カテゴリー
news

2020年5月30日のアメリカ

同じ日に同じ国で。
🇺🇸

COVID-19の最大の感染国になってしまったアメリカですが、2020年5月30日は大きなニュースが2つありました。

今月25日にミネアポリス白人警察官Derek ChauvinがGeorge Floydという黒人男性を取り押さえる際に膝で首を長時間押さえつけていたことが原因で死亡するという事件がありましたが、これに対する抗議のデモから暴動に発展し、30日には各地に飛び火することになりました。

アメリカで白人警察官による黒人への人種差別的暴力行動も度々起こることなら、その都度このような暴動も繰り返されていますが、今回はCOVID-19とそれに対応するためのロックダウンなどで人々の鬱憤が蓄積していたこともあってか、かなり規模が大きくなっているようです。しかし一方で、店舗の前で暴動をなんとか鎮めようとする善意の人もいるようで、「アメリカ人」もひとくくりにできるわけではありません。

日本から見ているとアメリカの警官はどうしてこんなことを繰り返してしまうのか、またか、と思ってしまうかもしれませんが、アメリカの警察官は日本よりも命がけで必死なのです。日本でも職務によっては同じようなことはあるかもしれませんが、相手が銃を持っていても不思議ではありませんし、常に死と隣り合わせで仕事に取り組んでいます。警察に車を止められたらハンドルの上に両手を置いて待ち、急な動作はせず、何かを取るときには許可を得てから、というのは私のアメリカ駐在中に言われていたことですが、警察官側も一瞬の判断が命取りになるので躊躇せず発砲するわけです。そのような緊張感が行き過ぎることで今回のような事件に発展してしまうのだと思います。

[2020-06-01 追記]
なお、だからといって今回のChauvinの事件を正当化する意図はまったくなく、なぜこんな愚かな行動を取ってしまう者が続出するのか、そのわけを考えてみたまでです。おそらく相手が白人であったなら起こらなかった事件でしょうが、アメリカの人種差別の問題は深く難しいものなのでここでは述べていません。また、今回全米の多くの警察官の命をさらに危険に晒すことになったという点においても、罪深い一件だと思っています。
[追記ここまで]

ただ、こうした抗議行動が暴動と略奪につながってしまうのは私にも理解のできないことですが、日本以外の国ではそれほど不思議なことではないようで、逆に同調圧力がいい方向に効いて統制の取れた日本のほうが特殊なようだというのは3.11のときにも話題になりましたね。

一つ目のニュースが長くなってしまいましたが、もう一つはSpaceXCrew Dragonに乗ってNASAの2人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに向けて飛び立ったということです。打ち上げは3日前に計画されていたものが延期されていたものですが、今回は無事成功し、その様子はYouTubeで同時配信されましたが、日本では発射時刻が未明となってしまったため、私はちょっと遅れてリプレイで視聴しました。

NASAにとっては2011年のスペースシャトル退役以来の約9年ぶりとなる有人ロケットの打ち上げになりましたが、今回は民間企業による有人ロケットの打ち上げであるという点で歴史的なものとなりました。Dragonの打ち上げにかかる費用はスペースシャトルの3分の1程度にまで圧縮されているそうで、かなり効率化が進んでいるようです。

SpaceXのFalconロケットといえば、これまでは打ち上げそのものが見どころであったものに加えて、メインロケットとブースターロケットが帰ってきて垂直に着地する、というのも大きな見どころとなりました。今回はブースターロケットを使用していないためメインロケットのみの帰還となりましたが、これも無事に成功しています。なお、Of Cource I Still Love Youと名付けられたドローン船への着地時はいつも中継画像が途切れてしまうのですが、これはロケットが減速するための噴射で船が揺れ、中継用の衛星を捕捉できなくなってしまうのが原因であり、わずか数秒の中継のためには対策コストが見合わず、仕方がないことのようです。

