「web browser」タグアーカイブ

Dark Reader

飽きるまでのことかもしれませんが。
🕶️

かつて古のPCの画面は黒地にグリーンやオレンジ、白の文字と決まっていたものですが、いつのころからか紙に印刷したもののイメージからか白地に黒が基本となってしまっていました。しかし最近はWindowsでもMac OSでも、PCでもスマートフォンでもダークモードが人気を博しているようです。通常はどちらかを選択できたり、時間帯によって昼間はノーマルで夜間はダークモードといった使い方ができると思いますが、一日中ダークモードで使っている人も少なくないのではないでしょうか。

AppleがWWDC 2019のキーノートスピーチで対応を発表したときにはその日一番の盛り上がりでしたし、世界的にも人気であることは間違いないでしょう。一つには自発光式の有機ELのディスプレイでは暗い色のほうが消費電力が小さいから、という理由もあるかもしれませんが、多くの人は見やすいから、かっこいいから、目新しいからといったことからではないでしょうか。私もそうした中の一人です。

ということで、OSがダークモードに対応してウェブブラウザ本体のメニューバーその他UIも暗色で表示されるようになりましたが、その中に表示されるウェブページの内容はそれぞれの運営側が対応させる必要があります。TwitterFacebookなどはUIの刷新とともにダークモードに対応させてきましたが、そういったところはまだまだ少なく、眩しいくらいに真っ白なページで表示されるところが多数派なのが現状です。

それならば表示させる側でダークにしてしまおうというのがブラウザの拡張として実装されているDark Readerというものです。ChromeFirefoxSafariEdgeというメジャーなブラウザに対応しているので、これなら誰でも試すことができるでしょう。

私がその存在を知ったのは「人気の拡張機能『Dark Reader』の悪意あるコピーが蔓延」というソフトアンテナブログ記事だったので、インストールする際には注意が必要です。Dark Readerのホームページにあるリンクからたどっていけば間違いないでしょうが、chromeウェブストアで見ると確かに紛らわしいものが複数ありますので、慎重に選択しましょう。

実は調べてみると1年半ほども前の2018年12月にはGigazineにも「Chrome・Firefox・Safariを簡単に『ダークモード』にできる拡張機能『Dark Reader』を使ってみた」という記事が掲載されているくらいなのでまったく新しいものではなかったので、自分の情報収集能力の衰えを感じてしまいましたが、この記事もRSSフィードリーダーで見ていたはずなのに素通りしてしまったようです。

実際に使ってみると無理やりダークモードにしている割にはかなり自然な感じで表示され、これで十分ではないかと思えるレベルです。本来のページのデザイナーの意図した通りのものではなくなるので、大々的に宣伝すると著作者人格権的な問題もあるかもしれませんが、個人で使用する範囲では問題ないでしょう。ただ、どうしても違和感が生じるところはやはりありますが、そういったところではドメインごとに個別にオン・オフするのも簡単です。

ということで、私は日常的に使っていきたいと思っていますが、いつの間にかダークモード対応していたとしても気づかないということになるかもしれません。また、これに慣れすぎてしまって、他の環境で本来の表示を見たときに戸惑う、なんていうことになってしまうかもしれませんね。

Vivaldi

Vivaldi革新的という程でもない…?

先日、「グーグル『クローム』首位=閲覧ソフト、『IE』抜く」というニュースが伝えられました。私は自宅ではMacを使っていてWindowsのマシンは1台もないので、仮にIEことInternet Explorerを使いたいと思っても使えないわけですが、職場のPCでは特にイントラネットのシステムがIE以外を想定していなかったりするので仕方なく使っています。また、インターネットでも一部ウェブサイトではIEの古いバージョンのものを前提に作られたまま放置されていたりするので、Macではどうやってもまともにアクセスできなかったりするのは困りものでしたが、ついにシェアが逆転した今からはChromeへの対応、ひいては特定のブラウザに依存しない、W3C標準に準拠したウェブサイトへの転換が加速するでしょうか。

