Archives

Katy Perry's Prismatic World Tour

3年ぶりの再会。

先日のグランドサークルの旅の最中に、妻あてにお友達から「One Directionのライブに行かないか」という連絡が入り、妻も誰かのライブに行きたいと以前から言っていたので、行っていいかと聞いてきました。もちろんそれ自体は全く構わないのでOKしたのですが、ついでに「それなら僕もそろそろあるはずのKaty Perryのライブに行きたいなー」と言いつつ調べてみると、デトロイトでの公演はちょうど旅行から帰った翌々日であることが分かりました。なかなか私の身の回りにKatyのライブに一緒に行けるような人はいなかったのと、正規のチケットは結構高かったので躊躇していたのですが、チケット売買サイトStubHubで見てみると一人分であれば1階中央のなかなか良い席が案外安く$90で売られていたので、勢いでというか成り行きでというか、一人で行ってしまうことにしたのでした。

当日は月曜日だったのでいつもより早めに職場を出て、会場であるThe Palace of Auburn Hillsへと向かいました。ここはNBAのDetroit Pistonsの本拠地スタジアムなので何度か行っていますが、職場から空いている時間帯で1時間走らねばならず、また自宅とは反対方向にあります。前座には間に合わなくてもいいというつもりで焦ってはいなかったのですが、帰宅ラッシュに重なっていた上に記録的豪雨のさなかでもあったため余計に時間がかかり、会場に入った時はやはりすでに前座が始まっていました。

このツアーのオープニングアクトは2組いて、まず最初はFerrasという人でした。まだこれといったヒットは無いようで私も全く知りませんでしたが、いくつか知っている曲を歌っていましたし、華やかさはないものの雰囲気は持っているように思いました。この人はスタートの7時から30分くらいで終了しました。

その後30分ほど待ったところでまた2組目の前座ですが、今度はKacey Musgravesでした。最近特にポップ路線を進むTaylor Swiftとは違い、ウエスタンブーツを履いていて出で立ちから正統派のカントリーですが、私も名前くらいは知っていました。また1曲だけ、Follow Your Arrowという曲は聞いたことがあるなあと思って自宅で調べてみると、なぜか持っていました。どうりで聞いたことがあるわけです。

そしてKaceyも30分ほどで終わり、さらに30分待ったところで、つまりスタート時刻から2時間経ってからようやく、ステージ中央に出てきた正四面体の中からKatyの登場です。1曲めはヒット曲のRoar、続いてPart of Meとノリの良い曲が続き、会場内は一気に「総立ち」となりました。もちろん私も立ち上がります。

今回のツアーはThe Prismatic World Tourという名から分かるように、昨年発売されたアルバム”Prism“のアルバムツアーとなっており、Wikipediaにあるセットリストを見ても分かる通りPrismからの曲を中心に選曲されています。また、Katyもすでに3枚のアルバムをリリースしヒットさせているということで、MadonnaのVogueが一部使われた以外は全てKatyの楽曲で構成されていました。大好きなKatyの曲は私もかなり聴きこんでいますので、知らない曲は1つもありませんでしたが、近くにいた女の子などはラップの部分も一緒に歌っていましたから、それには私も太刀打ちできません。

KatyのファンをKaty Catsと呼ぶようですが、中盤には猫をフィーチャーしたムービーの後、Katyが猫のコスチュームで出てきてKitty Purryとして歌うという場面もあったりしました。コンサートの合間のお遊びといった感じですね。

終盤のWalking on Airでは三角形の花道の中の観客席を布でカバーしてしまった上でその上をワイヤーに吊られて空中を歩いたり、その後の曲では私達の目の前まで飛んできて手を振ってくれたりとありましたが、それ以外に大きなアクションはそれほどなく、やはり歌が中心という感じだったでしょうか。

途中のMCでは数人の観客に絡み、最前列の人たちのスマートフォンでセルフィーを撮ったりもしていましたが、アンコールのBirthdayではその曲に因んで誕生日の近い人に呼びかけ、ちょうど当日が誕生日だった女の子が舞台上に上げられていました。この子はステージセットの椅子にKatyと一緒に座り、Katyが歌いながらセルフィーを撮ったりしているうちに感動で泣き出してしまったようでした。一生忘れられない幸せな誕生日になったことでしょう。最後はKatyが一番好きな曲だと以前言っていたFireworkで締めとなりましたが、実際にかなりの量の花火が上げられて非常に華やかなエンディングとなりました。

