「shopping」タグアーカイブ

レジ袋有料化

誰の得にもなっていない。
🛍️

今月はじめにプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋が有料化されてからもうすぐ1ヶ月が経過しようとしていますが、いろいろな問題も出てきているようです。

環境省よりも経済産業省が主導していることもあって趣旨がやや曖昧なのですが、ウェブサイトには

普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

と記載されています。しかし、ライフスタイルをどう見直すことを期待しているのかが明確になっておらず、説明になっていません。この前段には

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

と書かれているので、省資源化が目的と考えるのが妥当なように思えます。

しかしなぜ今「省資源」なのでしょうか。以前から決まっていたことなので翻すことができなかったということなのは想像できますが、よりによってパンデミックによって世界的に景気が沈んでいる時に始める必要があるのでしょうか。アメリカのいくつかの州では客が持参したエコバッグにウイルスが付着している可能性があるという衛生面の懸念から、逆にエコバッグの使用が禁止されているということなのに、こういう融通の利かないところは日本の悪いところです。アメリカで生活していた時には融通が利くことに逆に驚いたものです。

そもそも、商店が顧客サービスとして提供していたレジ袋が、数円という値段であるといってもいきなり有料と言われたら、1円でも安く買いたい客としては絶対的な金額の大小とは無関係に使わずに済ませたくなるものです。逆にこれがもし、レジ袋不要なら割引、という形であったとしたら、顧客の心情を損ねず売上は維持したまま、目的を同じように果たすことができたのではないでしょうか。要は必要もないのにレジ袋をもらってポイと捨ててしまうようなケースを減らしたいわけです。数円でも節約したい、得したいと思う人はレジ袋を持参するようになったり、手で持てるような場合には袋は要らないと言うようになるでしょう。これは楽観的すぎるでしょうか。

また、本来この法制度はプラスチック製買物袋が対象で、紙袋は対象外とされているのですが、私もよく買い物に行くカルディコーヒーファームでは4月からプラスチック製レジ袋を廃止した上に紙袋まで有料化し、その紙袋も15円というかなり高めの価格になってしまいました。もともとカルディの紙袋は結構しっかりしたものだったうえ、さらにちょっと重いものを買うと袋を二重にしてくれて、他店に比べてもふんだんに使う方だったので、余計に落差が激しく感じられます。これも「マイバッグ」持参を促進するためということなのですが、もともと買い物の予定はなかったけれどたまたま店頭で見つけて買おうと思った、ということもあるはずなので、これが機会損失につながっているのではないでしょうか。経営上の判断なので素人が口出しすることではありませんが、私も利用していて不便に感じることがあるので触れさせていただきました。

MINIタイヤ交換 – TIREHOOD

今後もこれでいいかと。
🚗

私はMINIに乗り始めて4年半ほどになりますが、1年半前の1回目の車検の際に「そろそろタイヤを交換したほうがいい」と言われました。しかし、そんなに早く必要なのかと思いながらもまだ溝はあるし、と思って乗り続けていて、昨年10月の12ヶ月点検のときには「冬は越せないと思ったほうがいい」などと言われ、なんだかんだでそのまま半年経ってそろそろ換えないとまずいだろうとつい最近思い立ったのでした。実は最初に言われた車検の時にはすでに48000kmほど走行していたので、そのままのペースで乗り続けていたら確かに1年は持たなかっただろうと思うのですが、その後「このままではあっという間に寿命を迎えてしまう」と気付いてペースを落としたので、今現在でも走行距離は55000kmに留まっているのでした。

昨年のディーラーでの点検の際に一応タイヤの見積もりも取ったのですが、20%割引されていてもやはり割高で、特にいいタイヤでもないのに4本交換で10万円を超える見積もりとなっていました。ディーラーに任せてしまうのが楽とはいえ、それではちょっともったいないのでオートバックスあたりで交換すればいいかと思ったのですが、ネットで調べてみるとTIREHOODというところで購入すると自宅の近所の提携整備工場に送付してくれるうえ、交換作業の予約までできるということがわかり、しかも価格もオートバックスなどより安価だったので利用してみることにしました。

