Archives

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12

(2017-08-02)売り上げランキング: 15,181

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸や織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。

サマータイムマシン・ブルース

確かに気持ちいい。

先日、早くもというか話題性が無くなってしまう前にということか、昨年日本の映画界に一大旋風を巻き起こした「カメラを止めるな!」が金曜ロードショーで放映されました。私は放送を見ていないのですが、ぜひ妻にも観てもらいたいと思っていたもののBlu-rayを購入するタイミングを逃していたため、とりあえず録画はしてありますので私ももう一度楽しみたいと思っているところです。

この放送のだいぶ前に読んだ誰かのブログに掲載されていた本作の記事だったと思うのですが、伏線回収ものの代表作のように挙げられていたのが本広克行監督の「サマータイムマシン・ブルース」という2005年の作品でした。普段ほとんど邦画を観ない私なのと、当時はまだ私もあまり映画を観ていなかったということでこの作品については全く知らなかったので、是非観てみたいと思っていたところAmazon Prime Videoで観られるようになっていたため、先日ようやく時間ができたので観てみたのでした。

サマータイム・マシン・ブルース

posted with amazlet at 19.03.21

(2014-09-24)売り上げランキング: 77,509

Amazon.co.jpで詳細を見る

もう10年以上前の作品なので今さらネタバレもなにもないかもしれませんが、「カメラを止めるな!」と同様に本作もあまり予備知識を持たずに観たほうが楽しめることは間違いないと思うので、私も多くは語らないことにします。ただ、タイトルからタイムマシンが登場するであろうことはわかりますので、タイムマシンということはタイムトラベルを題材にしたSF的作品であることは容易に想像できますし、まさにその通りのものです。

しかし、最初はなんだか訳のわからないドタバタコメディのようなものにしか見えず、そのまま観続けるべきなのかどうか、もしも事前に「伏線回収ものの傑作」であるということを知らなかったら迷っただろう、というよりおそらく迷わずに中断してしまっただろうと思います。しかし、その訳のわからなかったものが中盤以降に全てきれいに回収されていくので、その気持ちよさは体験すべきものだと言えます。

なお、「カメラを止めるな!」は当初上田監督が観た「GHOST IN THE BOX!」という舞台作品に着想を得たとしてこの舞台を「原案」としてクレジットしていて、これを不服とする劇団側と権利を巡って争った結果、「共同原作」としてクレジット表記することで合意に至ったという経緯がありますが、この作品ももともと舞台作品として作られたものを映画化したというものながら、あるべき手順を踏んで作られたというところに大きな違いはありそうです。とはいえ、ここから思うのは「実は舞台演劇も面白いのでは?」ということなのですが、残念ながら大都市圏に住んでいないと舞台を観に行くのはなかなか難しいですね。

Terminator Genisys

観たかったのはこれ。

2009年の「ターミネーター4」は製作時点では新3部作の1作目という位置付けだったにもかかわらず、興行は失敗に終わり、製作会社も倒産する事態となってしまいました。1,2作目のJames Cameronのオリジナルの雰囲気とはだいぶ変わってしまっていますが、様々なマシンが登場して、ハードな内容で私は嫌いではなかったのに残念でした。

しかしどういう経緯か、このフランチャイズの最新作「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」製作・公開される運びとなりました。この作品については公開前にJames Cameronが「私にとって3作目のようだ」というようなコメントを寄せていましたし、予告もワクワクするような作りでかなり期待を持たせてくれましたので、私も非常に楽しみにしていました。映画本編を観た後で予告を観なおしてみると、勘違いするように巧妙に仕組まれていることにも驚きますが、予告でネタバレしてしまっては元も子もありませんから当然ですね。

さて、冒頭1984年の世界にT-800がやってきて最初にするのはまず服を奪うことですが、1作目を観ている人はここでニヤリとすることでしょう。SF作品ではこういうことが大事だと思います。そしてその直後にはもうこの作品の最初の見せ場がやってきてしまいますが、その後もT-1000が出てきたりするのでこのあとどんどん出てきてしまうのではないか思ってしまいました。

もちろんT-800はArnold Schwarzeneggerが演じているのですが、ターミネーターも歳を取るというのは苦し紛れのようでもそれほど無理なく描かれていました。そりゃ生体組織も老化するのでしょう。でも人間よりも高い再生能力を持っているのだとしたら、老化もカバーできてしまいそうな気もします。まあそういうことにする他ないのですから認めておきましょう。

シリーズを通して最重要人物であり続けるSarah Connorの役は、今回はEmilia Clarkeが演じています。この作品では髪をまとめているせいか可愛らしく見えますが、他のメディアで見るとだいぶ雰囲気が違っていてびっくりします。私は観たことがないので知りませんでしたが、アメリカの大人気ドラマ “Game of Thrones“にも出演していたということで知名度は高かったようですね。

Kyle Reese役はJai Courtneyですが、この人は「ダイバージェント」シリーズや最近観た「アウトロー」の悪役で見ているので、どうも何かを企んでいるように思えてなりませんでした。役者にとっては役柄が偏らないようにするのも大切なようですね。また最重要人物John Connorは奇しくも母親役のEmiliaと同姓のJason Clarkeでした。

劇中でSarahは守護者たるT-800を”Pops”と呼んでいます。これは日本語で言えば「オヤジ」くらいのニュアンスのようですが、日本語版では「おじさん」となってしまっているのでしょうか。それではちょっとSarahの性格付けが変わってきてしまうような気がしますが、それでいいのでしょうか。確かに若い女性が「オヤジ」と呼ぶのは日本ではヤンキーくらいでしょうが、「父さん」くらいではダメだったのでしょうか。なお、このPopsを送り込んだのが誰だかわかってそれを阻止されるのを防ぐために、誰なのかは記憶から消されているというのは将来展開に自由度を与えるためにも上手い方法ですね。どうも批評家の評価は低いようですが、おそらく続編も製作されるのではないかと私は楽しみにしています。