Archives

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

実在の人物かと錯覚してしまいます。

経緯はすっかり忘れてしまいましたが、先日どこかで見つけてすぐに購入して読んだのが「自叙伝 ジャン=リュック・ピカード」という本です。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

posted with amazlet at 18.12.09

竹書房 (2018-10-11)売り上げランキング: 36,602

Amazon.co.jpで詳細を見る

おそらくこの本を楽しめるのは「ジャン=リュック・ピカード」というのが何者なのかすぐに分かる人だけではないかと思われますが、わかっている人には言わずもがな、「新スタートレック」(TNG)に登場する宇宙艦U.S.S. エンタープライズの艦長Jean-Luc Picardのことです。TNGの主役が誰であるのかというのははっきりしないところですが、誰か一人といえばまっさきに考えるのがJean-Lucでしょう。このJean-Lucというのはもちろん架空の人物ですが、その彼が書いた自叙伝の形式で書かれた小説がこの作品です。

Captain PicardというのはPatrick Stewartが演じていたキャラクターですし、表紙も惑星連邦宇宙艦隊の制服姿のPatrickの肖像なのでどうしても彼のイメージで脳内再生されてしまいますが、若い頃のJean-Lucはどういう姿だったのでしょうか。やはり若かりし頃のPatrickの姿で想像すればよいのかとGoogleで画像検索してみると、やはりシェイクスピア俳優だったというだけあってなかなか凛々しい青年だったようですね。

「スタートレック:ヴォイジャー」(VOY)は全話観て面白かったのでTNGも全て観たいと思うのですが、TNGの最初の方はかなりつまらないのですよね。全部観てやる!と意気込んで観始めたことはあるのですが、何話か観て挫折してしまったことがあります。そのためこの「自叙伝」にも知らないエピソードがいくつも出てきて、それは私が観ていないから知らないだけなのか、そもそも本編には出てこないものなのかがわからないということになっています。しかし、それはどちらであったとしても同じように楽しく読むことはできて何も問題がないので、「スタートレックシリーズは好きだけれどTNGはあまり観たことがない」という人でも楽しむことができるのではないかと思います。

ちなみに著者名も「ジャン・リュック・ピカード」になっていてこういう遊び心は楽しいですが、本当の著者はDavid A. Goodmanという人で、編集者としてクレジットされています。スタートレックの大ファンと公言している人が、好きが高じて本を書いてしまったというものなので、内容はかなりディープなものになっていて大ファンにも満足できるものになっているのではないでしょうか。私はだいぶライトめなファンだと思いますが、非常に楽しく一気に読み切ってしまいました。同じ著者がJames T. KirkやMr. Spockの自叙伝も書いているので、オリジナルシリーズ(TOS)が好きな人にはそれらのほうが面白いかもしれませんが、残念ながら日本語訳はなされていないようです。私はTOSについてはあまり知識がありませんが、いつか日本語版が出たらぜひ読んでみたいと思います。

Star Trek Beyond

LLAP50!

今でもアメリカでは熱烈なファンがたくさんいるStar Trekですが、いわゆるTOS、日本では「宇宙大作戦」として放送された最初のテレビドラマシリーズが始まったのが1966年ということで、今年でちょうど50年になるそうです。50周年なら盛大に祝っても良さそうな気もしますが、どこかでイベントなどは行われているのでしょうか。ウェブサイトでは記念の動画が公開されたりはしているようですが、私が知らないだけでしょうか。

そういう記念の年である今年、劇場版としては13作目となる「スター・トレック BEYOND」が日本でもいよいよ公開されましたが、この作品は珍しく前売り券をムビチケで買い、公開初日の昨日さっそく観に行ってきました。アメリカではすでに7月から公開されていたので待ち遠しかったですね。

この作品の全米公開直前の今年6月、Pavel Chekov役で出演しているAnton Yelchinが自宅前で亡くなっているのが見つかるという不幸がありました。27歳というのはあまりに若すぎる死ですが、このシリーズでもとてもいい味を出していて、私も好きなキャラクターの一人だったのに大変残念なことです。しかしこれを受けて、公開を間近に控えているにも関わらずAntonの出演シーンを増やしたり、追悼するようなシーンの追加撮影を行ったりしたという噂もあり、実際Antonの出番がやけに多いような印象がありました。しかしそれは不自然なほどではなく、本当だとしたら素晴らしいことです。

J. J. Abramsが監督した2009年の「スター・トレック」以降の現代的でダイナミックな映像は監督が「ワイルド・スピード」シリーズのJustin Linに交代したこの作品でも健在で、最後まで息つく間もない非常に面白い映画になっていると思います。しかしまた相変わらずなのが異星人の造形表現です。ほとんどの異星人が地球人と同じように頭と胴体と四肢を持つ人間型、ヒューマノイドであるというのはもともと同じ種であるという設定なのでいいのですが、逆に頭に凹凸が付いていたり肌に模様があったりという違いがある方が必然性が理解できず違和感が拭えないのです。Star Warsに登場する宇宙人は地球人と見分けがつかないか、あるいはもっと大胆に違う事が多いのでそのような感じはないのですが、Star Trekでは昔から変わりませんね。まあこれがStar Trekということであえて変えないのかもしれません。

