Dark Reader

飽きるまでのことかもしれませんが。
🕶️

かつて古のPCの画面は黒地にグリーンやオレンジ、白の文字と決まっていたものですが、いつのころからか紙に印刷したもののイメージからか白地に黒が基本となってしまっていました。しかし最近はWindowsでもMac OSでも、PCでもスマートフォンでもダークモードが人気を博しているようです。通常はどちらかを選択できたり、時間帯によって昼間はノーマルで夜間はダークモードといった使い方ができると思いますが、一日中ダークモードで使っている人も少なくないのではないでしょうか。

AppleがWWDC 2019のキーノートスピーチで対応を発表したときにはその日一番の盛り上がりでしたし、世界的にも人気であることは間違いないでしょう。一つには自発光式の有機ELのディスプレイでは暗い色のほうが消費電力が小さいから、という理由もあるかもしれませんが、多くの人は見やすいから、かっこいいから、目新しいからといったことからではないでしょうか。私もそうした中の一人です。

ということで、OSがダークモードに対応してウェブブラウザ本体のメニューバーその他UIも暗色で表示されるようになりましたが、その中に表示されるウェブページの内容はそれぞれの運営側が対応させる必要があります。TwitterFacebookなどはUIの刷新とともにダークモードに対応させてきましたが、そういったところはまだまだ少なく、眩しいくらいに真っ白なページで表示されるところが多数派なのが現状です。

それならば表示させる側でダークにしてしまおうというのがブラウザの拡張として実装されているDark Readerというものです。ChromeFirefoxSafariEdgeというメジャーなブラウザに対応しているので、これなら誰でも試すことができるでしょう。

私がその存在を知ったのは「人気の拡張機能『Dark Reader』の悪意あるコピーが蔓延」というソフトアンテナブログ記事だったので、インストールする際には注意が必要です。Dark Readerのホームページにあるリンクからたどっていけば間違いないでしょうが、chromeウェブストアで見ると確かに紛らわしいものが複数ありますので、慎重に選択しましょう。

実は調べてみると1年半ほども前の2018年12月にはGigazineにも「Chrome・Firefox・Safariを簡単に『ダークモード』にできる拡張機能『Dark Reader』を使ってみた」という記事が掲載されているくらいなのでまったく新しいものではなかったので、自分の情報収集能力の衰えを感じてしまいましたが、この記事もRSSフィードリーダーで見ていたはずなのに素通りしてしまったようです。

実際に使ってみると無理やりダークモードにしている割にはかなり自然な感じで表示され、これで十分ではないかと思えるレベルです。本来のページのデザイナーの意図した通りのものではなくなるので、大々的に宣伝すると著作者人格権的な問題もあるかもしれませんが、個人で使用する範囲では問題ないでしょう。ただ、どうしても違和感が生じるところはやはりありますが、そういったところではドメインごとに個別にオン・オフするのも簡単です。

ということで、私は日常的に使っていきたいと思っていますが、いつの間にかダークモード対応していたとしても気づかないということになるかもしれません。また、これに慣れすぎてしまって、他の環境で本来の表示を見たときに戸惑う、なんていうことになってしまうかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください