Archives

姫路市、庁舎のエアコン設定温度を25度に

暑さにも個人差があることを理解してほしい。

私は現在、白鷺城で有名な兵庫県西部の中核市である姫路市に住んでいるのですが、もともと東京とその近郊で育った私が姫路に来てから今年でなんと25年になりました。いつの間にか人生の半分以上をこちらで過ごしているので、すでに東京に帰省したときも姫路に戻ってきたときの方が落ち着くようになって久しいです。

その姫路市が先日、市役所本庁舎の冷房時の室内温度を25度にすると発表したと報じられました。快適に仕事ができる環境にして作業効率を上げ、残業時間を短縮することで結果的に省エネ、経費節減になると説明しているようです。現在の姫路市長である清元氏は今年の統一地方選挙で当選して1期目ですが、医師でもあるため専門的な見解を持っているのかもしれません。

25度というのは寒いという人もいるのでは、という声もあるようですが、その程度の寒さなら上着を着るなりひざ掛けをするなりできるでしょう。それができないという人は気温が25度以下のときはどうしていたのでしょうか。人並み以上に暑さに弱い私は職場のエアコンは26度に設定するようにしていて、同僚には寒いという人もいるのですが耳を貸さないようにしています。上着やひざ掛けは許されているのに対し、作業着を脱いでシャツ1枚になることは禁じられているのですから、暑い側に合わせてもらわないとどうしようもないでしょう。もちろん机の上に扇風機は置いていて在席時は常に風に当たるようにしていますが、それでなんとかという状況です。事務所衛生基準規則では下記のように室温が28度を超えないことと定めていますが、これは設定温度ではなく実際の室温のことであることを理解すべきでしょう。

事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。

なお、瀬戸内海に面した姫路市は他の三方を山に囲まれているせいか気候的には盆地のような特徴も持っており、夏の最高気温は38度ほどになる一方、真冬は氷点下まで下がるという寒暖の差が大きいところです。しかしそれ以上に私がこちらへ来て驚いたのは、夏は朝から暑いということです。関東地方では天気の良い日の朝は放射冷却で涼しくなるものですが、姫路では最低気温が25度を下回らない熱帯夜が当たり前で、ここ数年覚えている限りでは熱帯夜でない日のほうが数えるほどです。まあ、全国的に熱帯夜は増える傾向にあるようなので、これはこの近辺に限ったことではないのかもしれません。

そんなところなので、夏場のエアコンはどう考えても必要、ということで市内の小中学校にも現在ようやく配備されるようになってきたのですが、まだ整備されていない学校があるため不平等、という訳のわからない理由でまだスイッチを入れることが許されていないそうです。児童生徒はともかく、現場の先生方の労働環境をないがしろにしたこの屁理屈はなんとかならないのでしょうか。また驚くことに、上記の通り冬場の寒さも厳しいところなのに、教室には暖房も一切備えられておらず、子どもたちも上着を着込んで震えながら授業を受けているのです。この話を地元の知人らにすると「自分たちのときもそうだったから」と言うのですが、そんなことではいつまで経っても改善されません。そんなことで良いとは思えないのですけどね。

パン有本 こだわり卵のクリームパン

超ローカルな話題です。

私が最近ついつい買ってしまうのがクリームパンです。昔ながらの菓子パンの代表的なものの一つですが、昼食には妻の弁当があるのに、出勤途中にクリームパンを買うためにだけわざわざコンビニに寄って、昼食後のデザートとして食べる、なんていうことをしばしばやってしまいます。こんなことを続けていれば当然太るので、やめなければとは思うのですが、通勤経路にコンビニはいくつもあるのでついつい、やめられません。

中でもお気に入りなのは山崎製パンの薄皮クリームパンですが、人気なのか取り扱いが減っているのか、あまり遭遇できません。特にコンビニはプライベートブランド(PB)に力を入れているので、PBの類似品はたくさんあるのですが、薄皮クリームパンはそれらとは全く違います。

またクリームパンといえば最近は広島・三原の八天堂が有名で、広島県内の観光地には出店があったり、デパートの物産展などでも売られているのを目にすることがありますが、私がクリームパンにハマりだしてからは見かけていないので、実はまだ食べたことがありません。しかしウェブサイトの商品を見てみると、これらは間違いなく美味しいでしょうね。今度見かけたら必ず購入するでしょう。

ところで、以前妻が友人に連れて行ってもらったという、クリームパンで有名なパン屋さんがあります。私の自宅から20kmほど北、兵庫県市川町にあるパン有本というお店で、ここには「こだわり卵のクリームパン」というものと「超クリームパン」というものがあります。クリームパンは160円、超クリームパンは200円とちょっとだけ高くなっているのですが、残念ながら今までお目にかかったことがないので味の違いは分かりません。