タイヤの方はMichelinPrimacy 4という17インチ車の純正装着品の後継モデルにしました。Michelinのタイヤは安くはありませんが、高いところでバランスの取れた性能を持っているので、価格に見合う価値があると思っています。ホイールをCooper S標準の16インチからあえて大きくしなかったので、195/55R16という今の基準では高めの扁平率に収まっているおかげで、むやみに高いタイヤにせずに済むので助かります。というより、タイヤが高くなるのも嫌で大きなホイールにしなかったのですが。なお、もともと装着されていたのはEnergy Saverというもっと安い低燃費タイヤだったのですが、たまたま在庫がなかったようで選択肢に出てこなかったのですが、それには特にこだわっていませんでしたし、ディーラーよりもかなり安かったので問題ありません。

作業は近所のホリデー車検の整備工場にお願いしましたが、指定した時間の数分前に到着するとすでに待ち構えていて、すぐに作業に入りました。車検整備のほうが優先なのか1時間ほどかかりましたが、待合スペースで本を読んでいる間にすんなり終わり、支払いもすでに済んでいるので伝票などもなく、スッと帰ることができました。タイヤの確認などはあってもいいような気はしますが、特に問題があったわけではありません。

かかった金額の方はタイヤと送料・工賃など全て込みで71500円ということで、ディーラーの見積とは5万円以上の開きがあります。タイヤのグレードの違いを考えると、倍半分ほどの違いということになるのではないでしょうか。ディーラーもボロ儲けしているわけではないでしょうから、ユーザー体験としてはディーラーの方が上質なものを提供しているということなのでしょうが、それが自分の求めているものと違うのであれば意味がありません。今回私自身はまったく不満を感じるところがありませんでしたし、ディーラーに比べて劣っていると感じることもなかったばかりか、ウェブですべて済んでしまうので楽ちんでした。ディーラーに予約の電話を入れるというのが結構めんどくさいのですが、そこは改善されないのでしょうかね。

Amazonの置き配

リスクの考え方。
📦

最近Amazonでは荷物の配達時に「置き配」を指定できるようになりました。今のところ地域限定になっていますが、対象地域は徐々に拡大されていっているようで、来年中には全国どこでも対応できるようになるようです。置き配を指定すると、在宅/不在に関わらず、指定した場所に荷物を置いていくため、サイン不要で荷物を受け取れるようになるとされています。また、荷物が置かれた状態の写真をメールやアプリで確認できます。

宅配便全体の再配達率は2割ほどにもなるとのことで、これはかなり無駄なものですので、これが少しでも減るというのはほぼ誰にとっても良いことではないでしょうか。心配されるのは配達後の荷物の盗難ですが、万一配送済みとされているのに荷物が届いていないという際にはAmazonが補償してくれるということなので、利用者にとって面倒ではありますが、経済的な損失にはなりません。Amazonは補償リスクに見合う価値のあるサービスだと判断したのでしょう。

実は置き配というのは諸外国ではかなり一般的なもので、私がアメリカに住み始めた2012年でも不在の際には大抵の場合玄関先に置いていってくれました。大抵、というのは配達業者によるもので、UPSUSPSは置いていってくれるのですが、DHLだけはなぜか手渡しで受け取ることが必要でした。アメリカで玄関先に置かれていて大丈夫なのかと思われるでしょうが、盗られてしまうようなことは一度もありませんでした。日本は治安が良いものと思い込まれていますが、実はよほど日本の方が軽い犯罪はちょくちょくあるのではないかと思っています。

なお、日本のAmazonの置き配と異なるのは、まずドアベルを押してすぐに出れば手渡しして、しばらく待って出てこなければ置いていくというところです。待っている時間は配達員によって違い、1秒も待たずに置いていくような人もいましたが、届いたことはわかるので玄関を開けて置いてあるものを取るだけのことです。日本のAmazonの場合には黙って玄関先などに置かれていくので、私の外出中の家族にとっては知らないうちに置かれているということになってしまい、これは日本でも同じようにしてくれるといいのにと思っているところです。

ということで私はほとんど手放しで歓迎しているこの「置き配」サービスですが、日本ではあまり受け入れられていないというのが不思議です。どうも日本の社会は不寛容で、完璧でないものは受け入れられない傾向にあるのではないかと思っていますが、それではどうしてもコストが掛かってしまいます。ある程度のリスクを受け入れることで総合的な利益が高まるのであれば、それを受け入れるべきではないでしょうか。