「shikoku」タグアーカイブ

大塚国際美術館

お腹いっぱいになります。
🖼️

自由に旅行できるということがいかに幸せなことだったかと思い知らされる今日このごろですが、先日職場の友人らと一応兵庫県内ということで淡路島へ日帰りドライブ旅行に行ってきました。関東に住んでいるときにはまったく意識したこともなくよく知りませんでしたが、瀬戸内海で大阪湾に向かい合って浮かぶ大きな島です。

しかし、淡路島には小洒落たカフェや雑貨店ができていてそういった店が好きな人にはいいのですが、あまり観光地らしい見どころというものが多くありません。そこで今回は兵庫県からちょっと出てしまうものの、大鳴門橋を渡ってすぐのところにある大塚国際美術館に行ってみようということになりました。

昨年の紅白歌合戦で地元徳島出身の米津玄師が歌った場所ということでも記憶に新しいところですが、大塚製薬グループの創立75周年事業として1998年に開館したとのことで、既に20年以上前にできたということになります。それにしては非常にきれいに保たれていて、つい最近できたかのようでした。

この美術館が独特なのは、展示されているのが大塚製薬グループの大塚オーミ陶業が開発した技術により作成された、名画の原寸大複製であるということです。世界中にある、誰でも知っているような名画が数多く集められていて、しかもそのクオリティは非常に高いので、大変見応えのあるものになっています。それらの名画の実物を一箇所で見ることはとても実現し得ないと思われますし、非常に耐久性の高い複製なのでごく間近でつぶさに見ることができ、教育的な価値も高いのではないでしょうか。また、三脚やフラッシュは禁止されていますが、写真撮影は自由となっています。

さらに私が感心してしまったのは「環境展示」と称された、フレスコ画や壁画をその部屋ごと再現してしまったもので、そのために建物自体が非常に複雑な作りになっていることです。米津玄師が歌っていたのもシスティーナ礼拝堂を再現した部屋でした。またさらに、この美術館自体が瀬戸内海国立公園内にあるため、環境を壊さないよう建物全体が山に埋まった形になっているという、非常に凝ったものになっています。このため、山の麓にある入口から長いエスカレーターで上がったところが地下3階ということになっていて、1階で山の上に出ることになります。

ということで非常のお金のかかった施設になっているのですが、それでも本物の名画を何点も買い集めていたらもっと金が掛かってしまうものなのでしょうか。しかし、本物ではないといってもこれはこれで文化を保存するという意味でも非常に価値のある事業ではないかと思います。あまり大きなものを1枚で作ることはできないようなので、大判の絵画は複数に分けて作ったものをつなぎ合わせて実現していますが、ある程度までの大きさのものは現存する実物よりも製作当時の色を鮮やかに再現していて、さらに2000年ほども維持することができるとのことなので、ある意味実物よりも本物に近いということになるかもしれません。まあ2000年となるとそれを置いておく場所のほうが問題かもしれませんが。

高知旅行

にこ淵
インスタ映えの旅。

ここ数年、長期連休になると一人で旅行に出かけるのがなんとなくお約束のようになってきましたが、この正月はおとなしくしていようかと思っていたところ、妻の方から「またどこか行くんやろ」と聞かれてしまったので「じゃあ行こうか」となり、結局今回は四国へ渡って高知に一泊してくることになりました。高知県は2年半前に四万十川へ行って以来となりますが、その時は高知市スターバックスに寄っただけで素通りしてしまったので、高知の街を訪れるのは初めてということになります。

瀬戸大橋をわたり、前回の教訓から瀬戸中央自動車道坂出ICで降り、すぐそばのセルフうどん 麺太郎で朝食に早速うどんを食べ、そしてまた道の駅とよはまに隣接する鳥越製麺所がこの1月に閉店するというのでその前にと思って寄って、「かまバター」をいただいてしまいました。やはりうどん県をうどんを食べずに通過することはできません。

かまバター

この日まず目指したのは「仁淀ブルー」です。仁淀川とその支流があまりの清流で美しい青色になっているというものですが、年末に後輩Mから「藻が無くなる冬の方がきれいらしい」と聞いていたので、早速行ってみようと思ったのでした。特に美しい青が見られる場所はいくつかあるのですが、まずは「にこ淵」と呼ばれる場所に行ってみることにしました。当然渓谷の細い道を走って行かなければならないのですが、駐車場から降りていく道が非常に滑りやすいので注意が必要です。私も1回滑って尻餅をついてしまいましたが、そうして降りていった先の水は予想以上に青くて感銘を受けました。このあと、またちょっと走って「水晶渕」というところにも行ってみましたが、こちらはこちらでちょっと水深が浅いせいかまた違う美しさがあって良かったです。また、そうしたスポットだけでなく、道路から見られるなんでもないところでも時々非常に美しいところがあって、そうしたところでも車を停めて写真を撮ったりしていました。

はりまや橋

そのあとは早めに高知市内へ向かい、一旦ホテルにチェックインしてからぶらぶら散策してみました。高知随一の商店街である帯屋町のすぐ脇にあるドーミーイン高知を予約していたので、非常に便利でした。日本三大がっかり名所の一つとして名高いはりまや橋も歩いて数分ですし、反対側に歩けば高知の食が集まるひろめ市場高知城がありますので、高知の街を堪能するには最高の立地でしょう。まあ、私はアルコールが飲めないので夜を満喫することができず、早々にホテルに引っ込んでしまうのですが。