なお、初代SpockであるLeonard Nimoyが昨年亡くなってしまったというのもStar Trek界隈では大きなニュースでしたが、本作はLeonardにも捧げられており、作品の中にも大変印象的なシーンが挿入されています。またもちろん、エンドクレジットにはLeonardとAntonへの献辞があります。Antonの事故は思いもよらない事でしたが、さすがにシリーズも50年ともなるとこういうことも増えてきてしまうのでしょうね。

Star Trek: Voyager

どっぷりハマれます。

アメリカでAmazon Primeに入っているとAmazon Instant Videoで一部の映画を無料で見ることができる、というのは以前「トップガン」や「デイズ・オブ・サンダー」を観た際にも書きましたが、これはTVシリーズについても同様です。もちろんアメリカのドラマだけですし、それほどなんでもあるというわけではないのですが、私にとっては「スタートレック」が全シリーズ揃っているというだけでも十分でした。

スタートレックの中でも「新スタートレック」は学生時代にCATVの「スーパーチャンネル」(現スーパー! ドラマTV)で繰り返し放送されているものを観たりはしていたのですが、たまたまその時にやっているのを観るだけだったのでエピソードがかなり飛び飛びでした。しかし、Amazon Instant Videoならば自分の都合に合わせて順に観ていくことができるというのが素晴らしいです。

せっかく観るならば今までにまったく観たことがないシリーズにしよう、ということで「スタートレック: ヴォイジャー」から観ていくことにしました。といっても、このシリーズは全7シーズン、172話という大作なので、春頃見始めて一体いつまでかかるのだろう…と思っていたのについついのめり込んで寝る間を惜しみ休みを潰して観てしまい、昨日ついに最終回を迎えてしまいました。

ヴォイジャーというのは宇宙連邦の宇宙艦U.S.S. Voyager NCC-74656のことですが、24世紀の未来にこの艦のクルーたちが艦ごと地球から7万光年離れたデルタ宇宙域に飛ばされてしまい、そこから地球への帰還を目指して果てしない旅を続ける、というのがおおまかな設定になっています。そしてその道すがら、少しでも帰還を早めるために、また物資の補給のために様々な未知の種族と交流し、様々な事件に巻き込まれるというようなところです。7万光年というとまさに光のスピードで到達に7万年もかかる距離で、km単位で表すと6.62✕1017kmだそうですが…この艦の最高巡航速度でも70年以上かかるということなのですが、それでも諦めずひたむきに地球を目指して進んでいると、時々一気に15年分も進んでしまったりします。

この作品自体は1995年から2001年にかけて放映されたということで、ちょうど20世紀末から21世紀に入ったところまでということになります。映像としてはまだSD画質ですし、時折CGで描かれるシャトルなどはまるでアニメのようなできですが、さすがに日本のドラマとは比べ物にならないような金を掛けてしっかりと作られています。しかしなんとも苦笑してしまうのは、艦が攻撃されるなどしてダメージを受けた際に、遠隔操作されているはずのブリッジの計器パネルから火花や煙が出てきてクルーが負傷したりする、という演出です。「オリジナルシリーズ」の1960年代なら仕方なかったかなあとは思いますが、それがそのまま受け継がれているというのが面白いものです。

同じように宇宙を舞台にしたSF作品というと「スター・ウォーズ」が思い浮かぶかと思いますが、スター・ウォーズとスタートレックの間には幾つもの違いがあり、まったく似て非なるもの、というより似ても似つかないものです。スター・ウォーズはあくまでファンタジーであり、地球から遠く離れた銀河のどこかでのいつの時代かの出来事を描いた映画作品であるのに対し、スタートレックは21世紀以降の地球を舞台の中心としたTVドラマシリーズがベースです。のべ何百話にも渡るTVシリーズであるがゆえに様々なエピソードで明らかになる細かな設定が相互に関わりあっており、緻密な世界を作り上げているのです。

ということで、観終わってしまうとなんだか抜け殻のよう…とまでは言いませんが、もうあの登場人物たちに会うことはできないのかと思うと寂しく思えてきてしまいます。そこで早速別のシリーズで気を紛らわそうと思うと、今度は22世紀を舞台にした最新のシリーズ「スタートレック: エンタープライズ」でしょうか。あまり人気が出ずに打ち切られてしまったというのがちょっと気になるところですが、まあつまらないということはないでしょう。期待したいと思います。