この週末、このクリームパンを買いに行ってみようと思って、開店直後を目指して出掛けてみました。といっても、朝6時開店なので自宅を出発したのは6時ちょっと前、到着したのが6時半頃でした。さすがに他のお客さんはおらず、店主が一人でパンを調理しながらレジも対応されていました。超クリームパンの方は9時に焼き上がるということだったので買うことができなかったのですが、クリームパンの方はできたてのものがたっぷりあったので、自宅に持ち帰るものの他に1個余分に買って、店の前ですぐに食べてしまいました。

このクリームパンは卵にこだわったもので、クリームはオレンジ色がかかった濃い色のもので、コクが有りながらさっぱりしているのは牛乳が少なめなためではないかと思います。パンはとてもフカフカかつモッチリしていて、今のところこれ以上に美味しいクリームパンには出会ったことがありません。

朝6時から20kmも車を走らせてパンを買いに行って、店の前でクリームパンにぱくついているおじさんってどうなのかなとも思いますが、なにしろ美味しいのでお近くの方はぜひ試していただきたいと思います。なお、加古川のヤマトヤシキや姫路市内のイベントでも売られることがあるようなので、見掛けられたらぜひどうぞ。

姫路とれとれ市場

あまり魚が穫れるイメージはありませんが。

私たちがアメリカにいた3年版の間に、地元姫路にも色々と大きな変化がありました。一番大きいのは姫路城大天守の修復工事が完了し、白鷺城の名にふさわしく真っ白な姿を見せて再公開されたことでしょう。おかげで週末ともなれば姫路城の周りは国内外からの観光客がかつて無いほどやって来て大賑わいとなっているようです。また、客待ちのタクシーや違法駐停車が非常に見苦しかった姫路駅前も大きく整理されてだいぶすっきりしたのも大きな変化です。

私が待ち焦がれていたシネコンもようやく姫路にやって来ました。これまで大手シネコン進出の話が持ち上がるたびに「青少年の健全な育成に問題が」云々と言って地元商店会が潰してきたのですが、今回は地元映画館が運営するということで無事にオープンに至ったようです。しかし12スクリーンあるというのはいいのですが、合計2000席ほどしか無いということで一つ一つのスクリーンはあまり大きなものではないようです。今のところアメリカで見てきた映画ばかりなので私はまだ行っていないのですが、「007スペクター」や「スター・ウォーズ フォースの覚醒」はここで観ることになるでしょうか。

さて、今年になって姫路にもう一つできたのが、「JFぼうぜ 姫路とれとれ市場」という施設です。姫路市の瀬戸内海に面した妻鹿漁港にできた直売所と食堂からなるものですが、新鮮な魚介類や地元の農産物を購入でき、また食堂では新鮮な海の幸を安価に堪能できるということで、私はその食堂に大いに期待していたのでした。この週末、ふと思い立って子供たちが部活などで出掛けている間に妻と2人で早めの昼食を摂りに、食堂が開く11時を目指して行ってきました。

到着してみると余裕のある駐車場にはたくさんの車が止まっていて、中に入るとセルフサービスの食堂では注文の行列ができていました。しかし、それは開店直後だったからのようで、私たちの後には誰も並びませんでしたし、満席になってしまうほどの混雑でもなかったので、それほど慌てる必要はないようです。私たちは鱧の湯引きと、それぞれ海鮮丼を注文しました。鱧はわずか300円でしたが、肉厚でこの値段で食べられるものとは思えません。海鮮丼にはたっぷりと刺し身が載っていましたが、そのどれもがプリプリとした食感で新鮮さを物語っていました。ただ、ご飯が酢飯だったのが少々残念で、ほかほかのご飯だったらさらに良かったのにというところです。

食後にはゆっくりと直売所の方を見てみましたが、活きのいいシャコやワタリガニ、伊勢海老、帆立貝、鱧や鯵などが生簀にいて、買って帰ることができるようになっていました。スーパーなどとは大違いの新鮮な魚介を自宅で堪能できるのではないでしょうか。

ということですが、周りには住宅以外はなにもないところなので、姫路市の外からやって来るという人はそう多くないのでしょうね。しかし、少なくとも地元の活性化には繋がることを期待したいと思います。私の自宅は市の中心部より北側なので、普段生活していると海の近くだということをほとんど意識しませんが、自宅から30分足らずで新鮮な海の幸に接することができるというのは嬉しいことです。特にミシガンには海がなかったので、ますますそのありがたみを感じます。