錆と煤 スペシャルプレート

翌朝は高知市内にある馬路村農協アンテナ店 umajiへ行って家族にゆずづくしのお土産を購入したあと、隣の南国市へと向かいました。というのは、出発の朝にベッドを出る前にInstagramで見つけてしまった完全予約制の南インド料理のお店、錆と煤へ向かうためです。Facebookのメッセージでも受け付けているというので早朝5時頃にメッセージを入れておいたところ、道中で返信をいただいて無事に予約できたのでした。普通の田舎の町並みのところにある、サビたトタンの建物がそのお店で、知らない人はまず立ち寄ろうともしないでしょうが、完全予約制なのでそれは問題ないでしょう。その料理の方はこれまでに食べたどのインド料理よりも美味しく、大変満足しました。私がいただいたスペシャルプレートは1800円ということでランチとしてはなかなかの値段ですが、それ以上の価値はあると思います。次回はここを目的地として高知へ行きたいくらいです。

高屋神社 天空の鳥居

食後は北上して香川県へ戻り、「天空の鳥居」がある高屋神社へと向かいました。私は南側の観音寺市側から行ったので麓にある下宮に車を停めていったのですが、ここから鳥居のある本宮までは高低差400m近くある、結構本格的な登山になります。もともとそのつもりがあったわけでもなく、時間的余裕があるわけでもなかったのに途中で引き返すこともできず、結局登りきってしまったのですが、しかし苦労して登ったかいがあって鳥居からの眺めは格別だったとも言えます。とはいえ、次回は歩くのはわずか3分で済むという三豊市側から行くことにしたいと思います。鳥居に到着した途端に反対側から続々と人がやってくるのを見て、達成感を得る前に萎えてしまいました。まあともかく望んだ絶景は見ることができたので良しとしましょう。

父母ヶ浜

そのあと、日没まで間がなかったので急いで下山して向かったのは父母ヶ浜で、ここは遠浅の西向きの浜なので、干潮時の日没が美しいということでInstagramで話題になっているようで、外国人の姿も非常に多かったです。この日は残念ながら水平線付近が雲に覆われていて夕日を見ることができなかったのですが、それでもそこそこきれいな景色を写真に収めることができました。しかし、周りの人々がInstagramでの受けを狙って様々なポーズをとっているので、それを避けようとすると構図もかなり限られてしまうのが残念です。私としては誰もいない浜を撮りたかったのですが、それはどうしても無理でした。

ということで、あとは2007年の讃岐うどんめぐりでも最後に行った「おか泉」で同じく「ひや天おろし」をいただいて帰路につきました。やはり四国はうどん県が玄関口になっている以上、うどんに始まりうどんに終わる、ということです。最後は予定外の登山になりちょっと焦りましたが、今回はあまり詰め込みすぎずに余裕のある旅行になって良かったと思います。

水車亭 塩けんぴ

水車亭思わず爆買い。

どこかへ旅行に行くとお土産を買ってきて周りの人に配る、というのは日本独特の文化の一つですが、幸せのお裾分けということで悪くない習慣だと思います。ただ、休暇を取ったら迷惑を掛けた職場の人に買って帰らなければいけない、というような強迫観念は褒められたものではないでしょう。休暇というのは労働者に与えられた権利なのですから、遠慮せず利用しないとお互い休みにくくなってしまうだけで、雇用者の思うつぼです。

それはさておき、先日の四万十への旅行の際にも家族に何か買って帰ろうと思ったのですが、新鮮な魚介類を買ってもクーラーボックスなどもなく炎天下の車の中に置いておくわけにいきません。さて、と思っていたところ、友人から水車亭 (みずぐるまや)の塩けんぴがお薦めだという情報をもらいました。この水車亭の看板は往きの道中でもいくつも目にしましたし、帰りには店の前を通る予定になっていたので好都合、ということでこれに決めました。

あまりのんびりもしていられず宿を7時過ぎに出発したのですが、開店は9時ということだったのでちょっと店先で待たないといけないかな、と思っていたところ、ありがたいことに8時半過ぎに到着した時にはすでに営業を開始していました。さすがに客はちょうど入れ違いで帰る人がいただけで店内はガラガラでしたが、土佐人の朝は早いのでしょうか。

目当ての塩けんぴは店先にも山積みになっていましたが、店内には様々な種類の芋けんぴその他の菓子が置かれていました。しかし、やはり一押しは塩けんぴです。これはちょっと塩味を利かせた芋けんぴなのですが、芋をカットして揚げたあと、室戸海洋深層水の入った蜜でコーティングしているのだそうです。これの他に塩味は付いていない普通の芋けんぴもあるのですが、塩けんぴの方は普通のものよりだいぶ細くカットされていて食べやすくなっています。

味の方はちょっと食べた感じではほんのり甘じょっぱい程度なのですが、しばらく食べ続けていると確かに塩辛さが口の中に残る感じがします。しかし、普通の芋けんぴだとあまり食べると甘ったるく感じてくるのですが、塩けんぴは甘さと辛さのバランスがいいのか、食べ始めると止まらないのが困りものです。

私はもともと芋けんぴ自体が好物でしたが、これが高知県の名物であるとは知りませんでした。素朴でどこにでもある菓子のようですが、塩けんぴはひとひねり効いていてまさにお土産にもってこいです。1kgのお徳用大袋を自宅に2つ、500gの袋を妻の実家と兄弟に合わせて5つ、合計4.5kgも買ってしまい、大きな手提げ袋に大人買いのようになってしまいました。しかし1kgでも税込み842円ということなので非常にお手頃で、土佐のお土産には私もお薦めしたいと思います。