Archives

水車亭 塩けんぴ

思わず爆買い。

どこかへ旅行に行くとお土産を買ってきて周りの人に配る、というのは日本独特の文化の一つですが、幸せのお裾分けということで悪くない習慣だと思います。ただ、休暇を取ったら迷惑を掛けた職場の人に買って帰らなければいけない、というような強迫観念は褒められたものではないでしょう。休暇というのは労働者に与えられた権利なのですから、遠慮せず利用しないとお互い休みにくくなってしまうだけで、雇用者の思うつぼです。

それはさておき、先日の四万十への旅行の際にも家族に何か買って帰ろうと思ったのですが、新鮮な魚介類を買ってもクーラーボックスなどもなく炎天下の車の中に置いておくわけにいきません。さて、と思っていたところ、友人から水車亭 (みずぐるまや)の塩けんぴがお薦めだという情報をもらいました。この水車亭の看板は往きの道中でもいくつも目にしましたし、帰りには店の前を通る予定になっていたので好都合、ということでこれに決めました。

あまりのんびりもしていられず宿を7時過ぎに出発したのですが、開店は9時ということだったのでちょっと店先で待たないといけないかな、と思っていたところ、ありがたいことに8時半過ぎに到着した時にはすでに営業を開始していました。さすがに客はちょうど入れ違いで帰る人がいただけで店内はガラガラでしたが、土佐人の朝は早いのでしょうか。

目当ての塩けんぴは店先にも山積みになっていましたが、店内には様々な種類の芋けんぴその他の菓子が置かれていました。しかし、やはり一押しは塩けんぴです。これはちょっと塩味を利かせた芋けんぴなのですが、芋をカットして揚げたあと、室戸海洋深層水の入った蜜でコーティングしているのだそうです。これの他に塩味は付いていない普通の芋けんぴもあるのですが、塩けんぴの方は普通のものよりだいぶ細くカットされていて食べやすくなっています。

味の方はちょっと食べた感じではほんのり甘じょっぱい程度なのですが、しばらく食べ続けていると確かに塩辛さが口の中に残る感じがします。しかし、普通の芋けんぴだとあまり食べると甘ったるく感じてくるのですが、塩けんぴは甘さと辛さのバランスがいいのか、食べ始めると止まらないのが困りものです。

私はもともと芋けんぴ自体が好物でしたが、これが高知県の名物であるとは知りませんでした。素朴でどこにでもある菓子のようですが、塩けんぴはひとひねり効いていてまさにお土産にもってこいです。1kgのお徳用大袋を自宅に2つ、500gの袋を妻の実家と兄弟に合わせて5つ、合計4.5kgも買ってしまい、大きな手提げ袋に大人買いのようになってしまいました。しかし1kgでも税込み842円ということなので非常にお手頃で、土佐のお土産には私もお薦めしたいと思います。

奥祖谷観光周遊モノレール

たどり着くのが大変ですが。

夏の一人旅2日目、途中家族へのおみやげを買ったり朝昼兼用の食事を摂ったりしながら向かったのは祖谷渓の東側にある奥祖谷観光周遊モノレールです。前夜の居酒屋でも勧められた祖谷渓の秘境の湯もとても雰囲気が良さそうで、祖谷渓そのものが山の中に忽然と現れるまさに秘境という感じだったのでぜひまた行ってみたいと思うのですが、今回は時間もないのでそれはまた次回ということにして、そのままさらに山の中へ進みます。

お目当てのモノレールは、こういうものがあると何年も前に知って以来ずっと乗ってみたかったのですが、なかなか機会がなかったので今回ようやくということになります。駅舎に切符を買いに行くと、午後1時過ぎに着いた私はおよそ1時間待ちということでした。今回はどれだけ待つことになっても乗る覚悟でいましたが、ゴールデンウィークなどは6時間待ちにもなる、つまり朝10時の時点で午後4時の切符になるということで、さすがに諦めて引き返す人も少なくないそうです。