しかし、2008年からChromeを愛用してきた私も、誰も彼もがChromeを使っているような、多様性のない状況は望んでいません。AppleはWindows版のSafariを引っ込めてしまいましたし、Firefoxも根強い支持を得ながらも今ひとつパッとせず、以前はひとクセあって面白かったOperaChromiumベースになって実質はChromeと代わり映えしなくなってしまい、そこでIEがバージョン間の非互換性が仇になったのか自滅していってしまうようでは、Chromeの一人舞台になってしまいます。

そんな状況の中、先日目についたのが「Webブラウザ『Vivaldi』が超絶便利すぎてChromeユーザーはさっさと乗り換えたほうがいい」というブログ記事です。ここで紹介されている新しいウェブブラウザVivaldiはOperaの創設者の一人、Jon Stephenson von Tetzchnerが立ち上げた新たなブラウザプロジェクトで、いろいろと新しい機能が盛り込まれた野心的なブラウザになっているようです。

例によって新しもの好きな私は飛びついてみたわけですが、まずChromeからの移行は非常に簡単にできるようになっています。ブラウザの乗り換えを阻むものの1つは昔ながらのブックマークや記憶させたIDやパスワードその他の情報を移すのが大変ということだと思いますが、使いはじめる前にブックマークはもちろん、パスワードや履歴などもChromeからは自動的にコピーしてくれるようになっているので、インストールしてすぐにそれなりに使えるようになります。また、ChromiumベースということでChromeで便利に使っていた拡張機能もそのままインストールしてほとんどのものが使えるようです。

使ってみて良いと思ったのは複数のタブを重ね合わせてまとめておける「タブスタッキング」の機能で、私はブログ記事の参考にするページなどを開いて揃えておくのですが、それを書こうとしている記事ごとに整理できるというのは便利です。また、タブにマウスカーソルを置くとそのページがサムネイル表示されるという「ビジュアルタブ」もなかなか良いです。

しかしやはり気になる点もないではありません。まず、単に慣れの問題ではありますが、タブを閉じる❎がタブの左側であるなど、UIの細かなところが違うということです。Chromeとは違うというだけのことなので、日常的にVivaldiだけを使っていればすぐに問題なくなるのでしょうが、職場での使用も含めるとそういうわけにはいかないので、ちょっとした操作に引っかかりを感じるというのは結構ストレスになります。

またもう一つはそのうち解消されるのだろうとは思いますが、URLバーに日本語を入力して検索しようとしても、なぜか一文字目が英数字になってしまう場合が多いということです。そのまま入力できる場合もたまにはあるのですが、今のところは入力してみてからでないとわからないので、これも結構なストレスです。入力したいのは検索のためなので、回避するには検索用のプレフィックスを半角で、例えばGoogleなら”g”と入力するようにすれば良いので、これを習慣づければよいのでしょうか。それまでには修正されてほしいものですが。

そしてChromeで意外に頼りにしていたことに気付かされたのが、Googleアカウントでの同期機能でした。Vivaldiでは利用することができないので、自宅で閲覧したウェブページを出先でも…というようなことが簡単にはできません。また、Chromeからインポートはできてもエクスポートはできないというのも問題で、やっぱりChromeに戻ろうと思った時に引き継げないと思うと安心して使い込めません。

ということで、これだけネガティブな点を並べてしまうと試してみようと言う気になれないかもしれませんが、これはChromeに依存してしまっている私にとっての問題でしかなく、全然関係ないという人も多いと思います。私は結局今日限りでChromeに戻ることにしてしまったのですが、一応今のところは削除せずにおいておくつもりです。またしばらく経ってから改善具合を見て、そこで改めて判断しようと思います。