ということで前回大阪で行ったCalifornia Dreams Tourから3年ちょっとぶりのKatyのライブに今回もおじさん一人で行ってきたわけですが、前回はZepp Osakaというライブハウスでオールスタンディングだったため、Katyとの距離は近かった代わりにステージが狭く、今回は逆に距離がある代わりに本来のダイナミックなステージが見られたのではないでしょうか。何にせよ、勢いででも行ってしまって本当に良かったと思います。その後セットリストに合わせてプレイリストを作り、ステージの様子を思い起こしながら聴いています。

Prism

Super Bowl 2012

アメリカ人が夢中になるのもちょっとわかった気が。

アメリカで2月の第一日曜日は何の日か、というとテレビ中継の視聴率が40%を超えるという超人気イベントであるSuper Bowlの日です。アメリカンフットボールのプロフェッショナルリーグであるNFLの優勝決定戦となる試合ですが、メジャーリーグやNBAを凌ぎアメリカで一番の人気を誇るプロスポーツの最高峰ですから、大変な盛り上がりとなります。このテレビ中継のスポンサー各社はここで流すためだけに高額な制作費をかけてCMを製作したり、ハーフタイムショーには超一流のアーティストがノーギャラで出演したりとまさに特別なイベントとなっています。

ということで、私はSuper Bowlという名のボウリング場で行われたボウリング大会に参加してきました…というのは冗談ですが、デトロイト日本商工会主催のボウリング大会があったので、同僚らと参加してきたのは本当です。私自身のスコアは2ゲームの平均が140を越えたので調子は悪くなかったのですが、優勝チームの平均は200を大きく上回っていましたので全く手に負えません。その人達は日頃から練習を積んでいるそうなので、年に1度や2度しかやらないような私達が対抗できるわけもなかったのでした。それはともかく、このあとSuper Bowlの観戦会をやるのでうちに来ないかとN君が誘ってくれたので、今自宅にテレビのない私にとっては願ってもない誘いということでお邪魔してきました。

しかし、アメリカンフットボールというのは多くの日本人にとってはあまり馴染みのないスポーツで、私も学生の頃に覚えたルールをすっかり忘れてしまっていました。はじめのうちは試合を観ていても何が目的なのだったかがさっぱりで着いて行くことができなかったのですが、しばらく見ているうちに思い出しました。まあ要するに攻撃側はボールを前へ運べばいいわけですが、色々と形式化されている所があって他のスポーツとはかなり異なる独特なものがあります。特に、同じ「フットボール」でありながらサッカーとの違いは大きく、そもそもフットボールなのに足でける場面はそれほど多くありません。

今回対戦したのはNew York GiantsとNew England Patriotsという東海岸のチーム同士だったので、他の地域の人達はどちらを応援するのかも難しかったのではないかと思いますが、PatriotsのクォーターバックであるTom Bradyがミシガン大学出身だということで、ミシガンの人の多くはPatriotsを応援しているのではないかという話でした。ということで私もPatriotsを応援してみたわけですが、終盤まで勝っていたにも関わらず決定的なプレイで逆転され、結果は残念ながらGiantsの勝利に終わりました。しかし、終了間際まで再逆転の僅かなチャンスを残した緊張感のある試合となり、素人目にもさすが最高峰の試合と感心してしまいました。

またもう一つ楽しみにしていたのが、今回のハーフタイムショーがMadonnaだったということです。つい先日ニューシングルの発売とニューアルバムの先行予約を開始したところで、そのアルバムのプロモーションのための出演ということなのでしょうが、やはり非常に金のかかったステージとなっていて、短い時間でしたがMadonnaらしいショーが見られて嬉しかったです。来年はおそらく自宅で家族で観ることになるかと思いますが、このハーフタイムショーに誰が出演することになるのか、そしてもちろん対戦することになるチームがどこなのか、今から楽しみです。

