大変でした。

私の自宅は16年前に購入したマンションの一室なのですが、その時点ですでに築10年以上経過していました。そのため、入居時には壁を移動したり和室を洋室に改装したりと結構思い切ってリフォームしたのですが、前の持ち主はお金持ちで別荘のように利用していたようなのでほとんど使われていなかったキッチンは、またしばらく使ってからリフォームしようということにしていました。そして10年ちょっと経ってそろそろまたリフォームしないといけないなあという頃にアメリカに赴任することになり、その間賃貸に出すことだし帰国したらやろう、ということにしていたのでした。

帰国前の一時帰国の際には近所のリフォーム業者に相談にも行ってみたのですが、同じマンションでの施工経験もあるらしく状況はわかっていて、スムーズには進みそうでした。しかし、どうも安さばかりを強調されて、全く新しい提案がないのが私には不満でした。せっかくそれなりの金額をかける覚悟でいるのですから、ただ新しいものに置き換わるだけで他に何も変わらないのでは嬉しさがありません。そこで妻と相談して、他の業者を探してみることにしましたが、基本的には各業者が契約しているキッチンメーカーで施工するということのようなので、まずはどのメーカーのものが良いかを決め、それから近くの施工業者を探すということにしました。

今回私は意見を求められた時に口を出すだけで、選択権は妻に一任することにしていたのですが、妻がインターネット上の評判などから選んだのはヤマハからスピンアウトしたトクラスでした。ヤマハのシステムキッチンというのはあまりピンとこない人もいると思いますが、継ぎ目のない人工大理石のカウンタートップが一番の売りとなっていて、熱や衝撃に強く、傷がついても研磨すれば良いので長く使えるということのようです。

このトクラスを扱っている業者を調べて絞りこみ、10月の上旬頃から相談に行き、年内には工事を終わらせたいと伝えて詳細を詰めていきました。勧められたのはベリーというシリーズですが、カウンターやシンクの色、パネルの色や材質などかなりのバリエーションがあってそれを決めるのにはかなり時間がかかりました。肝心のキッチンの構成としては、これまでのL字型からシンクやコンロをI字型にまとめ、後ろに平行してI字型のカウンターを設けるという提案をいただいて、それを採用することにしました。L字型というのはコーナー部分にどうしてもデッドスペースが出来てしまうので、限られたスペースを広々と使うには「=型」というのは良さそうです。

結局私達の決断に時間がかかったのと、年末の繁忙のせいで工事は年明け1月に入ってからということになりました。1週間ちょっとの工事の間、毎日現場監督が常駐するので自由に出掛けて構わないというのは良かったのですが、キッチンが使えないというのは仕方ありません。必然的にその間の食事はほとんど買ってきたものか外食ということになってしまいましたが、それは思いの外ストレスになるもので、キッチンの有り難みを痛感することになりました。

そうして出来上がったキッチンは以前よりも明るく広々としたものになり、人工大理石のすべすべした肌触りも良く、引き出し型の収納は使いやすく、換気扇が静かで能力の高いものになったのも嬉しい点です。またコーヒーミルなどもすっきりとカウンターに並べることができるようになって妻はもとより私も満足しています。以前置いていた食器棚はアメリカに行く時に処分してしまい、食器もシステムキッチンに入れることにしたので収納自体は減っているのですが、実際に使用するのは限られたものなので食器も減らしてしまおうということでこのようにしました。結果的にそれでも特に問題はなく、なんとかなっているようです。

水回りの工事には金がかかるとは言われていますが、結局トータルでは一番安いMINIが買えるくらいの金額になってしまいました。しかし満足度は非常に高いものですし、車よりも頻繁に、長く使うものなので納得できる範囲でしょう。使い勝手の良いキッチンで美味しい食事を気持ちよく作ってもらえたら、それだけの価値はあると思います。