Google Chrome

Google ChromeGoogleらしい仕上がりに期待大

AppleSafari 4のDeveloper Previewを公開していたり、MicrosoftInternet Explorer 8 Beta 2も公開され、Mozilla Firefoxは3.1が年内に公開される予定だったりと、ウェブブラウザの開発競争が激化しているようですが、これらの最新ブラウザの性能上の差別化ポイントはJavaScriptの処理速度ということになっています。JavaScriptを多用したインタラクティブなウェブサービスが利用者数を伸ばしているということで重視されるようになっているわけですが、これまでのところSafariとFirefoxの性能が拮抗しており、IE8もそれに負けないパフォーマンスを出しているというところでしたが、Firefoxは3.1でこれまでの倍ほどのスピードになって大きく引き離そうとしているというようなことでした。

こうしてこの3者にOperaを加えた4社が開発にしのぎを削っているところにさらになだれ込んできたのがGoogleの新しいブラウザChromeで、米国時間の9月2日ベータ版が公開されました。

Googleの提供する各種ウェブサービスを快適に利用するためにやはりJavaScriptの性能を大きな売りにしており、リリース後に行われたベンチマークでは他のブラウザを上回るパフォーマンスを示しているそうです。また、Googleらしく標準規格を重視した設計になっており、ウェブ標準のテストサイトACID3のテストではSafariには及ばないもののFirefoxを上回るスコアをマークしているということです。このChromeは未だベータ版ですから、正式版に向けてさらに磨きをかけてくるのではないでしょうか。といっても、ChromeのレンダリングはKHTMLをベースにしたWebKit、つまりSafariと同じものを使っているので、Safariが良くなればそれにつれてChromeも良くなり、逆もまた然りということになるかもしれません。

Chromeの機能面での特徴は、まずこれまでのタブブラウザでアドレスバーやツールバーの下にあったタブがウィンドウの最上部に移っており、アドレスバーなどもそれぞれのタブに属するものとなっているということです。これは各タブを独立したプロセスとしたためでもあり、いずれかのタブで表示しているページが何らかの理由でクラッシュした際も他のタブが巻き添えになって閉じてしまうことがないそうです。また、プロセスが独立したというのはCore 2 DuoQuadAthlon 64 X2Phenomといったマルチコアプロセッサが一般的となった今、さらに性能を引き出しやすいということになっていることでしょう。

もう一つ特徴的なのは、Googleが開発したブラウザであるにも関わらず検索用の入力エリアがないということです。実はむしろGoogleが開発したものだからこそなのですが、検索機能がアドレスバーに集約されており、URLの入力と検索とをシームレスに扱うことができるようになっているのです。まあこれはFirefoxのSmart Location Barと同じようなものではあるのですが、Firefoxのものよりも反応が良いためか快適に使えるような気がします。

ということで早速私は今朝起きるなりChromeをダウンロード、インストールして、出勤前と帰宅後に使ってみていて、この記事もChromeを使って書いているところです。インストール時には標準に設定していたブラウザからブックマークや履歴、パスワードまでインポートしてくれるので、すぐに使い始めることができます。正直なところパスワードまでというのはちょっと抵抗がありましたが、便利は便利です。

使ってみての感想はやはり非常に軽快であるということに尽き、非常にサクサク、キビキビと動作します。まあFirefoxなども当初は同じように軽快に感じたものですが、機能が向上するにつれ動作が鈍重なものになってきてしまいました。Chromeも現時点ではあまり機能的に充実しているとは言えませんが、実はこれだけでも実用には差し支えなく、あとは趣味の領域なのだということに気付かされました。また不満に感じるのは逆にカスタマイズ性が低いということで、好みに応じてどんどん機能面も拡張できるFirefoxの心地よさはなかなか手放しがたいものです。

結局のところブラウザなんていうものは気に入ったものを使えばいいのですが、やはり私には長く使ってきたFirefoxが一番馴染んでいていいのかもしれません。私のPCにはIE, Firefox, Safariに加えてChromeがインストールされているわけですが、IEでなければならないWindows Updateを除けばこれらを使い分けるような理由も特にありませんからね。まあ今後Chromeがどう進化するのかは楽しみなところですが。