North American International Auto Show 2012

一度で十分と昨年言いながら、再び来てしまいました。

ミシガン州最大の都市デトロイトですが、デトロイトといえばやはりなんといっても自動車の街です。アメリカのビッグスリーの3社とも本拠地をここに構えているのがなぜなのか私は知りませんが、住民に占める自動車産業に関わる人の割合は非常に高いものになっており、私もその中の一員になったというわけです。フリーウェイからは世界中の自動車部品メーカーの建物が見えますし、私の勤務先オフィスの周りも部品メーカーとなっています。

さてそんなデトロイトで毎年開催されている北米自動車ショー(NAIAS)には去年も出張中に行ってきたのですが、今年も赴任がちょうどそのタイミングだったので連れて行ってもらうことになりました。昨年は業界内覧日(Industry Preview)だったためディーラーなど業界関係者のみの参加で落ち着いたものでしたが、今回は一般公開日(Public Show)に行ったためかなり雰囲気が違いました。今回行く前にチケットの値段を見てちょっと驚いたのですが、一般公開日のチケットが$12で売られているのに対し、業界内覧日のチケットは$95もして、なんと8倍もの値段になっているのです。ただし、これはプレミアムというのではなくて、協賛金としての意味があるようなので、それを聞くと納得は出来るのですが、この値段を聞くと物見遊山で行っていた去年の私達がちょっと申し訳なくなってしまいました。

それはともかく、今回は10時過ぎに到着したのですが、今回も会場となっているCobo Centerの屋上駐車場には長い列ができていました。20分程度並んで車を停めて会場に入ると、中の賑わいは昨年とは大きな違いがありました。まず、一般公開日ということで自動車好きな地元の人達がたくさん駆けつけていて、それぞれ非常に楽しそうだったり興味深そうな表情をして目をキラキラさせているのです。また、アメリカの自動車産業が上向きであるということも昨年との大きな違いで、Ford、GM、Chryslerのビッグスリーの展示には大変力が入っていて、多くの人達で溢れかえっていました。

特に元気があったのはFordで、K君に言わせると「潰れていませんからね」ということですが、入り口の直ぐ側に陣取って広大なスペースにたくさんの車を並べていました。東京モーターショーのようにはコンパニオンはいませんし、派手で凝った展示も特にないのですが、3色のMustangが並んでいるだけでもカッコよく、人々の目を惹きつけてしまうのは何なのでしょうか。特にアメリカのオジサンたちはやはりマッチョなアメ車が大好きなようで、Mustangの他、CorvetteやChallengerといったアメリカンスポーツカーやピックアップトラックにはたくさんのオジサンが群がっていました。

一方日本のメーカーの展示は各社さまざまといった感じで、トヨタは震災の影響もあって販売台数世界一の座から陥落したとは言え、トップメーカーとして見栄えのする展示で、見ている人たちは外国の車であることをあまり意識していないのではないかという感じでした。一方酷かったのは日産で、単に車を並べているだけといった感じで全く力が入っていないのがまるわかりでした。そんなものは見ている方も面白くありませんし、私も目の前を素通りしてしまいましたが、それでも今年も出展していない三菱自動車やスズキよりはマシなのでしょうか。

また、ヨーロッパ勢はそれなりという感じでしたが、中国メーカーが姿を消し、代わりにTeslaやVIAといった電気自動車専業メーカーの展示がさらに目立つようになっていたのも時代の流れでしょうか。もはやハイブリッドはプリウスのお陰でコモディティ化しつつあり、特別な技術という感じではなくなってきてしまいましたから、必然的な流れなのかもしれません。

ということで見てきたわけですが、今回は自分のカメラを持っていくことができたため、仕事の一環ということを忘れて趣味に走りがちになってしまいました。ちょっと面白かったのは、FIATのコーナーにABARTHのタイトな革ツナギを来たセクシーなコンパニオンがいて、男性客らから大人気となって記念写真を撮られていたのですが、一緒に写真をとってもらっているオジサンがしっかり腰に手を回してしまっていることでした。日本ではそんなことをしたら捕まってしまうのではないかと思いますが、そういうお国柄ということなのでしょうね。もっとも、そのお姉さんが後ろを向いたときに一瞬「ウェ」みたいな顔をしたのを私は見逃しませんでしたが…