しかしなぜそうまでしてこのモノレールにのるのかというと、それは次のようなスペックでもわかるでしょうか。

乗車時間65分
延長4600m
高低差590m
最高地点の標高1380m
最大斜度40度

このモノレールは産業用モノレールをベースにした二人乗りのもので、40度というような急斜面でもラック・アンド・ピニオンでグイグイと登って行ってしまうのです。そして、自然の山の中、木々の間を縫うように通って斜面を登り、高度によって変化する植生と景色を楽しむことができるわけです。

乗車地点でも標高790mなので気温は27度ほどと暑くはありませんでしたが、登っていくうちに気温も下がり、上の方ではかなり涼しい風を楽しむことができました。真夏でもこうなのですから、新緑や紅葉の時期にはそれなりの装備でないと寒さに震えることになるかもしれません。何しろ乗車時間は一時間を超え、途中で寒いと言っても引き返すこともできません。もちろんトイレもないのでその点については事前に済ませておくよう注意を受けました。

A video posted by James Shinsuke Suzuki (@sszk) on Aug 18, 2016 at 11:29pm PDT

ということでとても素晴らしいモノレールで数時間でも待つに値するのではないかと思いますが、問題は現地にたどり着くまでのアクセス路の国道439号が非常に走りづらいということです。Wikipediaにも「四国きっての『酷道』として知られ」とありますが、すれ違いのできない区間がずっと続き、さらに林業の木材を満載した大型トラックが対向してきたりするので、こういうところを走り慣れていない人には相当堪えるのではないでしょうか。いくら運転することが好きな私でも、こういうのはうんざりするばかりです。

ちなみに、現地で天気予報アプリを見てみると降水確率100%の雷雨となっていたのですが、乗車中には一滴の雨も降ることもなく助かりました。モノレールの車両には一応屋根が付いているので、風で横降りになってしまわなければなんとかなるだろうとは思いますが、やはり楽しさはぐっと下がってしまうでしょう。しかし、私が降りてくる間に対向してくる車両がないなあと思っていたのですが、降りてみると「悪天候と整備のため運休」となっていて、どうやら間一髪だったようです。酷道に手こずった挙句に運休では浮かばれませんが、私の日頃の行いも思ったほど悪くなかったようです。

この後、帰りは一度行ってみたいと思っていたバンナイズの徳島店に寄ることにしたのですが、酷道と徳島市内の渋滞に手こずり閉店ギリギリに到着となり、慌ただしい感じになってしまいました。店員さんは一向に構わないという感じではあったのですが、他に客もいませんでしたし、私自身が落ち着かなかったので店にいたのはわずか数分でした。

夕食にはそろそろカレーに飢えてきていたのでスリランカ料理のマータラというところに寄って、同店おすすめの「アペー・キャーマ」(「私たちの料理」という意味だそう)を食べてみたのですが、まさにごちそうという感じで楽しく、とても満足感のある一皿でした。しかし、この店も今月末で一旦閉店して移転するということだったので、危ういところでした。今回はツイているのかツイていないのか、良くわかりません。

食事の後はスターバックスでコーヒーを買い、大鳴門橋と明石海峡大橋を使って徳島市内から2時間足らずで帰宅しましたが、高速道路を使えば四国ももう遠いところではありませんね。今回は「四国でうどんを食べない旅」というのが密かなサブタイトルだったのですが、次回はまたうどん巡りでもしたいと思います。

四万十川沈下橋めぐり

妻に「ズルい」と言われながら。

私の勤務先は先週一週間が夏季休暇となっていたのですが、家族の中で休みなのは私だけで、子供達は部活や補習、妻は最近始めたアルバイトのシフトに入ってしまっているので、家族で出かけることができたのは3日間の帰省(+α)だけでした。しかし、せっかくの連休だというのに家でじっとしていることもできず、ゴールデンウィークで味をしめた一人旅に再び出掛けさせてもらうことにしました。

