Archives

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

実在の人物かと錯覚してしまいます。

経緯はすっかり忘れてしまいましたが、先日どこかで見つけてすぐに購入して読んだのが「自叙伝 ジャン=リュック・ピカード」という本です。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

posted with amazlet at 18.12.09

竹書房 (2018-10-11)売り上げランキング: 36,602

Amazon.co.jpで詳細を見る

おそらくこの本を楽しめるのは「ジャン=リュック・ピカード」というのが何者なのかすぐに分かる人だけではないかと思われますが、わかっている人には言わずもがな、「新スタートレック」(TNG)に登場する宇宙艦U.S.S. エンタープライズの艦長Jean-Luc Picardのことです。TNGの主役が誰であるのかというのははっきりしないところですが、誰か一人といえばまっさきに考えるのがJean-Lucでしょう。このJean-Lucというのはもちろん架空の人物ですが、その彼が書いた自叙伝の形式で書かれた小説がこの作品です。

Captain PicardというのはPatrick Stewartが演じていたキャラクターですし、表紙も惑星連邦宇宙艦隊の制服姿のPatrickの肖像なのでどうしても彼のイメージで脳内再生されてしまいますが、若い頃のJean-Lucはどういう姿だったのでしょうか。やはり若かりし頃のPatrickの姿で想像すればよいのかとGoogleで画像検索してみると、やはりシェイクスピア俳優だったというだけあってなかなか凛々しい青年だったようですね。

「スタートレック:ヴォイジャー」(VOY)は全話観て面白かったのでTNGも全て観たいと思うのですが、TNGの最初の方はかなりつまらないのですよね。全部観てやる!と意気込んで観始めたことはあるのですが、何話か観て挫折してしまったことがあります。そのためこの「自叙伝」にも知らないエピソードがいくつも出てきて、それは私が観ていないから知らないだけなのか、そもそも本編には出てこないものなのかがわからないということになっています。しかし、それはどちらであったとしても同じように楽しく読むことはできて何も問題がないので、「スタートレックシリーズは好きだけれどTNGはあまり観たことがない」という人でも楽しむことができるのではないかと思います。

ちなみに著者名も「ジャン・リュック・ピカード」になっていてこういう遊び心は楽しいですが、本当の著者はDavid A. Goodmanという人で、編集者としてクレジットされています。スタートレックの大ファンと公言している人が、好きが高じて本を書いてしまったというものなので、内容はかなりディープなものになっていて大ファンにも満足できるものになっているのではないでしょうか。私はだいぶライトめなファンだと思いますが、非常に楽しく一気に読み切ってしまいました。同じ著者がJames T. KirkやMr. Spockの自叙伝も書いているので、オリジナルシリーズ(TOS)が好きな人にはそれらのほうが面白いかもしれませんが、残念ながら日本語訳はなされていないようです。私はTOSについてはあまり知識がありませんが、いつか日本語版が出たらぜひ読んでみたいと思います。

あなたの人生の物語

想像力を働かせるのがSFの楽しみ。

先日、居間で家族が見ていたテレビで映画「メッセージ」が紹介されているのを何気なく聞いていて、Amy AdamsやJeremy Rennerが出演しているということでちょっと興味を持ったのですが、この作品はTed Chiang原作のあなたの人生の物語を原作としたものであるとのことでした。映画の公開は5月ということでまだ間があるので、それまでの間に原作を読んでみよう、ということでその場ですぐにKindle版を購入し、読んでみたところこれが凄いものでした。

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

posted with amazlet at 17.02.18

テッド・チャン 早川書房 売り上げランキング: 8,340

Amazon.co.jpで詳細を見る

というのは、「あなたの人生の物語」という作品自体は短編で、この本は短編集になっているのですが、ここに収められている作品がどれも独特で、素晴らしいものなのでした。ジャンルとしてはSFとされていて、「あなたの人生の物語」は地球に異星人がやって来て…という話なのでまさにSF的な設定になっているのですが、最初に収録されている「バビロンの塔」は旧約聖書に登場するバベルの塔での出来事を描いたものですし、「七十二文字」という作品は「名辞」という秘密の言葉を紙に書いて埋め込むと人形を動かすことができる、という世界の話で、ファンタジー的な世界観も併せ持つ不思議な雰囲気があります。なお、この72文字で人形を動かす、というのはユダヤ教のゴーレムから来ているようです。

私が一番凄いと思ったのは「地獄とは神の不在なり」という作品です。これもまた非常に宗教的なテーマのものなのですが、たびたび地上に姿を現す天使が降臨すると奇跡的治癒により救われる人がいる一方、その光を浴びることによって命を落としたり目を失ったりという目にも遭うという凄まじい世界が舞台となっています。この作品には作者の宗教観が反映されているようですが、読者も宗教を信じるということについて考えさせられるのではないでしょうか。