このほか打ち上げの時に私が感じたのは、他のロケットの打ち上げのときよりすっと上がったな、ということです。実際にロケットの点火はリフトオフの直前でしたし、重量感があまり感じられないような気がしたのはロケット自体がスペースシャトルなどよりだいぶ軽量だからなのかもしれません。また、Crew Dragonの内外装がSFチックで未来的にクリーンな仕上げになっているのも印象的です。特にキャビンはスイッチと計器類で埋め尽くされていたスペースシャトルなどに対し、Crew Dragonではほぼ自動操縦であることもあって液晶タッチパネルが広がっているだけです。宇宙服やヘルメットもかなりスタイリッシュですし、空想していた未来が現実になったかのように感じられます。

ということで、奇しくもアメリカの明るい面と暗い面が同日に見られることになってしまったわけですが、これはどちらもアメリカの現実です。

カテゴリー
movie

Detroit (映画)

Detroitなまじ知っているだけにリアル…

私が2年半ほど前まで駐在していたデトロイトといえばアメリカでも最も治安の悪い都市として悪名高いところですが、私たちが住んでいる間には特に危ない目に遭ったことはありません。しかし、治安の悪い地域というのは確かにあって、そういったところは一歩足を踏み入れただけでわかる何とも言えない空気があり、車で通り抜けるにも緊張したものです。運転している間もキョロキョロせずにまっすぐ前を向いて、笑われたと思って攻撃してくるので決して笑わず、写真を撮るなんてもっての外、と先にいた人には言われたものですが、それもただの脅しではないでしょう。実際、日本からの出張者が建物の写真を撮っていて絡まれ、カメラを壊されて現金を取られたというような情報もありました。

かつては全米4位の大都市であったデトロイトがそんな街になってしまったのは1943年1967年の2度に渡る暴動によって白人の比較的裕福な層が郊外の衛星都市に流出してしまったためです。現地の日本人が現在住んでいるのもそうした衛星都市で、デトロイト市に住んでいるという人は皆無でしょう。

しかし私もそこまでは知っていても、アメリカの歴史というのは日本人にはほとんど知られていないもので、デトロイト暴動についても「そういうことがあった」という程度の知識でした。今回、その1967年の暴動を題材にした映画、その名も「デトロイト」が公開されたので、これは観ておかなければならないだろうということで、公開初日の金曜日に劇場へ行ってきました。初日の夜なのに観客は10人程度しかいないという、非常に寂しい状況だったので、やはり日本人受けはしないので仕方ないかと思いましたが、批評家の評価は高いものの、昨年12月の時点で3400万ドルの製作費に対して2150万ドルの興行収入しか得られなかったということで、難しいのは日本だけではなかったようです。

この映画では暴動の最中に実際にあった、Algiers Motelでの事件について、その当事者らの証言を元に描いたものだということです。したがって、市内の暴動の様子が描かれているのは冒頭の導入部ということになりますが、この場面は実際にデトロイトで撮影された部分もあるようで、なかなか臨場感があります。日本では一般大衆が参加するような暴動はなかなか起こらないのであまり想像できませんが、アメリカでは特に市民も銃を所持しているだけにほとんどゲリラ戦ですね。

この作品の主人公は一応Melvin Dismukesという近くのスーパーの警備員とされているようですが、これを演じているのがスター・ウォーズのエピソード7/8でFinを演じているJohn Boyegaです。Finのときはなんとも頼りない役柄ですが、本作では静かに正義感を湛える落ち着いた役を凛々しく演じています。また、若い警官Philip Krauss役のWill Poulter、事件に巻き込まれたボーカルグループThe DramaticsのリードシンガーLarry Reedを演じるAlgee Smithらの演技が特に高く評価されているようですが、たしかに迫真の演技と言えるでしょう。

実はここ数年のデトロイトは家賃が安いということもありスタートアップ企業に注目されているという話もあり、昨年からQLINEという路面電車も走り始めたり、NHLDetroit Red Wingsが新しいアリーナを市内に建設して移り、そこにNBADetroit Pistonsも本拠地を移して郊外から戻ってきたり、と明るいニュースも多々あって、少しずつ着実に活気を取り戻してきているのは間違いないようです。私はやはり愛着もありますので、市の経済もなんとか持ち直してもらいたいと思っていますが、それはやはりデトロイトの自動車産業が鍵となっているのでしょうか。

ところで、Julie Ann役のHannah Murrayベッキーに見えて仕方がなかったのですが、それはただ私の目が悪いせいでしょうか…