目的地はなかなか家族は付き合ってくれそうにないところから選ぶのですが、今回は四万十川の沈下橋めぐりをしてみることにしました。

なかなか簡単に四国に行けないのは、どうしても海を超える際に高速道路を使わなければならず、数千円単位で通行料が必要になってしまうためです。とはいえ橋を渡らないことには辿りつけないので、まずは山陽自動車道から瀬戸大橋を渡り、四国へ入ったところですぐの坂出北ICで一般道に降りてしまいました。しかしこれは少々失敗で、次の坂出ICで降りた方が15分ほどの時間の節約になったのではないかと思います。まあ全体的には誤差みたいなものかもしれませんが、市内の混雑した道をくねくねと走らなければならないのは、この先の長い行程を考えると心理的な負担でした。そして混雑する市街地を抜けると、四国を縦断する国道32号をひたすら走ることになります。この国道は道幅も十分あり、混雑もないので比較的走りやすいのですが、渓谷沿いのワインディングが続くので、車に弱い人には辛いかもしれません。

私が最初に向かったのは、カツオといえば久礼だというので中土佐町久礼での昼食です。しかし、行こうと思った店が到着した12時半の時点ですでに完売となっており、改めて久礼大正町市場に行ってみて、山本鮮魚店というところで「ワラ焼き鰹タタキ丼」をいただくことにしました。ちょっとカツオが薄くて食べ応えには欠けましたが、ワラ焼きの香ばしさが堪らない一品で久礼に立ち寄った甲斐がありました。

その後はさらに太平洋沿いに南西へ進み、四万十川を目指します。大規模なダムがないことから「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川ですが、それが故に水量調節機能には乏しいということになるので、台風などで降水量が大きくなると水位が上がってしまうようです。このためか、四万十川には増水時にあえて水没させる前提で流失を防ぐ沈下橋がいくつも掛けられています。全国的にも特に珍しいものではありませんが、普段は緩やかで雄大な川の流れと木々の緑とあいまって、ノスタルジックな光景を創りだしてくれます。

沈下橋自体は地元の人々に日常的にも利用されているようですが、車が1台通れる幅しかないので国道には直接接続されておらず、また渓谷の深いところでは国道は水面よりもだいぶ高いところを走っているため、国道からすぐに見つかるものばかりではありません。私は途中の道の駅の情報コーナーで沈下橋が載っている地図をもらい、それを目安に探しましたが、それでもいくつか見逃して通りすぎてしまったものがあります。

四万十川本流には合計22の沈下橋が掛かっているとのことですが、中でも良かったのはここで写真を載せている第一三島沈下橋と岩間沈下橋でしょうか。第一三島沈下橋の方は鉄道橋と交差するような形になっているので、ここで列車が通過するところを写真に収められれば良かったのですが、1時間に1,2本通るかどうかというような路線なのでそれを待つのはやめました。一方、岩間沈下橋の方は穏やかな流れで水遊びする人もいて、時間の流れもゆっくりとしたような感じがするところでした。

このあと、勝間橋に行ったところでたもとの砂利で車をスタックさせてしまい、川遊びに来ていた人たちに押してもらって脱出はしたものの、お気に入りの黒ホイールが傷だらけになってしまったのが大ショックだったのですが、後悔先に立たず、いつまでも悔やんでいても治るものではないので、その後平和な湯でさっぱりして気分を切り替えることにしました。

夕食は友人に教えてもらった喜八という居酒屋で「かつおの塩タタキ」と「アオサノリの天ぷら」の天ぷらをいただいてとても美味しかったのですが、アクシデントの影響で普段飲まないのに「ユズの酒」もいただいてしまいました。これも美味しかったのですが、やはり体質的にアルコールはダメなようなのでたった一杯で頭痛がしてしまうのは本当に残念です。

今回の宿は素泊まり1泊3000円からという民宿こばんに泊まってみることにしたのですが、4畳半ほどの畳の部屋に寝るというのはなかなか新鮮なものでした。風呂は温泉に入ってしまいましたし、食事も外でしてしまったので本当に寝るだけだったのですが、Wi-Fiも使えてまったく何の問題もなく過ごすことができました。ただ、エアコンに2時間100円のタイマーがついていて、入れたお金は勝手に取り出して持って帰っていいというので結局タダで利用はできるのですが、2時間毎に切れてしまうというのが少々鬱陶しかったですね。まあ蒸し暑さはなかったのでエアコンが止まってもすぐに不快になるわけではなかったのですが。

ということで、頭も痛かったのでこの日は10時には寝てしまいました。(続く)