このようにSFとしては非常にユニークな世界観の作品が多いTed Chiangですが、なんとなく以前似たような作品を読んだことがあると思ったら「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」という短編集に収録されていた「商人と錬金術師の門」が彼の作品だったのでした。たしかにこの作品もとても特徴的で味のある作品でした。

ということでとても面白かったのでTed Chiangの作品をもっと読んでみたいと思ったのですが、実は彼は非常に寡作で、これまでに発表されている作品が20に満たないとのことで、これ以上はしばらく読むことができそうにありません。本業はテクニカルライターだとのことですが、これだけ質の高い作品をコンスタントに出し続けるというのは難しいのでしょう。質の低い作品がいくつあっても評価を落とすだけですから、これも仕方のないことです。いつかまた新しい作品に出会えることを楽しみに待ちますが、一方でこの短編集に収められている作品もまた読み返すことで新しい理解が得られそうなのでまだしばらく楽しんでみたいと思います。

君の名は。

色々無理はあるような気がしますが、それはそれで。

今年の夏休みの終わり頃である8月26日に公開されたアニメ映画「君の名は。」が大ヒットしていて、1か月経たないうちに興行収入が100億円を超えたということがニュースになりました。私の周辺では大ヒットしたように見えた「シン・ゴジラ」でも10月11日現在で77億円で歴代66位なのに対し、すでに歴代11位の145億円となっているのですからいかに幅広い支持を得ているということかと思います。ちなみに、この日本国内のランキングで歴代1位となっているのは「千と千尋の神隠し」で、このランキングの中でもつい先日観た「タイタニック」が2位につけていますが、7位に「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が入っていて、この作品がここまでヒットしたとは知りませんでした。このシリーズにはまったく関心がなかったのですが、観ておかなければいけないかもしれないと思ってしまいました。

それはさておき、これだけ話題になっていると普段洋画ばかり観ている私でも気になってしまいます。幸い、Amazonでこの映画の小説版である「小説 君の名は。」のKindle版が安くなっていたので買って読んでみると思いの外面白くて、その後で本作のサイドストーリーである「君の名は。 Another Side: Earthbound」というのも読んでみてすっかりこの作品の世界に浸かってしまいました。となるともう映画も観ないでいるわけにいかず、ちょうど今週定期テストが終わったばかりの次男を誘うと1も2もなく二つ返事で行くというので、昨晩のレイトショーで観に行ってきました。

小説 君の名は。 (角川文庫)

(2016-10-16現在)

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

(2016-10-16現在)

映画の内容はほぼ完全に小説版と同じなので私はストーリーを把握している状態で観たことになりますが、それでもとても楽しむことができました。文章を読みながら自分が頭の中に描いた光景が、映像により補完されて整理されていくというプロセスはなかなか気持ちのいいものだと思うので、展開を知らないまま映画を観て新鮮な驚きを得るというのももちろん楽しいものですが、それは小説を読むときに体験できているのでこれはこれで私は好きです。

上映直後の次男の反応はというと、これまでに観た映画の中で2番目に感動した、何度も観る人の気持ちがわかる、何度繰り返しても楽しめそうだ、とのことでした。もちろんこの「2番目」というのが気になったので1番目は何なのかと聞いてみると、「HACHI 約束の犬」だとのことで、渡米間もないころに英会話の先生に英語で映画を観てみろと言われて観たところ、何かが彼の琴線に触れたようです。ともあれ、せっかく連れて行ったからには大変楽しんでもらえて嬉しいですね。

しかし、これだけ多くの人に受け入れられている作品をブログなどで公然と批判する人もいます。もちろん面白いと感じるかどうかは個人により違いますし、それを表現するのも自由です。しかし、文章の端々から「自分はこの程度で楽しめる凡人とは違う」という無意味な優越感が垣間見えてしまう人もいて、そういう人には自分には面白さを見つけることができなかったと恥じてもらってもいいのではないかと思ってしまいます。「展開が都合良すぎる」というのは私も感じないでもありませんが、そういうことにしておけばいいと思いますし、「説明されていないしわかるわけがない」というのはすべて説明されなければわからない想像力の不足、というより想像することを楽しむことができないのが哀れにも思えてしまいます。まあいいんですけどね、自由ですから。

実は色々とツメの甘いところは私も気になりはしましたが、そんな完璧な映画ばかりではありません。特にSF的な要素があると現実とは違うのでどこかしら破綻してしまうものですが、それらを許容しながら楽しむという寛容さを持てるかどうかが作品を楽しめるかどうかの違いなのではないでしょうか。せっかくお金を出して映画を観るのですから、つまらなかったと思うより面白かったと感じられる方がお得ですよね。